FC2ブログ

[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle 9話

アメリカで国立公園の旅をするには、大抵は車の運転が必要になる。
いつも出発前に懸念するのは、運転の技術的なことと、レンタカーの料金のこと。

運転については、日本にいた頃はほぼペーパードライバーで、今でも正直あまり自信がない。
実際に運転し始めると、すぐに感覚が掴めるのだけど、なかなか事前には上手にやれそうなイメージが持てない。
しかも、レンタカーだと毎回少しずつ性能が異なるので、いつも「今回は大丈夫だろうか」と思ってしまう。

あとは、技術だけでなく、体力的な問題もある。
大抵は1人でふらっと旅に出るので、運転手は自分1人だけ。疲れても交代してもらえない。
慣れていない故の消耗の早さから、長時間の運転はしんどい。1回3時間まで、1日では合計5時間くらいが限界。
だから、旅行の予定もそれを前提として、車での長距離移動を極力なくすように回る順番を考える。

何回か借りていると、段々と相場が掴めてきて、事前に費用の見積もりと心積もりができるようになる。
それでも、いつも結構な高額なので、毎回カウンターで顔をしかめることになる。



Horseshoe Bendに続いては、Pageを訪れた一番の目的である、有名なAntelope Canyonを見物する。
Antelope CanyonはNavajo族居留地の中にあり、彼らの主催するツアーでないと見ることができない。
150423-09s.jpg


概ね30分ごとにツアーは出発し、Navajo族のスタッフが運転するジープに乗りこむ。
集合場所から目的地まで、吹きっ晒しで大揺れのドライブを味わうことになる。
150423-11s.jpg


Antelope Canyonは、その名の通り、かつてはPowell湖に流れ込む渓谷だった場所。
Grand Canyonを削り上げたColorado川のように、深く鋭く地面を抉った後に、いつしか川としては枯れてしまった。
今では、地面の下の、元は谷底だった場所を、不思議な洞窟のような空間として残している。


今訪れているのは、Powell湖の湖畔から少し遡った、Upper Antelope Canyonと呼ばれる場所。
この縦の割れ目が入口で、グループごとに順番に中に入っていく。
150423-12s.jpg


割れ目の中はこんな感じ。
鋭い流水が刻んだ地形と、さらに岩の表面の水平な縞模様とが目を引く。光の当たり方が良いと、鮮やかな景色になる。
150423-14s.jpg


もう一枚。光が乏しいので、三脚なしではどうしても少しぶれてしまう。
周りのツアー参加者には、一眼レフに三脚を付けて本格的な撮影をしている人も少なくなかった。
150423-15s.jpg


Navajo族のガイドは、撮影スポットやカメラの設定(ISOやホワイトバランス)を色々と教えてくれる。
時折立ち止まって、「この岩は動物に似ている」とか、「この模様をバックに写真を撮れ」とか、解説が入る。
150423-17s.jpg


奥に進むに連れて、前の時間帯のツアー客に遭遇することが増えて、狭い洞窟は人で溢れ返ってしまった。
平日でもこれでは、なかなか落ち着いて見物するのは難しそうだね。
150423-18s.jpg


地面に水平な縞模様は、かつての川の流れや、今でも夏の雨の後で生じる鉄砲水が刻んできたもの。
他方、縦に水が流れたような跡(染みと言うべきか)は、雨水に直接削られて生じたものらしい。
150423-19s.jpg


洞窟を進んでいくと、仕舞いには反対側から外に出て開けた場所に至る。
山の方から水が流れてくる経路の内、一部だけがこのような特殊な削れ方をしてAntelope Canyonになったのか。
150423-21s.jpg


戻り道の途中、天井の狭い割れ目から太陽の光が中に差し込んで、光の帯がくっきりと見えた。
真上に太陽が来ないと、このように光が差し込まないので、これが見られる季節や時間帯は限られるそうだ。
150423-22s.jpg


Upper Antelope Canyonの見物を終えて、車で少し移動する。
次は、よりPowell湖に近い方の、Lower Antelope Canyonを見物する。
150423-23s.jpg


