FC2ブログ

[Marinos 2018] vs 湘南ベルマーレ(LC/FINAL)

ルヴァン杯の決勝戦、マリノスは実に17年ぶりらしい。
前回は2001年。自分はまだマリノスを応援し始める前で、テレビで何となく観ていたような気がする。
当時かなり強かった磐田を相手に、終始守勢を強いられながら、榎本達也の活躍もあり、PK戦で勝利した。
どうやら、今日はあの日と同じ10月27日、そしてあの年と同じ残留争いの中にある。
ある意味吉兆なのかな、と思っていた。

今年のルヴァン杯は、長い戦いで、色々とあったような気がする。
グループステージ6試合、プレーオフ2試合、決勝トーナメント5試合。合計13試合。その内、生観戦は10試合。
勇蔵が開始5分で動けなくなった試合から始まり、杉本に試練の試合が続き、久保と康太がやり合った試合もあった。
プレーオフの頃から仲川がチームにはまってきた。準々決勝は新しい大津の覚醒のときだった。
水曜の鹿嶋まで観に行った準決勝は、勝ってなお鹿島の強さを感じさせられた。

勝ち進みながら、今季も色々な収穫があった。
優勝して、素晴らしい思い出と経験と自信、そういうものを得て終わりたい。
そう思っていた。



埼玉スタジアムに、キックオフの1時間前くらいに到着。
この大会は、旧国立競技場が閉鎖されてから、ずっとここで決勝戦を行っているのだっけ。
181027-01s.jpg


チケットはS指定席の南側、すなわちマリノス側。
このスタジアム、大体この辺からの観戦。元日の天皇杯決勝とその悔しさを思い出す。今日こそ勝ちたい。
181027-02s.jpg


この大会の決勝戦は、ナビスコ杯と呼ばれていた頃から、スポンサーのお菓子がお土産にもらえるのだった。
スタジアムでは食べずに、持って帰る。美味しい果物ジャムでも買ってきて、ちびちび食べるとしよう。
181027-03s.jpg


選手達のウォーミングアップが、いつものように行われる。
伊藤が怪我から1か月ぶりに復帰。ニューヒーロー賞を受賞した渓太は、残念ながら前節の怪我でベンチ外。
181027-04s.jpg


光邦さんの選手紹介が始まる直前の、マリノス側のゴール裏。
スタジアム全体の席の埋まり具合も、元日の試合と似たような感じだった。試合結果は逆になってほしい。
181027-07s.jpg


ゴール裏の真ん中にマリノス君を発見。
最初は、上手く似せたぬいぐるみか何かだと思っていたが、チャントに合わせる動きを見て本物と分かった。
181027-08s.jpg


向こう側の湘南ゴール裏と、ピッチ上では選手入場の準備が進む。
ルヴァン杯は、天皇杯と違ってリーグが色々と演出を考えてくれる。そういう意味で、雰囲気はだいぶ違う。
181027-09s.jpg


決戦に挑むイレブン。今日はガンバ戦と浦和戦で着用したスペシャルユニフォーム。
GKはあまり良いイメージのない水色。これもスペシャルとか何とか言い張って、黄色とか白色にできなかったか。
181027-11s.jpg


山中が自陣深くでタックルをかわされる。
前半は、特に左サイドで試合に入れていない選手が何人もいて、だいぶ湘南に押されてしまった。
181027-12s.jpg


左IHに入った天純も、良い働きができていたとは言い難い。セットプレーの精度も含めて。
代表にも選ばれ、チームの顔にまでなった彼には、敢えて、もっとコンスタントに試合を支配する働きを求めたい。
181027-13s.jpg


危険なタックルを見舞った松原に警告。
彼は前半からよく試合に入れていたのだけど。いや、よく入れていた故の、果敢なプレーの行き過ぎだったか。
181027-14s.jpg


バイタルエリアに、一瞬のエアポケットが生じてしまった。
フリーで持ち上がった杉岡に、そのまま強烈なミドルを叩き込まれて、先制を許した。
181027-15s.jpg


色々とまずい前半を、しかし0-1という最少得点差で終えることができた。
後半、流れを変えたい。怪我明けの伊藤をどこで投入するか。
181027-16s.jpg


後半は、立ち上がりを凌ぐと、徐々に追うマリノスのペースになってきた。
右から左から、得意とする攻撃の形も増えたきた。
181027-18s.jpg


攻める流れの中で、セットプレーの回数も大幅に増えた。
しかし、天純のキック精度に今日は可能性を感じられなかった。手前で引っ掛かるのが多すぎた。
181027-19s.jpg


