FC2ブログ

[Baystars] vs 読売ジャイアンツ(H) (Aug. 2, 2018)

今年もYOKOHAMA STAR NIGHTを観に行くことができた。
チケットはファンクラブの抽選先行販売で手に入れることができた。
日本に戻ってきてから3年連続で、この横浜を代表するスポーツイベントに立ち会えて、まずはとても嬉しく思う。

昨年に引き続き火水木の3連戦で、水曜はマリノスの試合と重なるので、第1希望火曜、第2希望木曜で申し込んだ。
火曜を第1希望にしたのは、細かいことながら、配布ユニフォームとの関係で。
最近は、左袖の星の色が、1試合目は水色、2試合目は黄色、3試合目は赤色で固定されている。
2016年は赤色、2017年は黄色のものを手に入れていたので、今年は水色のが欲しいなと思っていた。
そうしたところ、抽選の結果、火曜の試合は外れて木曜の試合が当たった。

今までは主に中日戦か東京ヤクルト戦で開催されてきたが、今年はとうとう巨人戦になった。
球団は、このYOKOHAMA STAR NIGHTなどイベント試合の位置付けを、少しずつ変えてきているように思う。
イベントを立ち上げた当初は、週末を中心に設定して、純粋に集客力アップを狙っていた感がある。
週末の試合は安定して客が入るようになると、今度は平日の試合にイベント試合を多く組むようになった。
そして、平日の集客も安定すると、今度はビジターチームを雰囲気で圧倒するためにイベント試合を使うようになる。
この仮説が正しければ、今後は阪神戦や広島戦でYOKOHAMA STAR NIGHTの開催もあるはず。



平日で17時45分試合開始は、なかなか厳しい。
今日は夕方早退ということにできて、それでもハマスタに着いたのは試合開始の15分前くらい。
180802-02s.jpg


今日は「DB応援 内野指定席A」から。
入口で配布ユニフォームをもらったが、あまりに蒸し暑くて、すぐには着ることができなかった。
180802-03s.jpg


ベイスターズのベンチを写す。
今年のSTAR NIGHTの特別ユニフォームはこんな感じ。ぱっと見たところ、2016年のものに近い。
180802-04s.jpg


ベイスターズの先発投手はWieland。昨年STAR NIGHTの試合を観たときも彼だったな。
今年は、球威も制球も、昨年より一回り落ちている感じで、なかなか良くならない。だから、勝ったり負けたり。
180802-07s.jpg


1回表、一塁走者の重信に対して、牽制球を投じる。
今日の座席は、投手と一塁走者との間合いが見やすい席だった。結果的に、盗塁の試みすらなかったが。
180802-08s.jpg


犠打で二塁に進まれ、この後McGeheeの適時打で先制点を献上してしまった。
この写真は、主に二塁手の石川を写したもの。彼の名前がアナウンスされると、やはりひと際歓声が大きくなる。
180802-09s.jpg


2回裏に四球で出塁したが残塁に終わった宮崎、攻守交替の際に、佐野にグラブと水を持ってきてもらう。
いつぞやのバント処理よそ見事件が懐かしく思えるほど、すっかり主力の風格が身に付いてきたな。
180802-13s.jpg


巨人の先発は、7月に彗星のごとく現れたMercedes。
こいつ、とにかく打ちにくかった。球が速い上に手元で動くのか、内野ゴロを量産してしまった。
180802-15s.jpg


4回表、四球と安打(エンドラン成功)で、一死一三塁の危機を迎えた。
相手の打線は下位に向かうところだったので、無失点で凌いでほしかったが、あっさり長野に適時打を浴びた。
180802-16s.jpg


お馴染みdianaのSTAR NIGHTバージョン。
twitterに各自がこのユニフォームの着こなしを載せていたので、それで踊ってほしかったところ(笑)。
180802-18s.jpg


6回表、亀井に本塁打を浴びて、0-3になった。
こちらは未だMercedesの前に無安打だったので、これでもう勝負が決したかな、と思えた。
180802-20s.jpg


この本塁打の前に、トイレと食べ物調達の休憩を入れていた。
今日は「夏こそカレーだ!」と思い、青星寮カレーの選手盛りを買ってきた。当然ながら、汗が噴き出してきた。
180802-21s.jpg


6回裏、一死からようやく柴田がチーム初安打。ひと安心。
Mercedesの投球にはまっていて、かつ純粋に不調そうな打者も数人いたので、本当に無安打で終わる気配があった。
180802-22s.jpg