こちらも、Navajo族のガイドツアーでないと、見ることができない。
ジープではなく徒歩で洞窟の入口に向かう。
150423-24s.jpg


地面に大きく開いた穴を、備え付けられた階段で下りたところが、Lower Antelope Canyonの入口。
Upper Antelope Canyonに比べて、こちらは早々にワイルドな気配が漂う。
150423-26s.jpg


Lower Antelope Canyonは、Upperよりも谷が狭く、上り下りも何度かある。
人気というか集客数はUpperの方が上のようだけど、Lowerの方が静かで、より雰囲気のある探検を楽しめる。
150423-27s.jpg


ちょうど良い時間帯にツアーが始まったため、こちらでも太陽の光の筋が天上から漏れてくるのが見えた。
ガイドが、光の筋がよく見えるようにと、地面の砂を掬って空中に巻いて撮影用のサービスをしてくれた。
150423-30s.jpg


ただの通路なのだけど、手前と奥とで光の当たり方が違うので、奥行きを感じさせる構図になる。
一眼レフのカメラで、もっと鮮やかに撮れたら良かったな。
150423-31s.jpg


Lower Antelope Canyonでは、終始このくらい狭い道を進んでいく。
なので、ツアーは一方通行で、入場できる人数も限られる。
150423-32s.jpg


こちらのツアーでも、ガイドが面白い形の岩や、撮影ポイントを教えてくれる。
高い鼻と開いた口、これは鯨か何かの頭だと言っていた気がする。
150423-33s.jpg


これは、何かのアニメキャラに似ていると言っていたかな。
個人的には、ぱっと見てのらくろを連想した。
150423-35s.jpg


Lower Antelope Canyonの出口はこんな感じになっていて、人が割れ目から頭を出す。
こんな細い割れ目の下に、あのような神秘的な谷(というか洞窟)が穿たれている。自然の力は凄い。
150423-38s.jpg



本当ならもっと沢山、綺麗な写真を撮って紹介したかったのだけれど、撮るのにだいぶ苦戦した。
これだけ普段からデジカメを使い込んでいるのに、実はあまり機能に詳しくない(いつもオートで撮っている)。
それ故、このような光の繊細な加減が生命線となる場所では、技術不足でなかなか上手に撮れなかった。
なので仕方なく、途中からは無理に撮るのを諦めて、なるべく多くを自分の目で見るように努めた。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[Marinos 2017] vs 柏レイソル(EC/SF)

今年も、年の瀬にマリノスの試合を観ることができる。
大事な試合を戦える高揚感、負けたら終わりの緊張感、そして負けてしまったときの喪失感。
天皇杯は準決勝で負けることが多かったので、自分にとっては、これらセットで年末の風物詩になっている。
それでも毎度、「今年こそは元日の決勝へ!」と自分を奮い立たせて、準決勝のスタジアムに向かう。

Jリーグ全体から見れば、この時期に試合を残すチームはごく僅かで、全体的にはもうオフシーズンと言って良い。
なので、来季に向けての選手や監督の去就が、次々とニュースになって入ってくる。
マリノスは、既に退団が発表されているErickの後任として、元オーストラリア代表監督のPostecoglouが来季の新監督に就任することになった。(呼び方はAngeで良いのだろうか。何が定着するか様子を見よう。)
昨年のこの時期と違って、来季に向けて前向きな気持ちになれるから、試合に集中して観ていられる。
良い雰囲気で、サポーターも心を一つに、Erickを天皇杯優勝で送り出してあげたい。



準決勝の会場は、なんと等々力。もっと大きなスタジアムを使えないのかと思ったが、日産スタジアムは改修工事中、埼玉スタジアムはユースの大会、味の素スタジアムも別のイベントがあり、多分ここが使える中で最も大きな箱だった。
171223-01s.jpg


抽選の結果により、この試合、マリノスはホーム扱い。
等々力のホーム側に陣取るという、どうにも違和感が拭えない居心地の悪さが。
171223-02s.jpg


バックスタンドの端に、契約満了が発表された3選手への惜別のメッセージの横断幕が。
田口と賢星は予想外だったけれど、まだまだサッカー人生これから。いつか日産スタジアムで対戦しよう。
171223-03s.jpg


