[Marinos 2018] vs 浦和レッズ(A)(J1-04)

2週連続で水曜にカップ戦があって、開幕からなかなかのペースで試合が続いた。
今日の浦和戦が終わると2週間、代表チームの活動期間に入るため、試合がなく一息つくことができる。
そして、それが明けると、5月19日まで1か月半で15試合という気違いじみた過密日程に突入する・・・。
W杯の年は、実に日程が厳しい。

日本代表について、今月の親善試合とW杯本番を考えたとき、マリノスのサポーターとしては、少し寂しい。
前回大会までは、何だかんだと最低でも1人、マリノスから代表選手を送り込んできた。しかし、今回は非常に厳しい。
今月の親善試合のメンバーはおろか、代表予備軍が結成された昨年12月の大会にも誰も呼ばれなかった。
解説者らから代表に推す声も出ていない。

中盤より前は海外組(特に欧州組)で固められる傾向が確立し、なかなかJリーグ勢ではお呼びはかからない。
マリノスから欧州へ、そして何となくマリノスとの繋がりを保ったまま代表へ、というのが理想と現実の妥結点か。
もっとも、マリノスからの欧州移籍は、今のところ、5年前の小野(Standard Liegeへ)が最後になっている。
実現すれば戦力の低下を伴うものの、横浜から世界に羽ばたく人材が出てこないのは、それもそれで少し寂しい。



日吉から電車1本ながら約1時間30分、キックオフの1時間くらい前に埼玉スタジアムに到着。
昨年の最終節と天皇杯の決勝もここ。最近よく来ている印象がある。
180318-01s.jpg


今回もメインスタンドのS指定席から。
ある意味ゴール裏並に熱いマリサポが少々、今日は浦和サポがあまりいなくてがらがらだった。
180318-02s.jpg


ビジター応援席には、今週引退を発表した坂田と天野貴史へのメッセージが。
坂田は同い年で、結構長く活躍した印象。「あまのっち」の方の天野も、小さな体で10年以上、よく頑張った。
180318-04s.jpg


程なくフィールドプレーヤーのウォーミングアップが始まった。
復帰が目されていた喜田が、また故障したのかベンチ外。
180318-05s.jpg


浦和のスタメン発表から、ベンチスタートのMartinusを。
使われ方と言い、試合中のごろごろと言い、彼はまだ浦和の人々に理解されていない感がある。
180318-07s.jpg


選手入場。浦和とやるときは、常に双方ファーストユニフォーム。
向こうのゴール裏に空席が目立つのは、一時的に中央に密集する特別なチャントを歌っているため。
180318-08s.jpg


浦和はやはり前からプレスに来る。
マリノスは、臆せず繋いで対抗した。多少のミスはあれど、昨年や一昨年のここでの試合とはだいぶ違った。
180318-11s.jpg


今日の主審は、結構辛めに接触プレーでファウルをとった。
双方FKのチャンスも多かった。このときは、扇原が無回転と思われる良いロングシュートを放った。
180318-12s.jpg


自陣左サイドで尹日録と柏木が競り合う。
尹は、そこそこ上手さはあるのだけれど、韓国人選手らしい力強さ(ときに荒さ)をあまり見せない。
180318-13s.jpg


鳥栖戦では終始狙われて苦労した扇原は、今日はBabunskiや天純と入れ替わりながらプレーし、リスク分散に成功。
ただ、扇原らしい正確なボールでの大きな展開は、あまり見られなかった――いや、1つ決定機を演出したか。
180318-14s.jpg


お互い攻撃の形を出し合って、精度の点でやや浦和が上回りつつ、スコアは動かず0-0で折り返す。
若干怪しいのも含めて、浦和がオフサイドにかかりまくってくれたのも助かった。
180318-15s.jpg


後半、マリノスの方が優勢になった。
今までの試合(特にセレッソ戦と柏戦)と違って、課題の後半にトーンダウンしなかったのは大きな進歩。
180318-16s.jpg


流れを掴んでいた終盤、ついに均衡が破れた。
再三決定機を止められていたHugoだったが、外側の上手な位置取りから山中のパスを呼び込み、巧みに流し込んだ。
180318-18s.jpg


