FC2ブログ

[Marinos 2018] vs 清水エスパルス(H)(J1-18)

この試合は、7月28日に開催予定だったのが、台風の影響で中止となり、今日に延期されたもの。
あの日は、東海道方面の交通機関への影響が予想されたため、清水側にも配慮して中止にしたのは妥当だった。
問題は、その日の内に、この8月29日の代替開催を決めたこと。

ただでさえ8月から9月にかけての過密日程があったのに、代替開催をその中にぶっ込んで、9連戦になってしまった。
しかも、前後のリーグ戦と中2日ずつという、選手達はもとより、サポーターも疲れてしまいそうな厳しい試合間隔。
決めたはJリーグかマリノスか。選手への過剰な負担や競技レベルの低下というのを考えなかったのだろうか。
「集客確保のために、是が非でも夏休み中に代替開催してしまおう。」などと、ウチのフロントが考えたのであるまいな。

同じ日に中止になった試合はいくつかあって、いずれも代替開催日はもう少し先。代替開催日の決定も時間がかかった。
色々と事情はあるのだろうが、代替開催日はばらばらで、その影響もクラブごとに異なってくるのだろう。
自然災害だから仕方ないとはいえ、ちょっとフェアじゃない。

1つの提案として、プロ野球のように、Jリーグの日程にも公式な予備日を設けてはどうだろうか。
台風シーズンの中止の可能性を見越して、10月とか11月の、通常は日程がすかすかになるところで。
各クラブには、スタジアムの仮押さえを求める。或いは、地域ごとに代替開催可能なスタジアムをJリーグが確保する。
一種の保険であり、そうすることで、結果的にクラブの負担も減るように思うけれど、どうだろうか。



三ツ沢と違って、日産スタジアムの場合はバスを使わないから、到着までの時間の見通しが立ちやすい。
今日はキックオフの40分前くらいに到着。
180829-01s.jpg


水曜開催なので、当然どこの席もがらがら。
三ツ沢で良かったのでは、とも思うけれど、チケットの流用を認めるから、スタジアムを変えられないんだな。
180829-02s.jpg


ウォーミングアップを眺めながら、弁当で夕食にする。
新横浜のキュービックプラザの「人形町今半」で買ってきた「すき焼き弁当」。
180829-04s.jpg


スタメン組が引き上げた後、ベンチ組だけになったシュート練習。
最近はベンチ入りすら覚束なくなってきた尹日録。気のせいか、アップでは1人リフティングに興じる時間が長かった。
180829-05s.jpg


お馴染み、トリコロール・ギャラクシー。こんながらがらのスタジアムでやらなくて良いのでは。
これやると、ゴール裏にしかファンが集まっていないのが、光り方で強調されてしまう。
180829-07s.jpg


選手入場間際になって、急に清水サポがトリコロール・ギャラクシーに一斉参加(?)した。
マリサポより密度の濃いオレンジの灯に驚嘆。彼らのノリと準備の良さに感謝。
180829-08s.jpg


過密日程の中で、中2日でリーグ戦の連戦。メンバー繰りも厳しい。
今日は勇蔵と松原と伊藤が休養でスタメン落ち、代わって畠中とイッペイと大津。なんとHugoがキャプテンマーク。
180829-10s.jpg


開始直後のCKから、先制点が生まれた。
Dusanの至近距離シュートは枠を外れていたが、清水の選手に当たってコースが変わり枠内へ。
180829-11s.jpg


中2日の影響なのか、あまり動きは良くなかった。
サポートが遅く、選手間の距離が遠くなり、単騎突入みたいな攻撃が目立った。
180829-12s.jpg


清水の攻撃は、Douglasに長いボールを当てるか、サイドの裏を突くようなパターンが多かった。
前者は、空中戦だけなら分が悪くはないが、動きが鈍いからセカンドボールを拾えず、二次攻撃を受けてしまう。
180829-14s.jpg


3バックの攻撃時の動きが、多少整理されてきたように感じた。
ボールサイドはSBのように押し上げ、最後方は2枚で守る。そして、ボランチの1人が引き気味にボールを呼び込む。
180829-16s.jpg


ハーフタイムの散水。ピッチのこっち側だけ、やたら重点的に撒いてないかね。
重点的に撒いたところだけ、ボールが走ると飛沫が舞うくらいびしょびしょになる。
180829-17s.jpg


