FC2ブログ

[Marinos 2018] vs ベガルタ仙台(H)(J1-28)

仙台には、ホームで勝った記憶がない。
仙台がJ1に戻ってきた2010年以降、リーグ戦の対戦成績は、ホームで0勝3分5敗、アウェーで4勝4分0敗。
今年も7月のアウェー戦では8-2と大勝している。問題は、今日のホームでの試合だ。

日本はインフラや競技環境が整っていて、深刻な地域間紛争もなく、ホームとアウェーの違いは少ないと言われるが、それでも多くのチームがホームでより良い成績を挙げている。マリノスも、今年はともかく、基本的にはホームの方が強い。
それにも関わらず、こと仙台相手には、異常なほどホームで勝てず、アウェーで負けない。
原因は不明。何年も続けてそうなのだから、プロである両クラブにも分からないのだろう。オカルトのようなもん。

同じように、マリノスから見てアウェーの方が相性が良いのは、浦和と清水。
いずれも過去10年間のJ1リーグ戦での対戦成績。括弧内は1試合平均勝ち点。
対浦和 : ホーム4勝1分5敗(1.3)、アウェー7勝1分2敗(2.2)
対清水 : ホーム4勝2分3敗(1.6)、アウェー6勝3分0敗(2.4)



ホームで仙台に勝つには、どうしたら良いか。ホームとアウェーとで、何が違うのか。
考えた末に、仙台ではいつも牛タンを食べているが、横浜では食べたことがないのに気が付いた。
180929-01s.jpg


そこで、初めて横浜駅ルミネの「利久」を訪れ、7月のアウェー試合のときと同じ「牛タン定食」を食べた。
あの時と同じ、沢山点を取れますように、という願いを込めて最も枚数の多い「5枚10切れ」で。
180929-02s.jpg


雨模様なので、スタンドで待つ時間を短めにしようと、少し横浜駅からの出発を遅らせた。
キックオフの30分前くらいに三ツ沢に到着。指定席だと、こういうことができて助かる。
180929-03s.jpg


今日もいつものバックスタンドの指定席から。
来季は、日産スタジアムの席の位置を変えるつもりなので、三ツ沢の席の割当ても変わると思う。
180929-04s.jpg


黄色が映える仙台サポーター。今年3回目の三ツ沢にようこそ。
日産スタジアムでは仙台に勝てないのと、仙台戦は客の入りが良くないので、来季も仙台戦は三ツ沢を希望。
180929-06s.jpg


ホーム側のゴール裏。雨の日はポンチョを着るから、より「青」が深まって、スタンドの色が濃くなる。
前節負傷して離脱した伊藤の分も、というメッセージの横断幕があった。
180929-07s.jpg


三ツ沢の芝、今日も荒れてるな。3月も酷かった。6月の試合では良くなっていた印象だけれども。
来季もその次も、日産スタジアムが使えない時期があり、ここの稼働率が高まるから、芝の痛みが今から心配。
180929-08s.jpg


マリノスのスタメンは、負傷の伊藤に代わってHugo、出場停止のDusanに代わって畠中。
残留争いからまずは片足抜けるよう、仙台とのホームでの相性の悪さを断ち切れるよう、今日も攻めて勝とう。
180929-11s.jpg


相手ゴールに近い場所でのセットプレーが、試合を通して何度もあった。
仙台の守備はいつも当たり方が厳しめで、今日はそれを主審が厳しめに取ったので、ファウルが多かった。
180929-12s.jpg


山中お得意のどっかんミドルが決まり、マリノスが先制。
自分らの座っている位置からは、サイドネットに当たったように見えて、皆ゴールへの反応が遅れていた。
180929-13s.jpg


ボールを握り押し込む中で、仙台の半端な前からのプレスを上手く無効化できていた。
5バックで守りながら、前の選手がふらふらとプレスに来るような相手ならば、今のマリノスにとってやりやすい。
180929-14s.jpg


問題は、5バックをどう崩すか。攻める中で、いかにカウンターに対処するか。ずっとマリノスの課題。
今日は山中のミドルシュートで先制できて、相手がべた引きにならなかったので、割と楽に攻略できた印象。
180929-15s.jpg


攻め込まれると、危ない場面は少なからずあった。
単純な耐久力は、一時期より落ちている。そういう展開をいかに少なくできるか、が鍵なのだと思う。
180929-16s.jpg


