FC2ブログ

[Marinos 2017] vs セレッソ大阪(H)(J1-32)

今週は、来季のホーム試合の席割りと年間チケットの要綱が発表された。
日産スタジアムではバックスタンドが全部指定席になって、今の自由席が大幅に縮小されることになる。
自分が定位置にしている場所は「ホーム自由席」から「バックSC1階」になるようだ。

さてどうしようか。
自由席となるゴール裏とその両脇のエリアは、ピッチから遠すぎるので、自分の選択肢からは外れる。
見やすさ重視で、今の場所そのまま「SC1階」で年間チケットを買うか、思い切って新しくできる「SA1階」にするか。
お値段は今の2万9800円(自由席ペア)から、「SC1階」なら4万9000円、「SA1階」なら5万9000円になるけれど、それはまあ構わない。今がだいぶ安いわけだし、クラブの入場料収入が上がるのは良いことだから。

「SC1階」か「SA1階」にするとして、指定席の年間チケットのメリットとデメリットも考えないと。
メリットは、言うまでもなく、席が確保されていること。今のように、キックオフの3時間前から並ぶ必要はなくなる。
デメリットは、その裏返しで、席の自由がなくなること。具体的には、時々友人を呼んで一緒に観戦するのができなくなることと、(通路より前の席を買った場合に)雨が降ったときに屋根下に逃げるのができなくなること。
あとは、「隣の人がちょっとなぁ・・・」というときに、1年間逃げられないこと(笑)。
さて、どうしたものかな。



今日が今季のホーム最終戦。日産スタジアムは、これからラグビーのW杯(2019年)に向けた改修工事に入る。
キックオフの3時間30分前くらいに到着。来季からは、こんなに早く来る必要はなくなるのかな。
171118-01s.jpg


今日はホーム最終戦で、3位争いの直接対決という大事な試合なので、年間チケット組の出足も早い。
この後ろにも一般販売の列が続くわけで、自由席の入場に時間がかかるのも、席割変更の1つの理由なのだろう。
171118-02s.jpg


今日も試合の時間帯に雨予報だったので、屋根下に避難する。
来季、指定席で前の方の席にすると、(少なくとも建前としては)こういう雨天時の対処はできなくなるのか。
171118-03s.jpg


今日の来場記念ピンバッジは串かつ。大阪も広島もお好み焼きを登場させなかったのは、大人の事情か。
それから、グッズ購入でトリコロール・メンバーズのピンバッジも入手。これで今年のピンバッジは全部集めたはず。
171118-04s.jpg


セレッソのサポーターは、やはり雨がいやなのか、大半が屋根の下。
今年の後半戦は、雨に祟られる試合が多かったな。
171118-06s.jpg


ウォーミングアップが始まった。
HugoとMartinusが怪我から復帰したが、まだコンディションが整わず、スタメンまでは間に合わなかった。
171118-07s.jpg


ゴール裏のマリサポ。今日はゴール裏からバックスタンドまで、自由席がよく埋まった。
来季は、スタジアムの景色が少し変わるかな。そもそも、自分はどこから観ることになるかな。
171118-09s.jpg


HugoとMartinusだけでなく、山中が怪我で欠場、代表帰りのMilosもコンディション考慮してベンチから。
スタメンには、今季出番が少なかった勇蔵、下平、伊藤らが名を連ねた。
171118-10s.jpg


扇原にとっては、中学時代から過ごした古巣との対決になる。
かつて中盤でコンビを組んだ山口との1対1の場面。代表に定着したあいつに、追い付け追い越せ。
171118-11s.jpg


珍しく左CBに入った勇蔵。セレッソがあまり浮き球を使わなかったので、持ち味を活かす場面は少なかった。
彼も今季は、リーグ戦のスタメンがまだ2試合。今オフの去就が気になるところ。
171118-12s.jpg


