FC2ブログ

[Marinos 2018] vs FC東京(H)(J1-31)

1週間経っても、もやもやが残る。
試合の結果にも内容にも、そして現地で味わった試合後の敗北感にも、残念なところが多すぎた。
その上、大一番を落とした後も試合が続くというのが、あまり経験のないことで、なかなか辛い。

今年の元日に天皇杯の決勝で負けたときは、翌日からオフシーズンに入って、チーム編成も変わった。
「もう今季は終わった。また来季応援しよう。」と切り替えるのに十分な時間と機会があった。
少し前の話では、2013年シーズンはリーグ戦の最終節で優勝を逃してしまい、あのときもショックは大きかった。
3週間空いて天皇杯の準々決勝だった。もう1つのタイトルにも近付いていたので、辛うじて切り替えられたのだっけ。

今回は、ちょっとなあ。翌週から、またいつものリーグ戦が続いてしまう。
残留争いから抜け出すことも、確かに重要なのだけれど、それが大きなモチベーションになるかというと微妙。
本当に落ちそうならばともかく、まだちょっと余裕はあるかな、というくらいの状況だし。



とても久しぶりに、新横浜駅の篠原口の方へ行ってみた。
住宅街の中に、食べログの百名店にも選ばれる程の鰻屋があるという。一見それっぽくない「スズキ」を訪れた。
181103-01s.jpg


名物の坂東太郎は、不漁続きのせいか、小ぶりなものしかないという。
なので、もう少し大きなものが用意できるという、宮崎産の普通のうな重(大)を。箸の袋がなかなか良い感じ。
181103-02s.jpg


キックオフの45分前に日産スタジアムに到着。ここに来るのは1か月ぶりかな。
シーズン終盤は試合間隔が開き気味になるので、「日産スタジアム、久しぶりだな。」と感じることも多い。
181103-03s.jpg


今日もバックスタンドのSC指定席。年間チケットを使うのも、残すところ今日と最終節だけ。
来季の年間チケットの案内は、今月下旬くらいに出るらしい。席の場所はちょっと変えたいと思ってる。
181103-04s.jpg


選手達のウォーミングアップを、何となく眺める。
天気はどんより、スタンドもまったり、燃えるものが乏しい。こっちの心のウォーミングアップが足りてない。
181103-05s.jpg


東京サポーター。散らばり気味で屋根下が多く、人数の割に応援の迫力は今ひとつ。
敬真はベンチ外。調べたら、最近はU-23チーム(オーバーエイジ)の方が主戦場みたい。うーん。
181103-06s.jpg


ゴール裏のマリノスサポーター。先週の埼玉スタジアムのゴール裏みたいな迫力が、いつも出せればな。
スタンドが二層に分かれていることと、1階席の熱心なサポーターも半分は屋根下になってしまうことがネック。
181103-07s.jpg


先週の試合から、スタメンを2人変更。
尹日録をイッペイに替えたのは、まあ分かる。大津を喜田に替えたのは、何だろうな。
181103-08s.jpg


東京の攻撃は、速攻と裏狙い。フィニッシュは専らDiego Oliveiraに任せる。
対応を誤らなければ、さほど怖いものではないのだけれど。
181103-10s.jpg


セットプレーから、あっさり先制されてしまった。
日産スタジアムで東京に先制された試合は、悉くろくな思い出がないが、果たして今日はこれからどうか。
181103-11s.jpg


反撃したくても、どうにも攻撃が鈍い。
もたもた浅いところで回している間に、東京が陣形を整えてしまい、攻め手が限られる。
181103-12s.jpg


前半はまだ、中を使いながら、仕掛けるときは外を活かそう、という意識は少し見られた。
ただ、リスク覚悟でスイッチを入れるパスが少なかった。引いて守る相手に無難なプレーばかりでは。
181103-13s.jpg


ほとんど面白いところがない前半を終え、ハーフタイムの立て直し(或いは闘魂注入)を願う。
戦術的なところは変えないにしても、伊藤と大津を投入してもっとプレーの強度を上げる必要はあると思う。
181103-15s.jpg


