FC2ブログ

[Marinos 2018] vs 湘南ベルマーレ(H)(J1-09)

日産スタジアムのバックスタンドは、昼間の試合では逆光が厳しい。
スタンドが南西を向いているため、方角的に、午後は太陽と正対することが多い。
それでも、時期や時間帯によって、少しずつ影響は異なってくる。

理屈としては、太陽の光を受ける角度と、ピッチへの視線の角度との差が小さい程、視界への影響も大きくなる。
その意味では、夕方の低い太陽が厳しい。そして、視線が水平に近い1階席は、ピッチを見下ろす2階席よりも厳しい。
それから、太陽が沈む方向も季節により異なるので、その影響もある。
夏季は太陽がより北寄りに沈むため、日産スタジアムではホーム側のゴール裏、すなわちピッチへの視線よりもだいぶ右側へと太陽が沈んでいくから、影響が小さくなる。他方で、冬に近い時期は、より正面に近い南寄りに太陽が沈む。
日産スタジアムで言うともう1つ、同じバックスタンドでも、ホーム側ゴール裏に近い方が、日除けになってくれる壁が近くなるので、低くなった太陽の光を受けずに済む。今年、中央寄りのSC席にして、この点では後悔している。

今日は、今季初めて、快晴の下でのホームゲームとなった。
雨は困るけれど、晴れ過ぎもちょっと困る(選手達も暑くなるし)。
サッカーという屋外スポーツ、観る方も工夫しないと、100%楽しめない。
自分の今後への戒めに、ここに記す。



毎週のようにホームゲームが続き、「試合のときに、どこに食べに行こうかな」を考えるのが少々億劫に。
この前はうどんを食べたので、今日は蕎麦。自分にとっての定番、たまプラーザの「風來蕎」へ。
180421-01s.jpg


例年、春先だと温かい蕎麦にするのだけれど、今日はこの時期にしては暑かったので、冷たい蕎麦を。
季節メニューの「筍と春野菜の天ぷらそば せいろ」にした。筍の天ぷらが香ばしくてグッド。
180421-02s.jpg


3週連続で日産スタジアム。キックオフ1時間前に到着。
駅からここまで歩いてくるだけで、なかなか暑いと感じた。
180421-03s.jpg


逆光厳しいバックスタンドへ。キックオフが近付くまで日陰に避難することにした。
そう言えば、年間チケットにはE15入口が指定されているところ、今日はE14入口からも入れた。運営を改めた?
180421-04s.jpg


ウォーミングアップが始まったところ。選手達の影の長さからも、太陽の光の角度(が低いこと)が分かる。
ハーフタイムに日が沈むまで、自分より右側を正視するのは難しかった。手のひさしが必要だった。
180421-07s.jpg


アウェー側ゴール裏の湘南サポーター。
彼らにとっては最も近いアウェーのはず。願わくば、もうちょっと来て下され。
180421-08s.jpg


キャプテンのボンバーを先頭に、選手達が入場してくる。
ボンバーの後ろが大きく空いているのは、多分、天純をエスコートする子供(マリノスケの後ろ)が不機嫌だったから。
180421-09s.jpg


ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
肉眼では正視するのもしんどかったが、今のデジカメは逆光でもある程度は撮れる。昔のカメラなら真っ黒。
180421-10s.jpg


前半、早速ボンバーより前に出る飯倉。
攻撃の貢献への意欲が、今日は特に強かったように思われたが、後でそれが空回ってしまった。
180421-11s.jpg


今日も、攻撃の起点の半分くらいはこの人。
山中の左を使うのは良いことで、「山中さんお願いします」はOK。ただし、「左サイド楽しそうオレも混ぜて」はNG。
180421-12s.jpg


ゴール前の良い位置、尹日録の直接FKは枠を大きく外れた。
川崎戦のCKは良かったのだけれど・・・。もう少し、セットプレーでわくわくしたい。
180421-13s.jpg