1-0で折り返して後半へ。勝ち切ればセレッソを抜くことができる。
前半の後半は押され気味だったので、気合いを入れ直して球際で戦ってほしかったが――
171118-15s.jpg


あに図らんや、後半はサンドバック状態で攻められ続ける。もはや見慣れた光景。
しかも今日は相手が悪かった。マリノスの機能不全に乗じて、容赦なく得点を奪われた。これは3失点目だったかな。
171118-17s.jpg


ピッチのどこを見ても、後半のマリノスは攻守にぐだぐだ。
最も近くで見た渓太と丸橋とのマッチアップが特に印象的で、渓太は後半本当に何もできなかった。
171118-18s.jpg


崩して決定機を作ることが、ほとんどなかった。
反撃に転じるという雰囲気は全くなく、6分間での3失点でノックアウトされて事実上の試合終了だった。
171118-19s.jpg


目を覆いたくなる酷い試合の後で、間が悪いことにホーム最終戦のセレモニー。
毎年行われてきた社長の挨拶はなく、今年は監督とキャプテンがマイクの前に立った。
171118-21s.jpg


こういう試合の後でも、良くも悪くも淡々としているErickだった。最後までそうだったな。
若手や新戦力を起用してチームの新陳代謝を図るという点ではまずまずだったものの、勝負師タイプではなかった。
171118-22s.jpg


ほとんどのセレッソのサポーターが引き上げた後、こういう横断幕を持って残ってくれていた人達も。
扇原は古巣のファンから愛されているのだね。
171118-24s.jpg


勝って焼肉といきたかったが、気分はどん底。それでも、予約は無駄にしたくないので、元町の「しげ吉」へ。
まぁ、こういうときは、美味いもんでも食べて、酒飲んで、帰ったらさっさと寝て、気分転換するが宜し。
171118-27s.jpg


取り合えず、定番の「幻三品盛」から。
定番すぎて幻でも何でもないが、美味しいからOK。
171118-28s.jpg


その後は、今日のお勧めの品とかを注文して、最後はこれも定番の冷麺で〆る。
夕食は楽しかったけれど、でもやっぱ、今日は悔しい日だったな。
171118-30s.jpg



今季ワーストの試合になりそうな、あまりに酷い試合。
ホームで4失点の大敗という結果も重大だけれど、後半に無抵抗なまま撲殺された試合内容も正視に耐えなかった。
試合中に声を失うことはままあるが、今日は3失点目あたりで感情まで失ってしまった気がする。
その後、焼肉屋に着くまで、まともに言葉を発せなかった(ような気がする)。

今季何度も見てきた、悪い時のマリノス。
リードして相手が攻勢をかけてくると、引いて耐えるだけになる。強いチームが相手だと、耐えきれないこともある。
今日も、後半は自陣に釘付けになって、4-4-2のブロックでの守備が続いた。困ったことに、多くの選手が棒立ちで、ブロックが間延びしていた。待ち構えるだけで奪いにいけず、距離感も悪いからセカンドボールを拾えない。
攻撃に転じることもできないから、すぐにボールを失って、また相手の猛攻に晒される。
鹿島戦のように同点で踏みとどまれれば再反撃の余地もあるが、今日は一気に3点取られて、反撃する力を失った。

セレッソの攻撃(特に清武の技術とアイディア)を称えるべき一方で、マリノスもずっとこんな調子では厳しい。
引き過ぎないか、思い切って引くならば守りきるか。
ボンバーを中心に守る現状では、後者を突き詰めるのが現実的だけれど、それだけでは強くなれないだろう。
後ろを助けるために、前4枚の限定する守備も上達させたいし、奪った後のカウンターも磨かなければいけない。
要は、もっと相手が嫌がるような守備をしないと。「1つのミスパスも許されない。恐ろしい逆襲を喰らう。」みたいな。
試合後のセレモニーで、学が苦悶の表情で語ったように、課題は多い。現実を直視して、克服するしかない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示