FC2ブログ

[Marinos 2016] vs サガン鳥栖(A)(J1/2nd-16)

近頃周りが騒がしい。移籍するとかしないとか。
親会社の常識、「しがらみ」関係。報道される程、意地になる。
夏が来る、じゃなくて冬が来る。真っ白な馬に乗った王子様は、学を連れてどっか行ってしまいそう。
今季への期待が凋んでいくだけでなく、来季に向けての不安まで募りだす。
自分が日本にいない間に、2ステージ制になって、そういう時期が早まってしまった。

それでも試合は続いていく。
ほぼ消化試合になった今節は、今季最も遠いアウェーの鳥栖。
航空券をとっくの昔に買っていて、今更キャンセルもできないので、行くのは勿論行く。
ただ、何を楽しみに行けば良いのかと、なかなかモチベーションは上がらない。
「若手の躍動を楽しみに」とはよく言われるけれど、三ツ沢ならともかく、それだけで九州まで行くのは厳しい。
やはり、明確な目標のために勝ちたい。そうでなければ、応援する楽しみなど半減してしまう。



福岡空港に飛んで、博多駅経由で鳥栖駅へ。
あまり時間がないので、駅ホームの「中央軒」で軽く食べていく。
161029-01s.jpg


「かしわうどん」のかしわ(鶏そぼろ)大盛り。
1分で用意されて3分で食べ終わる。急いでいるときは立ち食いも良いな。
161029-02s.jpg


そして、ベストアメニティスタジアムへ。
スタジアムと反対側にしか改札口がないから、ホームから見えているのに、入場するのに毎度時間がかかる。
161029-03s.jpg


メインスタンドのアウェー側、席種で言うとA自由席メインスタンド。
東京では最近寒い日が続いているけれど、今日はよく晴れて少し暑いくらいだった。九州まで来ると少し違うな。
161029-05s.jpg


鳥栖の選手紹介から、マリノスにも2年間在籍した谷口博之を。
マリサポ的には理解に苦しむ、右SBでのスタメン出場だった。
161029-06s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
今日は伊藤がベンチ入りして、Kaykeはさよなら。Fabioがずっとベンチスタートなのは・・・そういうことなの?
161029-07s.jpg


鳥栖のマスコット、ウィントス君。モデルはカササギらしい。
表には今日がホームラストの金民友のお面、裏にはハロウィン的な衣装をまとっていた。
161029-09s.jpg


アウェー側ゴール裏のマリノスサポーター。
こんな試合のために九州まで来るなんて、あんたたちも好きねー。(自分もねー。)
161029-12s.jpg


前半、鳥栖の前からのプレッシャーに苦しみ、押され気味だった。
鳥栖の形である豊田のフィニッシュは封じるものの、他の選手に攻撃の形を作らせてしまっていた。
161029-14s.jpg


マリノスの攻撃は、言うまでもなくここが生命線。
スピードに難がある谷口など軽くぶっちぎってほしかったが、前半は攻撃の形が良くなくて、そういう勝負もできず。
161029-15s.jpg


そうこうしている内に、右サイドからの金民友のクロスがそのままゴールに吸い込まれ、先制点を許してしまった。
鳥栖が「今日は金民友のための試合」と意気込んでいるところに、いやいやマリノスは優しいねぇ。
161029-16s.jpg


今日もスタメンの天野。プレーに迷いが見られ、らしくないミスも多かった。
彼も1点取れば変われるような気がするのだけれど。来季に向けて、もう一皮剥けてほしいな。
161029-17s.jpg


0-1で折り返して、後半のキックオフ。
さぁここから頼むよ。このままじゃ、「俺達は何しに九州まで来たんだ?」になっちゃうよ。
161029-19s.jpg


2点目を取られて沈んだのも束の間、ボンバーヘッドですぐさま1点を返し、さらに攻勢を強める。
Martinusを投入した辺りから、お得意の両サイドからの攻撃が全開になった。
161029-21s.jpg


時折カウンター気味に攻め込まれるものの、鳥栖もだいぶ足が止まっていたので、あまり怖くはなかった。
さらに助かったのは、動けなくなっているにも関わらず、高い位置に留まって後ろをすかすかにしてくれたこと。
161029-22s.jpg


学のゴールで追い付いて、残り時間で逆転を目指す。
こういうときにセットプレーで決められたらマリノスらしいのだけれど、俊輔不在のときにそれを求めるのは酷か。
161029-23s.jpg


最後はマリノスもだいぶ消耗して、ロスタイムには金井が足を攣って倒れ込んだ。
交代枠が残っていて良かった。
161029-24s.jpg


先週のガンバ戦に続き、今日も2-2の引き分け。
アウェーで0-2から追い付いたのだから、まぁ良しとするしかないかな。
161029-25s.jpg


選手達がゴール裏に挨拶をする。
そう言えば、このピンクのユニフォームは、今日で見納めかな。
161029-27s.jpg


時間があったので、試合後の金民友の退団セレモニーも見ていった。
兵役で一度韓国に戻る必要があるためだそうだ。またいつか、日本でプレーする機会があるといいね。
161029-30s.jpg



2週連続で2-2の引き分け。
先週は二度のリードを守り切れず、今日は2点差を追い付いてあと一歩で逆転という惜しいところまでいった。
ホームとアウェー(特に鳥栖まで来て)との違いもあり、同じ2-2でも、まぁ今日の方が納得感はある。
飛行機で九州まで日帰りして、1点も入らない試合を観るのも、それはそれで寂しいから。

今日の試合は、鳥栖がリードした後の展開を誤ったな。
引いて守りを固められて、ボールを持たされたら、今のマリノスは非常に厳しい。
それが、あくまで前からプレッシャーを掛けて、さらに攻めようとするものだから、自ずと隙が生まれた。
時間が経過するに連れて、前線の選手は動けなくなって圧力が弱まり、そこを楽に越えると後ろはすかすか。
「学さん、マルちゃん、どうぞドリブルして下さい」と言わんばかりのお膳立てをいただいた訳だ。
そりゃ、追い付くのも時間の問題だよな。

失点は崩されてのものではなく、1失点目は金民友の技ありクロス(触っても触らなくても枠に入る)、2失点目はミドルシュートがボンバーに当たってコースが少々変わってしまった。不運と言えば不運だった。
でも、2試合連続で2失点は、マリノスとしては受け入れ難い。
不運な失点すら許さない、強い守備へのこだわりこそが、マリノスの伝統であるはず。
こういうサッカーでは、浦和に勝つとか、天皇杯を獲るとか、覚束なくなる。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示