FC2ブログ

[Baystars] vs 読売ジャイアンツ(H) (Aug. 2, 2018)

今年もYOKOHAMA STAR NIGHTを観に行くことができた。
チケットはファンクラブの抽選先行販売で手に入れることができた。
日本に戻ってきてから3年連続で、この横浜を代表するスポーツイベントに立ち会えて、まずはとても嬉しく思う。

昨年に引き続き火水木の3連戦で、水曜はマリノスの試合と重なるので、第1希望火曜、第2希望木曜で申し込んだ。
火曜を第1希望にしたのは、細かいことながら、配布ユニフォームとの関係で。
最近は、左袖の星の色が、1試合目は水色、2試合目は黄色、3試合目は赤色で固定されている。
2016年は赤色、2017年は黄色のものを手に入れていたので、今年は水色のが欲しいなと思っていた。
そうしたところ、抽選の結果、火曜の試合は外れて木曜の試合が当たった。

今までは主に中日戦か東京ヤクルト戦で開催されてきたが、今年はとうとう巨人戦になった。
球団は、このYOKOHAMA STAR NIGHTなどイベント試合の位置付けを、少しずつ変えてきているように思う。
イベントを立ち上げた当初は、週末を中心に設定して、純粋に集客力アップを狙っていた感がある。
週末の試合は安定して客が入るようになると、今度は平日の試合にイベント試合を多く組むようになった。
そして、平日の集客も安定すると、今度はビジターチームを雰囲気で圧倒するためにイベント試合を使うようになる。
この仮説が正しければ、今後は阪神戦や広島戦でYOKOHAMA STAR NIGHTの開催もあるはず。



平日で17時45分試合開始は、なかなか厳しい。
今日は夕方早退ということにできて、それでもハマスタに着いたのは試合開始の15分前くらい。
180802-02s.jpg


今日は「DB応援 内野指定席A」から。
入口で配布ユニフォームをもらったが、あまりに蒸し暑くて、すぐには着ることができなかった。
180802-03s.jpg


ベイスターズのベンチを写す。
今年のSTAR NIGHTの特別ユニフォームはこんな感じ。ぱっと見たところ、2016年のものに近い。
180802-04s.jpg


ベイスターズの先発投手はWieland。昨年STAR NIGHTの試合を観たときも彼だったな。
今年は、球威も制球も、昨年より一回り落ちている感じで、なかなか良くならない。だから、勝ったり負けたり。
180802-07s.jpg


1回表、一塁走者の重信に対して、牽制球を投じる。
今日の座席は、投手と一塁走者との間合いが見やすい席だった。結果的に、盗塁の試みすらなかったが。
180802-08s.jpg


犠打で二塁に進まれ、この後McGeheeの適時打で先制点を献上してしまった。
この写真は、主に二塁手の石川を写したもの。彼の名前がアナウンスされると、やはりひと際歓声が大きくなる。
180802-09s.jpg


2回裏に四球で出塁したが残塁に終わった宮崎、攻守交替の際に、佐野にグラブと水を持ってきてもらう。
いつぞやのバント処理よそ見事件が懐かしく思えるほど、すっかり主力の風格が身に付いてきたな。
180802-13s.jpg


巨人の先発は、7月に彗星のごとく現れたMercedes。
こいつ、とにかく打ちにくかった。球が速い上に手元で動くのか、内野ゴロを量産してしまった。
180802-15s.jpg


4回表、四球と安打(エンドラン成功)で、一死一三塁の危機を迎えた。
相手の打線は下位に向かうところだったので、無失点で凌いでほしかったが、あっさり長野に適時打を浴びた。
180802-16s.jpg


お馴染みdianaのSTAR NIGHTバージョン。
twitterに各自がこのユニフォームの着こなしを載せていたので、それで踊ってほしかったところ(笑)。
180802-18s.jpg


6回表、亀井に本塁打を浴びて、0-3になった。
こちらは未だMercedesの前に無安打だったので、これでもう勝負が決したかな、と思えた。
180802-20s.jpg


この本塁打の前に、トイレと食べ物調達の休憩を入れていた。
今日は「夏こそカレーだ!」と思い、青星寮カレーの選手盛りを買ってきた。当然ながら、汗が噴き出してきた。
180802-21s.jpg


6回裏、一死からようやく柴田がチーム初安打。ひと安心。
Mercedesの投球にはまっていて、かつ純粋に不調そうな打者も数人いたので、本当に無安打で終わる気配があった。
180802-22s.jpg


そして、続く桑原が左翼席のポール際に飛び込む2点本塁打。
これで2-3と1点差に。試合が分からなくなった。
180802-23s.jpg


7回表、ラッキーセブンを迎えたビジター応援席の巨人ファン。
かつては一塁側まで侵食してきた彼らを、これだけ狭いところに押し込めたのは、STAR NIGHTならではの光景。
180802-24s.jpg


あまり調子が良くなさそうだったWielandも、7回を投げて3失点と先発投手の仕事を果たした。
願わくば、彼のバットから得点への貢献も欲しかった。
180802-25s.jpg


7回裏、ベイスターズのラッキーセブン。今日はジェット風船を入口で配っていた。
自分は、急いで膨らませようとして割ってしまう痛恨のミス。仕方ないので、今日もジェット風船を撮る方で。
180802-26s.jpg


桑原の本塁打の後、これと言った好機を作れないまま9回裏へ。続投するMercedesの前にあっさり三者凡退。
9回表の打席で代打を出さなかったところで、「やられた」と思った。最終回が澤村だったら、或いは・・・だったのに。
180802-29s.jpg


試合が終わったのは、まだ20時を少し過ぎた頃だった。ベイスターズの攻撃時間、とても短かったから。
折角のSTAR NIGHTなのに、巨人に3タテされ、球場の雰囲気は重かった。
180802-31s.jpg


それでも、試合後に照明を落として、スタンドの蛍光ライトと花火による演出が行われた。
マリノスのトリコロール・ギャラクシーも、このくらい鮮やかにできたら良いな。
180802-33s.jpg



YOKOHAMA STAR NIGHT、巨人にまさかの3タテを喫する。
誰が言ったか、スターナイトメア。まさに悪夢のような3試合だった。
大事なイベント試合、大事な3位との直接対決。それなのに、こんな不甲斐ない試合。
勝ち越していれば、終盤戦に向けて大いに士気が上がったろうが、期待していただけに落胆が大きい。

とにかく、打てないな。
球宴明けは、見せ場すら作れずに一方的に負ける試合が増えている。
打線にある程度の名前は並んでいるのに、とにかく得点に結び付かない。
このチームは、現状、主軸に長打が出ないと点を取れない。2番Soto、3番Lopezという打線に機動力も小技もない。
であれば長打を、できれば本塁打を、がんがん打ってほしいのだけど、それが最近止まってしまっている。
怪我明けでコンディションが疑わしいLopezと、今年はどういうわけか好機に弱い筒香。この辺がブレーキでは厳しい。

先発投手にも難しさを抱える現状、流れを変えるには、取り合えず勝つしかない。
それも、ホームで凄く盛り上がるやつ、信じられないような勝ち方をするやつ。
理屈の上では厳しいのだから、横浜らしく、理屈を超えた勢い、98年優勝時のような「もののけ」を味方につけないと。
とにかく、景気付けになるような試合、手遅れになる前にお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示