1-1で後半のキックオフ。
ただでさえ連戦で動きが重いところ、中3日の清水に対して、中2日のマリノスがより苦しくなりそう。
180829-19s.jpg


前半と同じような光景、逆の展開。後半開始早々、清水に逆転ゴールを奪われた。
Douglasが胸トラップから豪快なボレー。悔しいが、あれはゴラッソだった。
180829-20s.jpg


悪い流れは続く。Douglasに抜かれて後ろから手で止めたDusanに2枚目の警告、そして退場。
なお間が悪いことに、畠中を下げてCBを2枚に減らした(4-3-3に変更した)直後のことだった。
180829-21s.jpg


ここから後は、リスクを冒して攻めるために、ポジションはあまりはっきり決まっていなかった。
攻められた場面では喜田が下がって、ThiagoとCBを組むような形になった。攻撃時は、喜田も中盤に上がる。
180829-22s.jpg


1点を追って1人少ない状況。当然、ボールを奪われると危険なカウンターに晒される。
それを決めきれない清水も、あまり調子が良いとは言えなさそうだった。なんとか、とどめの3点目は免れていた。
180829-23s.jpg


右からイッペイと仲川、左から尹日録と山中。どうにか好機を作り出してはいた。
ただ、こぼれ球を拾って繋ぐところで1人足りなかったので、厚い攻撃にはできず。10人で正攻法はなかなか厳しい。
180829-25s.jpg


アディショナルタイムのCKでは、やはり飯倉が上がってきた。
相手GKの前にいた飯倉の足元にボールが転がってきて、競り合いの末、飯倉が相手GKへのファールを取られた。
180829-27s.jpg


1-2で敗れ、勝ち点の上積みはならず。
勝っていれば清水を抜いて、残留争いからも片足を引き抜けたが、なかなかそうは問屋が卸さない。
180829-28s.jpg



中2日はやはり厳しいか。選手達の動きはだいぶ重かった。
それでも清水が神戸ほどは攻めてこないからか、なまじボールを持ててしまうのが、さらに良くなかった。
なんとなく前には進むのだけど、サポートの厚い連動した攻撃みたいなのが少ないから、手詰まりになりやすい。
そういうときは、攻めては前にゆっくり進み、守っては後ろに走って戻ることになる。
こういう状況から良いサッカーが生まれることって、まずない。

1人少なくなって、いよいよ厳しいかなと思ったら、そこからは案外面白いことができた。
清水が受け身になり過ぎたか、決してマリノスは良い攻撃ではなかったけれど、局面の頑張りで好機は作れてしまう。
サイドからHugoにクロスという、最も自然体でできる攻め方。追い込まれて、難しいことは考えなくなったか。
されど、スコアは動かず。最近、ちょっとHugoの当たりが止まってる。焦りからか、こねすぎも散見される。

そして、怪しい判定に泣かされた場面もあった。
判定に文句を付けても変わらないし、恐らく、問題はそれ以前の自分達のサッカーにある。
ただ、今のマリノスは、なかなか内容を求めるのが難しいし、残留のために内容よりも結果を求めている状態。
必死にやって、ぎりぎりのところで掴みかけた勝機を、ああやって無にされては、心のダメージは大きい。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs ヴィッセル神戸(A)(J1-24)

この試合は、日曜の夜に神戸で開催なので、観戦してその日の内に帰れるか心配だった。
新神戸駅から乗れる最終の東京行き新幹線は21時08分発。
18時キックオフ→20時頃試合終了であれば、乗換案内で検索する限り、特に問題なく間に合うように思われた。
実際は、なかなか大変だった。

ノエビアスタジアム神戸の観客数は、チケット完売の今日の試合だと2万5000人くらい。
最寄り駅は地下鉄海岸線の御崎公園駅だが、この地下鉄は4両編成かつ本数も多くなく、輸送能力はかなりしょぼい。

今日の試合後、御崎公園駅を使って帰ろうとしたら、駅のホームから始まる混雑がスタジアムまで続いて、「御崎公園駅へ向かわれるお客様の退場規制」によりスタジアムからなかなか出られない事態に陥ってしまった。
当然、敷地の外に出ても、御崎公園駅までなかなか進まない大渋滞。御崎公園駅の中もえらいことに。
あの手この手を使ってどうにか1時間で新神戸駅に着けたが、まともに規制に付き合ってたら、確実にアウトだった。

