FC2ブログ

[海外旅行-05] Cambodia - Phnom Penh & Siem Reap 5話

Angkor遺跡群の話を少ししておこう。
CambodiaSiem Reapの近辺に、有名なAngkor Watや前回の記事で少し紹介したAngkor Thomなど、中世のKhmer王朝が建設した沢山の遺跡が点在する。小さなものまで合わせると、その総数は数百から千に届くと言われている。

残されている遺跡はほとんど当時の寺院。
宗教としては、仏教のものとヒンドゥー教のものとがざっくり半々くらい。
この2つ、Cambodiaでは宗教的混合があり、あまり厳密に区別されていないようだ。日本における神仏習合のように。

Khmer王朝は、今のCambodia、ThailandLaosと、Vietnamの半分くらいを版図とし、歴史上、東南アジアの大陸部では最も強い勢力を誇った。最近は弱っているイメージのCambodiaだけれど、かつては東南アジアの覇者だったわけだ。
それで、文化面でも、これだけの規模と完成度の建築を延々と行うだけの、発想と財力とがあった。
一説には、歴代の王が、「先代の建てた寺院なんて使えるか!オレはオレの寺院を建てる!」と頑張ってしまったため、「無駄に」と言いたくなるくらい寺院の数が増えたという。その結果、東京23区くらいの広さに1000もの寺院。



Angkor Thomの中心にあるBayonの続きから。
外側の回廊のレリーフを眺めた後は、寺院の中心部へ。塔のように突き出ている建物に顔が彫られている。
180104-18s.jpg


中の石段を上がって2階に進むと、塔に彫られた顔が近くに見える。
四面仏と呼ばれるらしく、ほほ笑んだような表情の仏様の顔がそれぞれの塔の各側面に。
180104-19s.jpg


入口とは反対側(西側)にある出口を見下ろして1枚。
出口付近は扱いが悪いのか、いかにも修復工事中という雑な置かれ方のまま、遺跡の石材が放置されている。
180104-21s.jpg


次はBayonの隣にあるBaphuonを見物する。
"Baphuon"は隠し子という意味らしい。婚外子ということではなく、さらわれそうになった子供をここに隠したのだと。
180104-22s.jpg


上の写真、寺院への正面参道は少し浮いた桟橋になっていて、両側には池が配置されている。
この形はAngkorの遺跡によく見られる様式で、池には神(仏)から与えられた水の恵みを象徴する意味合いがある。

上の写真では池がしょぼく見えるのは、乾季の真っ只中の1月だったからだと思う。
雨季になって、豪雨で水が満ちれば、参道を桟橋にした意味も分かりやすくなるのでないかな。
ちなみに、先程のBayonも、雨季になると池ができるようだが、今は乾季で干からびていたようだ・・・。


Baphuonは3階建てというか3層構造になっている。2層目の外周と3層目に入れる。
今の姿は長い修復工事が終わったもののようで、昔は中央に数十メートルの塔があったという。本当かいね。
180104-23s.jpg


2層目の外周。蒸し暑いので、木陰で休憩する人もちらほら。
この上の3層目には、なかなか角度の急な階段で登っていく。Angkorの遺跡は、全般的に傾斜がきつい。
180104-26s.jpg


そして3層目、Baphuonの中心部に登ってきた。
外観が立派に修復されたのに比べて、この中心部分が安っぽいというか、やっつけ仕事に見えてしまうのは気のせいか。
180104-28s.jpg


3層目から参道の方を見下ろして1枚。
緑に囲まれた精巧な石造りの寺院。遺跡の見物はどれも印象深く、そして蒸し暑い。それがAngkor全般の感想。
180104-29s.jpg


Baphuonのさらに隣には、「王宮」と呼ばれ塀で囲われた区域がある。
王宮だけあって、正面入口の付近は一段高くなっていて、そこには手の込んだ装飾がなされている。
180104-30s.jpg


無数の象が彫られ、ところどころに象の長い鼻を模した装飾まである。
その外観的特徴から、「象のテラス」と呼ばれ、かなり人気の記念撮影スポットにもなっている。
180104-32s.jpg


ホテルから持ってきた水がなくなってきたので、路上の売店で売っているミネラルウォーターを買った。
"Bayon"って、さっき見た遺跡の名前だけど、この水はどこから取ってきたのだろうか。Khmer文字は読めなかった。
180104-33s.jpg


「象のテラス」を上から眺めて1枚。
左の森の中に「王宮」がある。ちょっと木陰で一休みしたい。
180104-35s.jpg


「王宮」の敷地の中。と言っても、それっぽい遺構はほとんど残っていない。
寺院や神殿は石造りの重厚な建物だったのに対して、人間の家屋は木造で、熱帯の気候によりすぐ朽ちてしまった。
180104-37s.jpg


「王宮」の中心にあるPhimeanakasという神殿だけは石造りで、現代まで残っている。
この神殿にまつわる神話は、超肉食系女性に化けて出た精霊が国王を毎晩呼び出して・・・という、しょうもないもの。
180104-38s.jpg


もう1つ、「王宮」の中の池も石造りなので、今も形を残している。
余計なお世話ながら、これ、水の入れ替えはされているんだろうか。たまに池で水浴びしている人を見かけたが。
180104-40s.jpg


Angkor Thomには、まだいくつか遺跡があるようだけれど、似たり寄ったりなので切り上げる。
待っていてもらったトゥクトゥクに乗って、10分くらい移動したところにあるTa Prohmという遺跡へ。
180104-45s.jpg


この遺跡は、敢えて修復を最小限度にとどめているそうだ。その理由は、以下の写真を見てもらえれば分かるように、自然の力により修復が困難で、かつ、そのままにしておいた方が見た目に面白いから。
180104-46s.jpg


建物を構成する石も昔のままなので、苔むして全体的に緑色になっている。
崩れた石のブロックが散らかっていて、そこかしこ木が生えるに任せている。
180104-48s.jpg


この遺跡の特徴である、建物と木の相克。そこら中で絡まりあっている。
1000年も放っておくと、素晴らしく精巧な遺跡も、こうやって自然に還っていくのだな。
180104-49s.jpg


こちらは、木の枝が建物にめり込んで、石のブロックが今にもばらばらになりそう。
近い未来か遠い未来か、いつか見物客の前で崩壊する可能性もあるね。
180104-50s.jpg



このTa Prohmは、崩れた石のブロックが場所や道を塞いでいるところが多く、踏み入れる場所が少なめだった。
それでいて、このような特徴のため人気が高く、訪れる人が多く滞在時間も長い。
だから、他の遺跡に比べるとだいぶ混んでいた。

ただでさえそんな場所に、中国人団体客が2グループも3グループも来てしまったら、もう大変。
彼らの回るルートを把握した上で、見る場所が重ならないようにしながら、嵐が過ぎ去るのを待つしかなかった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示