WG同士の交代で、尹日録に代えてイッペイを投入。
次の試合からはOlivier Boumalが出てくる可能性があり、渓太も含めWGの競争が熾烈になる。
180318-19s.jpg


この場面は止められたが、イッペイは果敢に向かっていくのが良いところ。
Angeのサッカーは、WGが躊躇するとすぐ詰まってしまうので、彼のプレーは結構合っている気がする。
180318-20s.jpg


ロスタイムに入り、CKを得たところで、中には放り込まず繋いでキープする。
露骨なコーナーキープが上手な選手って実はあまりいないから、これで良いと思う。
180318-21s.jpg


1-0で逃げ切り、今季リーグ戦初勝利。
昨年の最終節に続き、今年も埼玉スタジアムの狭いビジター応援席に、窮屈そうにトリパラが回る。
180318-22s.jpg


インタビューを終えて、遅れてHugoがサポーターに挨拶に来た。
今日は彼に何度も決定機が訪れた。チームとして進歩していると思うし、彼も調子を上げてきたかな。
180318-25s.jpg


帰り道、長い電車移動の途中で降りて、武蔵小山の「がぶ」で夕食にする。
日曜なので、他にも考えていた候補では開いていない店が多くて、久しぶりにここを選んでみた。
180318-26s.jpg


名物の「がぶ丼」、御飯だけ大盛りに。
肉の量も盛り方も、小さな店だからできる独特なメニュー。御馳走様。
180318-27s.jpg



リーグ戦で勝ち点3を得ることができた。
ここまで苦しかったような、意外と早かったような。
2012年に「GWまでカップ戦も含め未勝利」というのを経験しているので、その時のことを思えばまだ我慢できるという心境で、ただ先週の試合を観てまだ少し厳しいかなと覚悟もしていた。
結果が出たことは、この先の取り組みに向けて大きなプラス。サポーターも一安心できる。
2週間の中断をポジティブな気持ちで過ごせることはありがたい。

結果もさることながら、浦和を相手にポゼッションで上回ったのは、昨年や一昨年の試合(特に埼玉スタジアムでの試合)を思い出して比べてみると、大きな進歩であるように思える。
一時期は、結果に直結はしないものの、大半の時間帯で浦和にボールを回されるという試合が続いた。
それが、今日は怯まず後ろから繋ぎ、守備も前から積極的に出て、攻守にある程度主導権を握ることができた。
そこに結果が付いてきたものだから、これはとても喜ばしいこと。単なる1勝ではないね。

敢えてちょっと冷めた見方をすると、今日の勝因の半分弱は、浦和の出来の悪さに助けられたとも思える。
強かったときのような攻守のプレー強度を感じなかったし、後半の交代策も何がしたいのかよく分からなかった。
そして、空席が目立つスタンドも、一時期のような埼玉スタジアムの圧迫感を感じさせなかった。
まあ、どのチームにも好不調はあるもので、試合の結果や内容というのは、その時々の相手との相対的な噛み合わせで決まる部分も小さくない。そして、10か月という長丁場のリーグ戦では、巡り合わせの良し悪しは付き物。
良い時期に浦和と対戦できた気がする、その幸運にも感謝したい。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs ベガルタ仙台(H)(LC/GS-2)

この8日間で3回目の三ツ沢での試合になる。
日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の開場後は、これ程に三ツ沢での試合が続くことはなかったように思う。
球技専用なので見やすくて、ホームの雰囲気も出しやすいのは、言うまでもない三ツ沢のメリット。
ただ、これだけ続くと、デメリットも強調されて見えてきてしまう。

1つには、アクセスの問題。
横浜駅からバスか、三ッ沢上町駅から徒歩。前者はバス待ちの時間が長かったり渋滞したりで所要時間が一定せず、後者は駅を出るところからして結構歩かされる。平日の試合はぎりぎり到着が多く、これは結構大事な問題。
もう1つは、スタジアムの設備。
バックスタンドの座席には背もたれやカップホルダーがなくて、幅も日産スタジアムに比べて狭い気がする。トイレも広くないので、ハーフタイムなどは結構並ばされる。あと、スタンドに屋根が全くないのも、雨が降ったときには困りもの。

