[Baystars] vs 福岡ソフトバンクホークス(V) (Oct 28, 2017)

なんとベイスターズが日本シリーズに出場することになった。
巨人との3位争い、阪神・広島とのクライマックス・シリーズを勝ち抜き、3位からの「下剋上」で最後の舞台に進出。
短期決戦の勝負強さに酔いしれ、快挙に大喜びする一方、3位なのに本当にいいのかと戸惑う部分もある。

低迷していたチームが、強くなるためにクライマックス・シリーズ進出を目標に掲げ、昨年は初めてそれを達成すると、今度はクライマックス・シリーズを勝ち抜くことがチームの目標に変わった。(本当は、リーグ優勝して出たかったが。)
なので、日本シリーズは、目指していた舞台というより、目標を達成した結果辿り着いてしまった舞台といったところ。
でも出場する以上は、どういう野球をするにせよ、本気で強敵にぶつかってみよう。
正直、勝てる相手とは思えないけれど、負けたとしても、悔しさなり無力感なりがチームをもっと強くする。

で、折角の晴れの舞台なので、日本シリーズの試合を観たいと思った。
ハマスタでの試合は、先行抽選販売に申し込んでチケットを当てた。クライマックス・シリーズを突破した夜のこと。
その後の一般販売の際に、もう1試合観たいと思い、折角なら敵地での試合もと思い、どうにか購入に成功した。
日帰りできないので宿も必要だったが、これはクライマックス・シリーズ中にこっそり予約しておいた。
行かないことになったら、2日前(チケット一般販売の日)までは無料でキャンセルできるので。



ヤフオクドームこと「福岡ヤフオク!ドーム」に到着。試合開始の1時間前くらい。
まだ大学生の頃に、青春18きっぷで九州を放浪したときに立ち寄ったことがあり、それ以来の訪問になった。
171028-01s.jpg


三塁側のS指定席から観戦。ベイスターズファンもところどころいた。
外は雨が降り続くも、ドーム球場ならば影響がないので助かる。
171028-03s.jpg


チケットについて余談を少々。
一般販売は日本シリーズ初戦の2日前である10月26日だった。
午前10時に購入に着手するも、なかなか回線が繋がらず、15分くらい粘ってどうにかこの第1戦のチケットを得た。

他の試合はどうかな、と見てみると、ハマスタ開催の第3戦から第5戦は既に完売。
他方で、ヤフオクドーム開催の試合は、三塁側を中心に、4試合ともまだチケットが余っていた。
(第7戦に至っては、午後に見たときもまだ残っていた。)

昨年の東京ドームでのクライマックス・シリーズの試合と同様、初めてだかとても久しぶりだかの出場に燃えるベイスターズファンと、何度も出場していてマンネリ化している相手ファンとの温度差の違いが、如実に現れた格好になった。
そして、相手ファンの、「第7戦までもつれるわけねーだろ(笑)」という声が、聞こえてくるようだった。


ベイスターズのシートノックが行われていた。
クライマックス・シリーズを勝ち抜いてきたこの横浜ブルーが、とても誇らしく見える。
171028-07s.jpg


遠路遥々、横浜からDBスターマンも福岡まで帯同して来ていた。
日本シリーズとか、ヤフオクドームとか、ちょっとびびっていたけれど、こいつを見て少し和んだ。
171028-08s.jpg


日本シリーズ初戦なので、試合前のセレモニーがある。(2戦目以降もやるのかな?)
うーん、あっちのユニフォーム、何だかすげー強そうだぞ。
171028-11s.jpg


試合開始の直前に、メンバー表交換の「儀式」を行う両チーム監督。
福岡ソフトバンクの工藤監督は、選手として2007年から2009年までベイスターズに在籍していた。
171028-12s.jpg


1回表、2番柴田に続いて4番筒香も四球で出塁する。
立ち上がり不安定な千賀を、しかし攻めきれず、日本シリーズの流れを手繰り寄せる大きな好機を逃した。
171028-16s.jpg