3週間ぶりの試合は、長期離脱中の学を除く全員がプレーできる状態。
体力的に問題はなく、試合勘やモチベーションの部分で十分に戦えるか。
171223-04s.jpg


普段の川崎との試合では、我々が向こう側に陣取る。
ゴール裏の向こうに武蔵小杉の高層マンション群が見える。今まで知らなかった。
171223-05s.jpg


等々力のホーム側を埋めるマリサポ。もう二度と見られないかも知れない珍しい光景なので、何枚か撮っておいた。
と言いつつ、2019年や2020年の日産スタジアムが使えない期間にも、同じようなことがあるかも。
171223-06s.jpg


15時少し過ぎて、選手入場。テレビ中継に合わせて、15時05分という半端な時刻にキックオフ。
今日はこのカップ戦ユニフォーム。決勝に進んでも、相手が神戸でもセレッソでも、多分このユニフォーム。
171223-09s.jpg


右SBで先発の松原。相手のプレスを受け、CBにボールを戻したところ。
今日も柏は、中川を中心に積極的に前からプレスに来たけれど、割と落ち着いて対応できたな。
171223-11s.jpg


立ち上がりの攻勢から少し押し返されてきた10分過ぎ、遠目からR. Lopesが放ったシュートが入ってしまった。
仙台時代から(自分の中では)あまり印象のない選手だったが、まさかの強烈な一発に度肝を抜かれた。
171223-12s.jpg


負けたらシーズン終了の試合なので、早く追い付きたかったが、前半はなかなか反撃に転じられず。
昨年の年末の試合でも見られた、足にボールが付かない場面が散見された。それも、なぜかマリノスの選手ばかり。
171223-13s.jpg


柏との試合らしく、なかなか激しいデュエルが随所に見られた。
前半は主審の判定が怪しく感じられ、ちょっとフラストレーションが溜まった。
171223-14s.jpg


0-1で後半を迎える。
4月のアウェー戦では、最後まで柏の勢いに飲まれていたが、今日は巻き返せるだろうか。
171223-16s.jpg


劣勢に悪いことが重なり、後半開始早々に扇原が負傷して交代。肉離れのようで、彼は無念の今季終了か。
ただ、このために早い時間帯から伊藤が投入され、それにより攻撃が活性化し、災い転じて福となすことができた。
171223-17s.jpg


後半は手前側がマリノスの左サイド。
ドルブル突破が怖い伊東に対し、きっちりと左SBの下平と左SHの山中とで挟んで奪いにいった場面。
171223-18s.jpg


そして69分、同点ゴールは、マリノスお得意の左サイドから。
下平のクロスを伊藤が豪快にヘッドで叩き込んだ。今季は不遇をかこった2人が、ここで絶妙な攻撃を見せた。
171223-20s.jpg


疲労から柏のプレスも衰え、ただしマリノスも劣勢ゆえ守備に奔走させられて消耗し、段々とオープンな展開に。
その中で、最後まで献身的な山中の動きと、トップ下で巧みにボールを収め散らした伊藤の働きは光った。
171223-21s.jpg


できれば90分で決めたい。セットプレーの好機も何度かあったが、そこからは決めきれず。
どちらが勝ち越してもおかしくない展開のまま、時計は90分に近付いていく。
171223-22s.jpg


伊藤の投入により一列下がった天純も、少しボールを持ちやすくなって攻撃で貢献が増えた。
攻撃のことを第一に考えるならば、この布陣は意外とはまるのかも知れない。守備はやばい感じだが。
171223-23s.jpg


1-1で90分を終え、天皇杯なので延長戦にもつれ込む。
正直、90分での勝負ならばやや分が悪いと思っていたので、五分五分の流れで延長戦は希望が持てた。
171223-24s.jpg


強烈な先制点を決めたR. Lopesだったが、その後はいるんだかいないんだか。
ただ、彼に仕事をさせなくても、マリノスの右サイドにCristianoが流れてくることが多く、守り方は難しかった。
171223-26s.jpg


延長後半に入ってすぐ、足を痛めたか動きが落ちてきていた下平を下げ、この展開での切り札として渓太を投入。
Martinusが左に回り、渓太が右に入って、右でも左でも良いからカウンターに賭ける狙いが見えた。
171223-27s.jpg