自由席の場所取り問題もあったけれど、自分は今年から指定席の年間チケットにしたので、もうあまり関係なし。
ただ、自由席は狭くなったしチケットが取りにくく、バックスタンドの指定席は早割でも4100円と高額で、いずれにせよ気軽に人を誘いにくくなった。ますます一見さんには厳しいスタジアムになってしまった。
そういうところが気になると、日産スタジアムが実は思っていたより良い箱だったことに気付かされる。



横浜駅からの直行バスがなかなか来ず、浅間下からの坂も渋滞していて、思ったより時間がかかってしまった。
キックオフの20分くらい前に到着。飯倉の幟がお出迎え。
180314-01s.jpg


自由席の頃は、入場した後が駆け足になって、席の確保に必死だった。
三ツ沢でも気持ちに余裕が持てるという点で、指定席の年間チケットはありがたい。
180314-02s.jpg


早くも今季3回目の我が指定席。
この位置からの見え方というのも、昨年までとは違って、実は少し戸惑っている。
180314-03s.jpg


選手達のウォーミングアップも終わりの頃。
今日は仲川がようやくベンチ入りしたか。出番あると良いな。
180314-04s.jpg


トイレに行きがてら、スタンドの上段から1枚撮ってみた。
本当は、これくらい角度があって見渡せる方が好きなんだよね。さらに言うと、もっとゴール裏に近いところ。
180314-05s.jpg


アウェー側ゴール裏の仙台サポーター。
在京サポーターもそれなりにいるのだろう。声は良く出ていた。
180314-06s.jpg


直近のリーグ戦から連続スタメンは飯倉とMilosと尹日録と、意外にもマチ。
後ろの2人はキーマンだから今は外せないとして、前の方はレギュラー争いの当落線上の選手のテストという感じ。
180314-07s.jpg


今日もばたばたな試合の入りで、リーグ戦から3人が入れ替わる急造の守備陣ではなかなか落ち着かなかった。
仙台の攻撃は、前半は飯倉が高い位置を取っているのを見てのロングシュートが多かったが、大きく外れていた。
180314-09s.jpg


セットプレーのキッカーをBabunskiと分担した吉尾。
今日はトップ下を任されて躍動。あの気が利いた動きは、Angeのサッカーとの相性が良いね。
180314-11s.jpg


サイドの高い位置でノッキングする傾向は、なかなか改善されず。イッペイも左では苦労していたな。
今日は尹日録のプレーがだいぶ迷走していた。一度きちんと役割と動きを整理してあげないと、かわいそう。
180314-12s.jpg


シンプルかつ素早くボールを動かすべきAngeのサッカーにあって、ボールを持ちたがるBabunskiのプレーはやや異質。
ただ、ボールが上手く回らないと、打開するために彼の個人技に期待してしまうという、苦しいジレンマがある。
180314-13s.jpg


そんなBabunskiの持ちすぎとも言えるプレーが、相手の厳しいタックルを招き、一発退場に追いやった。
しかし、数的有利が相手に守勢を徹底させ、攻めにくくなるという皮肉な事態になった。
180314-14s.jpg


0-0でハーフタイムに入り、ここで夕食にする。
今日も高島屋の「なだ万厨房」で買ってきた、「はるうらら」という弁当。暖かかったので雰囲気ぴったりだった。
180314-15s.jpg


新発売(?)の自分のぬいぐるみを手に、マリノスケがバックスタンドに回ってきた。
最近、マリノスケもよく見かけるなー。
180314-16s.jpg


選手達がピッチに戻ってきた。
後半、前の方に人数をかけてチャンスを増やし、何とかまず1点を取りたい。
180314-17s.jpg


押し込むが、時折、仙台のカウンターを受けた。
右SBでフル出場した山田、攻撃時は中に絞ったプレーで持ち味が出たが、守備では1対1に苦戦していた。
180314-18s.jpg


膠着を打開しようと、仲川を投入。その少し前には和田も投入されていた。
今日の仲川は良かったという声も多いようだけれど、自分の席からは彼のプレーが見えにくかった。
180314-20s.jpg


和田も久しぶりのマリノスでのプレー。
中央で当たりの強さを見せる場面もあり、レンタル移籍前よりも少し戦える選手になったかな。
180314-22s.jpg


終盤は攻撃が単調になり、引いて守って引き分けを狙う仙台を崩せず。
深いため息と共に、試合終了の笛が鳴ってしまった。もったいない引き分けで、勝ち点1止まり。
180314-23s.jpg


