FC2ブログ

[Baystars] vs 福岡ソフトバンクホークス(H) (Nov 1, 2017)

日本シリーズの観戦2試合目。
本拠地ハマスタでの第4戦を選んでチケットを手に入れた。
クライマックス・シリーズの途中で先行抽選販売に申し込んで、日本シリーズ進出を決めた直後に当選通知が来た。
第4戦を選んだ理由は、どんな展開でも4試合目までは確実に行われること、サッカーの習慣に合わせて平日の観戦なら水曜にしたいこと、それから、一緒に観戦する友人の都合はこの日が最も良かったこと。
ホームとビジターとで1試合ずつ観ることができて、現地観戦好きとしては満足な日本シリーズになった。

ベイスターズは、第1戦で大敗した後も、第2戦と第3戦を接戦で落として3連敗。早くも剣が峰に立たされた。
第1戦は、大舞台と敵地の雰囲気に飲まれた感じで、ある程度は仕方がなかった。
第2戦と第3戦は、純粋に力負けだった。いずれも1点差ながら、試合のペースは終始福岡ソフトバンクだった。
ベイスターズが勝つには、ある程度得点を取らなければ難しくなるが、福岡ソフトバンクのほとんどの投手は球威があって余計な四死球を出さず、守備も(Despaigne以外は)とても堅い。そして、MoineloとSarfateは、ありゃ打てない。
先手を取って攻め立てるベイスターズの野球を取り戻せるか、一矢報いることができるか。
今季最後の試合になるかも知れない第4戦に臨んだ。



試合開始の45分前くらいに、横浜スタジアムに到着。
2週連続で平日の夕方に抜け出すのは、なかなか厳しい。今日は特別な試合なので、そこをどうにか。
171101-01s.jpg


今日は三塁側の「DB応援FA指定席」から観戦。
本当はSS指定席が良かったのだけれど、第1希望で登録したが外れ、第2希望のこの席が当たった。
171101-03s.jpg


外野でキャッチボールを行う筒香。奥は乙坂。
安打は出てるのだけれど、まだ長打がない。このチームは、筒香が長打を打てば波に乗れる。今日こそ一本。
171101-04s.jpg


普段の試合よりもやや遅く、18時30分に試合開始。
福岡ソフトバンクは今日も1番に柳田を起用し、いきなり難敵を迎えることになる。
171101-08s.jpg


ベイスターズの先発投手は、この剣が峰の局面で新人の濱口を起用。
重圧で硬くなっても不思議でないこの試合で、しかし濱口は快刀乱麻の好投を見せる。
171101-09s.jpg


柳田は抑えたが二死からDespaigneを歩かせ、暴投で二塁に進め、打席に4番内川というピンチ。
しかしここは、高めに浮いた変化球を内川が打ち損じ、どうにか無失点で初回を切り抜けることができた。
171101-10s.jpg


1回裏、ここまで日本シリーズ無安打の1番桑原が、ようやく初安打。
当たりは昨日の6回裏の右直の方が良かったが、今日は右翼手の中村が割とあっさり諦めてくれた。
171101-11s.jpg


3回表、先頭の高谷に死球、犠打と進塁打で二死三塁のピンチ。
しかし濱口は怯まず、今宮を力で捻じ伏せた。今宮も日本シリーズはまだ1安打。このまま寝ていてほしい。
171101-12s.jpg


日本シリーズということもあってか、普段の主催試合よりは少々イニング間の演出が控えめだった。
まぁ、他の球場と比べて、普段が賑やかすぎるので、このくらいで丁度良いのかも知れないが。
171101-14s.jpg


5回表、やや不運な振り逃げで先頭の松田を出塁させた。無死一塁から牽制球を投じた場面。
濱口は次の川島を落ち着いた守備で併殺に打ち取り、この回も無失点で終えた。5回を終えて未だ無安打投球。
171101-15s.jpg


5回裏、ようやく均衡を破る。先頭の宮崎が本塁打。待望の先制点を挙げた。
打球が上がった瞬間からの、ハマスタの雰囲気は、最高だった。やっとそういう展開になった。
171101-16s.jpg


なおも梶谷と高城の連打で無死一二塁とし、打席に8番の濱口。
三塁は封殺がある難しい場面だけれど、三塁線に転がす犠打を1球で決めた。これが攻撃の流れを繋いだ。
171101-17s.jpg


一死二三塁から、9番倉本の右翼手への犠飛で1点を追加。2-0とした。
この日本シリーズ、しょうもない失策もあったが、倉本の打撃は好調が続いている。
171101-18s.jpg


7回表、福岡ソフトバンクのラッキーセブン。黄色のジェット風船が踊る。
ハマスタではビジター応援席はあんなもん。三塁側内野席の福岡ソフトバンクのファンは、流石に少なかった。
171101-21s.jpg


濱口は8回一死まで無安打投球を続けたが、代打鶴岡に二塁打を打たれて大記録への望みは絶たれた。
しかし、ここで投手コーチが間を取って激励し、続く代打長谷川を打ち取った。チームを救う、堂々たる好投だった。
171101-24s.jpg


二死一三塁となり、2番の今宮から右打者が続くところで、Pattonに継投。
3点差あるので強気で攻めていき、見事に三振に打ち取った。ポストシーズンのPattonの投球は素晴らしい。
171101-25s.jpg


8回裏に攝津を攻めて3点を追加し、試合を決定付けた。
6点差となったが、勝利への形を重視し、山崎康晃が9回表に登板。日本シリーズのハマスタで康晃ジャンプ。
171101-29s.jpg


内川にポール際の際どいファウルを打たれたが、難なく三者凡退に抑えた。
最後の打者は5番の中村。第2戦で曰く付きの逆転打があったが、それ以外はずっと沈黙。お前もこのまま寝てろ。
171101-31s.jpg


引きで撮ったら、少しスコアボードが小さくなってしまったけれど、6-0の快勝だった。
大袈裟な表現だけれど、19年ぶりの日本シリーズでようやく勝てた。明日も勝って、試合を福岡に送り返したい。
171101-33s.jpg


勝利試合の後で行われる、勝利の花火。Victory Celebrationといったっけ。
福岡と横浜とで、両方見ることができた。ホームチームが勝って盛り上がるのは宜しいこと。
171101-34s.jpg



剣が峰で踏みとどまった。ようやく、ベイスターズらしい試合ができた。
今日は濱口に尽きる。この土壇場で、新人が、いつも通りどころか今季一番の投球を見せてくれた。
横から見ていたので、技術的なことはよく分からなかったけれど、どの球種でも腕が振れていて、ストライクが取れていた。だから相手打者との勝負に集中できて、自分のペースに相手を巻き込むことができたのだと思う。
流れとしては、初回に先頭打者の柳田を抑えたこと、その後のピンチで内川を抑えて無失点で凌いだこと。
これで「よし、今日はいける」と、チームだけでなく球場の雰囲気を解き放った。

4連敗は免れた。もう1勝して、場所を福岡に戻したい。(※翌日も勝利して、福岡での第6戦へ。)
我々はセリーグ3位のチームであり、クライマックス・シリーズの最初からずっと挑戦者。
一度勝負の流れを得れば、福岡ソフトバンクが相手と言えど、勝機はある。
究極の下剋上、やってしまおう。

さて、これで今季の自分の観戦予定は終了。
第7戦のチケットを買っておいても良かったかな、と少しだけ後悔しているけれど、あとはテレビで応援。
ベイスターズが日本シリーズなんて、11月にハマスタで野球が観られるなんて、夢みたいだけれど夢じゃない。
この時期まで野球を楽しませてくれたチームに、心からの感謝を。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示