FC2ブログ

[Marinos 2018] vs ベガルタ仙台(H)(LC/GS-2)

この8日間で3回目の三ツ沢での試合になる。
日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の開場後は、これ程に三ツ沢での試合が続くことはなかったように思う。
球技専用なので見やすくて、ホームの雰囲気も出しやすいのは、言うまでもない三ツ沢のメリット。
ただ、これだけ続くと、デメリットも強調されて見えてきてしまう。

1つには、アクセスの問題。
横浜駅からバスか、三ッ沢上町駅から徒歩。前者はバス待ちの時間が長かったり渋滞したりで所要時間が一定せず、後者は駅を出るところからして結構歩かされる。平日の試合はぎりぎり到着が多く、これは結構大事な問題。
もう1つは、スタジアムの設備。
バックスタンドの座席には背もたれやカップホルダーがなくて、幅も日産スタジアムに比べて狭い気がする。トイレも広くないので、ハーフタイムなどは結構並ばされる。あと、スタンドに屋根が全くないのも、雨が降ったときには困りもの。

自由席の場所取り問題もあったけれど、自分は今年から指定席の年間チケットにしたので、もうあまり関係なし。
ただ、自由席は狭くなったしチケットが取りにくく、バックスタンドの指定席は早割でも4100円と高額で、いずれにせよ気軽に人を誘いにくくなった。ますます一見さんには厳しいスタジアムになってしまった。
そういうところが気になると、日産スタジアムが実は思っていたより良い箱だったことに気付かされる。



横浜駅からの直行バスがなかなか来ず、浅間下からの坂も渋滞していて、思ったより時間がかかってしまった。
キックオフの20分くらい前に到着。飯倉の幟がお出迎え。
180314-01s.jpg


自由席の頃は、入場した後が駆け足になって、席の確保に必死だった。
三ツ沢でも気持ちに余裕が持てるという点で、指定席の年間チケットはありがたい。
180314-02s.jpg


早くも今季3回目の我が指定席。
この位置からの見え方というのも、昨年までとは違って、実は少し戸惑っている。
180314-03s.jpg


選手達のウォーミングアップも終わりの頃。
今日は仲川がようやくベンチ入りしたか。出番あると良いな。
180314-04s.jpg


トイレに行きがてら、スタンドの上段から1枚撮ってみた。
本当は、これくらい角度があって見渡せる方が好きなんだよね。さらに言うと、もっとゴール裏に近いところ。
180314-05s.jpg


アウェー側ゴール裏の仙台サポーター。
在京サポーターもそれなりにいるのだろう。声は良く出ていた。
180314-06s.jpg


直近のリーグ戦から連続スタメンは飯倉とMilosと尹日録と、意外にもマチ。
後ろの2人はキーマンだから今は外せないとして、前の方はレギュラー争いの当落線上の選手のテストという感じ。
180314-07s.jpg


今日もばたばたな試合の入りで、リーグ戦から3人が入れ替わる急造の守備陣ではなかなか落ち着かなかった。
仙台の攻撃は、前半は飯倉が高い位置を取っているのを見てのロングシュートが多かったが、大きく外れていた。
180314-09s.jpg


セットプレーのキッカーをBabunskiと分担した吉尾。
今日はトップ下を任されて躍動。あの気が利いた動きは、Angeのサッカーとの相性が良いね。
180314-11s.jpg


サイドの高い位置でノッキングする傾向は、なかなか改善されず。イッペイも左では苦労していたな。
今日は尹日録のプレーがだいぶ迷走していた。一度きちんと役割と動きを整理してあげないと、かわいそう。
180314-12s.jpg


シンプルかつ素早くボールを動かすべきAngeのサッカーにあって、ボールを持ちたがるBabunskiのプレーはやや異質。
ただ、ボールが上手く回らないと、打開するために彼の個人技に期待してしまうという、苦しいジレンマがある。
180314-13s.jpg


そんなBabunskiの持ちすぎとも言えるプレーが、相手の厳しいタックルを招き、一発退場に追いやった。
しかし、数的有利が相手に守勢を徹底させ、攻めにくくなるという皮肉な事態になった。
180314-14s.jpg


0-0でハーフタイムに入り、ここで夕食にする。
今日も高島屋の「なだ万厨房」で買ってきた、「はるうらら」という弁当。暖かかったので雰囲気ぴったりだった。
180314-15s.jpg


新発売(?)の自分のぬいぐるみを手に、マリノスケがバックスタンドに回ってきた。
最近、マリノスケもよく見かけるなー。
180314-16s.jpg


選手達がピッチに戻ってきた。
後半、前の方に人数をかけてチャンスを増やし、何とかまず1点を取りたい。
180314-17s.jpg


押し込むが、時折、仙台のカウンターを受けた。
右SBでフル出場した山田、攻撃時は中に絞ったプレーで持ち味が出たが、守備では1対1に苦戦していた。
180314-18s.jpg


膠着を打開しようと、仲川を投入。その少し前には和田も投入されていた。
今日の仲川は良かったという声も多いようだけれど、自分の席からは彼のプレーが見えにくかった。
180314-20s.jpg


和田も久しぶりのマリノスでのプレー。
中央で当たりの強さを見せる場面もあり、レンタル移籍前よりも少し戦える選手になったかな。
180314-22s.jpg


終盤は攻撃が単調になり、引いて守って引き分けを狙う仙台を崩せず。
深いため息と共に、試合終了の笛が鳴ってしまった。もったいない引き分けで、勝ち点1止まり。
180314-23s.jpg


良い試合だったとは言えず、結果にも内容にも満足はできない。
それでも、目の前で挨拶されたら、敬意をもって「お疲れ様でした」の拍手くらいはしたくなる。
180314-24s.jpg



とても消化不良な、もやもやの溜まる引き分けだった。
ホームで1人少ない仙台のBチーム相手には、地力で上回って勝っておいてほしかった。
戦術的な熟成は途上であっても、だから勝てなくてもOKとは言いたくない。

押し込んで、攻めきれない。
5バックで待ち構えられると、中にも外にもスペースがなくて、攻め手が限られてしまう。
時折、ごり押しや即興のコンビネーションで崩しかけたのは良かったけれど、今日は相手GKの川浪が当たっていた。
点を取って勝ち切るには、やはり最後のフィニッシュに強みがある選手が2人くらい必要な気がする。

困ったことに、自分が座っている位置からは、ピッチのどちら側も、ゴール前の攻防が見えにくい。
特に選手が密集していると、ボールがどこかすら見えなくなることがある。
だから、映像で見たりゴール裏から見たりした場合よりも、余計に攻撃の手詰まりを感じてしまう気がする。
もっと技を磨いてもらって、「よっしゃ、綺麗に崩した!」と感動できるような得点を、早く見たい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示