良い試合だったとは言えず、結果にも内容にも満足はできない。
それでも、目の前で挨拶されたら、敬意をもって「お疲れ様でした」の拍手くらいはしたくなる。
180314-24s.jpg



とても消化不良な、もやもやの溜まる引き分けだった。
ホームで1人少ない仙台のBチーム相手には、地力で上回って勝っておいてほしかった。
戦術的な熟成は途上であっても、だから勝てなくてもOKとは言いたくない。

押し込んで、攻めきれない。
5バックで待ち構えられると、中にも外にもスペースがなくて、攻め手が限られてしまう。
時折、ごり押しや即興のコンビネーションで崩しかけたのは良かったけれど、今日は相手GKの川浪が当たっていた。
点を取って勝ち切るには、やはり最後のフィニッシュに強みがある選手が2人くらい必要な気がする。

困ったことに、自分が座っている位置からは、ピッチのどちら側も、ゴール前の攻防が見えにくい。
特に選手が密集していると、ボールがどこかすら見えなくなることがある。
だから、映像で見たりゴール裏から見たりした場合よりも、余計に攻撃の手詰まりを感じてしまう気がする。
もっと技を磨いてもらって、「よっしゃ、綺麗に崩した!」と感動できるような得点を、早く見たい。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2018] vs サガン鳥栖(H)(J1-03)

週末のリーグ戦が三ツ沢開催のときは、自由席の席取りが激しい。
前日からシートを張って順番を確保する人も多いようだけれど、自分はやったことがなくて、いつも当日早め(キックオフ3~4時間前)に行って並んで順番を確保していた。それでどうにか、1、2人分は確保できていた。

今年は年間チケットで指定席なので、並ぶ手間暇が省ける。これはとても大きい。
今までならば三ツ沢に着いていなければいけなかった時刻でも、今日はまだ布団の中でむにゃむにゃしていた。
時間とエネルギーを金で買ったのだと、実感できた。
1日仕事だったホーム試合の観戦が、これからは半日仕事になるんだな。



昼食は横浜駅の「勝烈庵」で。
今まで、ここで食べてから試合に向かったときは無敗という、験の良い店なので。
180310-01s.jpg


どうせならでっかくいこうと、「大勝烈定食」を。
いつも御飯とキャベツをお代わりするので、なかなかの食べ応えになる。
180310-02s.jpg


今日はさほど道が混んでいなくて、15分くらいで三ツ沢に着いた。
キックオフ50分前の到着、並ばなくて良いって素晴らしい。
180310-03s.jpg


バックスタンドの11階段を上がって、自分の指定席へ。
バクスタ・真ん中・下段、やっぱここって良い席なのかな。
180310-04s.jpg


GKのウォーミングアップが始まったところと、その後ろのゴール裏。
相変わらずというか、以前にも増して、自由席の開門待ちの並びが大変みたいね。
180310-05s.jpg


フィールドプレーヤーが出てきた。
今年から、ゴール裏へは行かず、ピッチの真ん中に出てきて挨拶をする。
180310-06s.jpg


鳥栖サポーター。ゴール裏の割り当てはこれだけ。
前売券の売れ行きでホーム側との席の配分が決まるので、あまりチケットを買う人がいなかったということ。
180310-08s.jpg


さあ試合が始まる。今日はホームなので勝ちたい。
故障した喜田に代わって、アンカーには扇原が入った。あとは過去2試合と同じスタメン。
180310-10s.jpg


バックパスのミスというか意思疎通のミスから、あっさり先制点を献上。
繋ぐ意識の徹底から出たミスなのだろうけど、傍から見てしまうと、何とも間抜けな失点だった。
180310-11s.jpg


めげずに頑張れ天純。でも、今日は鳥栖の守備に手を焼いたな。
ミドルサードから前は、ボールを持つ度に鳥栖の選手が飛んできて、プレーの余裕がなくなっていた。
180310-12s.jpg


前半の途中から尹日録とサイドチェンジした渓太、鳥栖の右SBパンゾーの前に沈黙。
後半、中に絞ってボールに関与したときは、ポスト直撃のシュートなど攻撃に貢献できていた。1つのヒントになれば。
180310-13s.jpg


