FC2ブログ

[Marinos 2018] vs 鹿島アントラーズ(H)(J1-11)

Jリーグ創設から、一度も下部リーグに落ちたことがないのは、マリノスと鹿島だけ。
この事実は、我々が思っているよりも、重いものなのではないかと、この試合を前に考えてみた。

単純比較はできないものの、他国リーグでもこのようなクラブは実に少ない。
Manchester Unitedでさえ二部落ちを経験しているし、Bayern Munchenはリーグ創設時のメンバーではない。
欧州主要リーグでは、SpainのReal MadridとFC BarcelonaとAthletic Bilbao、GermanyのHamburger SV、ItalyのInternazionale Milanoくらいのもの。EnglandとFranceには、そのようなクラブは1つもない。
ざっと調べたところ、Jリーグと同等以上の歴史があるところでは、1国に1クラブくらいずつしかない。

今現在、この記録に大きな価値があるとは思っていない。
しかし、今後Jリーグの歴史が積み重なり、50年、100年と続いたとき、「Jリーグ創設時から一度も下部リーグに落ちたことがない」という栄誉を保持している可能性があるのは、マリノスと鹿島だけ。その可能性に価値がある。
当たり前のことながら、今後他のクラブがどんなに勝利を積み上げようと、この栄誉を手にすることはできない。

そのような栄誉を、将来振り返ったとき、それは伝統という無形の財産になる。
ベイスターズの池田前社長も言っていた通り、伝統はどんなに金を積んでも手に入れることができない。
そして、チームの強さにはどうしても波があるのに対して、伝統というのはクラブにとって普遍的な価値がある。
縁あってマリノスを応援する者として、強さを求めるだけでなく、この積みあがる伝統をも大切にしたい。



今日は夜の試合なので、試合前の食事は午後遅めにゆっくりと。それゆえ、昼から夜まで通し営業している店を選ぶ。
久しぶりに野毛の「センターグリル」を訪れた。いつの間にか、隣(左側)の建物と一体に増築されていた。
180428-01s.jpg


定番の「特製浜ランチ」。オムライスとチキンカツと野菜。
これを試合前に食べたときの勝率は、ちょっと頭の中にデータがない。今日の試合次第だな。
180428-02s.jpg


キックオフの1時間30分と少し前、日産スタジアムに到着。
いつもより少し早く着いたのは、冷やかしで申し込んだ選手サイン会に当選してしまったため。
180428-03s.jpg


取り合えず、いつもの場所。4週連続でここ。
もうだいぶ日が沈んでいたので、今日は眩しくない。でも、急激に気温が下がってきて、少し寒かった。
180428-04s.jpg


サインはこちら。ベンチ外の選手から、今日は和田(29番)とBabunski(33番)が選ばれた。
慣れないもんで、1人からしかもらえないと思っていて、色紙は1つだけ。サインが向き合う、妙な図式になった。
180428-05s.jpg


今日はBoumalが負傷欠場で、外国人枠に空きがあるのに、Babunskiはベンチ外になってしまった。
心中穏やかでないだろうが、笑顔で1人1人にサイン対応し、力強い握手もしてくれた。プロだなと思った。
英語で言葉を交わすことができた。「腐るなよ」って咄嗟に英語にはできなかったが。
和田ともども、メンバー復帰を待ち望むし、たとえこの先どこかへ行っても(※川崎以外)ずっと応援するよ。


暗くなる頃にウォーミングアップが始まった。
今日は伊藤がスタメンで、トップ下に入ると見られた。守備ではなく攻撃に梃子入れするのがAngeらしい。
180428-07s.jpg


アウェー側ゴール裏の鹿島サポーター。
向こうがマリノスをどう思っているかは分からないが、横浜でも鹿嶋でも、より多くのファンで対決を盛り上げたい。
180428-08s.jpg


ゴール裏のマリノスサポーター。今日はビッグジャージが4つ。内側の2つは2000年代前半かな。
10年以上もどこかに保管していたのだろうか。これも積みあがる伝統、ということか。
180428-10s.jpg


さて、試合が始まる。今日は新人の山田がリーグ戦で初スタメン。
カップ戦での高評価からリーグ戦のメンバーに割って入る。昨年の山中や扇原と同様、良い流れだ。
180428-11s.jpg


1対1の競り合いで、山中が体を張ってボールを奪う。
今日は、やや荒い鹿島のコンタクトプレーに対しても怯まず、各選手に球際での気迫を感じた。
180428-12s.jpg


