[Marinos 2017] vs FC東京(H)(J1-24)

チームはなかなか好調。だけど気になることがある。
いや、チームが好調なだけに、却って気になるというべきか。
ホームの試合の盛り上がりは感じるのだけれど、実はその場にいる人数すなわち観客数はあまり増えていない。

今日は夏休みの土曜夜の試合、相手は近場のFC東京、雨も降らなかった。それで2万4707人止まり。
今季ここまでの、ホームでのリーグ戦(三ツ沢3試合含む)の平均観客数が2万4280人だから、ほぼそれと同じ。
7月の広島戦(2万3517人)、清水戦(2万4481人)ともほぼ同じ。
何となく、この辺りに、今のマリノスの観客動員数の壁があるように思われる。

なんでだろうなぁ、って時々考える。
いくつか理由はありそうなので、いずれ、思ったことを少し書いてみたい。
今日のところは、「やっぱ3万人は入ってほしいな。自分もなるべく毎試合、異なる友人を連れてくるようにしよう。」
それから、「次の等々力の試合、スタジアムの3分の1以上をトリコロールに。皆で乗り込もう。」



先週の神戸に行けなかったからか、無性に肉が食べたくなって、今日の昼食は元町の「しげ吉」へ。
ラストオーダー間近になってしまったので、アルバイトっぽい店員が嫌そうな顔してた(苦笑)。
170826-01s.jpg


「しげ吉満喫ランチ」を注文。ロース、カルビ、タンと角切りのハラミ。
昼間からのお手軽焼肉も良いな。今度は、もう少し時間に余裕を持ってこよう。
170826-02s.jpg


16時の少し前に日産スタジアムに到着。
ネンチケの列は既に結構伸びていた。猛者達は盛り上がっているのだけれど、ライト層がまだなかなか。
170826-03s.jpg


空模様が良くなくて、雨が降る可能性もあったので、今回も屋根下の席にした。
自分1人ならばともかく、サッカー観戦が久しぶりという友人を誘ったので、雨に濡れさせては申し訳ないから。
170826-04s.jpg


今日の来場記念ピンバッジと、ついにトリパラを購入したことで手に入れた横浜(中華街)バージョンのピンバッジ。
3000円くらいずつ買い物すれば手に入るものがあと3つ。さてどうしたもんか。
170826-05s.jpg


アウェー側ゴール裏のFC東京のサポーター。
キックオフまでには、1階ゴール裏はだいぶ埋まった。トリコロール・ギャラクシーにも付き合ってくれて感謝。
170826-07s.jpg


マリノスのウォーミングアップ。
夏になってレンタルで何人か出して、ベンチ入りも含めて試合のメンバーがほぼ固定されてきた。
170826-08s.jpg


蒸し暑さがだいぶ残る中、前半の戦いに臨む。
ところで、あのイソジンのワッペン、レプリカユニフォームに貼るやつくれないかな。貼らない方が格好良いか?
170826-10s.jpg


FC東京は怪我人が多いせいもあるのか、システムもメンバーも、6月のアウェー戦とだいぶ変わった。
3-5-2だと生命線になる両WHが、あまり聞いたことのない選手。太田のベンチ温存が解せなかった。
170826-11s.jpg


CKを飯倉が直接キャッチした場面。
今日は両チームとも、単にクロスを入れるセットプレーでは、得点の匂いがしなかった。
170826-12s.jpg


今日の大久保は、中盤に下りてプレーすることが多く、ゴール前での怖さがなかった。
それでも何度か決定機を演出されたので、流石だなとは思った。
170826-13s.jpg


前半は危ない場面もありながら0-0で凌いだ。
夏場のマリノスによくある、ある種自分達のペースではある。問題は、後半に点を取れるか。
170826-14s.jpg


先週の轍は踏まぬよう、早めに点を取りに動く。
60分過ぎまでは敬真を引っ張るかなと思っていたが、55分で早くもHugoを投入。
170826-15s.jpg


後半、相手が間延びしてくると、Martinusの単騎突破でのカウンターが活きる。
速すぎて味方も付いてこられないのが難点だが。
170826-16s.jpg


後半はCKが多かったが、あまり決まりそうな気配はなし。
このメンバーだと、単純に空中戦に強い選手が少ない。ショートコーナーを試したのも一度だけ。工夫が欲しい。
170826-17s.jpg


前田が下がって永井が入っても、大久保が中盤に下がる(下がらざるを得ない)場面が度々。
そうなると、FC東京は何となく押し込むしか攻撃の形がなくなる。しかしそれにより、永井は活きなくなる。
170826-18s.jpg


なかなか点が取れずじりじりする展開。決着を付けたのは、今日もHugoだった。
今日は得点以外は今一つだったけれど、大事なところで結果を出すのは流石。これぞ助っ人ストライカー。
170826-19s.jpg


苛々した大久保が、扇原を削って警告を受ける。
相変わらずだなぁ、って扇原大丈夫か?
170826-20s.jpg


1-0で逃げ切って暫定2位に浮上。(※日曜に川崎が引き分けて、今節は2位が確定。)
8月は5試合全部無失点で、4勝1分け。素晴らしい夏をありがとう。
170826-21s.jpg


Hugoはこれでリーグ戦8得点(カップ戦も合わせると12得点)。
マリノスでの1得点は、他のチームより重い。得手不得手はあるけれど、良い働きしてると思います。
170826-24s.jpg



最後まで分からない、難しい試合だった。
HUBで観戦した先週の神戸戦と同様、失点することはなさそうだけれど、得点も遠いじりじりした展開。
先週は惜しかったのを決められず、今日は最後にHugoが決めてくれた。
乱暴に言えば、ワンチャンスを決めたかどうかの違いのみだけれど、サッカーではその差がとても大きい。
決める力を持っている選手を投入し、その得意な形の決定機を作り、そして見事に期待に応えた。
Erickの交代策、扇原の勇気と周囲のお膳立て、そしてHugoのシュート、全てお見事。

前半はちょっとやりにくそうだった。
FC東京は守るときに5バックで後方を固め、攻めるときは高萩が後ろから積極的に出てきて捕まえにくい。
最近の試合では珍しく、選手の並べ方でミスマッチを作られ、対応が上手くできていなかった感がある。
しかし、苦しい前半をどうにか無失点で凌ぎ、後半に間延びしてくればこちらのペース。
そういういつもの展開に持ち込むことができた。
強さの1勝と言うより、我慢の1勝。実にマリノスらしくて素晴らしい。

ルヴァン杯は敗退してしまったので、大事な次の試合まで2週間空く。
まずは回復を優先して、強敵との対戦が続く9月に向けて、良い準備をしてほしい。
そして、MilosとBabunskiは、燃え尽きない程度に実りある代表活動を行って、戻ってきてほしい。
マリサポは、等々力をトリコロールで染めよう、日産スタジアムを少しでも埋めよう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示