そして延長戦も終わりに近付いたところ、右サイドで渓太を走らせるカウンターが発動、最後はHugoが決めた。
等々力のホーム側で、マリサポの歓喜の雄叫びが上がる。色々と面白すぎて、しばし記憶が飛んだ。
171223-28s.jpg


残り数分間、勇蔵も投入して、柏の猛攻を凌いだ。遠くてよく見えなかったが、飯倉の神業セーブもあった。
激闘を制した選手達の、実に嬉しそうなこと。こういう大事な試合に勝つって、本当に大きな喜び。久しぶりな気がする。
171223-30s.jpg


年末の大一番で死力を尽くした両チームの選手達に、大きな拍手を。
その後、やけにピッチ中央に人が集まってきて、何だろうと思ってたら、小競り合いがあったのね。
171223-32s.jpg


鬼門の準決勝を、難敵を下して突破。今季は、晴れて元日の決勝戦を戦える。
相手は今季3つ完敗しているセレッソだけに、また厳しい試合が予想されるが、なんか不思議と勝てそうな気がする。
171223-35s.jpg



ここまでで今季一番の熱い試合だった。
延長戦にもつれ込む試合展開、準決勝という舞台、徐々に暮れ行く絶妙な時間帯、そしてほぼ満員のスタジアム。
等々力で勝ったというのも個人的には3年半ぶり、ホーム側でトリパラを回すという稀有な経験もできた。
マリノスから、なかなかこれ以上ないクリスマスのプレゼントをもらった気分。
この試合の余韻と元日の決勝への期待とで、気分良く年越しを迎えられそうだ。

正直、試合前は「90分での勝ち目は3分の1くらい、延長戦にもつれ込めば五分五分」くらいに思っていた。
9月のホーム柏戦を欠席したので、自分の中の柏のイメージは4月のアウェー戦のもの。
あのときに終始強烈なプレッシャーに晒され、ほぼ何もできなかったイメージが残っていた。
だから相当厳しいだろうと覚悟していたが、マリノスも自陣でのボール回しには進歩があり、あのときのような絶望的な試合にはならずに済んだ。むしろ、時を経て同じ相手と戦って、手応えを感じることができた。

ただ、そうは言っても、柏は若いタレントが揃い強力な外国人選手もいて、戦術的にもよく整理された強敵だった。
事故のような1失点だけで済んだのは、飯倉の神がかりなセーブがいくつもあったから。
リーグ戦ならば、課題の多い引き分けで終わってしまいそうなところ、勝つか負けるかのノックアウトの大会では、「偉大なGKがチームを救い、決勝進出の立役者になった。めでたしめでたし。」と考えることができる。
試合勘に問題がありそうなこの時期に、飯倉が当たっていることは、決勝戦に向けても実に心強い。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle 8話

アメリカには、先住民(いわゆるNative American)の居留地というのがある。
植民地時代から此の方、白人の支配するアメリカが領土を拡大するに連れて、先住民は住んでいる地を追われていった。
アメリカにとっては、彼らは「邪魔な存在」だったのだろうが、さすがに根絶させる訳にもいかないので、部族ごとに限られた土地を残し、又は移住させて居留地(reservation)とし、相互不干渉という名目によってそれらの中に押し込めた。

地図を見れば一目瞭然なのだけれど、ほとんどの居留地は内陸の未開の地に分布している。
要は、白人から見て不要な土地を押し付けて、「死にたくなかったら、そこでじっとしていろ」と。
そんな訳で、現在も生き続ける彼ら先住民の生活は、経済的に非常に厳しいものであると言われている。

中には、居留地の中に観光資源を有し、観光収入で生計を立てることができる部族もいる。
Grand Circleでは、前回紹介したNavajo族や、Hopi族、Hualapai族などがこれに当たる。
ただ、彼らとて、先祖代々の地を観光地化することに心理的な抵抗はあるはずで、決して当たり前のことではない。
旅行者としては、観光のために居留地に足を踏み入れたときに、彼ら独自のやり方にいらっとすることもあるけれど、そういう背景があること、我々は特別に見せてもらっている立場なんだということは、理解しなければいけないのだと思う。



