[Marinos 2017] vs アルビレックス新潟(H)(J1-04)

第4節にして早くも3試合目のホーム試合。
スタジアムにいる時間は、席取りのため先行入場するホーム試合の方が、大抵指定席を買うアウェー試合よりも長くなるから、まだ寒い3月にホーム試合が集中するのは、個人的にはあまり嬉しくない。

クラブとしては、新しいマリノスをアピールするのに、良い日程になっていたのかな。
開幕戦で4万人の観衆の前で浦和を破り、第2節で札幌に大勝した。しかも新戦力のBabunskiとHugoが派手に得点に絡んでいる。注目度ではスタートダッシュを切ることができた。(鹿島に負けたのは注目度の低い金曜だったのでセーフ。)
そして、またすぐにホーム試合がやってきて、相手は残留争いの常連である新潟。
願わくば、これをまた派手に叩いて、ホームで強いマリノスをアピールしたい。そしてお客さんを呼びたい。
・・・それが出来れば苦労はない。



先週、先々週と2週連続で寒いナイトゲームだったのが、今週はまたデーゲームに戻った。
いつも通り、キックオフの3時間前くらいにスタジアムに到着。
170318-01s.jpg


例によってこの辺から。
この時期は、キックオフを待つ間の日差しがありがたい。
170318-03s.jpg


早くも3つ目の来場記念ピンバッジ。
新潟は日本一の米どころなので、このデザインは簡単に予想できた。
170318-04s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
前節を怪我で欠場した学がメンバー入りした。大丈夫かな。
170318-05s.jpg


新潟サポーターと新潟のスタメン。
千葉を経て今季から新潟の富澤は、怪我なのかベンチ外だった。とても残念。
170318-06s.jpg


ゴール裏のマリノスサポーター。
前売りが1万8000万枚くらいと低調だっただけに、2階席はだいぶ空席が目立つ寂しい客入り。
170318-09s.jpg


ここから試合の写真を。
今季も新潟は緑色のセカンドユニフォーム。なんかこう、「新潟」って感じがしなくて違和感がある。
170318-12s.jpg


自陣で守備に回る学。
今日は怪我の影響か、プレーに開幕戦や第2節のようなキレがなく、周囲の期待に応えられなかった。
170318-13s.jpg


整備された新潟の守備を攻めあぐねる中、右から切り込んだMartinusが鮮やかなミドルシュートが突き刺さした。
逆サイドの学と比べて強引なプレーが目立ち、評価が難しい選手だけれど、こうして得点に絡めることは重要。
170318-14s.jpg


初スタメンのHugoは、積極的にボールを追い掛けて前線の守備に参加してくれた。
まだ後ろとの連動が不十分で無駄走りになることが多いけれど、そういう姿勢を見せてくれることは心強い。
170318-15s.jpg


信じられないような失点で追い付かれ、1-1で前半を終える。
ハーフタイムに沢山のピカチュウさん。「025」はできれば「045」にしてほしかった。
170318-16s.jpg


後半はこちらのゴールに向かって、勝ち越し点を狙って攻める。
天純のセットプレーは、それなりに精度はあるけれど、まだ怖さが足りない気がする。もっと出来るはず。
170318-19s.jpg


学が本調子でなくマークも厳しいためか、Martinusが右から仕掛ける場面も多かった。
しかし、2人掛かりで対応されても無謀に突っ込んでいくことが多く、ボールを失うことが多かった。
170318-20s.jpg


Babunskiがドリブルしながら勝負のパスを狙うところ。
彼がこうやって中央で決定的な仕事をする機会が、前節も今日もなかなか見られなかった。
170318-21s.jpg


90分間プレーさせるのがかわいそうに思えるほど、今日の学は厳しいプレー内容だった。
代表ウィーク明けには、開幕戦のようなキレキレの状態で戻ってきてほしい。
170318-24s.jpg


後半はほぼ一方的に攻め立てるも、なかなか決定機を作るには至らず、1-1のまま終了。
怪しい判定を連発した審判団に対し、苛立つゴール裏からブーイングが飛んだ。
170318-25s.jpg


Martinusよ、スピードとシュート力は素晴らしいのだけれど、チームのためもうちょっと頭を上げて周りを見ておくれ。
まだ自分のことで精一杯な感じの松原と、動き回り配球役となる隣の人との連携も磨いてほしい。
170318-27s.jpg


試合後は関内に移動して、「炭火焼鳥あずま」で夕食にする。
入口近くの席で飲み食いしていたら、飛び込みのお客さんが何度も何度も予約一杯で断られるのを聞いた。
170318-29s.jpg


3月は鍋料理もやっているようだけれど、さほど寒くなかったので、串を中心に注文する。
これは「白レバ」と「もも」。串の種類が結構あって、全部で10本くらい食べたかな。
170318-31s.jpg


〆はちょっと重いけれど親子丼で。
「焼鳥屋の親子丼は美味しいはず」という持論に基づき、親子丼の質が高い焼鳥屋をずっと探している。
170318-33s.jpg



残念な試合だった。
今季未勝利の新潟を相手に、ホームでほぼ相手を封じながら、攻めきれず引き分け。
1点しか取れなかったこと、しょうもないミスで1点を失ってしまったこと、どちらも強く悔やまれる。
選手達の頑張りは否定しないけれど、この結果は受け入れ難い。

この試合、カウンター対応を含めた守備の点では、特に綻びは見られなかった。
前半、ファウルの多い松原の守備に若干の不安を覚えたくらい。
問題はやはり攻撃面にあった。

頼みの両翼は、Martinusのゴラッソ以外はほぼ沈黙してしまった。
学はコンディション不良だった上に、相手右SBの矢野の身体能力(と少々の狡猾さ)に手を焼いた。
Martinusは悪いときの癖というか、ボールしか見ていなくて周りを上手く使えない。
相手が両WGへの守備の手当てを徹底していたこともあり、その分、中央に付け入る隙があるように見えた。
Babunskiと天純、そして今日は中町。この辺の絡み、特に高い位置での絡みがあまり多くない。
最初からサイド攻撃ありきではだめで、Babunskiらの高い技術を活かした中央の攻撃も見せないと。

代表ウィークでの中断期間中、コンディションの向上とともに、その辺も高めていってほしい。
・・・と思ったら、BabunskiとMilosと渓太が不在なのか。うむむ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示