ハーフタイムのウォーミングアップ。その向こうに、16番のユニフォーム。
このユニフォームが、早くピッチに帰ってこられますように。
180929-18s.jpg


後半の立ち上がり、1点を追う仙台が攻勢を強めてきた。
地上戦では、左WGの阿部がボールを触る回数が多くなったが、なかなか有効な攻撃はさせなかった。
180929-20s.jpg


野津田が右WGからDHに下がって、後ろからボールが出るようになると、少し厄介だった。
ただ、この頃には3-1と2点のリードになっていたので、受ける方も少し余裕が生まれていた。
180929-21s.jpg


今日は相手ボールを前から追ったり、攻撃時は中盤でボールを受けて体を張ったり、Hugoが気合い入ってた。
例によって1人で頑張っている感じだったので、途中まで空回り気味だったが、今日は終盤に報われることになる。
180929-22s.jpg


相手GKからボールを奪った4点目があり、縦パスを受けて1対1を制して決めたこの5点目があった。
伊藤とは違う持ち味で勝利に貢献してくれたこと、そして彼自身の調子も上がってきたことが、今日の収穫。
180929-24s.jpg


最後に余計な失点もありつつ、5-2で大勝。久しぶりにホームで仙台に勝った。
今年はアウェーで8-2、ホームで5-2と、大味な試合が2つ。合わせて13得点は凄いが、合わせて4失点は課題。
180929-25s.jpg


三ツ沢での試合は、試合後に挨拶に回ってくる選手達が近い。
今日は大勝で連勝という結果に、皆明るい表情だった。
180929-27s.jpg



牛タンパワーでホームでも勝った。
というわけでは勿論ないけれど、気分的にはしてやったり。
NACK5や日立台で(個人的に)初めて勝ったときと同じような、達成感があった。

仙台相手には、マリノスの新しいサッカーが上手くはまるのかな。
半端に前からプレスに来るのをいなすと、後ろの守備が後手後手になって、マリノスの崩す形が生きてくる。
チーム全体で前からプレスに来るチームとも違うし、5-4-1で徹底して引いてくるチームとも違う。
こういうチームを相手に主導権を握れることは、今季も何度かあり、マリノスが圧倒的に攻め込むことは何度も見てきた。
なかなか決定機を決めきれず、勝ち点に結び付かないこともあったが、不思議と仙台戦では決定力が上がる。

2試合とも、前半の早い内に先制できて、相手が引いて守る展開にならなかったのが、良かったのかも知れない。
現に先月の天皇杯では、90分では引き分けでも構わないという天皇杯独特の試合条件と、マリノスが一度もリードできない展開の中で、引いて守って速攻という仙台の持ち味と石原の驚異的なシュート技術の前に屈している。
先に点を取った方が圧倒的に有利になる、そういう噛み合わせなのかも。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Baseball - U.S.A.] New York Mets vs Miami Marlins (Sep. 12, 2018)

アメリカ出張の際にMLBを観戦した2試合目。
New Yorkで用事を済ませた夜、Citi FieldNew York Metsの試合があったので、これを観ていくことにした。
New YorkにはMetsとYankeesと2球団あるので、シーズン中、大体の日には少なくとも一方が本拠地で試合をしている感じで、こういうときに「折角訪れたのに、日程が合わず試合が観られなかった」ということがあまりない。

ただ、あまり時期が良くなかったというか、この試合、悲しいくらい消化試合だった。
National League東地区において、今季、Miami Marlinsは最下位をひた走り、Metsもそれよりはマシだがずっと借金生活で現状も4位。いずれもポストシーズン進出の望みはとっくの昔に絶たれていて、あとはシーズン終了を待つだけ。
MLBの場合、ポストシーズンを諦めたチームは、主力を放出したり(→対価として若手の有望株をもらう)、そうでなくても露骨に若手起用に切り替えたりして、あまり目の前の試合の勝利を求めなくなる。

特に応援していないチーム同士の試合で、(今は)無名の選手だらけで、試合そのものが盛り上がりにくいとなると、観戦のモチベーションはちょっと落ちる。平日の試合で、球場もあまり客が入らないだろうし。
せめて、高いレベルの野球が見られるよう、あわよくば拮抗して選手達の意地が見られるような試合になるよう。
そんな淡い期待を抱いて、雨の中を球場に向かった。



試合開始の予定時刻の1時間ほど前に、Metsの本拠地であるCiti Fieldに到着。
ここに来るのは2回目。前回は2年前のSubway Seriesだった。あの時と違って、今日は球場周辺がだいぶ静か。
180912-01s.jpg