そして、続く桑原が左翼席のポール際に飛び込む2点本塁打。
これで2-3と1点差に。試合が分からなくなった。
180802-23s.jpg


7回表、ラッキーセブンを迎えたビジター応援席の巨人ファン。
かつては一塁側まで侵食してきた彼らを、これだけ狭いところに押し込めたのは、STAR NIGHTならではの光景。
180802-24s.jpg


あまり調子が良くなさそうだったWielandも、7回を投げて3失点と先発投手の仕事を果たした。
願わくば、彼のバットから得点への貢献も欲しかった。
180802-25s.jpg


7回裏、ベイスターズのラッキーセブン。今日はジェット風船を入口で配っていた。
自分は、急いで膨らませようとして割ってしまう痛恨のミス。仕方ないので、今日もジェット風船を撮る方で。
180802-26s.jpg


桑原の本塁打の後、これと言った好機を作れないまま9回裏へ。続投するMercedesの前にあっさり三者凡退。
9回表の打席で代打を出さなかったところで、「やられた」と思った。最終回が澤村だったら、或いは・・・だったのに。
180802-29s.jpg


試合が終わったのは、まだ20時を少し過ぎた頃だった。ベイスターズの攻撃時間、とても短かったから。
折角のSTAR NIGHTなのに、巨人に3タテされ、球場の雰囲気は重かった。
180802-31s.jpg


それでも、試合後に照明を落として、スタンドの蛍光ライトと花火による演出が行われた。
マリノスのトリコロール・ギャラクシーも、このくらい鮮やかにできたら良いな。
180802-33s.jpg



YOKOHAMA STAR NIGHT、巨人にまさかの3タテを喫する。
誰が言ったか、スターナイトメア。まさに悪夢のような3試合だった。
大事なイベント試合、大事な3位との直接対決。それなのに、こんな不甲斐ない試合。
勝ち越していれば、終盤戦に向けて大いに士気が上がったろうが、期待していただけに落胆が大きい。

とにかく、打てないな。
球宴明けは、見せ場すら作れずに一方的に負ける試合が増えている。
打線にある程度の名前は並んでいるのに、とにかく得点に結び付かない。
このチームは、現状、主軸に長打が出ないと点を取れない。2番Soto、3番Lopezという打線に機動力も小技もない。
であれば長打を、できれば本塁打を、がんがん打ってほしいのだけど、それが最近止まってしまっている。
怪我明けでコンディションが疑わしいLopezと、今年はどういうわけか好機に弱い筒香。この辺がブレーキでは厳しい。

先発投手にも難しさを抱える現状、流れを変えるには、取り合えず勝つしかない。
それも、ホームで凄く盛り上がるやつ、信じられないような勝ち方をするやつ。
理屈の上では厳しいのだから、横浜らしく、理屈を超えた勢い、98年優勝時のような「もののけ」を味方につけないと。
とにかく、景気付けになるような試合、手遅れになる前にお願いします。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs サンフレッチェ広島(H)(J1-19)

水曜、三ツ沢、今日はリーグ戦。
リーグ戦だと平日でも観客数が増えて、横浜駅からのバスがなかなか大変なことになる。
週末ならばスタジアムに向かう時間帯は程良くばらけるところ、平日だとどうしても試合開始に近い時間帯に集中する。
しかも、サッカーと関係のない通勤者の帰宅とも重なるので、三ッ沢に向かうどのバスもすぐ満員になる。

6000~7000人くらいまでならば、どうにか通常の輸送態勢+何本かの臨時直行バスでさばききれる。
これが今日みたいに1万人を超えると、横浜駅でバスに乗る待機列からして、なかなか進まなくなる。
平日に1万人規模の来場者が予想されるときには、もう一段階上の輸送態勢をとれないものだろうか。
例えば、臨時直行バスを増やしてもらう、臨時の乗り場と降り場を設ける、ルートを変えてみる、とか。
今のままだと、観戦者もストレスを感じるし、近隣住民にも迷惑かも知れないので、どうにか改善できないものか。



キックオフの30分前くらいに三ッ沢に到着。
横浜駅西口のバス待機列は、ちょうど自分が並ぶ頃から急速に人が増え始めていた。
180801-01s.jpg


最近、カップ戦で三ッ沢によく来ていたけれど、年間チケットでの観戦となると久しぶりになる。
人によっては良い席なのだろうが自分の好みには合わない、例のバックスタンド中央の前めの席へ。
180801-02s.jpg