前半、沢山ゴールが生まれた。失点→得点→失点→失点→得点→得点→失点。これは3失点目だったかな。
1-1になったときと3-3になったとき、いずれも追い付いて即失点という、壮絶なジェットコースターの展開。
180421-14s.jpg


目を疑うというか、笑ってしまうというか、前半だけでこのような見たことのないスコアに。
今まで1点の重みを噛みしめてきたマリサポ、こんなスコアと展開には心身が付いていけない(苦笑)。
180421-15s.jpg


どちらも色々と問題があるのは確かで、先に動いたのはマリノスだった。
水曜のカップ戦で光った仲川を後半の頭から投入。下がったのはBoumalで、怪我ということになっているが。
180421-17s.jpg


後半も殴りあって8-7とかになるのか、或いは攻め疲れから一転して塩試合になるのか。
とにかく、追い付かないと始まらない。
180421-18s.jpg


立ち上がりから猛攻を仕掛けて、その流れで得たCKから追い付いた。
残り30分で4-4、さあこの試合はどこへ向かう?
180421-19s.jpg


追い付くまでは、仲川の右も使って、左右から程良いバランスで決定機を作りだせていた。
その後、チームとしてノリノリになったところで、また段々と左に偏っていく悪い癖が顔をのぞかせてきた。
180421-20s.jpg


このときは右にも顔を出した天純。でもまた視線が向こう向いてる。
バックスタンドから見ていて、もっと手前サイドの仲川を使ってあげてほしいと、ずっと思っていた。
180421-21s.jpg


後ろの松原と前の仲川、こねずにシンプルにプレーする者同士、なかなか相性が良さそう。
今週は、わずか2試合で、仲川がだいぶ株を上げたな。少なくとも、見ているサポーターにとって。
180421-23s.jpg


追い付いた後で攻めきれず、試合は4-4の引き分けに終わった。
後半は湘南がへろへろだったので、もっと得点が欲しかったが、後半に攻勢をかけられたことを評価すべきか。
180421-25s.jpg



なかなかコメントするのが難しい試合。
4点も取れたことと、4点も取られたこと、プラマイゼロと言いたいところだけれど、4-4というのはプロ同士のまともなサッカーの試合とは言い難い。締まりがない。0-0や1-1で終わるよりも残念な試合だった。
昔、小中学生の頃に部活でやっていたサッカーの試合のような、ノーガードの殴り合い、というか剥き出しの喧嘩。
Angeの志向は試合の主導権を握ることであって、そういう殴り合いを腕力で制する流儀ではないはず。

得点を多く奪えたのは、ゴール前でHugoの技が神懸かり的に冴えたから。
ああやって決めてしまうのは、2試合に1回くらいの割合なのだけれど、今日は3回も決めてしまった。
幸いにも、彼にとって、今日が特別な日だった。付け加えると、映像で見直すと、湘南の守備もだいぶ甘かった。

結局、これが、現状のマリノスにとって、最も有効な得点の形なのだろう。
すなわち、彼の得意な形(サイドからのパス)で、かつ相手の守備が間に合わない早さで、Hugoに合わせること。
本当はそれだけじゃだめなのだろうけれど、このメンバーで試合をする以上、その形は常に狙いたい。
言い換えると、そこから逆算するような攻撃をAngeのサッカーで。今日の得点シーンをお手本にして。

失点については、4点とも、湘南の狙いにはまった感じだった。
マリノスのSBの裏とか大外、守備の間に合わない弱いところを突いて、そこを経由してゴール前に雪崩れ込む。
1点目と2点目は不運な事故という面もあれど、やはりそういう狙いからだった。
ただ、はめられたにしても、4失点は多すぎる。やはり今日は、マリノスに特に問題があったということ。
危ないところへのパスコースを消せなかった、出し手を自由にさせ過ぎてしまった印象だけれど、どうだろうか。
そういうところを引き締めないと、先々ちょっと不安。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示