来る直前に球団のWEBサイトで「試合開始遅延」との告知があった通り、内野にはシートが被せられており、グラウンドに選手達の姿も見えない。雨は小降りなので、その内試合が始まるとは思うけれど、いつになるのだろうか。
180912-05s.jpg


傘がいらないくらいになり、霧雨程度になっても、なかなか試合が始まる気配がない。
スタンドで寝ていたら、21時過ぎになってようやく「21時45分に試合開始」とのアナウンスがあった。
180912-07s.jpg


グラウンドの整備が急ピッチで行われる。
シートを被せておいたため、ぬかるんでいる場所はなさそうで、念のため砂を足しておくくらいのものだった。
180912-08s.jpg


選手達がウォーミングアップをしていると、急にアメリカ国歌の独唱が始まった。
2日前のMinneapolisでは、歌い手の紹介とかきちんと前振りがあったのだけど、球場ごとにやり方が違うのか。
180912-10s.jpg


そして、ブルペンからMetsの先発バッテリーが引き上げてきた。今日は3本柱の1人であるWheelerが先発する。
既に10勝している彼とSyndergaard、防御率1点台のdeGromを擁しながら、なぜMetsはこんな順位に低迷するのか。
180912-11s.jpg


本当に夜21時45分に試合開始。依然として霧雨程度の雨が降っている。
Wheelerは「早く帰りたい」と言わんばかりに、テンポ良くストライクを投げ込み、どんどんアウトを積み重ねていった。
180912-13s.jpg


Metsは生え抜きスターのWrightが故障により長期離脱中、主力外野手のCespedesも同じく怪我で今季絶望。
今日出ている中で最も人気だったのは、ベテランのReyesだった。MLBで16年目、もはや懐かしい名前にさえ思える。
180912-14s.jpg


2回裏、無死二塁から、そのReyesの適時二塁打でMetsが先制。
この回さらに集中打で3-0とし、早々にMetsが優位に立った。
180912-15s.jpg


今夜のWheelerは、投球も冴えていたが、打席での働きも見事だった。
2回裏は犠打を決めて追加点に貢献し、続く2つの打席では安打を放っていずれも本塁を踏んだ。
180912-16s.jpg


4回裏もReyesの出塁から。足を警戒されて、何球か牽制を受けた。
MLB通算で500個以上の盗塁を記録している、往年のスピードスター。今も俊足は健在の模様。
180912-19s.jpg


で、走者に気を取られていて、打者との勝負がおろそかになると、大抵、痛打をくらうもの。
一死一三塁から1番のRosarioが3点本塁打。これでMetsが6-0とリード。ほぼ試合は決まった。
180912-20s.jpg


試合が決まってしまったので、試合中の一場面を写す。
MLBの審判による見逃し三振のポーズ。日本の「敷田の卍」のような、特徴的なポーズもあるのあろうか。
180912-21s.jpg


MetsのマスコットのMr. Metsが出てきた。
相変わらず、ひと目見るだけでいらっとする顔だ。
180912-22s.jpg


Marlinsの2番手投手のMeyer。イチローの次の51番はこいつのようだ。
こいつが6回裏に7失点の大炎上。帰りがさらに遅くなるから、ちょっといらいらした。
180912-23s.jpg


7回裏を迎えて、Seventh Stretchなんだけど、全然球場に客がいない。1000人いるかどうか。
平日、雨天、試合開始が大幅遅延、消化試合、等々の要素が重なり、悲惨な客入りの試合になってしまった。
180912-29s.jpg


もう13点差が付いているのだから、守備シフトなんか敷かなくて良いだろうと思ったが、やるんだな。
このシフト、Marlinsは内野全体が一塁側に寄せるのではなく、三塁手が一塁手と二塁手の間に動くことで組んだ。
180912-30s.jpg


Mets打線が派手に打ちまくる中、Wheelerは淡々とストライクを投げ続け、それで抑え続けた。
8回を投げきってまだ89球。9回も投げて完封を目指すかと思われたが、ここで余力を残して降板となった。
180912-31s.jpg


ようやく試合が終わる間際。日付が変わって0時15分くらい。
日本で野球を観てきて、途中で日付が変わった試合は記憶にない。貴重な経験をさせてもらった。
180912-32s.jpg


色々と「やらされてる」感の強かった消化試合。先に点を取った方が大勝する、というありがちな展開だった。
この後、歩いてホテルに戻り、翌朝は5時起きで日本への帰途に就いた。
180912-33.jpg