左サイドの崩しから天純が縦に抜けてシュート、そのこぼれ球を渓太が反応良く押し込んで先制。
2点目の天純ともども、前回の対戦に続く得点を挙げた。これは、頼もしき鹿島キラーの誕生か。
180428-13s.jpg


何度か危ない場面はあったものの、それ以上に鹿島のぐずぐずなプレーが目に付いた。
判断は遅い、しょぼいミスが多い、流れを悪くするファウルも多い。今日は鹿島らしくない出来だった。
180428-14s.jpg


今日はLeo Silvaに存在感がなかったな。寄せて奪う動きに切れがないし、後追いになる余計な走りが多かった。
スタジアムへの道中、鹿島サポーターがこぼしていた「レオは中2日厳しいと思うんだけど・・・」の通りだったか。
180428-15s.jpg


ただし腐っても鹿島。それなりに決定機は作ってくる。
決められていたら、悪いなりに勝たせてしまったかも知れない。飯倉の貢献は今日も大きかった。
180428-17s.jpg


2-0と良い展開で後半を迎える。
広島戦や札幌戦の轍を踏まないよう、立ち上がりから締めていこう。
180428-20s.jpg


渓太はフル出場で攻守に働いた。上下動は相変わらず良い。問題は横方向の動きとプレーの選択。
最近思うのだけど、渓太は齋藤学ではなく坂田大輔の系譜、つまりWGではなく中央でより生きるのではないだろうか。
180428-21s.jpg


途中交代で右WGに入った仲川(※渓太は左WGへ)。
今日も右サイドで見せ場を作り、マチの3点目をアシストした。ようやく1つ、結果が出たね。
180428-23s.jpg


今年は得点のペースが上がったからか、Hugoの働きが2割増しくらいになった気がする。
終盤の体力的に厳しい時間帯でも、五分のボールを懸命に追って、相手に流れを渡さなかった。
180428-26s.jpg


最後まで緩まず、3-0で快勝。
金井に抱きつく若い山田と、それを笑顔で見守るベテラン飯倉。良い光景です。
180428-27s.jpg


久しぶりに、日産スタジアムにトリパラが回る。
自分も今季初めてトリパラを回した。週末のホームゲームにしか持っていかないので。
180428-28s.jpg



3-0というスコアは望外の結果。
今日は札幌戦とは逆に、ボール支配率、枠内シュート、CKの全てで鹿島を下回った。
マリノスが目指す主導権を握り続けるサッカーという観点からは、手放しでは喜べない内容だったのは事実。
それでもスコアの上で完勝できたのは、1つに選手達の奮起、もう1つに鹿島の出来の悪さがあったと見ている。

引き分けたが大量失点した湘南戦も含め、ここ最近、リーグ戦では不甲斐ない試合が続いていた。
選手達のコメントからも、忸怩たる思いは伝わってきていた。
そんな中で、今日は鹿島相手にホームで夜の試合という、テンションを上げるには格好の要素が集まり、選手達は奮起してくれた。戦術的に未熟な部分は仕方ないとして、局面での集中力とハードワークを保って戦った。
今日は、安い失点を喫しそうな雰囲気はなかった。

鹿島は、どうしちゃったのだろうと思えるくらい、鹿島らしくなかった。
マリノスの弱点を突いてくるでもなく、自分達の攻撃の形ができているでもなく、それでいて技術的なミスを連発。
天敵の土居と守備の要の(はずの)昌子の欠場もあり、緩んだらやられるといういつもの怖さを感じなかった。
まあ、上手くいかないときはどのチームにもあるもの。良いタイミングで対戦できたと喜んでおこう。
彼らはACL疲れもあるのだろうな。川崎やセレッソと違って、ACLにも全力で取り組んだから。

そんなこともありつつ、とにかく、ホームで鹿島に勝った。これは素晴らしいこと。
無理矢理にでもこれを弾みにして、「15連戦」の残りを良い形で走り抜けたい。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs 北海道コンサドーレ札幌(A)(J1-10)

午後休を取って、ANAの特典航空券で札幌へ。
日程君のいじめにより、この「15連戦」、遠くのアウェーで水曜のリーグ戦が2つ組まれている(広島と札幌)。
失効しそうなマイルが結構あったので、それを使ってどちらかは行ってみようと思っていた。
どちらか1つとなると、毎年のように訪れている広島よりも、行けるときに行っておきたい札幌。相性的に何となく勝てそうな札幌。珍しく厚別で開催の札幌。空港のホテルに泊まれて、翌朝一番の飛行機で東京に戻って出勤できる札幌。
そして何より、10年前に研修のため1年間過ごした愛着ある札幌だから、行きたくなった。