さて後半。東京相手に、この展開から何かが起こった試しはあまりないが、何かを起こせればそれは進歩になる。
なお、にわか雨に見舞われた前半から一転、やっと天気が回復したと思ったら、今度は厄介な逆光になった。
181103-16s.jpg


後半もなかなか攻め手を見出せないことは変わらず。
こうなると、マリノスの攻撃も段々と工夫がなくなり、ただサイドに回して、ただクロスを上げるだけという方向に。
181103-19s.jpg


この辺までは運べるのだけど、その先はもう守りの網が張られている。
崩すならば、縦パスを交えた複数人のコンビネーションか、分かっていても止められない力業が必要だが。
181103-21s.jpg


残り15分で伊藤を投入。
もう少し早く使いたいところなのだけれど、まだ長時間プレーできるだけのコンディションが戻っていないのだろうな。
181103-22s.jpg


最後まで有効な打開策を打ち出せず、時間を上手く使われ、逃げ切られた。
既視感たっぷりの、いつもの東京との試合だった。
181103-23s.jpg


こんな試合を見せられてしまっては面白くない。
自分のように冷めっぱなしか、プレーや判定の1つ1つに過剰に苛立つか、概ね皆そんな反応。
181103-25s.jpg


今日は毎年恒例の新横浜パフォーマンスだった。
こんな試合の後でも、まだ賑やかに色々とやっていた。今日は何を見ても、最後まで熱くなれなかった。
181103-26s.jpg



今日も今日とて、結果も内容も伴わない、つまらない試合だった。
ボールを持たされ、無難なプレーばかりで怖さがない。リスクを負わなければ、あの守備網には穴を開けられない。
それから、プレーの強度が好調時より下がっている。寄せる厳しさやパスのスピード、そしてプレー選択の早さ。
全般的に低調で、勝てる要素が見当たらなかったと言わざるを得ない。
DusanとThiagoの奮闘がなければ、7月のアウェー戦の再現があったかも知れない。

シーズン終盤になって、こういう流れになってしまうのは厳しい。
理想としては、Angeのサッカーが浸透し来季に向けた確かな手応えを得る中で、ルヴァン杯のタイトルを獲って自信と求心力(←監督の指導力と、クラブの集客力という2つの意味で)を得て、明るい正月を迎えたいと思っていた。
現状は、ちょっと希望がない。これを底にして、残り3試合で、吹っ切れたサッカーを見せてくれると良いが。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs 湘南ベルマーレ(LC/FINAL)

ルヴァン杯の決勝戦、マリノスは実に17年ぶりらしい。
前回は2001年。自分はまだマリノスを応援し始める前で、テレビで何となく観ていたような気がする。
当時かなり強かった磐田を相手に、終始守勢を強いられながら、榎本達也の活躍もあり、PK戦で勝利した。
どうやら、今日はあの日と同じ10月27日、そしてあの年と同じ残留争いの中にある。
ある意味吉兆なのかな、と思っていた。

今年のルヴァン杯は、長い戦いで、色々とあったような気がする。
グループステージ6試合、プレーオフ2試合、決勝トーナメント5試合。合計13試合。その内、生観戦は10試合。
勇蔵が開始5分で動けなくなった試合から始まり、杉本に試練の試合が続き、久保と康太がやり合った試合もあった。
プレーオフの頃から仲川がチームにはまってきた。準々決勝は新しい大津の覚醒のときだった。
水曜の鹿嶋まで観に行った準決勝は、勝ってなお鹿島の強さを感じさせられた。

勝ち進みながら、今季も色々な収穫があった。
優勝して、素晴らしい思い出と経験と自信、そういうものを得て終わりたい。
そう思っていた。



埼玉スタジアムに、キックオフの1時間前くらいに到着。
この大会は、旧国立競技場が閉鎖されてから、ずっとここで決勝戦を行っているのだっけ。
181027-01s.jpg


チケットはS指定席の南側、すなわちマリノス側。
このスタジアム、大体この辺からの観戦。元日の天皇杯決勝とその悔しさを思い出す。今日こそ勝ちたい。
181027-02s.jpg


