[Marinos 2017] vs 清水エスパルス(A)(J1-13)

IAIスタジアム日本平、いわゆる日本平スタジアム。
チームとして相性が良く、自分が本格的にマリノスを応援し始めた2009年以降、リーグ戦では4勝3分け。
過去に自分がマリノスの試合を観に行ったのは、カップ戦も含めて6回で、2勝4分けで失点が一度もない。
個人的には、行けば必ず勝ち点を(最低1は)もらえて、かつマリサポの嫌いな失点が極めて少ないという印象がある。

清水駅や静岡駅の近辺には、アウェー遠征の楽しみである美味い飲食店も多い。
自分のお気に入りは、試合前なら清水駅近くの「河岸の市」、試合後なら静岡駅近くの「うみぼうず」。
他にも、静岡出身の友人には、清水駅近くの「末廣鮨」をお勧めされている。
ちょっとお高いけれど、2013年は奮発してあの店で昼食にしたら、直後の試合で5-0と大勝した。

そんなアウェー清水戦は、いつも遠征を楽しみにしている。
2015年は自分が日本におらず、昨年は清水がJ1にいなかったので、個人的には3年ぶり。
チーム状況がこんなで、今年はアウェーの戦績も悪いけれど、今日は朝から割と気分上々だった。



清水駅で降りて「河岸の市」へ。2014年まで清水遠征の際にはよく訪れていた「みやもと」。
着いたのは11時30分くらいだったけれど、マリサポ含む待ち人が多く、入店するのにえらく時間がかかった。
170527-01s.jpg


日替わりメニューとして出ていた「生本マグロ丼 大とろ乗せ」。手前左側が大トロ、右側が赤身、奥が中トロ。
レギュラーメニューとして提供されているのは解凍ものだけれど、そちらを注文している人が多かった。
170527-02s.jpg


スタジアムへの移動は少し遅めになってしまい、キックオフ30分前くらいにようやく到着。
ちょうどスタメン発表が行われているタイミングだった。
170527-03s.jpg


Aゾーン席のメインスタンドのアウェー側へ。
自分が座った、ペナルティエリア横の通路より前の一帯は、素晴らしくマリサポだらけだった。
170527-04sa.jpg


今日のスタメンはこの11人。
学が怪我の影響で欠場し、カップ戦に出場したHugoとBabunskiもベンチスタート。
170527-06s.jpg


キックオフ直前の、アウェー側ゴール裏。2階席も1階席も、3分の2くらいがマリサポだったかな。
比較的近くて、色々と楽しみのある清水なので、今後もっと多くのマリサポに駆け付けてもらえたら良いな。
170527-07s.jpg


前半開始早々の、右サイドでの松原(健)と松原(后)とのマッチアップ。
抜かれることはあまりないのだけれど、クロスを許した回数が多かったのが気になる。
170527-08s.jpg


今日も何だかふわっとした試合の入り方で、いきなりセットプレーから決定機を献上。
「なぜ外してくれたのだろう?」という不思議な場面だった。
170527-09s.jpg


先制点は松原の移籍後初ゴール、というかプロ初ゴール。
控えめながら力強いガッツポーズが気に入った。「左足も良いもの持ってるじゃん!」と感心した。
170527-10s.jpg


今日は主に左WGだったMartinusと金井による左サイドの守備。
清水のTiago AlvesやMitchell Dukeが度々流れてきて、身体能力の強さを活かした攻撃をされて厄介だった。
170527-12s.jpg


ハーフタイムに少しスタンドをうろうろ。
バックスタンドの向こうに富士山が見えるこの景色が大好き。ホーム寄りじゃないと見えないけれど。
170527-13s.jpg


清水のマスコットには、「パルちゃん」と「こパルちゃん」2匹とがいる。(もう1匹、女の子っぽいのも?)
パッと見では区別が付かず、背番号0が「パルちゃん」で、背番号12が「こパルちゃん」。他に何か違いあるのか?
170527-14s.jpg


清水との対戦では恒例の、両チームのチアリーダーによる共演。
今日はマーメイズの方が人数が多かったような。こんなところでも、ホームの意地が感じられない・・・?
170527-16s.jpg


1-0で後半のキックオフを迎える。
仙台戦の二の舞はだめ。たとえ内容が上向かなくても、せめて甲府戦のように勝ち切ろう。
170527-17s.jpg


カウンターの場面ではMartinusの左WG起用が活きた。
右だと縦に抜けた後に内側へ向かうところでもたつくが、左だと突破した勢いのまま結構良いクロスを入れてくれる。
170527-20s.jpg


前半途中から伊藤の負傷により出場したHugo。
カップ戦にフル出場から中2日で、最後までもつかなと心配したけれど、後半素晴らしい働きをしてくれた。
170527-21s.jpg


後半途中から勇蔵を投入して5バックにしたこともあり、重心がだいぶ低くなってハーフコートに押し込まれた。
SBは外側でクロスを防ぎ、クロスが入ってもCBが跳ね返す、という役割分担は安定したが、如何せん攻められすぎ。
170527-22s.jpg


いつ追い付かれてもおかしくない苦しい展開に、後半ロスタイムのHugoの2点目で決着を付けた。
縦に抜けるスピードはないので、カウンターには不向きながら、ゴール前まで行ければシュートはやはり上手い。
170527-23s.jpg


Hugoの2得点もあり、苦しみながらも3-1で勝利。
今日は初めてここで失点したけれど、やはり日本平では負けなかった。
170527-25s.jpg


ヒーローインタビューを終えて、Hugoがスタンドに挨拶しに回ってきた。
勝つとやたら円陣をやりたがったり、万歳の代わりにお辞儀したり、なかなか面白いやつだと思う。
170527-27s.jpg



やはり日本平では相性が良い。
試合内容は決して褒められたものではないけれど、何だかんだ3点も取って勝つことができた。
1点失ったのは気分が良くないけれど、あれだけ攻められて1失点で済んだことが、やはり相性の良さなのだろう。

チーム状態が良くないところに、学が欠場、伊藤が前半途中で交代という厳しい要素が重なった。
しかし、それがこの試合では吉と出てしまうのだから、サッカーは分からない。
左利きのMartinusが左サイドに入ったことで、スピード突破からのクロスという攻撃パターンが生まれ、クロスに点で合わせるのが上手いHugoがトップに入ったことで、美しいボレーシュートの決勝点が生まれた。
得点に至らなかったけれどもう1つ、MartinusからHugoという同じ形の惜しい場面があった。
今後、学が戻ってきても、学とMartinusがポジションチェンジすることで、新しい攻撃のオプションになるか。

試合のハイライトだけ振り返れば、Martinusの新しい役割とHugoの2得点とが光るものの、試合を通して見れば、清水の好守にわたる詰めの甘さに助けられた結果の3-1だったと見るのが正しいのだろう。
何せ15本もシュートを撃たれ、CKも9本献上した。普通なら3、4点取られていてもおかしくない。
それが、飯倉の好セーブがありつつも、不思議なくらい清水が決定機を逃し続けてくれた。4月の広島戦のように。
いや、広島は前線の選手が今一つだったけれど、清水には鄭大世やTiago Alvesら決定力のあるFWがいる。
ゆえに、あれだけ点を取られそうで取られなかったのが不思議。それが相性というやつか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示