FC2ブログ

[Marinos 2018] vs 北海道コンサドーレ札幌(H)(J1-29)

今回の試合は、フライデーナイトJリーグと銘打たれた金曜夜の試合。
数年前からACL出場クラブが日程調整のために行っていたが、今年からは、DAZNからの分散開催の要望もあり、より多くのJ1クラブが金曜に主催試合を行っている。今季は15試合が行われ、マリノスはホームとアウェーとで1回ずつ。

平日開催ではあるけれど、多くの人にとって翌日は休みなので、水曜の試合よりは行きやすい。
各クラブとDAZNの積極的なプロモーションもあって、ここまで多くの試合で、週末の試合と遜色ない観客が入っている。
今年まずまず成功したので、日程が緩和される来季以降は、もっと金曜開催の試合が増えるかもしれない。
自分もなるべく行けるよう努力するけれど、アウェーの試合の場合は、出来れば近場にしてほしい。



職場が東京駅の近くになったので、最近は、平日の日産スタジアムでの試合は新幹線でアクセスしている。
東京駅から新横浜駅まで20分弱。職場を18時過ぎに出ても、キックオフ30分前には到着する。
181005-01s.jpg


やはり、平日の試合ではこの辺はあまり埋まらないか。
バックスタンドががらがらなのは、映像の見栄えが悪くて、DAZNにも歓迎されないと思うのだけど。
181005-02s.jpg


札幌サポーター。雨なのでほとんどが屋根の下に避難している。
在京組が中心と思われるが、結構な数のサポーターが来場してくれた。
181005-03s.jpg


今日は来場者にDAZN製?のシャツが配られていた。
スポンサーのロゴが入らないので、色だけクラブカラーで、2018年の「18」が刻まれたシンプルなデザイン。
181005-04s.jpg


ピッチ上では、ウォーミングアップが行われている。
この辺りから、夕方に一度やんだ雨が、再び降ってきた。青いウィンドブレーカーのフードを被って凌いだ。
181005-05s.jpg


ゴール裏のマリノスサポーター。
週末の札幌戦と言われても違和感がないくらい、ここはまずまず埋まった。
181005-06s.jpg


マリノスは前節と同じスタメン。伊藤は怪我、Dusanは今日も出場停止。札幌も主力3人が出場停止。
この時期は、なかなか全員揃わないことも多く、それが試合前から試合を左右することも。
181005-07s.jpg


札幌はさほど前からプレスに来なかった。
それで余裕をもってビルドアップができた。畠中は足元しっかりしているから、まずまず安心して見ていられる。
181005-08s.jpg


札幌がボールを持ったときは、こちらのSBの裏や外側を突いてきた。
どこのチームも、マリノス相手には、SBが中に絞ってできるこのスペースを狙っているように思う。
181005-09s.jpg


前半はマリノスの出来が良くて見入っていたのと、なかなかの雨が降っていたのとで、あまり写真は撮っていない。
これは2-1と逆転した場面。素晴らしい崩しだったようだが、向こうのゴール前なので、ここからはよく見えなかった。
181005-10s.jpg


ハーフタイムのイベントとして、今年何度目かになるMINMIと、10 FEETというアーティストが歌ってくれた。
自分は、昔MINMIの歌も少し聞いていたので分かるが、10 FEETは知らない。隣にいた友人はどちらも知らなかった。
181005-12s.jpg


2-1とリードして後半に臨む。
押し込まれて苦戦するか、仙台戦のように畳みかけるか。
181005-13s.jpg


仲川は今日もなかなか動きが切れていた。
加速と小回りに優れているのはもちろん、次のプレーを決める判断も、いつの間にか良くなっている気がする。
181005-14s.jpg


絶好の位置でFKを得た。マリノスの選手が壁に入ってGKからボールを隠し、お膳立ては整った。
しかし、キッカーの天純が大きくふかして、何もなし。スタンドで見ていた森保代表監督にアピールならず。
181005-15s.jpg


後半は札幌が攻勢を強めてきて、残念ながら多くの時間帯で受けてしまった。
簡単にはスイッチを入れさせず、要所で体を張ることができていたので、崩れる心配はあまり感じなかったが。
181005-16s.jpg


欲を言えば、仲川とHugoでもう1点取りたかった。
前半は良い連携だったのに、後半はHugoがまた少し独りよがりな悪いところを出して、何度か好機を潰していた。
181005-17s.jpg


後半はスコアが動かず、マリノスが守勢を耐えた格好で逃げ切った。
少々意外な展開ではあったけれど、逆転勝ちしたことと、守勢に回っても崩れなかったことは、大いに評価できる。
181005-19s.jpg


明日は休みなので、ゆっくり祝杯を挙げられる。
関内の「シシリヤ」に移動して、22時30分を回って友人と祝勝会。
181005-22s.jpg


今回は定番の「マルゲリータ・エスターテ」を敢えてパスして、最初の1枚は「フレスカ」にした。
刻んだレモンが隠し味のように利いていて、山中の攻撃参加のように味に違いを出している。
181005-23s.jpg


もう1枚は、定番メニューから「マリナーラ・スペシャル」を。アンチョビのピザを最近食べていない気がしたので。
日吉に住んでいた頃の癖でゆっくりしていたら、つい終電の時間を過ぎてしまった。が、電車が遅れていて結局セーフ。
181005-24s.jpg



前半は収穫が多かった。
意図した通りであろう流れるような崩し方が何度も見られて、2得点することができた。
先制されて追い掛ける苦手な展開を克服したこと、Hugoが何度もパスを選択したことも、喜ばしいプラス材料だった。
扇原のターンとか、山中のハーフレーンでの上がり方とか、他にも色々と感心させられた。
向こう側のゴールに決めたので得点シーンがよく見えなかったこと以外、とても満足の前半だった。

こういう展開で折り返すと、後半に相手が修正して攻勢をかけてくるのは、ままあること。
攻撃的なチームであっても、リードしていて攻勢をかけられると、まず失点を防ぐため受け身になりがち。
こういうときにどうしたいのかは、まだ自分には今一つ見えてこない。
強気で押し返すことを是とするのか、引いて受けてカウンターと割り切るのか。
狙いを持たずにただ引いてしまうのが、最も良くない。
そして、今のところまだ、そうなってしまうことが多いように思う。

思えば、今季が始まった直後は、前半は良いサッカーができるが90分続かないことを心配していた。
ある程度自分達の形でできるようになると、次の段階として、自分達の形でできないときの対処が問題となる。
この応用問題の解決に目途が立てば、マリノスは上位を争えるチームになる。
引き続き、期待しながら見守りたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示