この大会の決勝戦は、ナビスコ杯と呼ばれていた頃から、スポンサーのお菓子がお土産にもらえるのだった。
スタジアムでは食べずに、持って帰る。美味しい果物ジャムでも買ってきて、ちびちび食べるとしよう。
181027-03s.jpg


選手達のウォーミングアップが、いつものように行われる。
伊藤が怪我から1か月ぶりに復帰。ニューヒーロー賞を受賞した渓太は、残念ながら前節の怪我でベンチ外。
181027-04s.jpg


光邦さんの選手紹介が始まる直前の、マリノス側のゴール裏。
スタジアム全体の席の埋まり具合も、元日の試合と似たような感じだった。試合結果は逆になってほしい。
181027-07s.jpg


ゴール裏の真ん中にマリノス君を発見。
最初は、上手く似せたぬいぐるみか何かだと思っていたが、チャントに合わせる動きを見て本物と分かった。
181027-08s.jpg


向こう側の湘南ゴール裏と、ピッチ上では選手入場の準備が進む。
ルヴァン杯は、天皇杯と違ってリーグが色々と演出を考えてくれる。そういう意味で、雰囲気はだいぶ違う。
181027-09s.jpg


決戦に挑むイレブン。今日はガンバ戦と浦和戦で着用したスペシャルユニフォーム。
GKはあまり良いイメージのない水色。これもスペシャルとか何とか言い張って、黄色とか白色にできなかったか。
181027-11s.jpg


山中が自陣深くでタックルをかわされる。
前半は、特に左サイドで試合に入れていない選手が何人もいて、だいぶ湘南に押されてしまった。
181027-12s.jpg


左IHに入った天純も、良い働きができていたとは言い難い。セットプレーの精度も含めて。
代表にも選ばれ、チームの顔にまでなった彼には、敢えて、もっとコンスタントに試合を支配する働きを求めたい。
181027-13s.jpg


危険なタックルを見舞った松原に警告。
彼は前半からよく試合に入れていたのだけど。いや、よく入れていた故の、果敢なプレーの行き過ぎだったか。
181027-14s.jpg


バイタルエリアに、一瞬のエアポケットが生じてしまった。
フリーで持ち上がった杉岡に、そのまま強烈なミドルを叩き込まれて、先制を許した。
181027-15s.jpg


色々とまずい前半を、しかし0-1という最少得点差で終えることができた。
後半、流れを変えたい。怪我明けの伊藤をどこで投入するか。
181027-16s.jpg


後半は、立ち上がりを凌ぐと、徐々に追うマリノスのペースになってきた。
右から左から、得意とする攻撃の形も増えたきた。
181027-18s.jpg


攻める流れの中で、セットプレーの回数も大幅に増えた。
しかし、天純のキック精度に今日は可能性を感じられなかった。手前で引っ掛かるのが多すぎた。
181027-19s.jpg


頼みのHugoも、追う展開の焦りからか、もっと他の理由による気負いからか、余裕のないプレーが目立った。
4月のホーム湘南戦のような、神懸ったゴール前での落ち着きが出れば、と思っていたが。
181027-21s.jpg


残り時間が少なくなる。湘南も自陣に釘付けになった。マリノスは、単純にサイドからクロスという攻撃が多くなった。
一見それっぽいけど、マリノスの得意とする形じゃないし、湘南もゴール前を固めているから、あまり効果はなかった。
181027-22s.jpg


湘南の勤勉なハードワークと球際の粘り腰には、90分間、攻守に苦しめられた。
残念ながら、今日のマリノスは、そういう戦術や技術以前の部分で、湘南スタイルに屈していた。
181027-23s.jpg


負けた。また準優勝。結果も内容も、すごく消化不良な感じ。
この対戦カードらしくなく、カップ戦の決勝戦らしい、そして敗者には盛り上がりのない、残念な0-1の試合になった。
181027-24s.jpg


