[Baystars] vs 中日ドラゴンズ(H) (Aug 2, 2017)

今年もYOKOHAMA STAR NIGHTを観戦することができた。
平日開催ということもあってか、チケットは割とあっさり取れた。ファンクラブ向けの先行抽選販売で。
問題は、試合開始から観戦できるかどうかだったが、ちょうど上司が夏休みを取るタイミングだったので、ほとんど監視の目がない状況で楽々と職場を抜け出すことができた。(定時というものがないので。)

ベイスターズは、最近なかなか好調。
前半戦の最後で5割の壁と貯金の壁とを続けて突破すると、後半戦もいきなり東京ヤクルトを3タテして勢いに乗った。
躍進と言われる昨年でも、最終的には借金2で終わったのが、今年の後半戦は貯金5前後できている。
阪神との2位争いが熾烈で、現実的な目標は、2位で終えてクライマックスシリーズをハマスタで開催すること。

チームが好調なので、チケットも益々取るのが大変になってきて、今季残りの週末の試合はもう大体売り切れ。
そんな中でも何枚かハマスタでのチケットを確保できたので、今年はここからシーズン最後まで野球を楽しみたい。



試合開始の1時間前にハマスタに到着。
週末の試合と遜色ないほど、すでに多くのファンで公園内がごった返していた。
170802-01s.jpg


今日は三塁側のSS指定席から観戦。
こちら側の方がチケットは取りやすいし、こういう試合では三塁側もほぼベイスターズファンなので、問題なし。
170802-03s.jpg


シートノックが始まる前に、恒例の円陣を組む。
今年のSTAR NIGHTの特別ユニフォームは、選手達が着るとああいう感じになるのね。
170802-05s.jpg


そして試合が始まる。相手の中日がビジターユニフォームだと、色がだいぶ被るな。
先日もナゴヤドームで似たようなことがあった(向こうのスペシャルユニフォーム vs 青のYOKOHAMAユニフォーム)。
170802-07s.jpg


ベイスターズの先発はWieland、すっかり頼れる先発ローテの柱になった。
3月にここで見たときはぼろぼろだったけれど、あの試合以外は全部きっちり抑えてきている。
170802-08s.jpg


1回表をゼロで抑えて、さぁ先制するぞと1回裏に入った途端、雨で中断してしまった。
今日はそんなに降らないと思っていたが、運悪く局地的な雨雲がハマスタ上空に来てしまったようだ。
170802-09s.jpg


寒くないとはいえ、雨具がろくにない状態で濡れっぱなしにはなれないので、屋根の下に避難して試合再開を待つ。
実に50分間の中断の後、19時くらいにようやく再開にこぎつけた。
170802-11s.jpg


再開してすぐの1回裏、桑原の二塁打で一死二塁の好機を迎えて、打者は筒香。
先制点の期待がかかったが、打ち損じて外野への飛球。今日は全然合ってなかったな。
170802-16s.jpg


イニング間のダンスに、DBスターマンも出てきて一緒に踊った。
ユニフォームもタオルもSTAR NIGHT仕様。個人的に、左下に映える緑色にどうしても違和感あり。
170802-17s.jpg


二度目に好機を迎えた5回裏、一死二三塁で打者は8番投手のWieland。
打率こそ低いが本塁打を1本打っているし、打点も4つあり、こういう場面では期待できそうだった。
170802-20s.jpg


期待に応えて、本当にWielandが打った!ベイスターズ先制。
生還した戸柱がベンチに戻ってハイタッチ。
170802-21s.jpg


イニングの間に皆で踊る。右は"I☆YOKOHAMA"のマスコットという位置付けのBART君。
いつの間にか定着していたけど、こいつ誰なんだろうなぁ、とずっと思っていた。
170802-22s.jpg


7回裏を迎えて、ジェット風船が上がる。
三塁側もほぼ満席。これ、平日の、しかも悪天候の試合なんだよなぁ。今の人気は凄いよ、本当に。
170802-25s.jpg


2-2で迎えた8回裏、先頭の倉本が安打で出て、1番の桑原が送る。
ベイスターズの得意の形でお膳立てをして、上位打線に好機を託す。
170802-26s.jpg


二死満塁で打席には好調続く宮崎。見事に左前に弾き返し、終盤に2点を勝ち越した。
今年のSTAR NIGHTユニフォームのワッペンは、宮崎にしようと決めた(昨年は好投した今永。)
170802-28s.jpg


そして9回表、守護神の山崎康晃が登板する。
ハマスタでは初めて体験するヤスアキジャンプ。かつての佐々木登板のときよりも盛り上がる。
170802-29s.jpg


きっちり締めて素敵なSTAR NIGHT完結、と行きたかったが・・・。
二死無走者からまさかの同点に追い付かれてしまった。完璧に打たれたというよりは、不運が続いた感じだった。
170802-30s.jpg


そして延長戦に突入。乙坂が10回裏に、先頭で気迫の内野安打で意地を見せた。
しかし、続く白崎が最悪のバント失敗(飛球+走者飛び出し)で、好機は潰えてしまった。以降、誰も塁に出られず。
170802-32s.jpg


投手陣は、まさかの延長戦突入にも動揺せず、12回表までよく踏ん張ってくれた。
田中健二朗と、この加賀の復活が嬉しい。
170802-33s.jpg


12回裏は田島に抑えられ、延長戦ではこれと言った見せ場もなく、4-4の引き分けに終わった。
雨による中断が約50分と、接戦で延長戦にもつれ込んでの引き分けで、終わったのは23時近く。長かったな。
170802-36s.jpg



勿体ない試合だった。空腹と徒労感が残った。
8回裏、最高の展開で勝ち越して、あとは守護神が抑えるだけ、という状況。
しかも、ぽんぽんと簡単に二死を取ったのに。
もう少し倉本の守備範囲が広ければ、康晃が味方を信じて打球を見送れば、桑原の送球が走者に当たらなければ。
投球がどうこうと言うより、チームとしての守備力の問題だったかな。どれか1つでも上手くいっていればな。

結局、今日の試合では、勝ちパターンと接戦の救援投手を、全員継ぎ込むことになってしまった。
救援投手陣は、全体的に疲れが隠せなくなってきている気がする。
康晃と三上が特に多く投げていて、三上は今日は大丈夫だったけれど、最近はだいぶ厳しくなってきている。
勝つためにはどんどん継ぎ込まなければならないが、登板過多で潰れてしまうのは見たくない。
月並みだけれど、中6日もらっている先発投手が少しでも長く投げて、打線が大量得点で投手を楽にする。
(そして、たまには、序盤で敗戦濃厚になって、敗戦処理の救援投手だけで済ませる日があっても良い。)

試合が長引いたために、試合後の演出がなく、今日はあまりSTAR NIGHTという感じがしなかった。
昨年は、勝ち試合ということもあって、初めてのSTAR NIGHTの演出に感動したのだけれど。
仕方ない、来年に期待だ。来年もYOKOHAMA STAR NIGHTやるよね?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示