もうウォーミングアップも終わる頃だったので、選手やボールではなく、目の前に置いてあった水のボトルを写す。
コカ・コーラとかアクエリアスのロゴ入りのボトルも多いけれど、ほとんどの場合、中身は普通の水か氷水。
180801-04s.jpg


Milosの後釜として獲得したDusan Cvetinovicが、この試合で初出場初スタメン。
欧州4か国でプレーした経験を持つ、29歳(12月で30歳)のCBとのこと。さてどんな感じだろうか。
180801-05s.jpg


三ッ沢にお越しの広島サポーター。平日ゆえ在京組が中心と思われるが、結構な人数が来てくれた。
今年はアウェーの広島に行けなくて残念だった。J1残留を決めて、来年また行きます。
180801-06s.jpg


左CBにDusanが入り、CFのスタメンが今日はHugoになった以外、中断明けは変わらないメンバー。
FC東京戦の大敗を受けて、立て直しはできたか。Dusanはどのくらいチームと合わせられているか。
180801-07s.jpg


Dusanの最初のプレー、だったと思う。概ねチームのやり方は理解しているようで、大きな問題はなかった。
逆サイドへの大きな展開がない以外は、Milosと同じくらいはできそう。単純な競り合いは少しこちらが強いかな。
180801-08s.jpg


前半のイーブンな状況のとき、喜田がボールを持ったところはやはり厳しく狙われた。
カウンター狙いのチームは、少々のファウルは織り込んで、奪いやすそうなところを集中的に狩ってくる。
180801-10s.jpg


左サイドの攻撃は、今日もあまり有効じゃなかった。
何となく押し込むのだけれど、プレーの幅は狭められている。打破するには、もう少し選択にスピード感が欲しい。
180801-11s.jpg


このセットプレーだったかな、Dusanがうまく競り勝って頭で合わせる場面があった。
攻めるセットプレーでの強さと駆け引きは、なかなかの力がありそう。この辺は期待できるかも知れない。
180801-13s.jpg


後ろからの組み立ての場面では、今日のDusanは近い味方に無難に付けるパスが多かった。
飯倉みたいに、狭いところでも思い切って縦に通すようなプレーは、まだ見られない。今後、どこまでできるか。
180801-14s.jpg


前半アディショナルタイム、仲川のハンドリングでPKを与えてしまった。
最初の青山のキックは飯倉が弾くが、反則があったとして蹴り直し。これをPatricに決められて、先制を許した。
180801-15s.jpg


直後に前半終了。Hugoが強い口調で審判団に抗議した。
その後、松永コーチや、今日ベンチ入りしていたマチも抗議してたようだ。
180801-17s.jpg


問題の場面については、自分の座っている席からはよく見えなかった。
後で映像を見ると、確かに飯倉が青山のフェイントに引っ掛かって、蹴る前にゴールラインの前に出ている。
(さらに、ゴール裏からの映像では、ボンバーと思しきマリノスの選手も、蹴る前にエリアに侵入している。)

なので、判定としては正しかった。
他方で、その判定をスタンドから正しく見極めるのも困難なので、判定に対してブーイングが出るのも仕方ない。
スタジアムにいるサポーターというのは、こと試合中は、客観的な正しさを追求しているわけじゃないから。


さてハーフタイム、今日もこのタイミングで弁当の夕食にする。
勝烈庵の「大かつれつ折詰弁当」。・・・そう言えば、この弁当、マリノスの試合との相性が悪いんだった。
180801-18s.jpg


そして後半のキックオフ・・・の直後に失点して0-2。そこからのマリノスボールのキックオフ。
しかも、この直後にまた失点して0-3になった。ハーフタイムを挟んで5分で3失点。観ている方もがくっとなる。
180801-19s.jpg


後半のマリノスに、あまり見るべきものはなかった。
焦るばかりで落ち着きと集中力を欠き、陣形もだいぶ間延びしてしまって、攻め手が続かず次々とカウンターの餌食に。
180801-20s.jpg


首位の広島は、やはり強かった。先に点を取られないし、先に点を取った後でどうすれば良いか皆が分かっている。
昨年なかなか勝てずに負のオーラが漂っていた広島やFC東京が、今季は大躍進。Jリーグは分からないな。
180801-22s.jpg