試合自体について、あまり語るべきことはない。
Metsがよく打ちましたね、Wheelerは見事な投球でしたね、Marlinsはやる気ゼロでしたね、というくらい。
両チームを合わせて、こいつは覚えておこうと思えた選手も特にいなかったな。

この試合に関しては、大幅な開始遅延というのが最も印象に残った。
MLBは試合日程が厳しい。一般に、4月頭から9月末までで各球団162試合をこなす。
日本の野球のように、10月の前半にまとまった予備の期間があるわけではない。
だから順延というのが好ましくなく、簡単には試合が中止にならない。待って天気が回復しそうなら何時間でも待つ。
それでも中止になったら、シーズン序盤からでもばんばんダブルヘッダーを行う。実はこの日も、前々日の試合が中止になったことを受けて、昼間に試合を追加してダブルヘッダーになっていた。またしても雨で第1試合が中止になったけど。

球団数が多くて、同一の対戦カードが何回もあるわけではない(特に異なる地区同士の場合)。
それに、移動距離がやたら長くなることもある。同地区のNew YorkとMiamiでも、飛行機で片道3時間以上かかる。
だから、簡単に「また来てね」とは言えないんだな。
改めて、MLBは過酷だ。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs ジュビロ磐田(A)(J1-27)

ヤマハスタジアムは、チケットの取り方が難しい。
メインスタンドが狭く、アウェー側の席でもファンクラブ先行販売などでほぼ売れてしまい、なかなか買えないようだ。
ゴール裏(フリーゾーン・アウェー)も狭く、週末の試合だとチケット争奪戦になる。

座って観たいなら、バックスタンドしかない。
バックスタンドは、中央部が指定席で、ペナルティエリアの横あたりはフリーゾーン・ホームとなっている。
フリーゾーンの方が安くて、位置的にもアウェー側のゴール裏に近く、斜めに見渡す角度が自分には好ましい。
それで、ユニ着用不可かつ磐田ファンだらけ、というデメリットを飲み込んで、今回はフリーゾーン・ホームにした。

写真を撮りながら大人しく見ていれば良いだろうと思っていたが、やはり得点シーンなど、体が反射的に動いてしまう。
アウェーチームのグッズ着用は不可である一方、応援まで不可ではないので、マリノスの得点や勝利を喜んでも(体でそれを表現しても)ルール違反ではないが、やはり周り(=磐田ファン)の冷たい目線は少し気になる。
今度からは、ゴール裏に行って、心おきなくユニ着用も応援もできるようにしよう。

こういう問題は、狭い上にアウェー側への割当てが小さい等々力やNACK5でも起こること。
消去法でゴール裏と言うと、熱いサポーターに怒られるかも知れないけれど、、、昔はゴール裏で応援していましたし、最近でもゴール裏に行くときは立って歌って手を叩いて応援してますので、どうかその折には御容赦ください。



浜松駅からバスで鰻屋の「かんたろう」へ。
磐田への遠征で、試合前に昼食にするときは、いつも大体ここに寄っている。
180922-01s.jpg


「うな重」を注文。今年初めての鰻だったと思う。以前より500円くらい高く、心なしか鰻も小ぶりに。
食べた後は、東海道線の天竜川駅まで徒歩15分くらい。そこから磐田駅経由でスタジアムへ向かう。
180922-02s.jpg


ヤマハスタジアムに到着。ここに来るのは5年ぶり。
前回は2013年の第32節。勝ってリーグ優勝に王手をかけた素晴らしい日だった。ただ、その後の2試合が・・・。
180922-03s.jpg


敢えて選んだフリーゾーン・ホーム。見やすさは素晴らしい。
しかし、傾きつつある強烈な逆光に晒され、この時間帯でバックスタンドは選択ミスだったと思い知った。
180922-04s.jpg


GKのウォーミングアップが始まった。故障明けの杉本が控えGKに復帰した。
今季はルヴァン杯で酷い試合がいくつかあったが、あくまでGK序列の2番手は杉本なんだろうか。
180922-05s.jpg


フィールドプレーヤーが出てくるところで、激励の横断幕が広げられた。
Angeのサッカーを突き詰めることこそが勝利への近道。誰にも妥協は許されないよ、というメッセージ。
180922-06s.jpg


ゲームキャプテンに定着してきた扇原を先頭に、選手達が入場してきた。
出場停止明けの松原が戻った以外は、前節と同じ。現状、この11人がスタメンの最適解ということかな。
180922-08s.jpg