1回裏、ベイスターズの先発投手の井納は、先頭打者の柳田に安打され、無死の走者を出す。
って言うか、今季怪我するまで三冠王の勢いだった柳田が、なんで1番なんか打ってるんだよ。
171028-17s.jpg


犠打で得点圏に進められ、3番のDespaigneの適時打であっさり先制される。
初回からいきなり、福岡ソフトバンクはやっぱ強いなと、思い知らされる展開になった。
171028-18s.jpg


これは3回裏、内川の打席。色々あったけれど、彼も元ベイスターズなんだよね。
彼と一緒にプレーした選手は、今のベイスターズ(日本シリーズのベンチ入り)には誰もいないのだけれど。
171028-19s.jpg


5回表、相手失策で出塁した乙坂が、続く倉本の右前安打で一気に三塁を陥れる。
タイミング的には危なかったが、送球が少し浮いたところを、上手く回り込むスライディングでタッチを避けた。
171028-23s.jpg


続く桑原の併殺崩れの間に1点を返して、1-3とした。
さらに二死からLopezが強い打球を飛ばしたが、中堅手の柳田が追い付いて捕球した。
抜けていたら、ベイスターズの流れになっていたかも知れない。残念だ。


5回裏、試合が大きく動く。井納が制球を乱し、1点追加されてなお無死満塁というところで、田中健二朗に継投。
しかし田中がさらに誤算で、2つの押し出し四球など大崩れで6点を献上してしまった。
171028-25s.jpg


試合の途中で気付いたのだけれど、内野席に小さなステージがあって、時々チアガールが出てくる。
何でか分からないけれど、スタンドの中に入ってくると、急に安っぽく思えてしまう。自分だけか?
171028-28s.jpg


7回表、ベイスターズのラッキーセブンに、ハマスタで使う青のジェット風船が飛ばされる。
外野席のビジター応援席にあれだけ、内野席にもちらほら。往路の新幹線でも、何人も同志を見かけたよ。
171028-30s.jpg


7回裏、今度は福岡ソフトバンクのラッキーセブン。
先程のビジター応援席以外が、黄色のジェット風船で一色に染まり、甲子園のような迫力だった。
171028-32s.jpg


8回表、先頭の柴田の打席で、近くにファールが飛んできた。
落下点の男性が弾いたボールが、たまたま自分の席に転がってきた。思いがけぬお土産を得た。
171028-34s.jpg


1-10のまま試合は進み、9回表も二死無走者。
試合が終わろうかというそのとき、福岡ソフトバンクは元ベイスターズの寺原に継投。うーん、遊ばれてるな。
171028-37s.jpg


若手のホープである細川が代打で安打を放ち、倉本も続いたが、桑原が倒れて試合終了。
これは、試合が終わる直前の様子。福岡ソフトバンクが勝ったときに飛ばす、白いジェット風船がスタンバイ。
171028-38s.jpg


勝利監督インタビューに続いて、ヒーローインタビューは先発投手の千賀。
奪三振が少なく、本調子には見えなかったけれど、要所で投げる150km/h超の速球に手が出なかった。
171028-41s.jpg


セレモニーの最後は勝利の花火。ハマスタに似てるな。
天気が良ければ、ドームの屋根を空けるらしい。きちんと機能する開閉式ドームって、日本ではここくらいか。
171028-42s.jpg



途中まではじわじわと実力で押され、5回裏に破綻して試合が終わってしまった。
5回裏まででも、千賀になかなか手が出ず攻撃が短いベイスターズと、毎回のように塁上をにぎわす福岡ソフトバンクとでは、野球の質というか強さが全く異なる印象を受けた。何となく分かっていた現実を、くっきり見せ付けられた。
交流戦ですらなかなか歯が立たなかったのに、今日はあのとき以上の強さを感じた。
いわゆる常勝軍団の、大舞台での本気というのを見せてもらった。

