FC2ブログ

[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu 7話

Peruの国土は、地理的な特徴から大きく3つに分かれる。
LimaやNascaのような太平洋の沿岸部、CuscoMachu PicchuのあるAndesの山岳部、それから山岳部の向こう側(東側)に広がるAmazon熱帯雨林。Peruと聞いて最も連想しにくいであろうAmazon熱帯雨林が、面積では実は最も広い。
今回の旅行では、前半に太平洋沿岸部、後半に山岳部を訪れたことになる。

山岳部では、日本ではあり得ないような高地に都市があるため高山病のリスクがあることを、前回の記事で書いた。
それだけでなく、沿岸部から山岳部に移動すると、気候の違いもだいぶ大きかった。
30℃を超えて太陽が照り付けるNascaと、15℃前後でしばしば雨に見舞われるCuscoとでは、体感がまるで違った。

そして、旅行でこれらを一度に訪れるとなると、持って行く服装がなかなか悩ましい。
今回はあまり荷物を増やしたくなかったので、長袖のシャツを何枚か持って行って、沿岸部では袖まくりして使った。
しかし、沿岸部にも山岳部にも対応しきれず、Nascaでは汗かいて日焼けして、Cuscoでは寒さに震えることもあった。
この急激な変化が、(高山病だけでなく)お腹の不調の原因だったのかも知れない。
少し荷物が嵩張っても、それぞれの服装の備えをして行くべきだったかな。



前回の続き、6日目の午前、サント・ドミンゴ教会(Iglesia de Santo Domingo)を訪れたところから。
ここも一種のコロニアル風の建物らしく、中庭を囲む造りになっている。
141225_05s.jpg


2階から市街地の方を見下ろしたところ。
元々はInca帝国の重要な神殿(太陽の神殿=Qorikancha)だっただけに、敷地は結構広い。
141225_06s.jpg


サント・ドミンゴ教会を後にして、入り組んでいる細い路地を歩く。
観光客向けのツアーや土産物の店、それから住民向けの雑貨屋、洗濯屋、インターネット屋など、色々あった。
141225_10s.jpg


階段で丘に登っていく。
標高3400mの空気の薄さは半端なく、今まで経験したことのない酷い息切れが・・・。
141225_11s.jpg


町外れの小高い丘にある教会(名前は忘れた)に着いた。
距離は短いのだけど、ここまで来るのにだいぶ疲れた。
141225_12s.jpg


赤茶色の屋根瓦が統一されている、Cuscoの歴史地区(Centro Historico)を見下ろす。
ぽっかり空いているところが、アルマス広場(Plaza de Armas)。
141225_13s.jpg


午後の予定まで少し時間があるので、アルマス広場にあるスタバに寄ってみた。
店の雰囲気は、日本やアメリカで見たことがある店と同じ感じ。
141225-15s.jpg


お土産に良さそうなものを見付けた。こういう御当地マグや御当地タンブラーが、世界各国にあるらしい。
世界規模のブランドであるスタバだから出来ること。今後、新しい国に行ったら、これをお土産にして集めたい。
141225-16s.jpg


午後は、マイクロバスでCusco近郊の遺跡を巡る現地ツアーに参加する。
まずやってきたのは、サクサイワマン(Sacsayhuaman)という、要塞のような神殿のようなInca帝国の遺構。
141225-18s.jpg


向かい合う2つの丘に、それぞれ石造りのIncaの遺構がある。
ツアー客が集中する時間帯なのか、混み混みしていてちょっと閉口した。
141225-19s.jpg


石組みは、粗いものから精緻なものまで、色々だった。
天上・地上・地下というIncaの3つの世界観を表すため、3階層の造りになっているそうだ。
141225-21s.jpg


人が来ない端っこでは、羊が放牧(?)されていた。
一応、世界遺産とされている遺跡の中で放し飼いとは、なかなか大胆なり。
141225-22s.jpg


片方の丘の上から、もう一方を見下ろす。
結構高さがあって、案の定、登るのに息切れした。
141225-24s.jpg


同じ丘の上から、反対側、Cuscoの市街地の方を見下ろす。
こうやって一望できる場所に造られた遺構は、やはり重要な施設だったのだろうな。
141225-25s.jpg


ツアーは、Cuscoから奥の方、標高が高くなる山の中の方へと進んでいく。
次は、ケンコー(Qenqo)という遺跡を訪れる。
141225-26s.jpg


ここもIncaの祭礼場か何かのようで、サクサイワマンとは異なり、大きな岩をくり抜いて祭壇を作っている。
鈴なりに人が集まっているのは、各ツアーの参加者が、ガイドの説明を聞いているところ。
141225-27s.jpg


大きな岩の中がくり抜かれて、通路だか祭礼に使うんだか、とにかく中に入れる。
ツアー客が多くて、渋滞を起こしているくらいだったので、ちょっと雰囲気がなかったが。
141225-29s.jpg


3番目はプカ・プカラ(Puka Pucara)という砦のような遺構。
門の左に写っているおばちゃんのような物売りが、各遺跡の周りでツアー客を待ち構えている。
141225-31s.jpg


このプカ・プカラは小さめの遺跡で、この写真で見えるのが全部。
ツアーによってはスルーするのか、ここはあまり人が多くなかった。
141225-32s.jpg


まぁ、狭いので、人が少なくても、混み混みした感じになってしまうのだけど。
この遺跡は、Sacsayhuamanと同様、なかなか整った石組みで造られていた。
141225-33s.jpg



1つツアーの遺跡を残してしまったけれど、ここで区切ってまた次の記事に繋げる。
次で、ようやくMachu Picchuに辿り着くことになる。

最後に、この記事を書いていて、現地ツアーのガイドが言っていた駄洒落を思い出した。
サクサイワマンに向かうとき、英語で、"We are going to Sacsayhuaman, not Sexy Woman."と言っていた。
「サクサイワマン」を「セクスィウゥマン」にかけたのだろうが、反応は乏しか
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメント

非公開コメント

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示