FC2ブログ

[Marinos 2018] vs FC東京(A)(J1-17)

アウェー連戦、今度は近場の味スタ。
どうせアウェー続きなら、水曜の仙台と逆にしてほしかった。言っても仕方ないが。
日程君、最近、マリノスに冷たいよ。

5月から品川区に引っ越して、都民になった。
今度は味スタが最寄りのスタジアムになるのかと思ったら、時間距離ではまだ少し日産スタジアムの方が近い。
味スタ、「東京」とはいえ、調布だからな。やはり、ちょっと遠い。
都心暮らしが長いやつに言わせると、あんなところは東京じゃないという。なかなか厳しい。

都心に大きなクラブがないというのは、日本のサッカーの少し残念なところ。
今まで旅したことのある、サッカーの盛んな国では、大都市の都心部に強豪クラブと立派なスタジアムがあった。
Buenos AiresRiver PlateBoca JuniorsMexico CityClub AmericaIstanbulGalatasarayなどなど。
我らがマリノスも、いつか横浜の真ん中である西区に専スタを構え、日本を代表するクラブになりたい。



寄り道しながらのんびりスタジアムへ向かう途中、恵比寿の「ブラッカウズ」で食事にする。
夜の試合だと、前に食べるか後で食べるか、悩ましい。自分は大抵、試合前に取り合えず食べておく。
180722-01s.jpg


店のお勧めという「ベーコンチーズアボカドバーガー」を。
さほど頻繁に行かない店だと、無難にお勧めと言われるものを注文してしまいがち。
180722-02s.jpg


京王線で飛田給へ、むっちゃ蒸し暑い中を歩いて味スタへ。
キックオフの1時間前に到着。サッカーのある週末を待ちわびた人々で(?)なかなか盛況だった。
180722-03s.jpg


メインS指定席の下層南側、チケットには一応「ビジター応援席」と書かれているエリアから観戦。
味スタはメインスタンドのチケットが高い。今は最低でも5200円。ちょっと席割りを見直してくれないかな。
180722-04s.jpg


GKのウォーミングアップが始まった。
中断明け、横浜ダービーからずっと、控えGKは2年目の原田になっている。
180722-05s.jpg


選手入場、そして花束贈呈。
ボンバーが受け取った花束は、次々と隣に渡されていって、渓太がいると毎度そこで止まる。
180722-07s.jpg


アウェー側ゴール裏のマリノスサポーター。今日も半分強といったところか。
ゴール裏を1階2階とも全部埋めて、ホームのような雰囲気を出してほしい。いつも思う。
180722-09s.jpg


前半のまだ早い時間帯。いやな位置でFKを与えた。
これを太田に直接決められ、今日は先制点を献上してしまった。
180722-12s.jpg


早い時間帯に先制したこともあり、FC東京は落ち着いた守りでなかなか隙を見せなかった。
仙台戦のように崩してクロスを入れるのでなく、今日は崩しきれず苦し紛れにクロスを上げる場面が多かった。
180722-14s.jpg


あの仙台戦からわずか中3日だから、あの試合で出来て今日は出来なかったことが、くっきり見えてしまう。
今日は先手でボールを回すことができなかった。厳しいブロックの内側を避けて、外側に回させられている感じ。
180722-15s.jpg


守られて鋭いカウンターから何度も決定機を献上、0-3とぼこぼこにされてハーフタイムを迎えた。
ベンチ入りメンバーがウォーミングアップを行おうとしたら、大々的に散水が始まって追い出された。アウェーの洗礼。
180722-16s.jpg


さて後半、少しでも意味のある試合ができるか。
意外にも選手交代なし。Angeに代わってこの試合の指揮を執るPeter、もう試合を投げたか?
180722-18s.jpg


今日は、物凄く、セットプレーに可能性を感じなかった。
ふわっと上げて楽々とGKに捕られるような、そんな場面が多かった。流れの中でのクロスも、そんなのばかりだった。
180722-19s.jpg


3点差を追って、がむしゃらに攻めるような展開を期待したが、なかなかそうはさせてもらえず。
4日前の仙台の状況と心境を、今日は我が身に思い知らされる。
180722-20s.jpg


なおも容赦なく点を取られる。これは4失点目だったかな。
既にだいぶ感情を失ってしまい、このときも、直後に0-5とされたときも、「あーあ」くらいにしか思えなかった。
180722-21s.jpg


ようやく好機が訪れた。天純が倒されてPKを獲得。
天純がすごく蹴りたさそうにしていたけど、結局Hugoが蹴って、ようやく1点を返した。
180722-22s.jpg


勝負が決した後で、追い付かない程度の反撃を見せる。ベイスターズみたいだ。
終盤、右から左から、少し可能性を感じさせる攻撃が見られた。もっと早くその攻勢を見たかった。
180722-23s.jpg


誰か傷んで倒れているときに、Hugoと森重が談笑。ポルトガル語か英語か。
爽やかな笑顔から、審判が見ていないところで思いっきり足を踏むとか、そういう駆け引きがあったら面白かった。
180722-24s.jpg


左サイドのペナ角で回しながら、天純や山中が縦に飛び出す形が何度か見られた。
山田の得点に繋がったのもこの形。良くも悪くも、マリノスの力攻めは基本この形。
180722-26s.jpg


2-5で大敗。仙台の仇を調布で討たれた、と思ってしまうくらい、4日前の試合の裏返しになった。
まあ、アウェーで5失点と、ホームで8失点とでは、ショックの大きさも違うのだろうけど。
180722-27s.jpg



4日前の記録的大勝から一転、今日は無残な大敗を喫してしまった。
「水曜の試合は何だったのか」と考えるべきか、「今日の試合は何だったのか」と考えるべきか。
どちらにせよ、ちょっとこの2つの試合はスコアが極端すぎた。

中断期間を経て、マリノスのサッカーの質は上がっているように思う。
ただ、相手が守備に重点を置くとき、それを崩しきる力はまだない。或いは、崩すためのオプションが少ない。
水曜の試合では、先制して、形が崩れた仙台をタコ殴り。今日は、先制されてきっちり守られ、こちらが崩れてしまった。
そういうところ、上手くいかなければ一度落ち着かせたり、やり方を変えてみたり、試合巧者への道はまだまだ。

まあ、何点取っても1つの勝ちだし、何点取られても1つの負け。
そういう意味で、仙台戦の圧勝とFC東京戦の大敗とで、自分の中ではとんとんにしておく。
それにしても、今週の2試合で10得点7失点。リーグ戦折り返しの17試合までで33得点31失点。
もう少し、落ち着いてサッカーしてほしいな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示