厚別の競技場は、その2008年に、J1札幌の試合を観に何度か行ったことがある。
その年は7月以降に何試合か厚別で開催され、多くは札幌ドームでの試合だった。
札幌ドームの方が観やすいし、客が入るし、天候気候の影響を受けないから、本来はそちらがメインになる。
今回は、同日に札幌ドームで野球の試合があるので、サッカーは煽りを受けて厚別送りになったのだろう。
札幌もまた、日程君にいじめられたのであった。



16時過ぎに新千歳空港に着いて、空港内に併設されるホテルにチェックイン。
スタジアムに向かう前に、空港内に豊富にあるレストランの中から、「松尾ジンギスカン」で早めの夕食にする。
180425-01s.jpg


寿司やスープカレーやラーメンは横浜でも食べている。何か北海道らしいものをと思い、ジンギスカンにした。
この「松尾ジンギスカン」は滝川に本店があって、そこも行ったことがある。予め肉をタレにつけておくスタイル。
180425-02s.jpg


新札幌駅からシャトルバスで、札幌厚別公園競技場に到着。キックオフ30分前くらい。
ここはスタジアム正面に一般人が近付けないので、入場ゲートを写しておく。
180425-03s.jpg


メインスタンドのアウェーシートという指定席から観戦する。
一番端っこではなく、このような半端な位置に設けられた、100人弱のビジターサポーター用の隔離席。変な席割り。
180425-04s.jpg


ウォーミングアップの最中だった。
ボンバーは今日も半袖、だけど珍しく長袖のアンダーシャツを着ている。まあ、この時点で気温は10度だったから。
180425-05s.jpg


札幌のメンバー発表から、ベンチ入りの兵藤を写す。札幌には2年目。
河合は怪我で離脱中らしい。健在でも、今のメンバーに割って入るのは難しいかな。でも、また会いたかった。
180425-06s.jpg


半端な位置かつ上段にあるアウェーシートには、選手達はほとんど気付かない。
Hugoが気付いて手を振ってくれた。おぶりがーど。
180425-07s.jpg


選手入場時の写真撮影が、なかなか始まらない。
カメラマンが誰も撮りにこないからかと思っていたら、Hugoがスパイクを履き替えていたらしい。
180425-10s.jpg


キックオフ直前、ゴール裏のマリノスサポーターを写す。
週末ならもっと沢山駆け付けたのにな。なぜウチだけ2年連続で平日に札幌アウェーなのか。
180425-12s.jpg


今日は連戦のコンディションを考えて、金井がリーグ戦では初めてCBでスタメン起用された。
1対1でも後れを取ることはなかった。空中戦に目を瞑れば、結構いけるか。(Milosも身長の割には空中戦弱いし。)
180425-13s.jpg


今日もスタメン、不動の左SBの山中。連戦の中でも、飯倉・ボンバーと共にリーグ戦はフル出場中。
ただ今日はちょっと、相手の攻撃の狙いどころになってしまったな。
180425-15s.jpg


押し気味に試合を進めていた前半終了間際、CKから金井が押し込んで先制。
ボンバーをファーサイド遠目で折り返しに使った作戦は良し、空いたスペースに嗅覚鋭く走り込んだ金井も見事。
180425-16s.jpg


ハーフタイム、札幌のマスコットのドーレ君と、J:COMのマスコットのざっくぅ。
駆けっこ対決をして、ざっくぅの分身の大群がドーレ君の進路を妨害した結果、のろのろ走るざっくぅと同着になった。
180425-19s.jpg


後半、試合は一変、札幌にペースが移った。
前からプレスがかからなくなり、後ろは相手のプレッシャーに晒され、機能不全に陥った。
180425-20s.jpg


飯倉さん、こんなところで何してるんですか、と言いたくなる1枚。
右側に一部見えている円は、センターサークルです。
180425-21s.jpg


何だか嫌な感じに押されている中で、あっさり逆転まで許してしまった。
決めたのは左の35番進藤、しかし祝福の輪はアシストした菅に群がる。進藤のいじられ放置が少し笑えた。
180425-22s.jpg


マリノスはマチと渓太を投入して巻き返しを図る。
右サイドの渓太は悪くなかった。ただ、抜いた後の崩しの局面で、今日も少しもじもじした。
180425-24s.jpg


後半ロスタイム、天純の直接FKは、軌道を見て入ったと思った。
しかし、札幌のGK具聖潤にぎりぎり弾き出された。あれが今節のベストセーブになった。ついてない。
180425-26s.jpg


