FC2ブログ

[Marinos 2017] vs セレッソ大阪(A)(J1-05)

今季最初の遠征で大阪へ。
今年も、週末であれば、遠くのアウェーでもできる限り行きたい。
2年くらい海外勤務だったので、昨年行けなかった場所や、昇格組が相手だと、訪れるのもだいぶ久しぶりになる。
どこも楽しみなのだけれど、とりわけ好きな札幌遠征が、水曜開催ゆえに行けそうになく、強烈に不満を覚えている。

アウェーの醍醐味は、やはりスタジアム内で少数派になるゆえのピリピリ感だと思う。
勝って多数派を黙らせれば痛快、負けて向こうの歓喜に巻き込まれれば不快、良くも悪くも刺激は強い。
向こうのファンや運営係と本当に喧嘩になるが如きは論外なれど、試合をする選手達だけでなく、応援する方も(下手すると応援する方がより)敵地に殴り込みにいくという強い気持ちが求められる。気がする。



昼過ぎに大阪に到着。取り合えず昼メシ。
梅田の地下にある有名なうどん屋「梅田はがくれ」に行ってみた。
170401-01s.jpg


生じょうゆうどん と かやく御飯 とがセットになった、「生じょうゆ定食」を。
大将が「混ぜたらあかんで」とか「二本ずつ取ってすするんやで」と食べ方を指南してくれる。
170401-02s.jpg


キックオフの1時間20分くらい前に、長居のキンチョウスタジアムに到着。
向かいには昨年末に苦杯を嘗めさせられたヤンマースタジアム長居。この場所には、ろくな記憶がない。
170401-03s.jpg


メインスタンドのメインミックス自由席から観戦する。
周りにはマリサポもセレサポもごちゃ混ぜに座っていて、何ともミックスなゾーンだった。
170401-04s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
代表招集組のコンディションが心配。Babunskiはベンチスタートになってしまった。
170401-06s.jpg


ゴール裏のマリサポ。ホーム側ゴール裏はピッチ間際なのに、アウェー側はこの仕打ち。大阪は度量が狭い。
しかも、スタンドの裏手には墓地が広がっているという嫌がらせまで。
170401-07s.jpg


選手達が入場して試合前の整列。
その向こうに見えるホーム側ゴール裏を、上の写真と見比べるとえらい違いだ。
170401-08s.jpg


先日のルヴァン杯と同様、セカンドユニフォームで臨む。
ファーストユニフォームでソックス白じゃいかんのだろうか。
170401-09s.jpg


前半、手前サイドは松原と柿谷がマッチアップする。
終始てこずったが、柿谷の中央へのボールが精彩を欠いたおかげで助かった。
170401-10s.jpg


前半まだ7分くらいに、中町が急に倒れ込んで、自分から交代を要求した。交代出場は怪我明けの喜田。
肉離れでもやっちまったのかと心配になり、同時にこの時間から喜田が最後までもつのか不安になった。
170401-11s.jpg


中央での潰し合いにも松原が顔を出す。
少しずつ、球際で戦えるようになってきたかな。不用意に裏を取られることはまだあるけれど。
170401-12s.jpg


少しずつ劣勢に陥っていった前半が終わり、ボンバーがすぐに前田を呼び寄せてあれこれお話。
今日はBabunskiに代わってトップ下での先発出場だったけれど、あまり攻撃に絡めていなかった印象。
170401-13s.jpg


0-0で後半のキックオフ。
流れはあまり良くないが、とにかく無失点で凌いで、どこかでBanunskiとHugoを投入して勝負をかけたい。
170401-15s.jpg


後半開始早々、イライラするばかりで攻守に精彩を欠いていたMartinusを下げて、Babunskiを投入。
A代表に招集されたはずが、水曜に年代別代表の試合に出ていたという。次からはもう全部招集拒否で良いだろう。
170401-17s.jpg


1トップで先発した伊藤、今日は色々と雑で、守備も後追いばかりだった。
今のところ、1トップなら先発を任せたいのは敬真かなぁ。
170401-18s.jpg


セットプレーから木本をフリーにしてしまい、あっさり失点。
流れの中からは決定的に崩される場面が少なかったのに、こうやって失点してしまうとがっくり。
170401-19s.jpg


攻撃の頼みは学だけれど、途中で金井を下げて3バックっぽくしたのが失敗で、ボールが入らなくなった。
低い位置でボールをもらっても、サイドも中も人数をかけて守られていては、学といえども突破するのは厳しい。
170401-20s.jpg


右サイドには途中から前田が回ったものの、好機を作り出すことはできず。
縦に行ってから左足に持ち変えるのを読まれていて、あれだけでは厳しいと思った。
170401-22s.jpg


PKで追加点を奪われ、その後も有効な反撃がなく、完敗を喫してしまった。
自己責任とは言え、大阪まで来てこういう試合を観てしまうと、ダメージは大きい。
170401-23s.jpg


自身もチームもなかなか上手くいかず、苦悩の色ありありの学。
空回りしてしまうタイプだと思うので、あまり背負い込み過ぎないでほしい。
170401-26s.jpg



観ていて、色々と厳しいなと、思い知らされる敗戦だった。
代表ウィークの間に中と外の攻撃の使い分けを練習したそうだけれど、それ以前の問題が山積しているようだ。
ちょっと寄せられると、すぐパスがずれてトラップも乱れる。浮き球やルーズボールを競らない。
そういうところから徹底しないと、どんな高尚なサッカーを志向しても、絵に描いた餅になってしまう。

先制されて追い掛ける展開になったところ、Hugoを入れるときに金井を下げたのがさらにまずかった。
3バックと監督は言うけれど、松原もMilosも右寄りで、左サイドがぽっかり空いてしまった。
だから学にボールを渡せなくなり、相手には絶好の攻めどころを提供して、PK献上に繋がってしまった。
あの形は、ちゃんと練習していたのだろうか。

開幕連勝の勢いは既にどこにもなく、試合を追うごとに酷くなってきた。
選手は色々と入れ替わったけれど、やっていることは昨年と変わらないか、(俊輔がいない分)余計に悪くなっている。
言っていることとやっていることが違いすぎるというか、いつか岡ちゃんが監督を務めていたときに言っていた「船体がまだ小さいのに帆だけ大きくしてしまった」ような状態で迷走しているように見える。
どうするんだ、これ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示