開始早々、俊輔に華麗に抜かれる山中。
今は敵ながら、このおっさん、やっぱ半端なく上手いなと、試合中何度も唸らされた。
180922-09s.jpg


最も警戒すべきは俊輔のセットプレー。
今日は、直接狙われるような位置でFKを与えなかったのが良かったと思う。
180922-10s.jpg


中に絞った山中が、前や右を見ながらプレーする。
ベースとしてこの位置取りを守ることが、今季3つ目となった強烈なミドルシュートの得点に結び付いたのだと思う。
180922-12s.jpg


俊輔がボールが持つと、やはり幾度となく有効なボールが出てくる。
ここを潰しにいかなければいけないのだけど、かわされるリスクを恐れてか、誰も厳しくいかない。
180922-13s.jpg


ハーフタイム、磐田のマスコットが回ってきた。
「ジュビロくん」と「ジュビィちゃん」。2人(2匹?)の関係は「交際中」らしい。
180922-15s.jpg


1-0で後半のキックオフ。
前半途中に腕を負傷した伊藤に代わり、後半からHugoがCFに入った。
180922-17s.jpg


後半20分くらいまで、沈む間際の太陽が正面になって、非常に見えにくかった。
メインスタンドが小さいことの弊害がこんなところにも。今後は、やはり、バックスタンドは考え物だな。
180922-18s.jpg


磐田も後半から左のWBにErenを入れてきた。
大外に張ってボールを受け、迫力あるドリブルでサイドを前進し、厄介だった。クロスの精度が悪くて助かったが。
180922-19s.jpg


右サイドは仲川が何度も仕掛ける。今日は右から崩す回数が少なく、シミュレーションまで取られてしまった。
あれは、肩に相手の手が掛かっているのを利用して、敢えてエリア内に入ってから弱い接触で倒れた、と判断されたか。
180922-20s.jpg


同点に追い付かれて、なおもやや劣勢。勝ち点3を持ち帰るべく、セットプレーの好機を活かしたい。
この場面、直前に天純が下がって(マチと交代)、扇原がキッカーを務めた。扇原も競れるので、ちょっともったいない。
180922-22s.jpg


中盤のプレー強度が落ちてきたために、天純を下げてまでマチが投入されたのだ思う。大津→喜田の交代も同様。
投入直後、謎のミスパスを連発したのを見て頭を抱えてしまったが、その後はそれなりに仕事をしてくれた。
180922-23s.jpg


終盤のオープンな攻め合いの展開で、中に絞った山中がフリーになったのをDusanが見逃さなかった。
Dusanの縦パスを受けた山中が左足を一閃。地を這うような弾道でゴールに突き刺さった。マリノス勝ち越し!
180922-24s.jpg


残り5分強を逃げ切って、アウェーで貴重な勝ち点3を得ることができた。
ゴール裏でトリパラが回る。次はやはり、あそこに行こう。
180922-26s.jpg



勝ち点3を取れたことが、何より大きい。
前日に17位ガンバが勝利し、今日も15位鳥栖と16位柏が直接対決(=少なくとも一方が勝ち点を積み上げる)だったので、もしこの試合に負けて勝ち点29のままだと、16位か17位に下がってしまうところだった。
残り試合がまだあるとはいえ、降格圏という危険水域に入ってしまうと、チームは様々なストレスを抱えてしまうだろう。
その意味で、今日のところは、そのような事態を回避できてほっと一息。前向きに次の試合に備えることができる。

内容的には、今日もまあ紙一重の試合だった。
得点経過は先週と逆なれど、決めるべきところを決められずに難しい試合にしてしまった点では同じ。
同点に追い付かれた後は、磐田に逆転まであり得る流れだった。
そこから再び勝ち越せたのは、とても大きかった。フリーゾーン・ホームで思わず万歳してしまうくらい、大きかった。
流れの中からは難しそうだったところを、山中のミドルシュートという飛び道具に救われた。
Angeのサッカーへの適応度がやや怪しくても、起用し続けている甲斐があったというもの。

今日気になったのは、後半途中から相手への圧力がかからなくなってしまったこと。
原因は、体力切れか、受け身のメンタルか、複数人で同じ絵が描けなくなったか。或いは、複合的な要因なのか。
いずれにせよ、Angeのサッカーは、受け身になった瞬間、強みが失われてしまう。
あの時間帯に、相手の攻勢に飲み込まれず反発できる体力とメンタリティを、皆が備えないといけない。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示