FC2ブログ

[Marinos 2016] vs ガンバ大阪(H)(J1/2nd-15)

リーグ戦は、今日を含めて残り3試合。
セカンドステージの優勝の可能性は事実上潰え、年間順位3位以内の可能性も既になし。
何か意味のある目標を立てるとしたら、ACL出場権のチャンスが広がる年間順位4位くらいか。

この試合が始まる前の時点で4位はガンバで、勝ち点差はわずかに3。現実的かつ見栄えの良い目標ではある。
ただ、9位のマリノスの上にはガンバを含めて5チームもいて、全部を逆転するのは容易ではない。
得失点差は有利なので、残り試合を勝ち続けた上で、他が転んでくれるのを待つしかない。

取り合えず、この試合に勝てば、得失点差でガンバを上回ることができる。
その他も1つか2つは躓くだろうから、それで6位くらいに上がれれば、その気になって残り試合を戦える。
――川崎戦の前も、これに似たようなことを考えていたっけ。



今日はホーム最終戦、正確には今季最後の主催試合。
新横浜パフォーマンスとも重なり、駅からスタジアムまで人が多かった。
161022-01s.jpg


今日もキックオフの3時間前に着いて、先行入場の列に並んで、バックスタンドに席を得た。
ちなみに、既に来季の分も自由席の年間チケット(友人とペアで)を更新している。
161022-03s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
今日はブラジル人3人がベンチ入り。FabioとKaykeは、それぞれ今後どうなるのか。
161022-06s.jpg


アウェー側ゴール裏のガンバサポーター。
マリノス同様、あまりリーグ戦の重要性が残っていないので、先日のルヴァン杯のときより少なめ。
161022-07s.jpg


今季最後の選手紹介から、学のところを撮影。
何故だか分からないけれど、今これを撮っておかなければいけないような気がして・・・。
161022-08s.jpg


そして、ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
ホーム最終戦に恒例の、子供達の大量招待のため、自由席がだいぶ埋まった。
161022-09s.jpg


円陣を組もうとしたところ、誰かがぼけたのか、一斉に突っ込みが入ってやり直し。
前田が何か言ったのか。天野はうけているけれど、ボンバーが笑ってなくて怖い。
161022-10s.jpg


さて試合の方は、またガンバが相手ということで、取り合えず遠藤には厳しく。
でも、「これがあの遠藤か?」ってくらい存在感が薄く、後半にはさっさと交代で下げられてしまった。
161022-12s.jpg


今日のガンバは、とにかくこいつ、井手口に尽きる。
マリノスが攻め込むと、どこにでも現れて厳しく狩りにきて、何度も潰された。そして、守備だけでなく攻撃でも――
161022-13s.jpg


ハーフタイム、キティちゃんとそのパパ(?)が回ってきた。
個人的に全然興味ないけど、またコラボグッズ作ってたんですな。
161022-15s.jpg


1-1で迎えた後半、一進一退の攻防。
攻め込まれると引いてしまう悪い癖が出てしまい、向こう側でボールが動く時間がやや長くなった。
161022-17s.jpg


小林の蹴り損ないっぽいロングボールを、米倉が処理ミスして、学がさらって勝ち越しゴール。
「斎藤さんだぞ」のパフォーマンスをしてるっぽいが、こっちからはよく見えない。
161022-18s.jpg


勝ち越した後は、例によって押し込まれる。カウンターで攻めようにも、相手ゴールは遠い。
そして、ここにも井手口。「こいつ鬱陶しいな(=良い選手だな)」と思っていたら・・・。
161022-19s.jpg


今日2発目のミドルを叩き込まれて、88分に追い付かれてしまった。
将来、彼がヨーロッパに移籍するとき、今日の試合の映像が使われるんだろうな。
161022-20s.jpg


マリノスが2点、井手口が2点で、引き分けに終わった。
今月、ガンバと3回試合して、全部引き分けか。
161022-21s.jpg


ホーム最終戦なので、恒例のセレモニーが行われる。
個人的には2013年以来。あのときは、満員の日産スタジアム(新潟戦)で、優勝を決め損ねたっけ。
161022-24s.jpg


今年から交代した社長の挨拶。ちょっと歯切れが悪かった。
色々と突っ込みどころはあるのだけれど、来季に向けて、当たり前の仕事をお願いします。
161022-25s.jpg


ゴール裏にはこういう横断幕も出た。趣旨はよく分からない。
ただ現状、成績は微妙、話題性は乏しい、そしてホームで勝てない。このままではいけない。
161022-26s.jpg


試合後はすぐに帰らずに、ついでの夕食を。
少し遠いけれど京急線の能見台にある、南インド料理の「ガネーシュ」にて。マリノスのポスターが貼ってあった。
161022-30s.jpg


秋から春にかけての半年くらい提供している、この店の看板メニューらしい「オイスターマサラ」。
レモンライスと一緒に頂くと、なかなかいける。ちょっと高いけどね。
161022-31s.jpg



90分の中に、良い時間帯と悪い時間帯とがあった。
良い時間帯は特に前半、マリノスには珍しく3人、4人と連携して崩す場面が何度か見られた。
今日は学と前田の調子が悪くて、いつもの両翼頼みのサッカーはできなかったものの、より面白いものが見られた。
先制点はそのハイライト。左SBの金井がリスクを冒してゴール前に駆け込んだことで、相手の守りに綻びが生じた。

悪い時間帯は、リードして攻め込まれて、ずるずると引いて自陣ゴール前に釘付けになってしまった。
なかなかゴールからボールを遠ざけられない以上、完全に崩されなくても、井手口のミドルシュートのような事故みたいな(Jリーグのレベルではそう言ってしまって良い)失点を喫する可能性も高くなってしまう。
また、1人だけ残すか全員で引いて守るので、ボールを奪った後に出しどころがなくて蹴り出すだけになってしまい、簡単にボールを回収されて人数をかけて再度攻め込まれ、その繰り返しで守りっぱなしになってしまう。

これは今日に限らず、今季(特にセカンドステージ)ずっと課題だったこと。
押し上げられない精神的な問題もあるだろうし、局面の守備で強く当たれない技術的な問題もあるだろう。
また、俊輔が不在の影響もあって、いわゆる前線から限定する守備ってのが出来ていないせいもあるだろう。
何にせよ、水際で跳ね返すばかりの守り方になってしまうと、そこには自ずと限界がある。
リードを守り切れないマリノスというのは、見ていてとても歯痒い。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示