後半アディショナルタイム、ようやくBoumalのクロスに伊藤が頭で合わせて1点を返した。
時既に遅しだけど、まあ、惨めな敗戦の中に、1つくらいお土産があっても良いでしょう。
180801-23s.jpg


1-4で敗戦。6点差勝利の後、2試合連続で3点差負けを喫し、得失点差も再びマイナスに。
1試合未消化ながら、現時点で得点も失点もリーグ最多となった。10年以上のマリサポにとっては信じ難い。
180801-24s.jpg


茫然自失気味だったボンバー。今のこの状況を、自分の力の限界と深刻に考えてしまわなければ良いのだけど。
あと、今にも泣き出しそうな表情で首を横に振り続け、スタッフに慰められていたDusanも心配。
180801-26s.jpg



ここ3試合、先制点の行方が、試合の流れを極端なまでに左右している。
先制した仙台戦は相手をずたずたにして大勝、先制されたFC東京戦と広島戦はそのまま蹂躙されて大敗。
中断前の一時期は、先制されても怯まず取り返すサッカーができていたような気がするのだけど。
今の広島やFC東京は試合のコントロールがしっかりしていて、馬鹿試合にさせてくれないということなのだろうか。

向こうにとっては幸運も手伝った先制点の後、後半開始すぐに畳みかけてきたのは、実にお見事だった。
逆にマリノスは、不運な失点(1点目)を引きずったのか、後半はすっかり集中力を失ってしまった。
相手に飲まれ、目を背けたくなるようなプレーが増え、何かを起こせそうな気配もなく。
バックスタンドは、3点目以降、早々に帰る人が出てきて、4点目でそれが加速した。
あのサッカーを最後まで見届けるのは、ちょっと苦行だった。

カウンターやセットプレーの対策など、自分には難しいことは分からないが、きっと問題は少なくないのだと思う。
ただ、今月はまた4月のような過密日程になり、みっちり練習して立て直す時間がない。
1位広島と2位FC東京に連続惨敗したばかりだというのに、またすぐ中3日で3位川崎との試合がやってくる。
短い時間で大きく変えられるのは、気持ちの持ちようと、試合中の意識の配り方だけ。
せめてその辺だけでも上手く整えて、希望と野心を持って、強きライバルとの決戦に挑みたい。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs FC東京(A)(J1-17)

アウェー連戦、今度は近場の味スタ。
どうせアウェー続きなら、水曜の仙台と逆にしてほしかった。言っても仕方ないが。
日程君、最近、マリノスに冷たいよ。

5月から品川区に引っ越して、都民になった。
今度は味スタが最寄りのスタジアムになるのかと思ったら、時間距離ではまだ少し日産スタジアムの方が近い。
味スタ、「東京」とはいえ、調布だからな。やはり、ちょっと遠い。
都心暮らしが長いやつに言わせると、あんなところは東京じゃないという。なかなか厳しい。

都心に大きなクラブがないというのは、日本のサッカーの少し残念なところ。
今まで旅したことのある、サッカーの盛んな国では、大都市の都心部に強豪クラブと立派なスタジアムがあった。
Buenos AiresRiver PlateBoca JuniorsMexico CityClub AmericaIstanbulGalatasarayなどなど。
我らがマリノスも、いつか横浜の真ん中である西区に専スタを構え、日本を代表するクラブになりたい。



味スタに向かう前に、早めの夕食を新宿で。
東口の路地にたたずむ名店、洋食の「アカシア」へ。
180722-01s.jpg


左が名物の「ロールキャベツシチュー」で、右が「帆立貝のクリームコロッケ」。
新宿、あまり歩きたい街ではないけれど、店の開拓は意外と面白い。
180722-02s.jpg


京王線で飛田給へ、むっちゃ蒸し暑い中を歩いて味スタへ。
キックオフの1時間前に到着。サッカーのある週末を待ちわびた人々で(?)なかなか盛況だった。
180722-03s.jpg


メインS指定席の下層南側、チケットには一応「ビジター応援席」と書かれているエリアから観戦。
味スタはメインスタンドのチケットが高い。今は最低でも5200円。ちょっと席割りを見直してくれないかな。
180722-04s.jpg


