FC2ブログ

[Marinos 2016] vs 鹿島アントラーズ(H)(J1/2nd-10)


セカンドステージ、9試合を終えて4勝4分1敗の勝ち点16。
最近は勝てなくなっているものの、実は勝ち点を得るペースとしては悪くない。

過去11年間のJ1のシーズンを振り返ると、年間勝ち点1位は概ね68点前後(平均67.4、最高74、最低60)。
11年間というのは、リーグ戦が18クラブでの総当たりで全34試合になった2005年以降という趣旨。
34試合で勝ち点68というのは、1試合で勝ち点2、すなわち1勝1分ペース。
これを少し上回ると、年間順位でもステージでも、現実的に優勝を狙える位置に付けられる。

前節勝っていれば、セカンドステージの優勝争いに踏みとどまることができていた。
せめて引き分けていればな、と思うけれど、もうどうしようもないこと。
気持ちを切り替えて、この鹿島戦に勝てれば、「1試合で勝ち点2」のペースにまた肉薄することができる。
そして、終盤に川崎や浦和と(得意のアウェーで)の直接対決が残っているので、十分に逆転もあり得る。
そういう試合だし、鹿島を相手にホームで勝てれば、勢いに乗れる気がしていた。・・・のだけど。



今日の昼食は、横浜の蕎麦。
たまプラーザの「風来蕎」。日本を離れている間に、駅の近くに移転していた。
160827-01s.jpg


蕎麦を待つ間の一品料理は、「鱧の天ぷら」。
どういう訳か、蕎麦屋って本格的に天ぷらを出すところが多い気がする。
160827-02s.jpg


蕎麦は、季節の一品で美味しそうだった、「揚げ茄子とおろしのぶっかけ蕎麦」。
盛り蕎麦や漬け蕎麦よりも、掛け蕎麦が好き。(実は蕎麦よりもうどんの方が好きなのだけど。)
160827-03s.jpg


今日も天気が不安定な中を、日産スタジアムにやってきた。
どういう訳か、開門時刻が早まって、ネンチケの先行入場はキックオフ3時間30分前。早すぎるぜな。
160827-04s.jpg


ほぼほぼ雨はやんでいたのだけれど、いつまた降ってくるか分からないので、屋根下の席から埋まる。
普段は真っ先に埋まるこのブロックが、がらがらに空いていた。
160827-06s.jpg


小雨を避けて2階席の空いているところで時間を潰す。
1時間前になったので席に戻って、程なくウォーミングアップが始まった。中島がベンチ入りしてる。
160827-09s.jpg


アウェー側ゴール裏の鹿島サポーター。
渦中の金崎さんはスタメン出場。・・・監督の方が引っ込まされるとは。
160827-10s.jpg


照明を落として、トリコロール・ギャラクシーなる演出。
昔、悪天候のときに同じことやって、ちょうど上空で雷が光ったことがあったな。
160827-11s.jpg


円陣を組んで試合に臨む。
今日は俊輔と下平に加えて、中町とMartinusも欠場。厳しいなぁ。
160827-12s.jpg


西のロングスローから、ゴール前での競り合い。
そう言えば、今日は川崎に完敗した忌まわしのたすきユニ。
160827-14s.jpg


今日はセットプレーを沢山与えてしまった。特に左サイド、金井の守備と主審のジャッジとが相性悪かった。
小笠原が蹴ると嫌だったけれど、今日は主に柴崎が蹴っていて、正直あまり怖くなかった。
160827-15s.jpg


スルーパス1本から、鈴木に上手く流し込まれた。守備も付いてはいたのだけれど。
今日の試合を観ていて、最近出てきたこの鈴木優磨という選手、なかなかのアタッカーだと思い知らされた。
160827-16s.jpg


前半終了間際に追い付いて1-1で後半を迎える。
Kaykeそろそろ働いてくれ。
160827-17s.jpg


学が曽ヶ端と交錯して、曽ヶ端が寝そべった。
学が差し伸べた手を素直に受け止めていた。おらつく相手とそうじゃない相手とがいるんだな。
160827-18s.jpg


後半の前半はマリノスが押し込んでいた。
カウンターが怖かったけれど、今日はボンバーの後方ケアが秀逸だった。
160827-19s.jpg


一旦上がったと思われた雨が、後半また強まってきた。
雨具の用意が不十分だった人達は、屋根下に避難していった。
160827-20s.jpg


ショートカウンターから学がドリブルで抜け出して、黄錫鎬をちゃぶって勝ち越しゴール。
今日もあまり好調には見えなかったけれど、得点や決定機に絡むのはやはり彼だった。
160827-22s.jpg


良い時間に勝ち越したのだけれど、あっさり追い付かれて、また攻めなければならなくなった。
プレーの精度は粗いけれど、伊藤は90分頑張れるな。
160827-23s.jpg


終盤は割とぼこぼこに攻められた。
鹿島が外しまくってくれたから負けなくて済んだ試合だった。
160827-24s.jpg


勝ちたかった試合に引き分けた。もうそんな試合ばっかり。
得点が示す通り、割とオープンな撃ち合いになってしまった。両チームとも、あまり良くないな。
160827-25s.jpg



主力4人を欠く中で、鹿島を相手に、勝てるかも知れない試合ができた。
2-1と勝ち越すまでは、今できることに力を尽くしてくれたと言って良いような、見応えのあるサッカーだった。
それだけに、追い付かれたあの場面が悔やまれる。

守備固めで勇蔵を投入した直後のプレーで失点とは、Erickも持ってないな。
それも、金井を下げた左サイドから崩されての失点。
それまでの展開から、交代の判断自体は正しかったろうけれど、左サイド自陣深くでの相手スローインのときだった。
前線の選手と違って、やはり最終ラインの途中交代は難しい。

それなりに良い試合ができたのは、鹿島がオープンな試合に付き合ってくれたのが大きかったと思う。
Martinusが欠場して右の翼が落ち、攻撃で違いを作れるのは学だけという苦しい状況だった。
引いて守って金崎と鈴木とがカウンターに走るような対応をされたら、何もできずころっと負けていた可能性がある。
大宮とFC東京にはさせてもらえなかったサッカーを、鹿島にはさせてもらえた。
それでも、勝つことができなかった。流石は鹿島、腐っても鹿島(?)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示