FC2ブログ

[Marinos 2018] vs ガンバ大阪(A)(J1-30)

ルヴァン杯の準決勝と決勝に挟まれた今週末は、残留争いから抜け出すための重要な一戦。
マリノスと同じく残留争いから抜け出しかかっているガンバとの直接対決、マリノスがこれに勝てばだいぶ残留に近付く。
それから、来週のルヴァン杯決勝に向けて、勝って勢いを付けたいというのもある。
勝ちたいし、勝って景気付けといきたい。

それにしても、今季の残留争いはなかなか読めない。
中下位が非常に混戦で、早々に脱落するチームもなく、多くのチームに数字上ではなく現実の降格の可能性が残る。
前節終了時点で、最下位の長崎でさえ勝ち点28。
これは、J1最下位チームの過去最多勝ち点27(2009年の千葉)を既に上回っている。
最下位チームすら十分な希望がある状況は、まだまだ波乱含みで、勝ち点が30点台では安心できない。



梅田から阪急線で3駅、神崎川の駅前にある「白庵」といううどん屋で昼食にする。
本当は「梅田はがくれ」に行きたかったのだけど、つい先日閉店してしまった。これは非常に残念だった。
181020-01s.jpg


初めての店なので、無難に「とり天ぶっかけ(冷)」にした。大盛りで。
今季の大阪遠征はうどん人気店でまとめてみたが、試合結果が今ひとつだった。来季は違うものを考えようか。
181020-02s.jpg


キックオフの40分前くらいに、Panasonic Stadium Suitaこと吹田スタジアムに到着。
今年から命名権を導入し、日産スタジアムやヤンマースタジアム長居のように、親会社が援助の趣旨で購入した。
181020-03s.jpg


このスタジアムで観るときは「ビジター指定席」で。
マラソンゲートが邪魔だな。サッカー専用スタジアムに、マラソンゲートって必要なのだろうか。
181020-04s.jpg


スタメン、ベンチ入りも含めて、大体いつものメンバーでウォーミングアップ中。
なかなかボンバーが戻ってくる気配がないのが、ちょっと気になる。
181020-05s.jpg


ピッチ上でのウォーミングアップが終了する頃に、両チームのベンチ入りメンバー同士のちょっとした交流。
尹日録は同胞の黄義助と、マチは後ろ姿でよく分からないが多分藤本と。
181020-07s.jpg


選手達が入場してきて整列。9月の月間MVPを受賞したガンバの今野の授賞式があった。
9月はマリノスも、仲川が月間最優秀ゴールを受賞している。仙台戦のドリブル中央突破からの得点ね。
181020-09s.jpg


エンドを入れ替えてキックオフ。マリノスボールなので、ガンバがコイントスに勝って決めたのかな。
風はさほど吹いていなかったので、恐らく太陽の光が眩しくなるのを嫌がったのだろう。
181020-11s.jpg


5バックで守ってくるガンバに対して、有効な攻撃の回数はやや限られた。
普段は4バックのはずで、エースの黄義助がベンチスタートということから、これは後半勝負のための布石と見た。
181020-12s.jpg


前半もまだ早い時間帯、ガンバの東口が足を押さえて倒れ込んでしまった。特に危ない接触プレーはなかったような。
すぐ交代かと思われたが、前半終了までプレーした。東口が、代わりに入るGKのために時間を作ってあげたのか。
181020-13s.jpg


マリノスの得意な攻撃の形、仲川の裏抜けや天純のハーフスペース侵入などは、ある程度効き目がありそうだった。
問題は、5バックに今野まで引いてくるゴール前中央でいかにシュートを撃つか、だった。
181020-15s.jpg


天純が左ハーフスペースから、抜ききらずにゴール前を横断する斜めのクロス。
これに反応できた仲川が押し込んで、マリノスが先制。よくぞ通した天純、よくぞ反応した仲川。これはスーパーゴール。
181020-16s.jpg


ハーフタイムにコンコースから撮影した、アウェー側のゴール裏。
4分の3がマリノスサポーターに割り当てられた。ゴール裏全部を埋められる日が来たら、素晴らしいと思う。
181020-19s.jpg


1-0でリードして後半に臨む。ガンバは、恐らく予定通り、CBを1枚削って黄義助を投入してきた。
後半にこちら側が守るゴールになるという、あまり慣れない展開。こっちにボールが来ないでほしい。
181020-20s.jpg


攻勢を強めるガンバに対して、残念ながら今日も受けに回ってしまった。
攻め込まれる時間が長くなり、マイボールになっても、人もボールも縦への動きが極端に鈍くなった。
181020-22s.jpg


守りの時間帯が長くなるのは、相手がやってくることとの関係で、ある程度仕方ない部分はある。
気に入らないのは、自陣でのビルドアップすら慌ててしまい、パスや連携の乱れから自らピンチを作ってしまうこと。
181020-23s.jpg


黄義助やAdemilsonに裏を狙わせる攻撃に対して、飯倉が果敢に前に出て対応した。
キックの精度には若干の怪しさがあったが、判断において誤りはなかったと思う。
181020-24s.jpg


追い付かれ、負傷者を出し、流れを変えられず、ついに逆転を許してしまった。
見慣れた展開であり、受け入れがたい結末でもある。
181020-25s.jpg


マリノス、敗れる。残留争いからの抜け出し、ならず。
今季は最後まで緊張感のある試合を楽しませてくれる、ということか。
181020-26s.jpg


アウェーで負けたのは久しぶりな気がする。8月の鹿島戦以来か。
帰り道の足取りがやや重くなった。来週は、笑ってスタジアムから帰りたい。
181020-27s.jpg



素晴らしい前半からの、受け入れ難い後半、再び。
追われる展開で、相手がやり方を変えて攻勢に出てくると、チーム全体がパニックに陥ってしまう。
先週の鹿島戦しかり、今日のガンバ戦しかり。今日の試合は、それを分かっている宮本監督にはめられた感すらある。
今後、他のチームも、新しいマリノス対策として、試合中にやり方を変えてくることがあるかも知れない。

リードしていて攻勢を受けるのは、よくあること。追う相手が攻撃の枚数を増やすのも、よくあること。
それに対して、慌ててはいけない。スタンドから見ても分かるくらいに、たやすく混乱してしまうのは、いただけない。
どっしり構えて、自分達のペースでボールを回して、押し返す。相手ボールには、敵陣から果敢にプレスに行く。
そうやって、押し返して、追加点を奪う。そういうメンタルの強さが欲しい。技術的には、十分できるはず。

まあ、そうは言っても、90分ずっと強度の高いサッカーを続けるのは、厳しいこともある。
選手交代でプレー強度を取り戻すのも手だけれど、今のマリノスには、それに適したベンチ入りメンバーがいない。
ベストメンバーを揃えて、体力的に余裕がある時間帯でしか、良いサッカーができない。それでは困る。

しかも悪いことに、渓太が怪我をしてしまった。仲川も試合後の挨拶のときに、少し足をひきずっていたような。
来週の大事な試合に向けて、ちょっと不安材料が出てきてしまった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示