備忘録として、ノエビアスタジアム神戸での混雑する試合からの、より良い帰宅方法を記しておく。
1つは、地下鉄であれば御崎公園駅ではなく、スタジアムを挟んで隣駅の和田岬駅を使う。三宮方面へは大混雑でまず乗れないから、逆方向の新長田方面に乗り、新長田駅で地下鉄山手線に乗り換えて新神戸駅へ。
地図上では少し回り道になるものの、三宮で乗り換えに長い距離を歩く必要がないため、所要時間は概ね同じくらい。
もう1つは、スタジアムから裏道を歩いてJR兵庫駅まで歩く。20分くらいかかるけれど、混雑とは無縁みたい。
ビジター側のスタンドからは、兵庫駅方面への裏道にすぐ出られるので、退場規制の影響も受けずに済む。



スカイマークで神戸へ。スタジアムに向かう前に三宮で食事にする。
時間帯としては、遅めの昼食。カジュアルな肉料理の「レッドロック」の本店へ。
180826-01s.jpg


「ローストビーフ丼(大)」を食べる。肉の山の下にライスが埋もれている。
3月のアウェー浦和戦のときに食べた「がぶ丼」に近い食べ物。これは、あの時と同じく完封勝ちする予兆としたい。
180826-02s.jpg


そして、今年2回目のノエビアスタジアム神戸へ。
がらがらだった前回とは違い、今回はIniesta効果でチケットは完売。混み具合がだいぶ違った。
180826-03s.jpg


到着がキックオフの1時間前くらいだったので、自由席はだいぶ埋まっていた。
ならばいっそ、ゴール裏に近いところが良いと思い、メイン自由席(ミックス)の端っこへ。
180826-05s.jpg


選手達がウォーミングアップに出てきた。
今日も3バックの一角で先発する勇蔵と、移籍後初スタメンとなる久保を捉えた。
180826-06s.jpg


キックオフ前にトイレに行くとき、ゴール裏を写してみた。
ゴール裏スタンドの7割くらいがマリサポに割り当てられ、残りはバックスタンド自由席の増設分になった。
180826-08s.jpg


角っこの席に戻って、メインスタンドとその向こうを写す。
メインスタンドのこっち側には、点在する形になったものの、結構多くのマリサポが座っているようだった。
180826-10s.jpg


ここからは試合中の様子を。
神戸で注目のIniestaは左のIHで出場。とてもお上手だった。怖いパスばんばん出してた。
180826-13s.jpg


マリノスはやや慎重な構えで、あまり思い切って全体を押し上げるようなことがなかった。
PodolskiやIniestaが攻め残ることがあり、カウンターで彼らを使われると怖かったからか。
180826-14s.jpg


Iniestaに対して喜田が強く当たって奪いにいく場面があった。
喜田が見事に奪いきったと思ったら、直後にIniestaもがっつり当たってきて奪い返された。熱い1対1だった。
180826-16s.jpg


やや耐える展開を余儀なくされつつ、0-0で折り返す。
後半も、まずはしっかり守るところから入るか。間延びしてきたら、カウンター要員を投入して狙うか。
180826-18s.jpg


自陣深くからの鮮やかな速攻を、最後は久保がゴールに突き刺した。
中央からサイド、そして中央へ、理想的な素早い展開だった。そういうサッカーのために獲った久保が動かし、決めた。
180826-20s.jpg


マリノスが先制して、いきおい、神戸がさらに攻勢をかける展開に。
神戸の後ろの方はちょっと足元が怪しかったので、時折、有効と見れば前から詰めることもあった。
180826-21s.jpg


マリノスの好機は主にカウンターか、カウンターから奪ったセットプレー。
3枚のCBに競り合いの強さがあるので、願わくばこれでもう1点を取りたかった。
180826-23s.jpg


カウンターの好機を、途中出場のHugoも虎視眈々と狙う。
ドリブル突破狙いは大抵潰されたが、同じく途中出場の仲川とのコンビで何かしてくれそうな雰囲気はあった。
180826-24s.jpg


終盤は猛攻を受けたが、神戸のFW陣のシュートが下手で助かった。
Podolskiが前線に張って、Iniestaからパスをもらってシュートに徹された方が、よほど怖かった。
180826-25s.jpg


押され気味の試合を粘り強く戦い、アウェーで強かに勝ち点3を獲得。
ようやく、3バックに変えて1勝できた。まだまだ不格好なところがあるけれど、戦う準備は整ってきたかな。
180826-26s.jpg