頼みのHugoも、追う展開の焦りからか、もっと他の理由による気負いからか、余裕のないプレーが目立った。
4月のホーム湘南戦のような、神懸ったゴール前での落ち着きが出れば、と思っていたが。
181027-21s.jpg


残り時間が少なくなる。湘南も自陣に釘付けになった。マリノスは、単純にサイドからクロスという攻撃が多くなった。
一見それっぽいけど、マリノスの得意とする形じゃないし、湘南もゴール前を固めているから、あまり効果はなかった。
181027-22s.jpg


湘南の勤勉なハードワークと球際の粘り腰には、90分間、攻守に苦しめられた。
残念ながら、今日のマリノスは、そういう戦術や技術以前の部分で、湘南スタイルに屈していた。
181027-23s.jpg


負けた。また準優勝。結果も内容も、すごく消化不良な感じ。
この対戦カードらしくなく、カップ戦の決勝戦らしい、そして敗者には盛り上がりのない、残念な0-1の試合になった。
181027-24s.jpg


負けて優勝セレモニーを見るのは、実に辛い。
武士の情けで、負けた方はさっさと解放してくれとも思う。
181027-27s.jpg



1日経っても、あまり振り返る気になれない。
試合結果もさることながら、マリノスがこの大一番で見せたサッカーに落胆してしまった。
前半、多くの選手が寝ていた。攻守に集中力を欠き、接近戦では腰が引けて、試合に入れていない選手が多かった。
湘南に押されるままに、プレーから勇気が消え、時計の針が半年くらい戻ってしまったようなサッカーになった。
やり切って負けたならば仕方がないが、気持ちの部分で負けて自壊してしまうのは受け入れ難い。

湘南を称えるべき部分も、もちろん多々あった。
感心したのは、マリノスの嫌がることを繰り返し、マリノスの得意な形に対してさぼらずに対応し続けたこと。
リーグ戦のような殴り合いでなく、きちんとマリノス対策を考えて実行してきたように思う。
マリノスとしては、やり方を変える選択肢はない以上、闘争心と勇気、そして少々の機転を以て立ち向かってほしかった。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs ガンバ大阪(A)(J1-30)

ルヴァン杯の準決勝と決勝に挟まれた今週末は、残留争いから抜け出すための重要な一戦。
マリノスと同じく残留争いから抜け出しかかっているガンバとの直接対決、マリノスがこれに勝てばだいぶ残留に近付く。
それから、来週のルヴァン杯決勝に向けて、勝って勢いを付けたいというのもある。
勝ちたいし、勝って景気付けといきたい。

それにしても、今季の残留争いはなかなか読めない。
中下位が非常に混戦で、早々に脱落するチームもなく、多くのチームに数字上ではなく現実の降格の可能性が残る。
前節終了時点で、最下位の長崎でさえ勝ち点28。
これは、J1最下位チームの過去最多勝ち点27(2009年の千葉)を既に上回っている。
最下位チームすら十分な希望がある状況は、まだまだ波乱含みで、勝ち点が30点台では安心できない。



梅田から阪急線で3駅、神崎川の駅前にある「白庵」といううどん屋で昼食にする。
本当は「梅田はがくれ」に行きたかったのだけど、つい先日閉店してしまった。これは非常に残念だった。
181020-01s.jpg


初めての店なので、無難に「とり天ぶっかけ(冷)」にした。大盛りで。
今季の大阪遠征はうどん人気店でまとめてみたが、試合結果が今ひとつだった。来季は違うものを考えようか。
181020-02s.jpg


キックオフの40分前くらいに、Panasonic Stadium Suitaこと吹田スタジアムに到着。
今年から命名権を導入し、日産スタジアムやヤンマースタジアム長居のように、親会社が援助の趣旨で購入した。
181020-03s.jpg


このスタジアムで観るときは「ビジター指定席」で。
マラソンゲートが邪魔だな。サッカー専用スタジアムに、マラソンゲートって必要なのだろうか。
181020-04s.jpg


スタメン、ベンチ入りも含めて、大体いつものメンバーでウォーミングアップ中。
なかなかボンバーが戻ってくる気配がないのが、ちょっと気になる。
181020-05s.jpg