後半の最後の方に攻勢を取り戻したが、追い付くことはできず、1-2で敗戦。
頑張って札幌まで駆け付けて、寒い中で応援し見守ったが、残念ながら報われなかった。
180425-28s.jpg


ゴール裏に挨拶にいく選手達。少し長めに立っているように見えた。
どうやら、コールリーダーから激励のメッセージみたいなのがあったそうだが。
180425-29s.jpg



試合を観にいくときは、いつも勝ちたいと思っている。
だから、こういう試合の直後は、非常に歯痒く、「ちきしょう!」と叫びたくなる。
少し落ち着いて、「また負けたか」と落胆する。
「また負けた」とは、何とも悲しい響きだ。

つまらない話はそのくらいにして、書き残しておきたいこの試合の感想も少々。
前半は試合を支配していた。後半も、流れは札幌に奪われたが、さほど崩されてはいなかった。
公式記録では、枠内シュート数は12対4、CKの数も12対1だった。決定機は数えられていないけれど、多分90分トータルではマリノスの方が多かったと思う。なのになぜ、ころっと負けてしまうのか。

選手達も言っているように、あっさりやられる、安い失点が増えている気がする。
攻から守への切り替えが遅いし、そこを抜かれると危ないという場面で簡単にかわされてしまうことが多い。
相手に気持ち良く攻撃させてしまっては、防ぎきれない場面もそりゃ沢山できてしまう。
開幕戦の前半に見られた、奪われてもすぐに攻撃的な守備に移る躍動感を取り戻したい。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs 湘南ベルマーレ(H)(J1-09)

日産スタジアムのバックスタンドは、昼間の試合では逆光が厳しい。
スタンドが南西を向いているため、方角的に、午後は太陽と正対することが多い。
それでも、時期や時間帯によって、少しずつ影響は異なってくる。

理屈としては、太陽の光を受ける角度と、ピッチへの視線の角度との差が小さい程、視界への影響も大きくなる。
その意味では、夕方の低い太陽が厳しい。そして、視線が水平に近い1階席は、ピッチを見下ろす2階席よりも厳しい。
それから、太陽が沈む方向も季節により異なるので、その影響もある。
夏季は太陽がより北寄りに沈むため、日産スタジアムではホーム側のゴール裏、すなわちピッチへの視線よりもだいぶ右側へと太陽が沈んでいくから、影響が小さくなる。他方で、冬に近い時期は、より正面に近い南寄りに太陽が沈む。
日産スタジアムで言うともう1つ、同じバックスタンドでも、ホーム側ゴール裏に近い方が、日除けになってくれる壁が近くなるので、低くなった太陽の光を受けずに済む。今年、中央寄りのSC席にして、この点では後悔している。

今日は、今季初めて、快晴の下でのホームゲームとなった。
雨は困るけれど、晴れ過ぎもちょっと困る(選手達も暑くなるし)。
サッカーという屋外スポーツ、観る方も工夫しないと、100%楽しめない。
自分の今後への戒めに、ここに記す。



毎週のようにホームゲームが続き、「試合のときに、どこに食べに行こうかな」を考えるのが少々億劫に。
この前はうどんを食べたので、今日は蕎麦。自分にとっての定番、たまプラーザの「風來蕎」へ。
180421-01s.jpg


例年、春先だと温かい蕎麦にするのだけれど、今日はこの時期にしては暑かったので、冷たい蕎麦を。
季節メニューの「筍と春野菜の天ぷらそば せいろ」にした。筍の天ぷらが香ばしくてグッド。
180421-02s.jpg


3週連続で日産スタジアム。キックオフ1時間前に到着。
駅からここまで歩いてくるだけで、なかなか暑いと感じた。
180421-03s.jpg


逆光厳しいバックスタンドへ。キックオフが近付くまで日陰に避難することにした。
そう言えば、年間チケットにはE15入口が指定されているところ、今日はE14入口からも入れた。運営を改めた?
180421-04s.jpg


ウォーミングアップが始まったところ。選手達の影の長さからも、太陽の光の角度(が低いこと)が分かる。
ハーフタイムに日が沈むまで、自分より右側を正視するのは難しかった。手のひさしが必要だった。
180421-07s.jpg


アウェー側ゴール裏の湘南サポーター。
彼らにとっては最も近いアウェーのはず。願わくば、もうちょっと来て下され。
180421-08s.jpg


キャプテンのボンバーを先頭に、選手達が入場してくる。
ボンバーの後ろが大きく空いているのは、多分、天純をエスコートする子供(マリノスケの後ろ)が不機嫌だったから。
180421-09s.jpg


ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
肉眼では正視するのもしんどかったが、今のデジカメは逆光でもある程度は撮れる。昔のカメラなら真っ黒。
180421-10s.jpg