対するベイスターズは、実力差もさることながら、雰囲気に飲み込まれてしまった。
敵地の雰囲気もさることながら、日本シリーズという大舞台の雰囲気に。
大一番に強い印象の井納ですら、ボールのコントロールがままならず自滅してしまった。
単に制球が悪いというのでなく、投げているボールそのものがおかしかった。(だいぶシュート回転していたらしい。)
野手も、全くバットが振れていなかった。体が縮こまっていたかのよう。
直前までクライマックス・シリーズの激闘を繰り広げて、試合勘は十分だったはず。
ほとんどの選手にとって初めての舞台は、簡単なものではなかったか。

悔しいけれど、これが舞台慣れも含めた実力の違い。
そもそもこちらは、セリーグの3位のチームに過ぎない。そうそう勝てるものではない。
ただし他方で失うものは何もなく、この大舞台と強敵から、得るものは沢山あるはず。
苦しい試合が続くならば、思いっきり苦しめば良い。それを糧にして、また前に進めば良い。
でも、やられっ放しで終わるのも面白くない。
第3戦からハマスタに戻ったら、本拠地で一矢報いたいではないか。
二矢でも三矢でも良い。ここまで勝ち上がってきた横浜の意地を見せてほしい。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2017] vs ジュビロ磐田(EC/QF)

水曜、三ツ沢、カップ戦。今季7回目。
リーグ戦の3試合と合わせて、実に今季10回目の三ツ沢での試合。
今までこんなに三ツ沢での試合が多いことはあったかな。(日産スタジアムを使うようになってから。)
調べたら、2016年は6試合、2015年は5試合、2014年は7試合、2013年は9試合、2012年は7試合。
今年は飛び抜けて多いわけではないけれど、近年では最も多いのか。

そんな三ツ沢の弱点は、屋根がないため、雨が降ると逃げ場がないこと。
しかも、週末の試合ならば雨対策をして臨めるのに対して、水曜の試合では仕事帰りなので雨対策が難しい。
今年は、三ツ沢での過去9試合はずっと雨を免れていたけれど、今日はついに降ってしまった。
都内は夕方には上がっていたので、もう大丈夫だろうと向かったら・・・。



キックオフの30分前くらいに到着。
参ったな、横浜はまだ結構雨降ってるぞ。
171025-01s.jpg


観戦仲間の協力を得て、この辺に席を確保することができた。
スーツの上から、念のためにと持ってきたウィンドブレーカーを羽織り、フードを被って雨を凌ぐ。
171025-02s.jpg


選手達は、大宮戦と鹿島戦を経て、だいぶ雨の試合にも慣れているかな。
応援する者が音を上げてはいけないが、ぐっと冷えて雨が降り風も吹くこの状況は、だいぶ厳しい。
171025-03s.jpg


磐田サポーターは、平日にも関わらず、思ったよりも沢山来ていた。
メインスタンドにも水色のレインコートを着た観客が多かったし、向こうもこの試合に気合い入ってるのかな。
171025-04s.jpg


猛者集うゴール裏には、トリコロールのバンデーラ。今日はビッグフラッグはなかった。
何だかんだでもう準々決勝なので、こんな天候状況でも、駆け付けたマリサポの熱気は相当なものだった。
171025-05s.jpg


天皇杯のアンセム(正式名称は『日本サッカーの歌』)をバックに選手入場。
カップ戦のキャプテンは勇蔵というイメージが強いが、今日は喜田がキャプテンとして先頭に立った。
171025-06s.jpg


両チームとも前半は低調な入り方だった。
磐田がブロックを組んでかちっと守るのに対して、ボールの動きが遅く、なかなか有効な崩しに至らず。
171025-08s.jpg


