FC2ブログ

[Soccer - CWC] Real Madrid vs 鹿島アントラーズ (CWC/FINAL, Dec 18, 2016)

決勝戦は、何かと話題の多い試合になった。
1つに、日本でも非常に人気の高い「あのReal Madrid」が来ること。
もう1つ、先日のJリーグのチャンピオンシップから破竹の快進撃を見せる鹿島が、とうとうこのFIFA Club World Cupの決勝まで勝ち上がり、「あのReal Madrid」とタイトルのかかった公式戦で対戦すること。
ついでに言えば、この試合が、当面は日本で観られる最後のFIFA Club World Cupの試合になるかも知れないことも。

個人的には、欧州のトップレベルのサッカーには憧れているけれど、特にReal Madridという特定のクラブを応援する訳ではないし、マリサポの端くれとして鹿島を応援するものでもないだろうと、取り合えず試合を観ようと思っていた。
それでもまぁ、目の前にCristiano RonaldoSergio Ramosがいればどうしても見ちゃうし、鹿島が「あのReal Madrid」を相手に奮闘すれば一種の判官贔屓で肩入れしてしまうところはある。
それが、スタジアムで試合を観ることの醍醐味でもあるから。



3位決定戦から決勝戦まで、約1時間30分も間が空く。
まぁ、トイレとかコーヒーで長い列を並んでいたら、あっという間に両チームの練習が始まる時間になったけれど。
161218-41s.jpg


決勝戦はReal Madridと鹿島の対戦。
欧州のビッグクラブと、親善試合ではなくこうして公式戦で対戦できるのは、この大会だけが持つ魅力ね。
161218-42s.jpg


Real Madridがこちら側(北側)でウォーミングアップを行う。
顔が見える3人は、Benzema、C. Ronaldo、Modricで、これを見ただけでも「レアルすげーなー」と思ってしまう。
161218-43s.jpg


南側のゴール裏に、鹿島サポーターのエリアも設けられていた。
反対側にはReal Madridのエリアらしきものもあった。日本人の「なんちゃってレアルサポーター」はあちこちにいたが。
161218-45s.jpg


そしていよいよキックオフを迎える。
鹿島はベストメンバーを揃え、Real Madridも負傷離脱中のBale以外はほぼベストメンバーと思われる。
161218-48s.jpg


前半、立ち上がりに先制したReal Madridは、随所に唸るようなプレーを見せるものの、どこか流しているように見えた。
他方で、鹿島の選手達は、そんなReal Madridを相手に、少しずつ普段通りのサッカーを取り戻していった。
161218-50s.jpg


Sergio Ramosは、クリアミスがあったり、手を使った安易なファールで止めたり、だいぶ雑だった。
これだったら、鹿島も点を取れるんじゃないかと、前半から少し期待が芽生えた。
161218-51s.jpg


後半の立ち上がり、柴崎がミドルシュートを突き刺して、2-1と鹿島が逆転した。
周りの観客達と同じく、サッカーファンとしての本能で、思わず立ち上がって声を上げてしまった。
161218-53s.jpg


これでReal Madridの選手達がちょっと本気になった。
舐めたようなちんたらしたプレーが消え、一直線にゴールを目指すえぐい攻撃を繰り出し始めた。
161218-54s.jpg


そして、PKを取られて2-2の同点に追い付かれてしまった。
しかし鹿島の選手達は、ここで折れずに再び本気のReal Madridに立ち向かっていった。
161218-56s.jpg


なおも攻勢に晒される鹿島だったが、しかし粘り強く守ることができていた。不用意に飛び込まず、かといって離れ過ぎず、数的優位を保ってチャレンジ&カバーを徹底する。今の横浜が忘れかけているものが、そこにはあった。
161218-57s.jpg


決勝戦の公式入場者数が発表された。
このスタジアムの最多観客試合の記録(2002年のFIFA World Cupの決勝戦)まで、あと300人くらいだった。
161218-58s.jpg


相当に疲弊させられたはずの鹿島も、終盤に攻勢に転じた。
Real Madridの選手達も足が止まってきていて、あと少しの決めきる力があれば、勝てる可能性は十分にあった。
161218-59s.jpg


そして、2-2のまま延長戦に突入した。
ModricとKovacicの2人は、試合後バカンスに直行の予定で、「やべえ、飛行機に遅れる!」と焦っていたらしい。
161218-62s.jpg


延長戦に入り、鹿島は疲労からプレーの質が目に見えて落ちていたが、それでも勝利を目指し戦った。
守り切ってPK戦というのは、あまり考えていなかったようだった。あくまで試合でReal Madridを倒そうということか。
161218-64s.jpg


試合に決着を付けたのは、C. Ronaldoの2ゴールだった。
何となく鹿島を応援しつつあったけれど、このときは「これぞスーパースター!」と感動して惜しみない拍手を送った。
161218-65s.jpg


Real Madridも、もう手を緩めることはなかった。その名に懸けて、最後まで鹿島を叩き潰しにきていた。
そんな本気のReal Madridを見られて嬉しかったし、なおも果敢に立ち向かう鹿島も頼もしかった。
161218-66s.jpg


そして延長戦を終えて4-2でReal Madridが勝利し、2016年のクラブ王者に輝いた。
選手達とZidane監督がスタンドのファンに挨拶に来た。そういや、監督としてのZidaneも格好良かったなぁ。
161218-69s.jpg


大会の全日程を終えて、表彰式が始まった。
1位から3位のチームと、MVPなどの個人賞に対する表彰が、滞りなく行われた。
161218-70s.jpg


バックスタンドからは表彰式の様子が直接見えないので、写真は大型ビジョンの映像から。
かくして、今年のFIFA Club World Cupが幕を閉じた。
161218-72s.jpg



素晴らしい試合だった。
こんなに純粋に楽しみ、驚き、興奮した試合は久しぶりだった。
鹿島が「あのReal Madrid」を追い詰めたこと、そして最後はReal Madridがその実力を見せ付けたこと。
そのどちらもが素晴らしく、こういうことは珍しいけれど、両チームともがこの試合の主役だった。

Real Madridの強さについて、自分などが今更語るまでもないだろう。
上手い、強い、そして分かってる。さらに、理屈を超越したスーパースターがいる。
サッカーのあるべき最高峰の姿を見ることができた。
Jリーグでも、日本代表の試合でも、なかなか見られないハイレベルのサッカーを、観ることができて良かった。

そして、そんなReal Madridと互角に近いまでに渡り合い、敗れて純粋に悔しがる鹿島にも、尊敬の念を抱いた。
「あのReal Madrid」が相手だからと言って、守ることばかり考えるのではなく、あくまで普段Jリーグで実践している勝つためのサッカーを貫き、突き詰める。これは恐らく、今の日本では鹿島にしかできないことだろうと思う。
8月にここでマリノスと対戦した(結果は2-2)鹿島と、同じチームなのかと疑うくらい、皆が逞しかった。
当初は開催国枠での出場に違和感はあったが、これだけのサッカーを見せてくれたら、もうそんなのどうでも良くなった。

とまぁ、鹿島を散々に褒め称えたけれど、マリサポとしては、この鹿島を倒してタイトルを取りたいと思う。
幸いにも、24日の天皇杯の準々決勝でマリノスも鹿島も勝てば、準決勝では対戦が実現する。
今日のこの興奮が一気に冷めてしまわないような、熱い年末年始を期待したい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示