負けて優勝セレモニーを見るのは、実に辛い。
武士の情けで、負けた方はさっさと解放してくれとも思う。
181027-27s.jpg



1日経っても、あまり振り返る気になれない。
試合結果もさることながら、マリノスがこの大一番で見せたサッカーに落胆してしまった。
前半、多くの選手が寝ていた。攻守に集中力を欠き、接近戦では腰が引けて、試合に入れていない選手が多かった。
湘南に押されるままに、プレーから勇気が消え、時計の針が半年くらい戻ってしまったようなサッカーになった。
やり切って負けたならば仕方がないが、気持ちの部分で負けて自壊してしまうのは受け入れ難い。

湘南を称えるべき部分も、もちろん多々あった。
感心したのは、マリノスの嫌がることを繰り返し、マリノスの得意な形に対してさぼらずに対応し続けたこと。
リーグ戦のような殴り合いでなく、きちんとマリノス対策を考えて実行してきたように思う。
マリノスとしては、やり方を変える選択肢はない以上、闘争心と勇気、そして少々の機転を以て立ち向かってほしかった。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs ガンバ大阪(A)(J1-30)

ルヴァン杯の準決勝と決勝に挟まれた今週末は、残留争いから抜け出すための重要な一戦。
マリノスと同じく残留争いから抜け出しかかっているガンバとの直接対決、マリノスがこれに勝てばだいぶ残留に近付く。
それから、来週のルヴァン杯決勝に向けて、勝って勢いを付けたいというのもある。
勝ちたいし、勝って景気付けといきたい。

それにしても、今季の残留争いはなかなか読めない。
中下位が非常に混戦で、早々に脱落するチームもなく、多くのチームに数字上ではなく現実の降格の可能性が残る。
前節終了時点で、最下位の長崎でさえ勝ち点28。
これは、J1最下位チームの過去最多勝ち点27(2009年の千葉)を既に上回っている。
最下位チームすら十分な希望がある状況は、まだまだ波乱含みで、勝ち点が30点台では安心できない。



梅田から阪急線で3駅、神崎川の駅前にある「白庵」といううどん屋で昼食にする。
本当は「梅田はがくれ」に行きたかったのだけど、つい先日閉店してしまった。これは非常に残念だった。
181020-01s.jpg


初めての店なので、無難に「とり天ぶっかけ(冷)」にした。大盛りで。
今季の大阪遠征はうどん人気店でまとめてみたが、試合結果が今ひとつだった。来季は違うものを考えようか。
181020-02s.jpg


キックオフの40分前くらいに、Panasonic Stadium Suitaこと吹田スタジアムに到着。
今年から命名権を導入し、日産スタジアムやヤンマースタジアム長居のように、親会社が援助の趣旨で購入した。
181020-03s.jpg


このスタジアムで観るときは「ビジター指定席」で。
マラソンゲートが邪魔だな。サッカー専用スタジアムに、マラソンゲートって必要なのだろうか。
181020-04s.jpg


スタメン、ベンチ入りも含めて、大体いつものメンバーでウォーミングアップ中。
なかなかボンバーが戻ってくる気配がないのが、ちょっと気になる。
181020-05s.jpg


ピッチ上でのウォーミングアップが終了する頃に、両チームのベンチ入りメンバー同士のちょっとした交流。
尹日録は同胞の黄義助と、マチは後ろ姿でよく分からないが多分藤本と。
181020-07s.jpg


選手達が入場してきて整列。9月の月間MVPを受賞したガンバの今野の授賞式があった。
9月はマリノスも、仲川が月間最優秀ゴールを受賞している。仙台戦のドリブル中央突破からの得点ね。
181020-09s.jpg


エンドを入れ替えてキックオフ。マリノスボールなので、ガンバがコイントスに勝って決めたのかな。
風はさほど吹いていなかったので、恐らく太陽の光が眩しくなるのを嫌がったのだろう。
181020-11s.jpg


5バックで守ってくるガンバに対して、有効な攻撃の回数はやや限られた。
普段は4バックのはずで、エースの黄義助がベンチスタートということから、これは後半勝負のための布石と見た。
181020-12s.jpg