4月に日産スタジアムで見たときよりも、さらに近いところで磐田の俊輔。
今日はセットプレーを多く与えてしまったので、何度も怖い思いをした。実際、危ないボールがいくつもあった。
171025-09s.jpg


こちらのセットプレーは、主にBabunskiが蹴った。
まぁ、あまり良いボールは、多くなかった、かな。
171025-11s.jpg


今日のBabunskiは、攻守になかなか気合いが入っていた。スタンドも煽った。
面白かったのは、俊輔をよく知らない故に恐れていないのか、果敢にボールを奪いに行っていたこと。
171025-12s.jpg


前半終了間際、磐田がCKのこぼれ球を押し込んだ。
オフサイドか際どいと思って副審を見たら、ツーテンポくらい遅れて旗を上げた。そりゃ、抗議もするわな。
171025-13s.jpg


ハーフタイムには雨がやんでくれたので、横浜駅の高島屋で買ってきた弁当を。
今日は美濃吉の「秋味秋彩」というやつ。準々決勝に相応しく、ちょっと高級そうなやつにした。
171025-14s.jpg


雨は上がったけれど、時折風が吹いてだいぶ冷える中、後半のキックオフ。
さあ、点を取って勝とう。できれば、残業(延長戦)なしで。
171025-15s.jpg


トップ下、時々右サイドの前田。今日はなかなか空回ってたな。
下手じゃないんだけど、プレーの選択、判断がね。「ちーがーうーだーろー!」って場面が多い。
171025-16s.jpg


試合が膠着する中、75分くらいに俊輔がベンチに下がった。
日曜の試合にも出るには、この辺が限界なのだろうが、磐田はこの試合に本気じゃないのかなと感じた。
171025-17s.jpg


攻め込まれても崩されず、相手が間延びしたところで前への圧力を強めていく。
8月にマリノスが勝っていたときのような雰囲気が出てきて、これはどこかで勝ち越せそうだと思った。
171025-18s.jpg


残り10分、オウンゴールを誘発して先制した!
Babunskiの逆サイドへのクロスがお見事、そして渓太のボレーでの折り返しもお見事。良い崩しだった。
171025-19s.jpg


磐田は交代枠を使い切っていた上に、CBの高橋が足を痛めて動きが鈍り、攻勢に出る力が残っていなかった。
セットプレーからの事故だけ怖かったが、割と余裕を持って逃げ切れた。
171025-21s.jpg


水曜のカップ戦らしい、渋い試合で準々決勝を突破。
リーグ戦が佳境を迎える段階で、非常にやりにくい部分はあったろうけれど、とにかく勝てばいい。
171025-22s.jpg


完封勝利に大いに貢献したCBの2人。
ルヴァン杯での危なっかしい守備からはだいぶ良くなって、今日は安心して見ていられた。
171025-25s.jpg



試合は割と地味だった一方、観戦はハードだった。
雨がやんだかと思うとまた降ってくる、というのが何度か繰り返され、自分が壮絶に守勢を強いられた。
意地でもカメラはしまわなかったものの、震える手ではなかなか上手く撮れなかった。
日産スタジアムは、やや観づらいのを差し引いても、落ち着いて試合を観るには良いところだと、改めて思った。

マリノスは鹿島戦からスタメンを7人入れ替えた。
そのせいもあり、特に普段の長所の左サイドが機能せず、なかなか攻撃のテンポが上がらなかった。
俊輔のセットプレーで度々危険な目に遭わされながら、耐えて好機を窺う、そういう試合。
得点の場面は、目の前で渓太の折り返しからボールがゴールに吸い込まれるまで、間近でしっかり見ることができた。
その他は、あまり印象に残るプレーもなかったかな。
覚えているのは、俊輔のセットプレーと、俊輔のゴールライン上でのシュートブロックと・・・。

