FC2ブログ

[Marinos 2017] vs ガンバ大阪(H)(J1-09)

浮かないGWが始まった。
昨日は少々仕事をして、今日は一日休みを確保できた。
旅行の予定はキャンセルして、今のところ明日以降はカレンダー通りに休みの予定だけれど、事態はとても流動的。
家から新横浜に向かう道すがら、「これから旅行!」みたいな人々を見ると、無性に腹立たしくなってくる。

取り合えずは大人しく仕事の方の要請に従っておいて、他のところで穴埋めできるようにしたい。
今後いくつあるか分からないけれど、水曜の試合を観に行きやすくするとか、夏休みを確実に取るとか。
今回行きたかった旅行は、場所は変わるかもしれないけれど、秋の3連休に1日休みを加えて4連休にして少し遠くへ、というのを2回くらいできれば良いかな。ルヴァン杯の勝ち上がり次第かね。

まぁともかく、旅行にも行けない、試合にも行けない、という死にたくなるような状況は全力で回避したい。



試合は夕方からなので、ゆっくり昼食にしてから。綱島の「らっきょ & Star」へ。
今年は新規開拓の割合を抑えて、定番の店に何度か足を運んで、季節の料理を試す機会を増やしたい。
170430-01s.jpg


季節のスープカレー、「春」は「厚切り豚ロースの西京味噌焼きと春野菜のスープカレー」。
前回、開幕の浦和戦のときに「冬」を食べてからわずか2ヶ月、だいぶ暖かくなったなぁと思う。
170430-02s.jpg


目安のキックオフ3時間前よりも少々早く、日産スタジアムに到着。
開門待ちに並ぶには、少々暑いくらいの陽気だった。
170430-03s.jpg


概ねいつもの席から。今日は妙に眠かったので、試合に備えてお昼寝。
たまには違う場所も良いけれど、試合への熱気と撮影のしやすさから、この場所がベストになるので動けない。
170430-05s.jpg


今日のピンバッジは、大阪名物のたこ焼き。
ルヴァン杯のものも合わせて、段々と溜まってきたのだけれど、揃えたものをどうやって保管しようか。
170430-06s.jpg


アウェー側ゴール裏のガンバサポーター。諸事情により横断幕など小道具なしで。
得てして、こういうときは声による応援の気合いが増すもの。今日はだいぶ向こうのチャントにも迫力があった。
170430-08s.jpg


ぽかぽか陽気の中でウォーミングアップ。
U-20ワールド杯のメンバー入りが濃厚な渓太には、2014年に学を送り出したときと似たチャントが贈られた。
170430-09s.jpg


今週、マリノスのホームタウンに大和市が新たに加わり、大和市長が報告と御礼の挨拶を行った。
彼はまだ控えめに、大和の名をチーム名に加える要望は口にしなかった。
170430-10s.jpg


ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。GWのガンバ戦にしては、期待した程に客入りは多くなかった。
折角の書き入れ時なのに、露出度とインパクトの低い半端なプロモーションで失敗した印象。
170430-11s.jpg


ここからは試合の写真。
じわじわと押し込んでくるガンバに対して、学が下がって対応する場面が多かった。
170430-13s.jpg


ルヴァン杯から中3日で連続スタメンのBabunskiは、上手さは随所に見せるも、あまり見せ場はなかった。
現状はサイドで攻撃が行き詰まることが多いので、なかなか彼に良い形でボールが入ることも少ないが。
170430-14s.jpg


これと言った盛り上がりもなく前半が終了。
ハーフタイムに、特に紹介もなく紛れ込んでいたウルトラマン達が、さりげなくグラウンドを一周。
170430-16s.jpg


で、後半。右サイドから何度かチャンスを作れるようになったが、ゴール前の密集地帯を破れず。
時間がかかってしまうから、ペナルティエリアにボールを運んでも、フィニッシュに持ち込むのが難しい。
170430-18s.jpg


例によって、段々と押し込まれる時間が長くなってくる。
今のマリノスは堅守とは言い難く、カウンターも鈍くなっているから、こういう展開は実に厳しい。
170430-19s.jpg


打開しようとベンチが動く。伊藤とBabunskiからHugoと扇原に2枚替え。
守備のバランスを考えてのことだったろうが、Babunskiが早々に退いたのは結果的に裏目だった気がする。
170430-20s.jpg


右サイドをあっさり破られ、ゴール前もなぜかすかすかで、先制点を献上してしまった。
概ね粘り強く守っていたのが、このときばかりは不思議なくらい粗末な守備だった。
170430-21s.jpg


反撃に出たいが、なかなか効果的な攻撃を繰り出せない。
幸運にもセットプレーの機会には何度か恵まれたが、今日は天純から良いボールが入らず。
170430-23s.jpg


今日は無駄にこねない、比較的良いMartinusだった。
もう少しクロスの精度が良ければ何か起こせたかな。特に右足、もうちょい練習してね。
170430-24s.jpg


終盤の猛攻、という程のこともできず、不完全燃焼のまま0-1で敗戦。
リーグ戦は内容が乏しいままの連敗となった。昨年と同様、(勝ち点の)大型連休に突入してしまいそうな気配が漂う。
170430-25s.jpg


こんな試合の後は、どうしても学の姿を追ってしまう。
コンディション不良か、マークが厳しいのか、10番とキャプテンの重圧に負けたのか、最近全然だめだな。
170430-26s.jpg



最近よくある、1点差での負けだけれど、点差以上に厳しさを感じる敗戦だった。
とにかく攻撃が形にならない。現状、学がだめだと、ほぼ全部だめ。
攻撃が続かず、簡単にボールを失い、相手が余裕を持って攻撃に注力してくる。
ここ数年、少しずつ守備の耐久力が落ちているマリノスは、攻められ続けると最後までもたない。
カウンターのチャンスは残るはずが、それも上手くいっていない。良いときのMartinusくらい。

先制できれば、広島戦のように守り切ることもあるけれど、先制されると攻撃のネタが少ないのでお手上げ。
昨年の後半に見せていた、先制されるが反撃に転じて追い付く不思議な反発力が、いつの間にか消えた。
最近は、試合の序盤はテンション高く押し込むが、押し返され段々と形成が悪くなることが多い。
戦術が云々という以前に、苦しいときにこそ戦える、心身共にタフな選手達が見たい。

どうも何か色々と、サッカーが窮屈になって、自分で自分の首を絞めているような印象を受ける。
パターンの決まった攻撃に、パターンの決まった選手交代。柔軟性がなく、相手はやりやすいと思う。
ファンは見守るしかないとはいえ、こういう試合が続くと、どうしてもフラストレーションは募っていく。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示