[Marinos 2017] vs アルビレックス新潟(A)(J1-20)

デンカビッグスワンスタジアム、いわゆるビッグスワン。正式名称は新潟スタジアム。
マリノスにとっては鬼門の1つ。
個人的には、キンチョウスタジアムと並んで、何回も訪れているけれどまだ勝ち試合を観ていない場所の1つ。
2009年から2014年で6回行って2分け4敗だったかな。(2015年と2016年は日本にいなかった。)

新潟はほとんどの年でマリノスより下の順位、ホームでは分が良い(同期間4勝1分け1敗)だけに、相性の問題。
昨年3月にここで勝ったと聞いたときには、その場にいられなかったことが悔しかった。
そして今、新潟が最下位を突っ走っていて、来年はないかも知れない状況で、どうしても今年は(も)勝ってほしかった。
今年最初の泊まりがけの遠征、上越新幹線で新潟に向かった。


15時くらいに新潟に到着。結構暑い。
新潟の食べ物というと、取り合えず寿司かな。ホテルの近くの「千代鮨」というところで、遅い昼食を。
170805-01s.jpg


新潟の寿司屋は、「極み」という10貫コースをやっていたなと思い出して、今回はその「極み」にした。
この店は皿にまとめて盛るのではなく、2貫か3貫ずつカウンターに置いていく。
170805-02s.jpg


3貫、2貫(鯵と烏賊だったか)、3貫、雲丹とイクラの軍艦巻き、最後に玉子焼きだったかな。あと蟹汁も付いてた。
試合後に現地の友人と祝杯予定だったので、追加はなしでこれにて退散。
170805-03s.jpg


3年ぶりに来るけれど、割と駅から近いスタジアムだったな。
キックオフの1時間前くらいに到着。最下位でもめげず、新潟のサポーターは大勢来ていた。
170805-05s.jpg


メインスタンドの端っこ、「メイン指定1層目アウェイ寄り」という席で観戦。
ビジターチームのサポーター用の席のようで、この1ブロックはマリサポだらけ。すぐ右はビジター応援席。
170805-06s.jpg


まだだいぶ暑さが残る中、選手達のウォーミングアップが始まった。
青ではなくグレー基調の新しい練習着。なぜ夏になってデザインを変えたのか。サポーターにまた買ってもらうため?
170805-08s.jpg


新潟の選手紹介から、ベンチ入りのかんぺーを写す。
3月のホームでの試合では怪我で欠場、今日は新戦力(大武)に押し出されてベンチ。結局今年は対戦なし。
170805-09s.jpg


試合前にトイレに行く際に、少し離れた場所からビジター応援席のマリサポを写す。
日帰り困難な試合だけれど、今日は結構来たね。夏休みの時期だからかね。
170805-10s.jpg


円陣を組んで前半に臨む。
今日はマツの祥月命日(8月4日)に近い日なので、選手全員が喪章を着けた。
170805-12s.jpg


今日もCFには敬真が入った。
しかし、新潟が中の守りを固め、マリノスの攻撃は外回りを志向する中、多くの時間を孤立してしまった。
170805-13s.jpg


スタートは右に学、左にMartinusだった。
しかし、敬真がボールに満足に触れない状況では、3トップがばらばらな動きをしているだけになり、攻撃が停滞した。
170805-16s.jpg


ハーフタイム、新潟のマスコットが回ってきた。「アルビ君」と「スワンちゃん」の夫婦らしい。
2色に塗り分けた嘴と安っぽい王冠のせいで、何だか間抜けっぽい雰囲気が。・・・言い過ぎ。
170805-17s.jpg


0-0で後半に切り替わる。
前半ぐだぐだだったけれど、この暑さなので贅沢は言わず、割り切って後半に強かなサッカーして勝とう。
170805-18s.jpg


後半は学とMartinusがサイドを入れ替えたことで、左SBの山中が活きるようになった。
これは先制点の場面ではないけれど、何度か面白いクロスが入った。
170805-19s.jpg


ベンチに飾られたマツのユニフォーム(2017年バージョン)と、交代出場の準備ができた扇原。
なぜベンチスタートなのか謎だったけれど、CFの敬真と交代で入ったのも謎だった。
170805-20s.jpg


天純のロングシュートが決まって2-0に。「えっ、撃つの?ええっ、入ったの!?」と反応が少し遅れてしまった。
彼の決めるゴールは、一々ゴラッソなので、全て印象に残っている。
170805-21s.jpg


新潟も攻めてくるが、悲しいかな一種の負け癖が付いてしまっているのか、焦るばかりで上手くいかない。
3月の試合でやられたこの7番のRonyと、途中で力尽きた11番のTanqueはちょっと面倒だったけれど。
170805-22s.jpg


終盤、相手も間延びしたところを、学がドリブルのカウンターで攻め込む場面が何度か。
なまじ周りが見えてしまう学さん、今日は突破からパスを選ぶも、味方に合わずに天を仰ぐ。うーん、闇が深い。
170805-25s.jpg


2-0で勝ち切って、2試合足踏みからの3試合ぶりの勝利。
最近はアウェーの方が相性が良くなってしまったかな。ホームでも勝ってほしいけれど、ともあれ、これで4位に浮上。
170805-27s.jpg


スタンドへの挨拶の際、今年は学が3番のユニフォームを着た。
勇蔵、こういうときに怪我でいない。
170805-29s.jpg



あまり良くないながらも、悪い時間帯を耐えて勝つことができた。
6月に勝ち進んでいた頃のサッカー、良くも悪くもマリノスらしいサッカー。
前半は無失点で凌いだ上で相手を走らせ、互いに間延びする後半こそが勝負、先制できたら逃げ切る。
夏場はこのサッカーが実践的で上手くはまっているのかな。
テレビで観ると面白くないかも知れないけれど、現地の蒸し暑さを肌で感じると実に納得がいく。

最近、山中の株が急上昇中な気がする。
この暑さの中でも90分間衰えない(多分)上下動に、意外にも球際で粘り強いデュエル。
そして、意外にも遠いところまで見えていて、色々な球筋で抉り込むクロス。
久しぶりに、これぞ左SBという選手が現れた気がする。
(小宮山、波戸、金井は右利きだし、復帰後のDutraと下平はあまりDFって感じがしない。)
Martinusが左に回ったときが難しいかと思ったら、意外にも気が利くサポートを見せて、結構上手くやっている。
もう少し猪武者系の選手だと想像していたので、良い意味で期待を裏切られた。

さて、そんな山中のプレーや、兵藤・河合との再会、小野やChanathip、ご当地グルメすすきのが楽しみだった次の札幌。
流石に平日の遠方アウェーは厳しいので、今回は泣く泣く遠征を見送ることにした。
昨年日本に戻ってきてから、リーグ戦は37試合連続で観戦していたけれど、ここで一度ストップ。
今年一番楽しみだったアウェーを、最悪なところに組んだJリーグの日程を恨む。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示