まぁ、リーグ戦の佳境での、難しい時期のカップ戦なので、内容はともかく、勝てばOKだね。
今年は12月の天皇杯らしい時期に、準決勝に進んだ4チームしか試合ができない。
チームとしてはオフが短くなって悩ましいだろうけれど、ファンにとっては年末年始に試合があるのは嬉しい。
その舞台へと連れて行ってくれることに、感謝しよう。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2017] vs 鹿島アントラーズ(H)(J1-30)

最近、ちょっと野球の方が楽しくなっていたけれど、今日は本職(?)に戻ってサッカー。
勝ち点と残り試合とを考えると、現実的な目標は、ACL出場権と賞金4億円を得られるリーグ戦3位だろう。
3位を争う柏とセレッソも決して好調ではなく、今、目標には十分に手が届くところにいる。
ここからの最終盤、抜け出したい。

追い込みをかけたいところ、怪我人が続出しているのが痛い。
学とHugoと松原は試合中の接触によるもので、それも3試合続けて起きてしまうなんて、不運と言うしかない。
金井のような筋肉系の怪我も、シーズン終盤で疲労が溜まっているので、防ぎきれないかも知れない。
レンタル移籍で出した新井や仲川が残っていたら、もう少しやりくりは楽だったろうが、是非もなし。

あと、選手が欠けるという意味では、同じく累積警告も怖いな。
最も警戒すべきは、現在累積7枚のMartinusで、次に警告を受けると2試合の出場停止になる。
それから、中盤の真ん中を担う4人、天純と扇原と喜田とマチも、全員累積3枚で、出場停止にリーチがかかる。
1人なら何とかなるが、2人以上同時に出場停止になると、流石に厳しいだろう。



日吉駅に麻生太郎が選挙演説に来ていた頃、綱島の「らっきょ&スター」で昼食。
この店、食べログの「カレー百名店」というのに選ばれたらしい。スープカレーとカレー(ライス)は別物だが。
171021-01s.jpg


秋のスープカレーは「トマト煮込み牛すじミートボールと旬野菜のスープカレー」。
マリノスのポスターを貼ってくれている港北区の名店、試合の前後に是非お立ち寄りあれ。
171021-02s.jpg


キックオフ3時間前に日産スタジアムに到着。
西ゲートの正面入り口には、2000年代の名選手の懸垂幕が。真ん中、3番、いつまでも走れ。
171021-03s.jpg


既に雨が結構降っていて、ネンチケの待機列が結構長かったのて、屋根下の席の埋まりが早かった。
自分はどの試合でもほぼ同じく「キックオフ3時間前」だけれど、試合毎に来るタイミングを変える人も多いのね。
171021-04s.jpg


今日の対戦相手の鹿島は、鹿島神宮だね。先週の大宮に続き、神社ネタ。マリノス君が食べてるのは何だろう。
それから、オンラインショップでの買い物でもらった、横浜ピンバッジ(夜景)も。
171021-05s.jpg


降雨もあってか、鹿島サポーターには2階席を解放。
浦和戦、川崎戦に続き、今季3試合目。首位なんだから、願わくばひと声。
171021-06s.jpg


マリノスケに今年のスペシャルユニフォーム。
川崎戦では着てなかった。今回、サポーターがカンパで資金を募って贈ったらしい。いい話。
171021-07s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
長いベンチ外の日々から、伊藤と下平がスタメンに返り咲き。下平はまさかの右SBだけれど。
171021-08s.jpg


試合前から雨が降り続けるも、屋根の外に出て応援する者が多数。頭が下がります。
2階席も結構埋まり、これは3万5000人くらい入ったかな、と思ったら、意外と3万人にも満たなかった。
171021-11s.jpg


劣勢が予想された試合は、いきなり動いた。
3分、CKから伊藤が決めて先制。久しぶりのセットプレーからの得点、そして伊藤の今季初ゴール。
171021-12s.jpg