GKのウォーミングアップが始まった。
中断明け、横浜ダービーからずっと、控えGKは2年目の原田になっている。
180722-05s.jpg


選手入場、そして花束贈呈。
ボンバーが受け取った花束は、次々と隣に渡されていって、渓太がいると毎度そこで止まる。
180722-07s.jpg


アウェー側ゴール裏のマリノスサポーター。今日も半分強といったところか。
ゴール裏を1階2階とも全部埋めて、ホームのような雰囲気を出してほしい。いつも思う。
180722-09s.jpg


前半のまだ早い時間帯。いやな位置でFKを与えた。
これを太田に直接決められ、今日は先制点を献上してしまった。
180722-12s.jpg


早い時間帯に先制したこともあり、FC東京は落ち着いた守りでなかなか隙を見せなかった。
仙台戦のように崩してクロスを入れるのでなく、今日は崩しきれず苦し紛れにクロスを上げる場面が多かった。
180722-14s.jpg


あの仙台戦からわずか中3日だから、あの試合で出来て今日は出来なかったことが、くっきり見えてしまう。
今日は先手でボールを回すことができなかった。厳しいブロックの内側を避けて、外側に回させられている感じ。
180722-15s.jpg


守られて鋭いカウンターから何度も決定機を献上、0-3とぼこぼこにされてハーフタイムを迎えた。
ベンチ入りメンバーがウォーミングアップを行おうとしたら、大々的に散水が始まって追い出された。アウェーの洗礼。
180722-16s.jpg


さて後半、少しでも意味のある試合ができるか。
意外にも選手交代なし。Angeに代わってこの試合の指揮を執るPeter、もう試合を投げたか?
180722-18s.jpg


今日は、物凄く、セットプレーに可能性を感じなかった。
ふわっと上げて楽々とGKに捕られるような、そんな場面が多かった。流れの中でのクロスも、そんなのばかりだった。
180722-19s.jpg


3点差を追って、がむしゃらに攻めるような展開を期待したが、なかなかそうはさせてもらえず。
4日前の仙台の状況と心境を、今日は我が身に思い知らされる。
180722-20s.jpg


なおも容赦なく点を取られる。これは4失点目だったかな。
既にだいぶ感情を失ってしまい、このときも、直後に0-5とされたときも、「あーあ」くらいにしか思えなかった。
180722-21s.jpg


ようやく好機が訪れた。天純が倒されてPKを獲得。
天純がすごく蹴りたさそうにしていたけど、結局Hugoが蹴って、ようやく1点を返した。
180722-22s.jpg


勝負が決した後で、追い付かない程度の反撃を見せる。ベイスターズみたいだ。
終盤、右から左から、少し可能性を感じさせる攻撃が見られた。もっと早くその攻勢を見たかった。
180722-23s.jpg


誰か傷んで倒れているときに、Hugoと森重が談笑。ポルトガル語か英語か。
爽やかな笑顔から、審判が見ていないところで思いっきり足を踏むとか、そういう駆け引きがあったら面白かった。
180722-24s.jpg


左サイドのペナ角で回しながら、天純や山中が縦に飛び出す形が何度か見られた。
山田の得点に繋がったのもこの形。良くも悪くも、マリノスの力攻めは基本この形。
180722-26s.jpg


2-5で大敗。仙台の仇を調布で討たれた、と思ってしまうくらい、4日前の試合の裏返しになった。
まあ、アウェーで5失点と、ホームで8失点とでは、ショックの大きさも違うのだろうけど。
180722-27s.jpg



4日前の記録的大勝から一転、今日は無残な大敗を喫してしまった。
「水曜の試合は何だったのか」と考えるべきか、「今日の試合は何だったのか」と考えるべきか。
どちらにせよ、ちょっとこの2つの試合はスコアが極端すぎた。

中断期間を経て、マリノスのサッカーの質は上がっているように思う。
ただ、相手が守備に重点を置くとき、それを崩しきる力はまだない。或いは、崩すためのオプションが少ない。
水曜の試合では、先制して、形が崩れた仙台をタコ殴り。今日は、先制されてきっちり守られ、こちらが崩れてしまった。
そういうところ、上手くいかなければ一度落ち着かせたり、やり方を変えてみたり、試合巧者への道はまだまだ。

まあ、何点取っても1つの勝ちだし、何点取られても1つの負け。
そういう意味で、仙台戦の圧勝とFC東京戦の大敗とで、自分の中ではとんとんにしておく。
それにしても、今週の2試合で10得点7失点。リーグ戦折り返しの17試合までで33得点31失点。
もう少し、落ち着いてサッカーしてほしいな。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示