無失点勝利を喜ぶ守備陣の選手達。
Angeの志向とは別の次元で、こういう光景にマリサポは懐かしい充実感を覚える。そうでもない?
180826-27s.jpg


アウェー神戸でトリパラが舞う。
個人的には、このスタジアムで勝ったのは初めて。1つの鬼門を突破して、喜びは増した。
180826-29s.jpg


選手達のすぐ後で、Angeもサポーターに挨拶にきた。
等々力でブーイングを浴びたときと同じく、胸を叩きながら、「俺に任せろ。俺を信じろ。」と言いたげに。
180826-31s.jpg



耐える時間の長い、タフな試合をものにすることができた。
真夏の連戦中、新しいシステムとメンバー、アウェーで世界級の名選手を擁する神戸が相手。
難しい条件の中で、現実を見れば、こういう戦い方も仕方ないと思うし、そういう試合を勝てたことは素晴らしい。

この3枚のCBは、実に耐久力がある。
特にDusanとThiagoは、出ずっぱりにも関わらず、プレーの質が落ちない。
この2枚が盤石で、3枚目としてボンバー、勇蔵、畠中が競うようだと、これはいつの間にか日本最強のCB陣では。
その前を喜田と扇原が泥臭く走り回り、天純も危ないところは下がって助けてくれる。
いきおい重心は下がるが、何だか懐かしいマリノスの試合という感じがする。
取り合えず、今は、こうやって勝ち点を稼ぎ、ルヴァン杯では勝ち上がりを狙うのも良いかも知れない。
その先、来季に向けてどうするのかは、実に難しい問題だけれど。

それにしても、Iniestaは上手かったなぁ。止めにいくのをものともせずに、次々と好機を演出していた。
Podolskiが前線で張って、この2人のラインで狙われ続けたら、もたなかったかも知れない。
Podolskiが右WGでの起用だったのは、カットインからのシュートが狙いだったのだろうけれど、前半から極端なまでに動きが重くて、Iniestaとは対照的に「今日Podolskiいたっけ?」というレベルの存在感だった。
やはり、欧州に慣れたおじさんに、日本の夏は厳しいか。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs ベガルタ仙台(EC/4R)

難しい状況で、この水曜のカップ戦を迎えた。
残留争いに巻き込まれつつあり、チームとしてはリーグ戦で勝ち点を伸ばすことが優先課題。
折しも真夏の過密日程の中なので、リーグ戦に出ずっぱりの選手はできれば休ませたい。
この辺は、まあよくある話。

今のマリノスの場合は、メンバーもやり方も変わりつつあり、しかし過密日程の中で練習の時間が足りない。
実戦の中で色々と試したり慣らせたりする機会は、どうしても欲しい。
言葉は悪いが、カップ戦は負けても敗退するだけ。後の日程も楽になる。結果が出なくても失うものは少ない。
公式戦ながらプレッシャーの少ないこの試合を使って、色々とテストや調整を行うことも、今は必要かも知れない。
事前情報から何となくそういう予感がし、スタメンを見て「やはりそうなのかな」と思った。

勿論、公式戦である以上、起用された選手達は勝ちにいくだろうし、観ている方も勝利を期待する。
その中で、結果だけを見るのではなく、この先のリーグ戦に期待が持てるものが見えれば、今日はそれも収穫になる。
そういう割り切ったような、予防線を張ったような、難しい心持ちで、今日は三ツ沢に向かった。



キックオフの20分前くらいに三ツ沢に到着。
今日はバス待ちは短かったけれど、道が混んでいて、やはり時間がかかった。
180822-01s.jpg


自由席のマリノス側、バックスタンドの席で観戦する。
やはり、この辺から見るのが、一番落ち着くな。
180822-02s.jpg


ウォーミングアップも既に終盤。
移籍後初出場の畠中と久保、久しぶりに出場の尹日録、怪我明けの仲川など、だいぶ鹿島戦からは入れ替えた。
180822-04s.jpg


ゴール裏からバックスタンドにかけては、だいぶ埋まった。
こんな状況での難しい位置付けの試合だけれど、サポーターは色んな思いと期待を胸に駆け付ける。
180822-05s.jpg


こちらはアウェー側のゴール裏。
在京組も結構いるのかな。平日のカップ戦ながら、まずまずの埋まり具合。
180822-06s.jpg


選手達が入場してきた。
今日はマチがキャプテンを務める。
180822-07s.jpg


12番入口と13番入口との間は、今までよくビッグフラッグの下になってきた。
今年は、マリノスの主催試合だと、この辺は指定席だったっけ。普段はどこでビッグフラッグを展開しているのだろう。
180822-08s.jpg