さらに相手のミスを突いて2-0とした。ここまでは望外の展開。
当然、やられっ放しの鹿島ではなく、ここから猛反撃が始まる。
171021-13s.jpg


3月の対戦では、何度も煮え湯を飲まされたLeo Silva、今日も元気だった。
こっちがボールを持ったとき、奴が近付いてくると、思わず「逃げてー!」と叫びたくなる。
171021-14s.jpg


左WGというかOHでスタメン出場したBabunskiが、自陣の守備で西と対峙するところ。
守備に戻ったり戻らなかったり、役割が少々曖昧だったところを、鹿島に何度も攻撃された。
171021-15s.jpg


前半終了間際に、セットプレーから勿体ない失点を喫し、2-1で後半へ。
「2-0は危険なスコア」という格言通りの展開で、相手は鹿島。防戦一方は非常にまずいが。
171021-17s.jpg


右SBでスタメンの下平は、あまり目立たなかったかな。でも今日のそれは、合格点のプレーを意味する。
無理に上がらず、守備のバランスを崩さないように腐心し、ボールを持っても安全なプレーを心掛けた。
171021-18s.jpg


追い付かれてなおも攻め込まれ、これはまずいなと焦った。
なにせ、自陣に押し込まれ、ボールを奪ってもなかなか敵陣に入れず奪い返され、サンドバック状態だった。
171021-19s.jpg


渓太のゴールは、周りとおっさん同士でハイタッチなどしていて、写真を撮りそこねた。
そしてベンチは1点差での逃げ切りを選択。伊藤を下げて勇蔵を投入し、5バックにして守りを固める。
171021-20s.jpg


5分間のロスタイムも耐え凌ぎ、試合終了のホイッスルを聞く。
得点時だけでなく、試合終了の瞬間に、スタンドがあれだけ沸くのはなかなか珍しい。気合いの勝利だった。
171021-22s.jpg


トリパラが回る。自分も、やっとトリパラ回しのデビューを果たせた。
買った当日の東京戦では袋から出しておらず、天皇杯広島戦とガンバ戦は持参せず。そしてやっと今日。長かった。
171021-24s.jpg


トリパラ大好き、山中さん。円陣の前にフライングで開いていたらしい(笑)。
今日は、劣勢の中で、左サイドの彼のプレーに推進力があった。Halilhodzicも、ばっちり見てたんじゃないかな。
171021-25s.jpg



消化不良の大宮戦から1週間、今度は2試合分くらいの中身がある濃密な試合だった。
決めてほしい人が決め、幸運と忍耐、そして反発力で掴んだ勝利。3位争いの苦しい局面でも価値のある勝利。
正直、鹿島は怖かった。最後まで、血圧が上がるような思いで、しばし撮るのも忘れて、祈るように見守った。
それだけに、逃げきって試合が終わった瞬間は、スタジアムが大きな達成感に包まれた。
こういう試合を、ホームの日産スタジアムで見届けられたことが嬉しい。

試合内容は褒められたものではないけれど、怪我人続出のこの状況ではそれも織り込み済み。
腹を括って耐えられるか。少ない決定機を活かせるか。そういう試合を予想していた。
鹿島の猛攻によく耐えたとは思うが、2失点してしまった。でも、本当によく耐えたなと思うのは、その後だった。
2-0から攻め続けられて追い付かれたら、普通はそのまま勢いに飲まれて、逆転まで十分にある。
そこで踏みとどまって、攻め駒も厳しい中、勝利を信じて再び前に出た。

少々不格好かもしれないけれど、そういう勝利もあっていい。
そういう試合こそが、観る者の心をひきつける。
でも、毎回こういう試合は、体がもたないから勘弁な(笑)。

今年のスペシャルユニフォームは、2試合とも良い試合だった。永久保存だな。
今からでも、レプリカユニフォーム(胸がNISSANロゴのもの)を買えないかな。
ホームでの川崎戦と鹿島戦の素晴らしい勝利は、多分、ユニフォームもう1着分以上の価値がある。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示