FC2ブログ

[Baseball - U.S.A.] Los Angeles Dodgers vs Los Angeles Angels (Aug. 2, 2015)

昨年8月、Los Angelesから引っ越す直前に、またDodgersの試合を観に行ってきた。
3ヶ月ほど、どこにも遊びに行けない忙しい日々が続いていたので、解放感に満ち溢れていた時期だった。
ただし、すぐにNew Yorkに引っ越さなくてはならなかったので、のんびり旅行している余裕もなかった。
そこで、Los Angeles生活の締め括りに丁度良いと思い、AngelsとのLos Angeles対決(Free Way Series)を選んだ。

この年の5月にMiami Marlinsとの試合を観て以来、しばらくDodgersの試合の結果すらろくに見ていなかった。
その間も、ライバルのSan Francisco Giantsと競りながら、どうにかNational League西地区の首位を守ってきた。
ただ、KershawGreinkeの2枚看板以外、先発投手がなかなか揃わずに困っていたようだ。
それで、7月末のトレード期限の間際に、先発投手2枚の獲得を含む大型トレードに打って出たようだった。


12時30分頃に、Dodger Stadiumに到着。
8月のデーゲームは、南Californiaの強烈な太陽の下で行われる。かなり日焼けする。
150802-02s.jpg


今回は2階席から観戦する。
1階席は、Free Way Seriesゆえとても値上がりしていて、ちょっと手が出せなかった。
150802-04s.jpg


今日はスポンサーの提供で、来場者にDodgersの帽子を配っていた。
MLB公認のグッズではない(※MLBのロゴの代わりにスポンサーのロゴ)けれど、前から見ると本物と遜色ない。
150802-05s.jpg


国歌斉唱をベンチ前で聞く、Dodgersの選手達。
背番号と名前をぱっと見て、知らない選手が増えた気がする。
150802-08s.jpg


暑くてしんどいなと思う中、試合開始を迎える。
Angelsは赤のユニフォームで、何だかUCLA vs USCのような、Los Angelesを二分する青赤対決の雰囲気がある。
150802-10s.jpg


Dodgersの先発は、先日の大型トレードでMarlinsから移籍してきたLatosという投手。
故障で昨年は登板機会がなかったけれど、その前の4年間で3回も14勝を挙げていて、復活が期待される。
150802-11s.jpg


Angelsの3番Troutと4番Pujolsは脅威。今季も既に、2人とも30本塁打を超えている。
今日の試合では、この2人を抑えることができて、それが勝因だったと思う。
150802-13s.jpg


Dodgersの主軸は、3番のGonzalezで、自分と同じ年(当時33歳)。
今季は序盤に驚異的なペースで打っていたが、段々と尻すぼみになって、いつの間にか打率も3割を切った。
150802-14s.jpg


MLBに限らず、アメリカのスポーツの試合には、軍人が招待されて、観客から盛大な拍手を送られる。
日本の自衛隊では、こうはいかないだろうな。軍隊の社会的な地位というのが、だいぶ違う。
150802-15s.jpg


これはグラウンド整備の様子。
日本のようにトンボをしゃかしゃか動かすのではなく、こうやって大きなブラシを引いて歩く。
150802-17s.jpg


Angelsの投手が一塁に牽制。一塁手はPujols。
投手が投げにくそうにしていて、何度か牽制があるなと思い、シャッターチャンスを待っていた。
150802-19s.jpg


3回裏、2番のKendrickの2点本塁打で先制。
ぎりぎりまで追い掛ける中堅手のTroutの頭上を、わずかに越えてバックスクリーンへ。思ったより飛びました。
150802-20s.jpg


先発のLatosは、6回を1失点(4安打1四球)に抑えて降板。
強力と言われるAngels打線、特に中軸のTroutとPujolsを封じたのは素晴らしかった。
150802-21s.jpg


7回の7th Ininng Strectchで、"Take Me Out to the Ball Game"を歌う。
球場ごとに地元チーム向けにアレンジがあって、Dodgersバージョンは今日で聞き納めになってしまうな。
150802-22s.jpg


ここから、試合は両チームの救援投手陣がぴりっとせず、終盤に点の取り合いになる。
これは、代打のGuerreroが死球を受けた場面。よくこんな写真を撮れたな。
150802-23s.jpg


試合の決着は、10回裏、Dodgersの4番のEthierが、Angelsのブルペンに突き刺さる本塁打を放ち、サヨナラ勝ち。
彼も自分と同じ1982年生まれ。そして、今日はサヨナラ本塁打=Walk Off Homerunを含む2本塁打。素晴らしい。
150802-26s.jpg


試合後のヒーローインタビューを受けるEthier。
これはテレビ向けのようで、日本のように場内への音声はなし。残念。
150802-27s.jpg


試合の帰り、友人と待ち合わせて、Lawry'sで夕食にする。
プライムリブが有名なレストランで、行ったことないけど東京と大阪にも支店があるみたいね。
150802-29s.jpg


創業時から同じ作り方の"special salad"と言われた。
まぁ、これは至って普通のサラダ。これから食べる肉を考えると、ちょっと量が多い。
150802-30s.jpg


切り方が肉の厚さによって5段階ある内の、真ん中の"Lawry's Cut"にした。
さすが柔らかくて美味かった。アメリカに来てからは、一番の肉だったかな。
150802-31s.jpg



劇的な幕切れだった。
そして、Dodgersの試合を観戦して6試合目で、ようやく勝ち試合を見ることができた。
正直に言って、KershawでもGreinkeでもない投手が先発すると知って、「今日もだめかな」と思っていた。
予想を裏切り、先発のLatosは好投した。しかし、後ろのリリーフ投手がどうにもぴりっとしなかった。
まぁ、それでも、勝てて何よりだった。

この年も、Dodgersはレギュラーシーズンでは強さを見せて、当然のようにプレーオフに進むことができた。
しかし問題は、前年に引き続き、その舞台でどう勝つか、ということだった。

KershawとGreinkeは凄いのだけれど、それに次ぐ3番手の先発投手が出てこなかった。
しかも、Kershawはなぜかプレーオフになると打たれるから、大舞台に強い頼れる投手がほしかったところ。
あと、ぐだぐだなリリーフ陣も、接戦になると怖い。昔はGagneのような絶対的なストッパーがいたのにな。

それから、ただ打つだけという打線も考え物。短期決戦の接戦では、何か工夫がないと、あまり得点を期待できない。
超俊足で切り込み隊長に最適なGordonを放出してしまったことが残念。
しかも、Gordonは移籍先のMiami Marlinsでブレイクし、2015年の首位打者と盗塁王を獲得した。
入れ替わりに入団したRollinsとKendrickの微妙な成績と比べて、何とも悔やまれる。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示