FC2ブログ

[Marinos 2016] vs FC東京(A)(J1/2nd-09)

帰国して以来、大抵の試合は一人で観戦している。
以前は半分くらい、誰か誘って一緒に観に行っていたのだけれど、それが今ではだいぶ難しくなってしまった。
ちょうど日本を離れている間に、友人達に続々と子供が生まれていって――そういう年代だから。
0歳とか1歳の小さい子供がいる人を、週末に連れ出す訳にはいかない。それは独り者の自分でも分かる。
だからほぼ一人観戦で、たまに(もはや数少なくなった)独身ダメ男同士で観に行く。

という訳で、バックスタンド(ホーム)やメインスタンド(アウェー)に、大人しく座っている。
友人と一緒のときは、見たまま感じたままに試合のことをあれこれ喋ってるし、「いけー!」とか「うわー!」とか、試合展開に反応した声もよく発している。一人のときに同じことをすると、ただの危ない人になってしまう。
とは言え、そこはやはりサッカーが大好きな人間なので、試合が熱くなるとどうしても抑えが利かなくなる。
思わず声が出たり、リアクションが大きくなったり、本能的に入り込んでしまう。

そんな風に熱くなれたときは、一人でも観にきて良かったな、と満足して家路に就ける。たとえ負けても、多少は。
逆に、何も燃えるものがないまま終わると、「オレは今日、一体何をしていたんだろう」と堪らなく空しくなってしまう。
一人観戦だと、試合が関心の全てになるから、いきおい浮き沈みは大きくなる。



15時頃に、恵比寿の「Blacows」で遅めの昼食にする。
先日食べに行ったミート矢澤と同系列の、こちらはハンバーガーの店。
160820-01s.jpg


ここに来るのも久しぶりなので、一番力が入ってそうな「ベーコンチーズアボカドバーガー」を注文。
ちなみに、ハンバーガー1つで3000円を超える、ビッグブラッカウズなる一品もある。いつか試してみたいが・・・。
160820-02s.jpg


キックオフの1時間くらい前に、味の素スタジアムに到着。
晴れ間が覗くも雲は厚く、いつ降ってきてもおかしくない不安定な天候での観戦になりそう。
160820-03s.jpg


メインスタンドのS指定席から観戦する。
1階席の前の方は屋根がなくて、前半の立ち上がりは雨でちょっと濡れてしまった。
160820-04s.jpg


席に着いて程なく、ウォーミングアップが始まった。
多くの選手のソックスが白い。ということは、今日はあっちか。
160820-05s.jpg


試合開始を待つマリノスサポーター。
大体、アウェー側ゴール裏の半分くらいか。近場なのにこれだけしか来ないのか、というのが正直な感想。
160820-07s.jpg


FC東京の選手紹介から、レギュラーのGKに定着した秋元。
マリノスでは芽が出なかったけれど、J2から実績を積んで見事にステップアップしてきた。
160820-08s.jpg


選手入場から整列。やはり、今日はカップ戦ユニフォームのアウェー用か。
FC東京のユニフォームも結構赤い部分があるから、ピンクユニが使えないんだろうな。
160820-09s.jpg


前半の45分に臨むイレブン。
今日は喜田が前節の退場のため出場停止、代わりに朴正洙がDHに入った。
160820-10s.jpg


前半から、マリノスのサイド攻撃は警戒されていた。
学、金井、天野と左サイドに寄るも、狭いところに押し込められて打開できない場面が目立つ。
160820-12s.jpg


互いにろくな攻撃ができない中、ちょっと守備が緩んだところを東に蹴り込まれて先制された。
ただのワンツーなのに、何でか分からないけれど、あっさり真ん中を破られてしまった。
160820-13s.jpg


ハーフタイムにベンチ入り選手達がウォーミングアップ。
前半は全くと言って良い程に機能していなかったのに、後半もそのまま臨むのか。
160820-15s.jpg


0-1で後半のキックオフ。
取り合えず、もう少しまともなサッカーを見せてほしい。
160820-16s.jpg


右サイドに頻繁に顔を出して、組み立てに参加するKayke。
もういっそのこと、Martinusとポジションを入れ替えてはどうだろうか。
160820-17s.jpg


流れの中からほとんど何も期待できなかったので、セットプレーが頼みの綱。
しかし、今日は最後まで不発だった。
160820-18s.jpg


攻めあぐねてボールを失うことが多く、その都度面倒なカウンターに晒された。
FC東京のカウンターはほとんどがMuriquiが起点だった。しっかりボールを収めて繋げる外国人選手、羨ましい。
160820-19s.jpg


これは、ほぼラストプレーのCKだったかな。
最近のリバウンドメンタリティーを信じて、最後まで同点を願っていたが、今日はついに何も起こらず。
160820-20s.jpg


これと言った見せ場もないまま、0-1で試合終了。
FC東京にホーム、アウェー共に0-1で敗れるという屈辱を味わうことになった。
160820-21s.jpg


ゴール裏に向かう選手達と、なぜかアウェー側で旗を振る東京ドロンパ。
喧嘩売ってんのかこのやろー。
160820-23s.jpg


ブーイングを浴びて選手達が引き上げてくる。
ヒョウよ、何とかしておくれ。
160820-24s.jpg



時間を無駄にしてしまったと思えるくらい、何も見所のない試合だった。
まともなサッカーが1分たりともできないまま、試合終了の笛が鳴ってしまった。
選手達と監督には、勝つ気があったのか、あったならばどうやって勝つつもりだったのか、是非とも聞いてみたい。

マリノス相手には、サイドを厚く守って前掛かりにさせてカウンター。
もうどのチームも分かっている。敢えて正面からぶつかってきた柏には勝てたけれど、対策をされると勝てない。
それに対して、いつまで経ってもサイド攻撃一辺倒。しかも、主力のコンディションは低下中。
学は好調時の切れが見る影もなく、Martinusはプレーも態度も見るに耐えなかった。
そんな彼らを90分引っ張らざるを得ないのが苦しい。

過去何試合かは、それでも劣勢から果敢に攻勢に転じて勝ち点を拾ってきたけれど、今日は本当に何もなかった。
ちんたらちんたらボールを回しているだけで、負けているのに時間稼ぎをしているようだった。
もうベースのサッカーが行き詰っているんだから、パワープレーでも何でも、勝利への執念だけでも見たかった。
それすらないと、本当に「何しに来たんだろう」って気持ちになる。

久しぶりに負けたので、次は喜田が復帰する以外にも、どこかしら手を入れてくるだろう。
ただ、主力のコンディションが下がったままなのは、来週から試合が詰まっていることを考えると、とても不安。
こんな酷い有り様だけれど、そんなときに限って次は意外とあっさり勝ったり・・・しないかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示