ピッチ上でのウォーミングアップが終了する頃に、両チームのベンチ入りメンバー同士のちょっとした交流。
尹日録は同胞の黄義助と、マチは後ろ姿でよく分からないが多分藤本と。
181020-07s.jpg


選手達が入場してきて整列。9月の月間MVPを受賞したガンバの今野の授賞式があった。
9月はマリノスも、仲川が月間最優秀ゴールを受賞している。仙台戦のドリブル中央突破からの得点ね。
181020-09s.jpg


エンドを入れ替えてキックオフ。マリノスボールなので、ガンバがコイントスに勝って決めたのかな。
風はさほど吹いていなかったので、恐らく太陽の光が眩しくなるのを嫌がったのだろう。
181020-11s.jpg


5バックで守ってくるガンバに対して、有効な攻撃の回数はやや限られた。
普段は4バックのはずで、エースの黄義助がベンチスタートということから、これは後半勝負のための布石と見た。
181020-12s.jpg


前半もまだ早い時間帯、ガンバの東口が足を押さえて倒れ込んでしまった。特に危ない接触プレーはなかったような。
すぐ交代かと思われたが、前半終了までプレーした。東口が、代わりに入るGKのために時間を作ってあげたのか。
181020-13s.jpg


マリノスの得意な攻撃の形、仲川の裏抜けや天純のハーフスペース侵入などは、ある程度効き目がありそうだった。
問題は、5バックに今野まで引いてくるゴール前中央でいかにシュートを撃つか、だった。
181020-15s.jpg


天純が左ハーフスペースから、抜ききらずにゴール前を横断する斜めのクロス。
これに反応できた仲川が押し込んで、マリノスが先制。よくぞ通した天純、よくぞ反応した仲川。これはスーパーゴール。
181020-16s.jpg


ハーフタイムにコンコースから撮影した、アウェー側のゴール裏。
4分の3がマリノスサポーターに割り当てられた。ゴール裏全部を埋められる日が来たら、素晴らしいと思う。
181020-19s.jpg


1-0でリードして後半に臨む。ガンバは、恐らく予定通り、CBを1枚削って黄義助を投入してきた。
後半にこちら側が守るゴールになるという、あまり慣れない展開。こっちにボールが来ないでほしい。
181020-20s.jpg


攻勢を強めるガンバに対して、残念ながら今日も受けに回ってしまった。
攻め込まれる時間が長くなり、マイボールになっても、人もボールも縦への動きが極端に鈍くなった。
181020-22s.jpg


守りの時間帯が長くなるのは、相手がやってくることとの関係で、ある程度仕方ない部分はある。
気に入らないのは、自陣でのビルドアップすら慌ててしまい、パスや連携の乱れから自らピンチを作ってしまうこと。
181020-23s.jpg


黄義助やAdemilsonに裏を狙わせる攻撃に対して、飯倉が果敢に前に出て対応した。
キックの精度には若干の怪しさがあったが、判断において誤りはなかったと思う。
181020-24s.jpg


追い付かれ、負傷者を出し、流れを変えられず、ついに逆転を許してしまった。
見慣れた展開であり、受け入れがたい結末でもある。
181020-25s.jpg


マリノス、敗れる。残留争いからの抜け出し、ならず。
今季は最後まで緊張感のある試合を楽しませてくれる、ということか。
181020-26s.jpg


アウェーで負けたのは久しぶりな気がする。8月の鹿島戦以来か。
帰り道の足取りがやや重くなった。来週は、笑ってスタジアムから帰りたい。
181020-27s.jpg



素晴らしい前半からの、受け入れ難い後半、再び。
追われる展開で、相手がやり方を変えて攻勢に出てくると、チーム全体がパニックに陥ってしまう。
先週の鹿島戦しかり、今日のガンバ戦しかり。今日の試合は、それを分かっている宮本監督にはめられた感すらある。
今後、他のチームも、新しいマリノス対策として、試合中にやり方を変えてくることがあるかも知れない。

リードしていて攻勢を受けるのは、よくあること。追う相手が攻撃の枚数を増やすのも、よくあること。
それに対して、慌ててはいけない。スタンドから見ても分かるくらいに、たやすく混乱してしまうのは、いただけない。
どっしり構えて、自分達のペースでボールを回して、押し返す。相手ボールには、敵陣から果敢にプレスに行く。
そうやって、押し返して、追加点を奪う。そういうメンタルの強さが欲しい。技術的には、十分できるはず。

