FC2ブログ

[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle その13

アメリカの国立公園では、軽装でトレイルを歩く人が多い、という話の続きを。
3つ目の理由として、これが最も根本的なのだと思うのだけど、アメリカは自己責任の社会であるということが大きい。

日本にもアメリカにも、自然環境の中で危険な場所は沢山ある。
日本では、事故を防ぐために、危険な場所に人を入れないことが、その場所の管理者の義務とされる。
お節介なくらいに警告し、又は立入禁止の措置を講じないと、事故が発生したときに割と厳しく管理責任を問われる。
だから、険しい自然や奥深い自然は、入口の敷居が高くなる。相応の覚悟がある者だけが、足を踏み入れる。

対して、アメリカは危険な箇所があれば警告くらいはするけれど、人を追い返すようなことはまずない。
法的には日本と同じような管理者責任があるようだけど、まともに機能しているとは思えない。
遭難事故や滑落事故がしばしば発生するような場所でも、閉鎖されたり改良されたりすることは少ない。
「行きたければどうぞ。頑張ってね。」というノリだから、あまり来る者に警戒心を抱かせない。
その結果、とんでもない山道を、近所の散歩の気分で歩き出す者が、後を絶たない。



Zion国立公園で、Angels Landingのトレイルに挑戦する。
一見、どうやって登れば良いか分からないくらいの絶壁だけれど、道はちゃんと拵えてある。
150426-05s.jpg


岩壁の下まで辿り着くと、そこからじぐざぐの道が始まる。
崖を無理矢理に登る道なので、遊びの部分(踊り場)は少なく、この部分は体力的になかなか厳しい。
150426-06s.jpg


登りきると、岩山と岩山との間の、小さな谷間に出る。
これをさらに詰めて、写真の右側のAngels Landingの尾根まで上がる。まだしばらく、楽じゃない登りが続く。
150426-08s.jpg


その尾根筋に着いた。右も左も、とんでもなく険しい崖になっている。
Angels Landingが、いよいよ本性を曝け出す。
150426-11s.jpg


まずは目の前の盛り上がった部分を超えて、尾根をさらに先の方へと進む。
左側は垂直の崖で近寄れないので、斜めになっていて足場の確保できる右側から攻める。
150426-13s.jpg


景色だけでなく、足元もやばくなってきた。
Grand Circleによく見られる、滑りにくいざらざらした岩なので、実際には鎖がなくても歩けるが・・・。
150426-14s.jpg


そして、Angels Landingの本丸とご対面。
目指す場所、トレイルの終点は、あの将棋の駒のようにそびえる岩山のてっぺん。
150426-17s.jpg


ここで二の足を踏む者も沢山いたけれど、自分は行くと決めたら行く。
道は狭く、両側は冗談抜きでやばい。高低差が約400mの、垂直の絶壁。下を見たら動けなくなる。
150426-18s.jpg


こんな痩せた尾根に、草木が普通に生えていることに、少なからず驚かされる。
元々は普通の山だったのが、両側から絶妙に水平に削られていって、「残されてしまった」植物なのだろうね。
150426-19s.jpg


行く道そのものは、そこまで険しい登りではない。
ロッククライミングのように、三点支持が必要な箇所というのは、特になかった。
150426-20s.jpg


太陽に向かって登っていくような、意外と気持ちの良いトレイル。途中から感覚が麻痺して、そう思えてくる。
もちろん、足を踏み外すと、違う意味でお空に昇っていくことになる。
150426-21s.jpg


やばい道を進むこと30分くらい、ようやくトレイルの終点が見えてきた。
猫の額ほどの山頂のスペースで、先客がのんびりしている。
150426-24s.jpg


山頂から、Zionの谷の下流を見渡す。Zion LodgeとかVisitor Centerがある方向。
Angels Landingは、谷の真ん中から突き出したような位置にあるので、景色がとても見えやすい。
150426-25s.jpg


しばし景色を堪能した後、実は登りよりも恐ろしい下山を始める。
登るときは足元だけ見ていれば良かったけれど、下りでは否が応にも周りの景色が目に入る。
150426-27s.jpg


あまり景色に変化はないので、下りに撮った写真は少ない。
また、昼近くなって登る人が増えてきて、すれ違いのために何度も待たされて、あまり気分は良くなかった。
150426-28s.jpg


一度、勇気を出して、崖から下を覗いた写真を撮ってみた。
繰り返すと、下の地面との高低差は約400mある。
150426-30s.jpg


ようやく、道が平らになって安心できる場所まで戻ってきた。
これで生きて帰れると、確信できた瞬間だった。
150426-31s.jpg


トレイルの前半にあった、じぐざぐの坂を下る。ここも良い景色。
前半は体力勝負、後半は度胸の勝負。Angels Landingは、なかなか厳しいトレイルだった。
150426-33s.jpg


下まで戻ったところで、先程まで上にいたAngels Landingの岩山を振り返る。
改めて、あっち側もこっち側も、すごい断崖絶壁だ。
150426-35s.jpg


トレイルの入口まで戻ってきた。これで、Grand CanyonのPlateau Pointに続き、Angels Landingも達成!
それにしても、どこの誰が、こんな狂気じみたトレイルを考え付いたのだか(苦笑)。
150426-36s.jpg



この後は、疲れでちょっと眠くなったけれど、気合いで我慢してLas Vegasまで3時間くらいのドライブ。
無事にこの旅行の出発点に戻り、無事に車を返すことができた。
天気にも恵まれて、とても面白い旅になった。
でも、Angels Landingは、もう御免だな(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示