FC2ブログ

[Marinos 2017] vs サンフレッチェ広島(EC/4R)

水曜、三ツ沢、カップ戦。
今年だけでもう6回目か。リーグ戦と合わせて9回目の三ツ沢。今年はちょっと多め。
今日の天皇杯4回戦の結果次第で、なんと今季10回目の三ツ沢もあり得る。どうせなら達成してほしい。

今日は、先日に日産スタジアムで初観戦した友人を、三ツ沢も見てもらうために招待した。
ピッチとスタンドの近さや、ゴール裏とバックスタンド(ホーム寄り)とが一体になった雰囲気を、気に入ってもらえた。
そう簡単にマリノスのファンになってもらえるわけではないけれど、こういう地道な「布教活動」も大切だろう。

何度かここでも呟いたけれど、日産スタジアムと三ツ沢を両方本拠地にしているのは、実にバランスが良い。
収容力の点で、基本は日産スタジアムとせざるを得ないが、時々三ツ沢での開催もあるのが気分転換になる。
週末開催のときの席取りさえなければ、三ツ沢は素晴らしいスタジアム。
来季以降も、平日限定でどんどん使ってほしい。



キックオフ30分前くらいに到着。マリノス側の自由席の、今日はこの辺に席を得た。
試合の最後の最後に、この位置にして良かったと思える瞬間が来る。
170920-01s.jpg


先週のホーム柏戦は欠席を余儀なくされたものの、観戦仲間の協力により、来場記念バッジは確保。
さらに、オンラインショップでの買い物により、シウマイの横浜バッジも手に入れた。
170920-02s.jpg


既にウォーミングアップは始まっていた。
今日はリーグ戦の合間のカップ戦、次の試合まで中2日ということもあり、ターンオーバーがあった。
170920-03s.jpg


水曜夜の贅沢な弁当の持ち込み。もう第何弾だか忘れた。
狙っていた高島屋の美濃吉の弁当が売り切れだったので、同じく高島屋の人形町今半の「季節のすき焼き弁当」。
170920-04s.jpg


今日の広島サポーター。関東組を中心に、なかなかの人数が来てくれた。
マリノスは、今年の天皇杯はずっと本拠地開催なので、天皇杯をずっと見られてとても幸運に思う。
170920-06s.jpg


毎度ぎっしり、ホーム側のゴール裏。
さすがにJ1チーム相手の4回戦ともなると、過去2試合とは熱気も違ってくる。
170920-07s.jpg


今日もカップ戦ユニフォームの青。
ホーム扱いでも、赤を使わせてくれと言ったら、使わせてもらえるんだろうか。
170920-08s.jpg


前半早々、あっさり失点。そしてまた失点。
ターンオーバーしたとは言え、半分以上主力のマリノスが、こんな酷い試合の入り方をするとは信じ難かった。
170920-09s.jpg


今日はなんと最初からDHで出場したBabunski、相変わらず坊主頭。
扇原とマチを休ませたいからとは言え、このポジションで使うか。案の定、守備のバランスはだいぶ崩れた。
170920-11s.jpg


2点を先行した広島が、早々に守備の比重を高めたことにより、学のプレーも窮屈になった。
山中も天純も欠場したため、左サイドでいつにもなく孤立してしまった。(広島が守備の組織を保っていた間は。)
170920-13s.jpg


良いところがなかった前半から、まさかの選手交代なしで後半に突っ込む。
前半の早い時間帯でベンチ組のウォーミングアップが始まったし、扇原も後半早々に一度はスタンバイしてたが。
170920-16s.jpg


右WGに入った渓太の仕掛けから、PKを獲得する。
この場面の直後に、対峙した水本にエリア内でのハンドがあった。
170920-17s.jpg


渓太が妙に蹴りたがって絡んだけど、喜田になだめられて引き下がり、キッカーはHugoになった。
落ち着いて決めて1-2、これで試合の流れがぐっとマリノスに傾いた。
170920-19s.jpg


攻勢を強めるマリノスの中で、もう1つ乗り切れなかったBabunskiと前田。
前田はさっさと交代させられたが、Babunskiはフル出場。復調のきっかけを掴んでほしいという親心だろうか。
170920-20s.jpg


ボールが行ったり来たりの目まぐるしい展開。
土壇場で追い付いたが、走り回った選手達の体は次々と悲鳴を上げる。後半終了間際に、下平が足をつって交代。
170920-22s.jpg


中2日でリーグ戦がやってくるので、お互い避けたかったであろう延長戦。
タイトルに希望を残したいマリノスと、残留争いが第一の広島。自ずと決着は付くだろうと思っていたが――
170920-24s.jpg


両チームとも運動量が落ちて間延びしたピッチ上を、野球のように攻守交替して攻め合う展開が続く。
水際の守備と、攻めきれずにボールロストとを繰り返し、点が入りそうで入らない。
170920-27s.jpg


「おー飯倉、良く見てた。Hugo頑張れ、頑張れ。よし追い付いた!・・・こねるなよ、取られるなよ。中は・・・よし2人来てる。頼む良いクロス・・・え、そっち曲がる!?うそ、入った!!うおおーーーー!!!」
170920-28s.jpg


0-2からの逆転、延長後半終了間際の決勝点、それが見たこともない脅威の弾道。
今年一番の語り草になりそうな試合を制し、準々決勝に進出することができた。
170920-30s.jpg


今日はHugoの試合だった。観戦記念に7番のタオルマフラーを贈った友人も御満悦だった。
3点目は、ちょうどHugoの真後ろから見ていて、シュートの軌跡が実によく見えた。素晴らしい。
170920-33s.jpg



芸風じゃないけれど、たまにはこういう派手な勝ち方があっても良いかも知れない。
立ち上がりの連続失点には憤慨したし、中2日でやってくるリーグ戦への影響も懸念されるけれど、今日は取り合えず、素直に、この劇的な勝利に酔い、準々決勝進出を喜んで良いのだと思う。
3得点全部(+2失点もだけれど)、目の前で見られたのも良かった。特に3点目の、目に焼き付いたあの軌跡。
1600円のチケットで、実に良いものを見せてもらえた。

これが年末で、次は中1週間で準々決勝、という流れならば、実に良かった。
現実には中2日でアウェーの甲府戦。相手は天皇杯は既に敗退していて、コンディション万全で向かってくる。
今日の試合の勢いに乗りたい一方で、120分戦った選手はあまり使いたくない。
ただ、飯倉はともかく、CBの一方(多分朴正洙)と学は、やっぱスタメンなんだろうな。Hugoも途中出場はありそう。
彼らの後押しをするのが我々の役目。小瀬にも皆で行こう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示