前半、早速ボンバーより前に出る飯倉。
攻撃の貢献への意欲が、今日は特に強かったように思われたが、後でそれが空回ってしまった。
180421-11s.jpg


今日も、攻撃の起点の半分くらいはこの人。
山中の左を使うのは良いことで、「山中さんお願いします」はOK。ただし、「左サイド楽しそうオレも混ぜて」はNG。
180421-12s.jpg


ゴール前の良い位置、尹日録の直接FKは枠を大きく外れた。
川崎戦のCKは良かったのだけれど・・・。もう少し、セットプレーでわくわくしたい。
180421-13s.jpg


前半、沢山ゴールが生まれた。失点→得点→失点→失点→得点→得点→失点。これは3失点目だったかな。
1-1になったときと3-3になったとき、いずれも追い付いて即失点という、壮絶なジェットコースターの展開。
180421-14s.jpg


目を疑うというか、笑ってしまうというか、前半だけでこのような見たことのないスコアに。
今まで1点の重みを噛みしめてきたマリサポ、こんなスコアと展開には心身が付いていけない(苦笑)。
180421-15s.jpg


どちらも色々と問題があるのは確かで、先に動いたのはマリノスだった。
水曜のカップ戦で光った仲川を後半の頭から投入。下がったのはBoumalで、怪我ということになっているが。
180421-17s.jpg


後半も殴りあって8-7とかになるのか、或いは攻め疲れから一転して塩試合になるのか。
とにかく、追い付かないと始まらない。
180421-18s.jpg


立ち上がりから猛攻を仕掛けて、その流れで得たCKから追い付いた。
残り30分で4-4、さあこの試合はどこへ向かう?
180421-19s.jpg


追い付くまでは、仲川の右も使って、左右から程良いバランスで決定機を作りだせていた。
その後、チームとしてノリノリになったところで、また段々と左に偏っていく悪い癖が顔をのぞかせてきた。
180421-20s.jpg


このときは右にも顔を出した天純。でもまた視線が向こう向いてる。
バックスタンドから見ていて、もっと手前サイドの仲川を使ってあげてほしいと、ずっと思っていた。
180421-21s.jpg


後ろの松原と前の仲川、こねずにシンプルにプレーする者同士、なかなか相性が良さそう。
今週は、わずか2試合で、仲川がだいぶ株を上げたな。少なくとも、見ているサポーターにとって。
180421-23s.jpg


追い付いた後で攻めきれず、試合は4-4の引き分けに終わった。
後半は湘南がへろへろだったので、もっと得点が欲しかったが、後半に攻勢をかけられたことを評価すべきか。
180421-25s.jpg



なかなかコメントするのが難しい試合。
4点も取れたことと、4点も取られたこと、プラマイゼロと言いたいところだけれど、4-4というのはプロ同士のまともなサッカーの試合とは言い難い。締まりがない。0-0や1-1で終わるよりも残念な試合だった。
昔、小中学生の頃に部活でやっていたサッカーの試合のような、ノーガードの殴り合い、というか剥き出しの喧嘩。
Angeの志向は試合の主導権を握ることであって、そういう殴り合いを腕力で制する流儀ではないはず。

得点を多く奪えたのは、ゴール前でHugoの技が神懸かり的に冴えたから。
ああやって決めてしまうのは、2試合に1回くらいの割合なのだけれど、今日は3回も決めてしまった。
幸いにも、彼にとって、今日が特別な日だった。付け加えると、映像で見直すと、湘南の守備もだいぶ甘かった。

結局、これが、現状のマリノスにとって、最も有効な得点の形なのだろう。
すなわち、彼の得意な形(サイドからのパス)で、かつ相手の守備が間に合わない早さで、Hugoに合わせること。
本当はそれだけじゃだめなのだろうけれど、このメンバーで試合をする以上、その形は常に狙いたい。
言い換えると、そこから逆算するような攻撃をAngeのサッカーで。今日の得点シーンをお手本にして。

失点については、4点とも、湘南の狙いにはまった感じだった。
マリノスのSBの裏とか大外、守備の間に合わない弱いところを突いて、そこを経由してゴール前に雪崩れ込む。
1点目と2点目は不運な事故という面もあれど、やはりそういう狙いからだった。
ただ、はめられたにしても、4失点は多すぎる。やはり今日は、マリノスに特に問題があったということ。
危ないところへのパスコースを消せなかった、出し手を自由にさせ過ぎてしまった印象だけれど、どうだろうか。
そういうところを引き締めないと、先々ちょっと不安。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示