FC2ブログ

[Marinos 2017] vs 大宮アルディージャ(A)(J1-17)

NACK5スタジアム大宮、マリノスにとっては結構な鬼門。
そもそも大宮との相性が良くないが、ホームでは時々勝てるのに、ここのアウェーではほとんど勝ってない。
2014年に勝ったときは自分は日本にいなかったので、自分自身はここでリーグ戦で勝ったのは見たことがない。
(同じく個人的に勝ったことがないのは、J1では他にビッグスワン、キンチョウスタジアム、ノエビアスタジアム。)

そんな鬼門のアウェーに乗り込もうというとき、対戦相手の大宮が息を吹き返してきた。
開幕から全然勝てなくて最下位にどっぷりだったのが、6月の監督交代から急に勝ちだした。
前節を終えて3連勝で15位に浮上し、これから秋に向けて、残留争いをかき回す大宮の季節が来てしまった。
もう少し早く当たっておきたかったと、日程を少し恨む。

この試合、そんな悪条件の中で、マリノスにとっては連勝の勢いが本物か否かが試される。
前半戦最後の試合、チケットを無事に確保して、雨の備えもして、大宮までプチ遠征に出掛けた。



少し用事があったので、家を出たのは15時近く。
遅くなった昼食を、五反田の肉屋系レストラン「ミート矢澤」で。
170701-01s.jpg


「フレッシュハンバーグ」のLargeサイズをミディアムレアで。
個人的には、こういう和風ハンバーグとか和風ステーキというジャンルが大好き。
170701-02s.jpg


キックオフの1時間前くらいに、NACK5スタジアムに到着。
心配された雨は降りそうになく、晴れ間さえ見える観戦日和になってきた。
170701-03s.jpg


チケット発売日に頑張って確保したビジター指定席。
ただでさえビジターチームへの席の割当てが少ないのに、今年からさらに3分の2くらいに減った。非常に宜しくない。
170701-04s.jpg


だいぶ端っこの席だったので、左側は壁があって、マリサポが陣取るゴール裏が部分的に見えなくなる。
でも、大きな声援はよく聞こえた。連勝の勢いもあって、今日も元気があった。
170701-06s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
サポーターの近くで、ということではないだろうが、目の前でランニングとストレッチが行われた。
170701-07s.jpg


大宮のスタメン紹介から、今年もマリサポに大人気だった長谷川さん。
スタメン出場どころか途中出場もなく、いじることができずに残念。
170701-08s.jpg


今年は白のセカンドユニフォームで。
昨年はセカンドユニフォームがピンクで使えず、ファーストユニフォームをベースに上から下まで青で臨んだっけ。
170701-09s.jpg


大宮の左SHの大前に対して、学と金井が挟むように奪いにいったが、上手くかわされてしまった場面。
前線の迫力を欠く大宮に対しては、軽率な守りのミスさえなければ大丈夫と思ったが、意外と面倒くさかった。
170701-10s.jpg


大前のようなドリブラーも厄介だが、江坂のような巧みな動きで守備を外してくる選手も苦手。
マリノスの守備が堅いとはいえ、それでも1試合に何回かは対応が遅れてしまうことがあるので。
170701-12s.jpg


勇蔵は負傷離脱、Milosは代表帰りということで、先週の神戸戦で勝利に貢献した朴正洙が今日もスタメン出場。
外国人枠の関係で、Babunskiがベンチ外となった。彼も代表帰りとはいえ、使えないのは勿体ないな。
170701-13s.jpg


0-0で迎えたハーフタイム、ベンチ入り選手達がウォーミングアップを行う。
喜田が怪我明けでベンチ入りも、現状はマチと扇原が良いので使いにくい。競争が厳しくなってきたね。
170701-14s.jpg


ミーヤがビジター指定席のマリサポのためにポーズを取ってくれた。
今日はマリノスケもNACK5スタジアムに来ていたはずだけれど、姿を見ることはできなかったな。
170701-15s.jpg


後半、マリノスはこちら側に攻めてくる。
今日の攻撃は3トップが中心で、マチと金井がやたらと絡み、天純はバランスを見つつ後方支援という感じだった。
170701-16s.jpg


3トップの連携から、Martinusが右足で強いシュートを突き刺した。
今日は前半あまり存在感がなかったが、後半は良かった。好調が続く中、しばらく代表で離れるのは残念。
170701-17s.jpg


先制した後、その勢いを持続させる中で、山中の鮮やかなミドルシュートで追加点。
2-0になった後は、流石に少し引き気味になった。マリノスは引いても堅いから大丈夫だろうと思っていたが――
170701-18s.jpg


1点を返されてさらに攻勢に出られて、ちょっと危なっかしい展開になった。
ただ、そこでパニックに陥るのではなく、落ち着いて自分達の時間も作りながら、逃げ切りを図った。
170701-19s.jpg


先週の神戸戦のように、もっと危なげなく逃げ切ってほしかったが、ともかく逃げ切って2-1で勝利。
この鬼門のスタジアムで、普通の試合をして勝ち切ることができたのは素晴らしい。
170701-22s.jpg


ボンバーはリーグ戦で140試合連続となるフル出場。これはフィールドプレーヤーではJ1新記録。
偉大な記録を勝利で飾ることができて良かった。
170701-24s.jpg


チームから自信と良い雰囲気を感じる。
GW前後のどん底状態から、変われば変わるものなんだなぁ。
170701-25s.jpg



前半、あまり大宮らしからぬ、攻守に積極的に前に出てくるサッカーに、少し戸惑ったか。
なかなかボールが足に付かず、攻撃がミスで終わって攻め込まれる場面も多かった。
大宮にもう少し攻撃の質があれば、今日も鬼門のNACK5スタジアムになるところだった。
その意味で、前半を我慢しながら修正し、0-0で後半に仕切り直せたのは良かったと思う。

攻撃が繋がるようになり、目の覚めるような2得点を、幸運にも目の前で見ることができた。
ただ、2点ぽんぽんと取れて、「今日もこれで勝った」という雰囲気になったか。
大前を下げてCBの菊池を投入するという、大宮の一見謎な采配に対応できず、ずるずると単純に引いてしまった。
Hugoのスタミナ切れもあって、大宮の攻撃の組立てに全くプレッシャーを掛けられなくなったな。
日産スタジアムならともかく、ここでは悪魔に魅入られたような失点もあるから、最後まで怖い。

Martinusや山中は、試合前やハーフタイムのシュート練習を見ていて、最近はキックの質の良さに感心していた。
なので、FC東京戦の天純の右足ゴールのとき程には、信じられないような驚きはなかった。
逆に、シュート練習から見ていて心配になるのは、やはり学。
好調なときの「相手を外す」動作がなく、力任せに蹴っている感がある。ちょっと重症。何かきっかけが欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示