飯倉がペナルティエリアのラインぎりぎりでキャッチしたのが、線の外と判定されて鳥栖のFKに。
どちらとも取れそうではあったが、ボールが来るのを待ち切れず捕ってしまった流れも、主審の判定に影響したかな。
180310-14s.jpg


後半の頭からBabunskiを投入。下がったのはマチ。ぼこぼこのピッチのせいか、前半はボールが足に付いていなかった選手が多かったので、技術のある選手を投入して確実に繋ぎたい、という意図が見て取れた。
180310-17s.jpg


1点を追って後半のキックオフ。
ボールをまともに回せていないので、攻撃の形を作ることがまず大事。
180310-18s.jpg


鳥栖のVictor Ibarboには実に手を焼いた。
技術・フィジカル共に世界レベルで、ボールを収められ、奪えなかった。シュート以外は素晴らしい選手。
180310-19s.jpg


天純が今度はハンドを取られてPK献上。これをVictor Ibarboに決められて0-2。
そして天純はこのすぐ後に交代。今日は彼にとって不運だった。次の試合で雪辱を期待したい。
180310-20s.jpg


終盤はBabunskiとイッペイを中心に、ある程度押し込むことができた。まあ、0-2で相手も引き気味だったから。
ただ、中盤での確かな技術と、外からは積極的に仕掛けること、この2つは攻撃の活性化のヒントになると思う。
180310-22s.jpg


Hugoに待望の今季初ゴールが生まれたが、反撃及ばず1-2で敗戦。
今日はピッチコンディションと鳥栖の激しい守備の前に、ほぼ何もできなかった。残念な試合だった。
180310-24s.jpg


試合後、ユース出身で2012年までマリノスに在籍していた小野が、マリノス関係者へ挨拶して回る。
バックスタンドにいても聞こえた、メインスタンドのファンからの「裕二、帰ってきてくれー!」に、苦笑と溜息。
180310-26s.jpg


ようやくひと仕事できたけれど、チームの敗戦に浮かぬ顔のHugoだった。
なかなかチャンスボールが来ないけれど、チームを救う一発を期待というか懇切する。
180310-27s.jpg



新しいサッカーへの取り組みを始めて、これで公式戦は4試合目。
残念ながら、試合を追うごとに内容が悪くなってきている気がする。
マリノスの選手達が適応する早さよりも、相手が対策を練る早さが上回っているのを感じる。
ルヴァン杯の東京戦はともかく、柏戦の後半や今日の試合は、上手く相手に対策されて沈黙した感がある。

だからこのサッカーはやめようというのでなく、何が足りないのかを考えてみよう。
セレッソ戦と柏戦の前半、上手くいっていた時間帯は、とにかくボールの回り方が早く、それに伴い人も動けていた。
同じコースでボールを動かすにも、当然ながら、そのプレーの早さとボールの速さが違えば、効果は大きく異なる。
中盤より前の数的優位を作った上で、常に先手先手でボールを動かし、相手の対応が間に合わないようにするのが、このサッカーの趣旨のはずなので、ボール回しの早さ(と速さ)を徹底するべきなのだろう。

そのためには、戦術論より先に、確かな技術が必要になる。
ボールが最も早く回るのは、ワンタッチで次に繋ぐこと。
それが出来なければ、最初のタッチでボールを蹴りやすい位置に置いて、すぐ次のタッチで蹴ること。
だから、次のプレーの予測、視野の確保、ワンタッチパスやトラップの技術、体の向き、等々の基礎技術を高める。
プロ選手とはいえ、それを90分間常に高いレベルで保つのは、きっと大変なことだと思う。
まして、今日のようなピッチコンディションや、相手の激しい守備にあうと、それらを貫くのは非常に勇気がいる。

でも、やるしかないよね。
どこかで、1つの試合をきっかけに、また上手くはまるかも知れない。
万が一どこかで見切りをつけるにしても、「やるだけやったけど無理でした」じゃないと、何も進歩がないことになる。
何らか妥協するにしても、「ここまでは出来る、ここからは厳しい」という限界が分からないと意味がない。
まだシーズンも序盤なので、とにかく続けてみよう。
結果は後から付いてくる。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示