FC2ブログ

[Baystars] vs 北海道日本ハムファイターズ(H) (Jun. 10, 2018)

ようやくハマスタでの今季初観戦。
4月5月は、マリノスの試合が過密日程で続いたのと、引越しの前後で雑事に追われたのとで、野球に手が回らず。
ようやく落ち着いた6月、ファンクラブの特典チケットを使って観戦の機会を作った。

今年は、怪我人が多いというか、怪我からコンディションがなかなか戻らない選手が多い。
昨年10勝以上した3人がいずれも出遅れ、Wielandはようやく本調子になってきたものの、濱口と今永はまだ未勝利。
序盤は京山やBarriosが期待以上に好投してくれたが、それも1か月もたなかった。
野手陣も、昨年以上の活躍をしているのが、筒香と宮崎くらい。Lopezがとても良かったが、怪我してしまった。
そんな状態でも、どうにか5割前後を行ったり来たりしながら、踏みとどまっている。



昼から雨予報。ハマスタに着く頃には、小雨が降り始めた。
そんな状況だけれど、日程の厳しい交流戦なので強行開催の気配濃厚。あまりテンションが上がらない。
180610-01s.jpg


ファンクラブの特典チケットで、DB応援内野指定席Aのチケットを手に入れた。
今季初ハマスタなので、スタンドの椅子が全て青くなった景色を眺めるのも初めて。テレビでは見ていたが、青いな。
180610-03s.jpg


始球式は、2010年から3年間在籍した森本と、ゴールデンボンバーの樽美酒。
樽美酒は時速130km近い速球と変化球も投げていた。只者じゃない。それに対して森本も、本気で打ち返した。
180610-06s.jpg


雨が本格的に降ってくる中、今永が1回表のマウンドに上がる。
今季ここまでは、球の勢いは戻ってきているものの、甘く入って痛打されることが多く、全く結果が出ていない。
180610-08s.jpg


四球と安打で早くも一死一三塁のピンチを迎える。
4番の中田を一邪飛に打ち取ったかと思ったが、Sotoが信じ難い落球で打ち直しに。嫌な予感の中で――
180610-10s.jpg


外野まで運ばれて犠飛になり、今日も早々に先制された。
本塁突入で豪快な泥んこヘッドスライディングを見せた太田泰示、なんか凄く楽しそう。巨人を出て良かったな。
180610-11s.jpg


今永が30球くらいの苦しい投球をする間、降り続く雨で既に土の部分はドロドロのぐしゃぐしゃ。
泥を取り除いて新しい土を被せ、時間をかけて結構な整備を行った。この試合、いつまでもつのか不安になった。
180610-12s.jpg


北海道日本ハムの今日の捕手は、昨年途中までベイスターズにいた黒羽根だった。
奇遇にも今日が今季初出場だったみたい。元気そうな姿が見られて、ハマスタのファンも喜んでいた。
180610-13s.jpg


1-1の同点で迎えた3回裏、一死一塁で、打席には開幕からずっと一軍で奮闘している新人の神里。
引っ張ったゴロの打球は、当たりは良くなかったが、地面がぬかるんで動けない一塁手の横を抜けていった。
180610-17s.jpg


一死一三塁から3番のSotoは三振。雰囲気に水を差されかけたが、打席には最近好調の4番筒香。
第1打席の二塁打と同じように左翼へと打ち上げた打球は、先程よりもさらに伸びていって――
180610-18s.jpg


勝ち越しの3点本塁打になった。
5回までと思われる試合で、早い段階でのリード、それも3点もの差を付ける、価値のある一打となった。
180610-19s.jpg


4回表、北海道日本ハムは投手の加藤の代打にベテランの矢野。左翼ポール際への大飛球はファールの判定だったが、栗山監督のリクエストでビデオ判定に。場内に流れた映像で簡単に分かった通り、判定は変わらず。
180610-21s.jpg


時折弱まりながらも、雨はやむことなく降り続け、自分は全身びしょびしょになってしまった。
そんな悪天候の中でも、dianaは笑顔で踊る。来週も出番あるみたいだから、風邪ひかないようにね。
180610-22s.jpg


5回表、この回を抑えれば試合成立で勝てると思われるマウンドに、引き続き今永が上がる。
ここまで1失点で凌いでおり、2回以降は内容も悪くない。ここでもうひと頑張りすれば、1つの壁を越えられる。
180610-24s.jpg


しかし、一死一塁から近藤に2点本塁打を浴び、1点差に迫られてしまう。
この横浜高校出身の近藤。昨年「4割」を打って話題になったが、あの打撃はやはり天才打者だと思った。
180610-25s.jpg


後続を断ち切って、どうにかリードを保って5回を投げ終えた。
さあ、これで試合も成立したことだし、記録上は完投のおまけ付きで今永に今季初勝利が――
180610-26s.jpg


え、まだ続けるの!?さっきから寒くて震えが止まらないし、もう帰りたいよー。
どうやら、審判にとっては、1点差になって試合を途中で終わらせにくくなってしまったみたい。やれやれ。
180610-27s.jpg


そんなテンションどん底の状態を、神里が一振りで明るくしてくれた。
左翼席へ流して一発、2点本塁打。今日はよく左翼に打球が伸びた。もちろん、彼も長打力があるのだろうけど。
180610-28s.jpg


6-3と再び3点差となり、5回裏が終了すると、とうとうカバーが掛けられて試合が中断した。
もう衣服もタオルも濡れていて、カメラのレンズを拭くための乾いた布がない。色々と限界、今度こそ終わろう。
180610-29s.jpg


10分程で球審が出てきて、球場の9割を占めるベイスターズファンの期待の視線を集める中、試合終了の合図。
実は今までの野球観戦歴(200試合くらい?)の中でもあまり記憶にない、5回での降雨コールド勝利となった。
180610-30s.jpg



雨対策が不十分で全身ずぶ濡れ。寒さに震えながら、よく頑張って最後まで観ることができた。
なかなか野球の試合で、こんな天候で試合を行う(観る)ことなんてない。
ある意味貴重な経験、それも勝ったのだから、後から振り返れば良い思い出。
でも次は、もっと重厚な雨対策をしていこう。

今日の試合は、今永に復調してほしい、早く1勝させてあげたい、という監督とファンの想いがひしひしと伝わってきた。
結果としては5回3失点で待望の今季初勝利。
失点は、まあ、1人別格だった近藤に打たれただけで、相手打線に捕まったわけではないと捉えることができる。
内容的には、目を見張るような球を放っていたわけではないが、こんな悪天候の中で、非常によく粘ってくれた。
初回の危機、球数が増えながらも粘って抑えると、2回から4回まで調子が上がってきた。
5回表は、1点差に迫られてなお続投。監督の意図・願いが見えたし、今永もよく応えた。
6回以降がある試合だったら分からないが、今日の試合に関しては、勝つための投球が戻ってきていたと思う。

点を取る方は、今日は筒香がやたら当たっていた。
それから神里が、好機を作る場面と決める場面と、両方で仕事をしてくれた。
あとは、得点には結び付かなかったものの、宮崎も相変わらず好調。
Lopezが離脱した現状、この3人で点を取る形を作りたい。
1番に桑原あたりを入れて、2~4番で3人を固めるイメージ。
Ramilez監督はそういうの好きそうだけど、どうかな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示