FC2ブログ

[Soccer - U.S.A.] New York City FC vs New England Revolution (Mar. 26, 2016)

New Yorkでの残り時間も段々と少なくなってきた中で、今年最初のスポーツ観戦へ行ったときのこと。
年明けからだいぶ仕事が忙しくて、ようやく緩くなってきたところで、観戦の機会を得ることができた。
帰国するまでに、サッカー(New York City FC)と野球(New York Yankees)とを、1試合ずつは観ておきたい。

MLSは日本のJリーグと同じく春秋制で、時期的にもほぼ同じ3月頭に開幕している。
国土の広いアメリカとCanadaとにチームが散らばっているため、この時期は各地でだいぶ気候が異なる。
New YorkやBoston等のアメリカ東海岸、そしてTorontoMontrealといったCanadaの都市は、まだまだ寒い冬。
ただ、これらの地域も、幸いに新潟や山形のような豪雪地帯ではないので、試合開催に支障は特にない。
観ている方は寒いけれど、選手にとってはやりやすいはず。
せめて熱い試合になってほしいと願うばかり。



Bronx地区Yankee Stadiumにやってきた。
試合は15時キックオフなのだけど、もう少し早い時間帯にしてくれた方が暖かくて良かったな。
160326-01s.jpg


サッカー場で言うとバックスタンド、野球場で言うとライトスタンドのセンター寄りの席。
昨年は向かって左側がホームチームのベンチだった気がするけれど、今年は逆になっていた。
160326-03s.jpg


2階席の一角に、対戦相手のNew England Revolutionのサポーターが集まっていた。
BostonとNew Yorkとの間は、東京名古屋間と同じくらいの約350km。もう少し遠征して来てくれないものかね。
160326-07s.jpg


両チームの選手達がウォーミングアップを行っている。
今年もNYCFCの看板選手であるPirloが、若手に声を掛けながら身体を動かしていた。
160326-05s.jpg


そして、David Villaもスタメンに名を連ねる。
ちなみに、もう1人の看板選手であるLampardはベンチ外。彼はどうも昨年からコンディション不良が目立つ。
160326-08s.jpg


選手達と審判団の入場のシーン。
今年も、New York市警New York市消防局とが登場して花道を作る。
160326-10s.jpg


ゴール裏(野球場で言うとレフトスタンド)に陣取るNYCFCのサポーター。
ノリはなかなか良いのだけど、チャントの種類が少ない。まぁ、アメリカ人は統率された応援があまり好きじゃないしね。
160326-12s.jpg


キックオフを迎えた。
NYCFCは、ボールを持ったときに4バックっぽくなるものの、基本的には3-4-3のようだった。
160326-13s.jpg


まだ立ち上がりの10分、Villaのシュートがクロスバーに当たった跳ね返りを、McNamaraが詰めてNYCFCが先制。
序盤、NYCFCは両WGが外から中に入っていく攻撃が上手くいっていた。この先制点も、その流れで奪ったCKから。
160326-15s.jpg


自陣左サイドでの球際の攻防。
詳しくは後述するけれど、今日もここがNYCFCのネックだった。
160326-16s.jpg


38分、ゴールに近い位置からのFKを決められて追い付かれる。
GK正面のシュートが何故かあっさり抜けたように見えたけど、実際には壁に当たってコースが変わっていた。
160326-18s.jpg


New Englandの10番、Bunburyが(New Englandから見て)右サイドで大暴れしていた。
空中戦に圧勝するわ、スピードに乗ったドリブルでぶっちぎるわ、決定的なラストパスを出すわ、やりたい放題だった。
160326-19s.jpg


後半、両チームのベンチ入りメンバーが目の前(バックスタンドの前)でウォーミングアップを進める。
New Englandは小林大悟がベンチ入りしていた。残念ながら出番はなかった。
160326-21s.jpg


グラウンドコートを羽織っているNYCFCの監督は、往年の名選手だったPatrick Vieira
Manchester City FCのコーチを務めていたのが、同系列のNYCFCに派遣されてきたってところ。
160326-22s.jpg


Villaはフィニッシュワークだけでなく、時に下がって2列目としての役割もこなす。
守備でも真面目に走っていたし、キャプテンとして今年もプレーでチームを引っ張っている印象を受けた。
160326-23s.jpg


相変わらずPirloにはボールが集まる。
ただ、他の選手の動きが乏しいと、彼の技術も宝の持ち腐れになる。
160326-24s.jpg


攻めあぐねる中、Pirloのセットプレーに活路を求めるが、悉く不発に終わる。
相手が1人少なくなっても、なかなかゴール前に迫れない。攻撃面は完成度が低かったと言わざるを得ない。
160326-25s.jpg


セットプレーで追い付かれ、退場者を出して引いて守る相手を崩せず、引き分けに終わった。
昨年とは違うサッカーをしようとしているのは明らかで、今後はそれが上手い具合に定着するかどうかかな。
160326-26s.jpg


試合後の夕食は、Times Squareの"Ootoya"で。
日本の大戸屋がNew Yorkに進出したもの。ただし、値段は日本の3倍くらいする(苦笑)。
160326-29s.jpg


一番のお気に入りである"Yakitori Ju Set"。なんと30米ドル(さらに税金とチップで10米ドル近く)。
SushiとかRamen以外の「普通の和食」って、高級外食みたいな扱いなので、結構高くなる。
160326-31s.jpg



NYCFCは、新監督の下、最終ラインから繋いでいく(大きく蹴りださない)サッカーを志向していた。
いわゆるキック&ラッシュが目立つMLSでは珍しい取り組みで、志があって面白いとは思うけれど、完成度はまだまだ。
こういうサッカーは、GKやCBを含む全選手に一定水準以上の技術が必要で、そうでないと大抵自滅する。
今日も、ゴールキックをGKからCBに渡す段階から相手に厳しくチェックされ、起点からして危なっかしかった。
選手達の慣れがまず必要で、加えてこういうサッカーに適した選手を加えていくことも必要だろう。

相手が退場者を出したのはラッキーだった(判定は厳し過ぎたと思う)けれど、それを活かせなかった。
引き分けで上等と引いて守る相手を崩せない。
繋ぐサッカーは、あまり固執してしまうとどうしても手数が掛かるので、割り切って引いてしまえば守りやすい。
それを強引にこじ開けるだけの強力なFWはいない(Villaはそういうタイプじゃない)し、パワープレーもしなかった。
前線の選手達も、そういう状況でどうすれば良いのか頭が整理できておらず、立ち尽くしている感があった。
終盤に、Pirloが動き直しを求めて声を荒げていたのが印象的だった。

New Englandの攻撃は、手数は少ないものの、なかなか鋭かった。
シンプルに10番のBunburyに預ければ、彼が簡単に右サイドを崩してくれるので、それだけで攻撃になった。
10人になった後のカウンターも鋭かった。
Bunburyのスタミナがもう少しもてば、10人での逆転勝利も十分にあり得たと思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示