前半もまだ早い時間帯、ガンバの東口が足を押さえて倒れ込んでしまった。特に危ない接触プレーはなかったような。
すぐ交代かと思われたが、前半終了までプレーした。東口が、代わりに入るGKのために時間を作ってあげたのか。
181020-13s.jpg


マリノスの得意な攻撃の形、仲川の裏抜けや天純のハーフスペース侵入などは、ある程度効き目がありそうだった。
問題は、5バックに今野まで引いてくるゴール前中央でいかにシュートを撃つか、だった。
181020-15s.jpg


天純が左ハーフスペースから、抜ききらずにゴール前を横断する斜めのクロス。
これに反応できた仲川が押し込んで、マリノスが先制。よくぞ通した天純、よくぞ反応した仲川。これはスーパーゴール。
181020-16s.jpg


ハーフタイムにコンコースから撮影した、アウェー側のゴール裏。
4分の3がマリノスサポーターに割り当てられた。ゴール裏全部を埋められる日が来たら、素晴らしいと思う。
181020-19s.jpg


1-0でリードして後半に臨む。ガンバは、恐らく予定通り、CBを1枚削って黄義助を投入してきた。
後半にこちら側が守るゴールになるという、あまり慣れない展開。こっちにボールが来ないでほしい。
181020-20s.jpg


攻勢を強めるガンバに対して、残念ながら今日も受けに回ってしまった。
攻め込まれる時間が長くなり、マイボールになっても、人もボールも縦への動きが極端に鈍くなった。
181020-22s.jpg


守りの時間帯が長くなるのは、相手がやってくることとの関係で、ある程度仕方ない部分はある。
気に入らないのは、自陣でのビルドアップすら慌ててしまい、パスや連携の乱れから自らピンチを作ってしまうこと。
181020-23s.jpg


黄義助やAdemilsonに裏を狙わせる攻撃に対して、飯倉が果敢に前に出て対応した。
キックの精度には若干の怪しさがあったが、判断において誤りはなかったと思う。
181020-24s.jpg


追い付かれ、負傷者を出し、流れを変えられず、ついに逆転を許してしまった。
見慣れた展開であり、受け入れがたい結末でもある。
181020-25s.jpg


マリノス、敗れる。残留争いからの抜け出し、ならず。
今季は最後まで緊張感のある試合を楽しませてくれる、ということか。
181020-26s.jpg


アウェーで負けたのは久しぶりな気がする。8月の鹿島戦以来か。
帰り道の足取りがやや重くなった。来週は、笑ってスタジアムから帰りたい。
181020-27s.jpg



素晴らしい前半からの、受け入れ難い後半、再び。
追われる展開で、相手がやり方を変えて攻勢に出てくると、チーム全体がパニックに陥ってしまう。
先週の鹿島戦しかり、今日のガンバ戦しかり。今日の試合は、それを分かっている宮本監督にはめられた感すらある。
今後、他のチームも、新しいマリノス対策として、試合中にやり方を変えてくることがあるかも知れない。

リードしていて攻勢を受けるのは、よくあること。追う相手が攻撃の枚数を増やすのも、よくあること。
それに対して、慌ててはいけない。スタンドから見ても分かるくらいに、たやすく混乱してしまうのは、いただけない。
どっしり構えて、自分達のペースでボールを回して、押し返す。相手ボールには、敵陣から果敢にプレスに行く。
そうやって、押し返して、追加点を奪う。そういうメンタルの強さが欲しい。技術的には、十分できるはず。

まあ、そうは言っても、90分ずっと強度の高いサッカーを続けるのは、厳しいこともある。
選手交代でプレー強度を取り戻すのも手だけれど、今のマリノスには、それに適したベンチ入りメンバーがいない。
ベストメンバーを揃えて、体力的に余裕がある時間帯でしか、良いサッカーができない。それでは困る。

しかも悪いことに、渓太が怪我をしてしまった。仲川も試合後の挨拶のときに、少し足をひきずっていたような。
来週の大事な試合に向けて、ちょっと不安材料が出てきてしまった。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示