まあ、そうは言っても、90分ずっと強度の高いサッカーを続けるのは、厳しいこともある。
選手交代でプレー強度を取り戻すのも手だけれど、今のマリノスには、それに適したベンチ入りメンバーがいない。
ベストメンバーを揃えて、体力的に余裕がある時間帯でしか、良いサッカーができない。それでは困る。

しかも悪いことに、渓太が怪我をしてしまった。仲川も試合後の挨拶のときに、少し足をひきずっていたような。
来週の大事な試合に向けて、ちょっと不安材料が出てきてしまった。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs 鹿島アントラーズ(H)(LC/SF-2)

そう言えば、準決勝って、マリノスにとって、長らく鬼門だったのだっけ。
マリノスを応援しはじめてから14年目、思い返せば、毎年のようにナビスコ杯/ルヴァン杯や天皇杯のどちらかで準決勝敗退の苦杯を味わってきた気がする。特に2016年は、ルヴァン杯と天皇杯の両方で準決勝敗退だった。

そういう歴史があるから、個人的には、ある意味で決勝戦以上に、準決勝に気持ちが入ってしまう。
準決勝では「ここまで来たのだから、ここで負けたくない。もう準決勝敗退はいやだ。」というような心境なのに、決勝戦まで進むと「この晴れの舞台に来られて光栄。連れてきてくれたチームに感謝。」というような緩い気持ちになぜかなる。
本当は、そういうところ、改めないといけない。

ただ、準決勝突破に懸けるそんな思いがあったから、今回も水曜の鹿嶋まで第1戦を観に出掛けた。
そして、改めて、この準決勝は厳しい戦いになると感じた。鹿島が追う展開になる第2戦はなおさら。
準決勝、鹿島相手、三ツ沢。この試合は弥が上にも盛り上がる。



三ツ沢で午後の試合なので、試合前に横浜駅近辺で昼食にしていく。
最近、ハンバーガー食べてなかったので、ルミネの「ヴィレッジ・ヴァンガード・ダイナー」に行ってみた。
181014-01s.jpg


「アボカドのりわさびバーガー」のパテ180gを。開いた状態で出されると、だいぶアボカドの自己主張が強い。
メニューには「女性にオススメ」と書いてあったが、おっさんが食べてもいいじゃないか。
181014-02s.jpg


食後の腹ごなしと、試合に向けて内なる気持ちを高めるため、今日は歩いて三ツ沢に向かった。
キックオフの1時間前くらいに到着。かなり人が多い。メインスタンドの入口に列ができているのは初めて見た。
181014-03s.jpg


年間チケット対象外の試合なので、今日はSA指定席のホーム側を買っておいた。
今日はメインスタンドも含めてチケット完売だったようだ。これって、実は結構珍しいこと。
181014-04s.jpg


フィールドプレーヤーの登場を迎えるゴール裏。
凄く旗を振ってるね。決勝戦に進んだら、自分も買うべな。
181014-05s.jpg


鹿島サポーター。三ツ沢での試合は久しぶりかな。
同じオリジナル10の赤色でも、彼らの応援には、浦和とはまた違った迫力がある。
181014-07s.jpg


マリノスは水曜の第1戦と同じスタメン。
2点以上を取りにくる鹿島を相手に、決して受けてはいけない。あくまで試合を支配して勝ちきろう。
181014-09s.jpg


前半、内田が負傷欠場した鹿島の右サイドを、渓太が切り裂く場面がいくつも見られた。
ファウルで止めるしかない鹿島の選手に警告。こういうのが後で効いてくるはず、だったが。
181014-10s.jpg


前半は、鹿島に攻勢を許さない理想的な試合運びだった。
今日も一番の見所は、大津とLeo Silvaの熱い1対1のデュエルだった。
181014-13s.jpg


飯倉からの速攻で1点、天純の絶妙なハーフレーンの崩しからもう1点。
前半で2-0として、2戦合計で4-1となった。これで、ぐっと決勝進出を引き寄せた、かと思われた。
181014-14s.jpg


ハーフタイム、控えメンバーのウォーミングアップを眺める。
決勝戦を見据えて、出来れば退場や累積警告による出場停止を出さないようにしたい。早めの交代策あるかな。
181014-16s.jpg


FWを増やして前掛かりを強める鹿島に対して、カウンターでもう1点取って試合を決めたい。
カウンターと言えばやはり仲川。妙に斜めな写真が撮れてしまった。
181014-18s.jpg