3バックは右からThiago、Dusan、畠中。
時間が経つにつれて、良い感じにまとまってきた。3人とも1対1に強そうなのが頼もしい。
180822-09s.jpg


今日初出場の2人の背中を捉える。
攻撃時、畠中は左SBのように開き、久保は動いてボールを引き出す。左サイドの手詰まりはあまりなかった。
180822-10s.jpg


イッペイの仕掛けからPKを獲得。
しかし、GKの逆を突いたHugoのキックは、無情にもポストに当たって跳ね返った。
180822-11s.jpg


攻撃時には、思い切ってラインを押し上げていた。
それに呼応して、飯倉も高い位置に顔を出す場面が増えた。ちょっとボールをこねすぎな感もあるが。
180822-12s.jpg


ハーフタイム、弁当で夕食にする。
高島屋の「なだ万厨房」で買った「匠の膳(8月)」。タイムセールだったのか、400円引き。
180822-13s.jpg


1-2で後半のキックオフ。
もっと点を取れそうな可能性は感じるので、後半も攻めきってほしい。
180822-15s.jpg


追い付いて、また突き放された。1失点目に続き、石原に凄いボレーを叩き込まれた。
動き出しとシュート、さらにクロスを褒めるしかない。我々の選手達にも参考にしてほしいくらい、見事な得点だった。
180822-16s.jpg


イッペイの仕掛けが有効だった。仙台の永戸は対応しきれていなかった。終盤はイッペイも息切れしたが。
Thiagoが持ち上がって高い位置を取るのも有効だった。WBとの連携があれば、スピードが武器になるかも。
180822-17s.jpg


ゴール前のFKの好機。久保とHugoが、どちらも自分が蹴ると譲らず、結局Hugoが折れて久保が蹴った。
今日はCKも全部久保が蹴っていた。球筋を何種類か使い分けて、概ねターゲットに合わせられていた。
180822-18s.jpg


ボールを持ったとき、久保の技術はさすがだった。あれは戦力になると思う。
大事なのは、勇気をもって早めに久保にパスを付けること、そして周りも久保を信じて次の動きを起こすこと、かな。
180822-19s.jpg


終盤、イッペイのロングスローというか、長いスローインも見られた。
鹿島戦でも1回やってたっけ。Dusanが結構競り勝ってくれるから、こういうパワープレーっぽいのも有効と思う。
180822-20s.jpg


惜しい場面が何度もあり、だいぶ攻めたけれど、攻めきれず。仙台に、というより石原に負けた気分。
これで今季の天皇杯は敗退になってしまったけれど、この試合で、少し希望が見えた気がする。
180822-23s.jpg


敗戦を悔しがるDusanと、手を差し伸べる久保。
観ている方は、負けたけど手応えがあったなんて言えるけれど、選手達は、やはり負けたら悔しいよな。
180822-25s.jpg



負けたこと、天皇杯は4回戦で敗退となってしまったことは、とても残念。
これがマリノスの現状。精一杯やってくれた試合だったけれど、点を取られすぎ、攻めきれなかった。

途中加入選手だけで組んだ3バックは、1人1人の能力の高さと持ち味が出ていたと思う。
Dusanは空中戦の強さと縦パス、Thiagoは速さと奪う力、畠中は位置取りと足元の技術、と見受ける。
3人とも、競り負けることが少なく、攻撃でも貢献できるところが素晴らしい。
それだけに、3失点もしてしまったのが悔しい。
崩されたわけではないのに、石原のゴラッソ2発に沈められてしまった。
あれは仙台の狙いだったのだろうけど、あそこまで鮮やかに決めてくるとは。

試合が進むに連れて、新しいメンバーや新しい起用法が上手く機能するようになったのが、見ていて嬉しかった。
久保にボールが入るようになり、攻め手が増えたことも然り。
Thiagoや畠中が持ち上がることで、サイド攻撃に厚みが出たことも然り。
仲川のトップ下、大津のWBでの起用が、力業での突破というアクセントで攻撃を活性化したことも然り。
公式戦3連敗となったけれど、この3試合で、目に見えて良いところが増えてきている。

悔しさと手応えを胸に、次はまた中3日でリーグ戦。
今度は、「負けたけど手応えあり」などと言ってられない。勝ち点という結果が必要。
日曜の夜に神戸って、2年連続で嫌がらせのような日程だけれど、負けずに応援してくる。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示