Leo Silvaに対峙するのは、前半に警告を受けていた大津に代わって60分から出場した喜田。
この交代策は合理的にも見えたが、マリノスのプレー強度が大幅に下がり、鹿島に息を吹き返させてしまった。
181014-20s.jpg


鹿島にずるずる押し込まれ重心が下がったため、カウンターも出しにくくなった。
昨年のような両翼頼みのカウンターはできないから、今のサッカーではべた引きになること自体が許されないのだが。
181014-21s.jpg


飯倉のしょうもないミスから1点、クロスにSerginhoをフリーにしてしまったもう1点。
余裕の4-1から、もう1失点で(アウェーゴール数で)逆転されてしまう4-3に追い上げられ、追い込まれた。
181014-23s.jpg


引いて守り切れるマリノスじゃないし、それを攻めきれぬ鹿島ではないはず。
マリノスとしては、追加点を奪って試合を決めてしまいたい。しかし、なかなか攻撃で前に足が出なくなってきた。
181014-24s.jpg


祈るしかないアディショナルタイムを必死に耐え抜き、ようやく試合終了の笛が鳴った。
いつ逆転弾を決められてもおかしくない最後の30分間を、幸運も手伝って、どうにかこうにか無失点で凌いでくれた。
181014-25s.jpg


決勝進出を喜ぶ選手達とゴール裏のサポーター(とマーメイズ)。
準々決勝とはえらい違いで、この準決勝突破には大きな達成感がある。
181014-29s.jpg


スタンドの声援に応えるAngeとPeter。
段々と彼らの描く新しいサッカーが根付いてきたので、そこにタイトルという確かな実績を添えたい。
181014-30s.jpg


「光邦とルヴァン(杯)を」というチャントに応えて、スタジアムDJの光邦さんがゴール裏に挨拶。
決勝戦のスタメン紹介では、彼の「お待たせいたしました!」が聞けるのだね。
181014-31s.jpg



ジキルとハイドというか、マリノスの良い面が十分に出せた前半と、ほとんど出せなかった後半とで、違う試合になった。
前半はとても良かったはずなのに、追い掛ける鹿島の猛攻を受ける後半の印象が強くて、あまり前半は覚えてない。
2試合の合計で4-3と追い上げられ、アウェーゴールのルールにより、次の1失点は同点ではなく逆転を意味した。
リーグ戦でも天皇杯でも味わえない、ルヴァン杯ならではの痺れる展開に、何度も心臓が痺れそうになった。

前半、とても見事だった。
2点以上取りにくる鹿島に、単発の裏狙いだけでまともな攻撃をさせなかった。
引いて守ってカウンターではなく、ボールを握って主導権を握った。接近戦でも展開戦でも、優位を築けていた。
2得点は、松原が仲川を走らせ、天純が左ハーフレーンを裏に抜ける、いずれもマリノスの得意な形だった。

後半、ターニングポイントは2つあったと思う。
1つは大津の途中交代。前半から、局地戦の鬼と化していた。
永木を子供扱いして前半で交代させ、Leo Silva相手にも怯まず自分からぶつかっていった。
Leo Silvaからボールを奪い、そのまま速攻に繋げ、ファウルで止めたLeo Silvaに警告が出た場面は、失禁しかけた。
そんな大津を、恐らく警告2枚の退場を恐れて60分で下げたことで、極端なまでにプレー強度が下がってしまった。
喜田もさぼっていたわけではないが、チーム全体が引き気味のメンタルに傾き、追う鹿島に圧倒されてしまった。

もう1つは、飯倉のミスを土居に決められた場面。
あれで鹿島に勢いを与えただけでなく、後ろから繋ぐことを躊躇するようになってしまった。
それは飯倉だけでなく、チーム全体として。
悪いことに、主審がピーピー笛を吹いて毎度リスタートを急かすものだから、ゴールキックの余裕がなくなってしまった。
飯倉は準々決勝で警告を1つ受けているので、万が一遅延行為で警告を受けると、決勝戦で出場停止になってしまう。

そうやって、前も後ろもマリノスらしさがなくなり、苦手とする受ける展開になり、しかも相手は鹿島。
逃げ切れたのは、集中と気迫と、結構な幸運も手伝ったと思う。
そんな語り草の準決勝、制したのはマリノス。
さあ、ルヴァン杯を取りに行こう。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示