Monument Valleyのジープツアーの続き。ホーガン(hogan)と呼ばれる、Navajo族の伝統的な住居。
木材で枠を組み立てた上から、固めた土で壁と屋根を作っている。雨が降ったら崩れないのかね。
150422-29s.jpg


中はNavajo族の民芸品の土産物屋。
荷物の関係で何も買えなかったけれど、チップを払って撮影の許可はもらっている。
150422-31s.jpg


3時間くらいのジープツアーを終えて、まだ昼過ぎだったので、少し歩いてみる。
Wildcat Trailという、ビュートの周りを一周するトレイルへ。
150422-33s.jpg


近くから見ると、ビュートもなかなか迫力がある。
上半分と下半分とで地層が異なり、削られやすさが違うからこういう形になる。
150422-36s.jpg


地形が大きいので、景色に大きな変化はなく、1時間と少し歩いて終わり、そろそろMonument Valleyを後にして次の目的地へと向かう。最後に、天気が回復したところで、もう一度Monument Valleyの代表的な景色をカメラに収めておく。
150422-41s.jpg


Monument Valleyから次の目的地まで約2時間、Colorado川の上流にあるPageという街へと北上。
再び、ほとんど何もないArizona州の荒野を延々とドライブ。途中、結構眠くなった。


Pageは、Colorado川に2つある大きなダム湖の1つ、Powell湖の畔の街。
また、街外れには、日本でも有名らしいAntelope Canyonがある。
国立公園ではないけれど、見所が多いエリアなので、一晩を挟んで一日をここで過ごすことにした。


まず、Powell湖を堰き止めるダム(Glen Canyonダム)に隣接するビジターセンターへ。
ダムは重要施設なので警備が厳重だと、『地球の歩き方』に書いてあったけど、特に何も警戒する様子はなかった。
150422-43s.jpg


Powell湖は、元々はGrand Canyonみたいな地形だった場所を、ダムで堰き止めて人造湖にしたもの。
この湖周辺の立体地図から、元の地形が想像できるはず。
150422-44s.jpg


Glen Canyonダムを正面から見下ろす。
ここはHooverダムと異なり、有料のツアーでないと堰堤の上には立てない。
150422-47s.jpg


反対側、ダムから流れていくColorado川を見下ろす。
この流れがGrand Canyonを突き抜け、Mead湖とHooverダムへと続く。
150422-49s.jpg


もう夕方で、日も傾いてきていたので、Pageの観光は明日に回す。
Powell湖の畔に建つLake Powell Resortが今夜の宿。
150422-50s.jpg


部屋からは、こんな風にPowell湖を見渡せる。
ヨットハーバーがすぐ近くにあって、観光用のフェリーや個人所有のレジャーボートが停泊していた。
150422-52s.jpg


部屋はこんな感じ。ベッドが少し高くて、上り下りに少し苦労した記憶がある。
コネクトルームというのか、隣の部屋と繋がっていて、そちらが広々とリビングになっていた。1人客には広すぎた。
150422-54s.jpg


まだ明るいけれど、ジープツアーとトレイル歩きの後でドライブもあり、疲れていたので、早めに夕食にする。
ホテルのレストランにて。ここでも、スープとサラダから。
150422-56s.jpg


ここでは、メインは再び魚。
"Orange Glazed Shoyu Salmon"というので、照り焼き系ですかね。
150422-58s.jpg


6日目の朝は、気持ちの良い天気で迎えた。湖畔の空気が気持ち良い。
宿の近くに点在する展望台から、Powell湖の景色を眺める。
150423-02s.jpg


写真右上、湖の端にGlen Canyonダムと、ダムに平行する車道のアーチが見える。(ちょっと小さいか。)
普通は、湖の周辺というのは緑が豊かなものだけど、ここは元々荒野だったのを人造湖にしたので、妙に殺風景だ。
150423-03s.jpg


Glen Canyonダムから流れ出した水は、Colorado川となって深い谷を刻む。
その中でも、Pageに近い有名な場所として、Horseshoe Bendと呼ばれる展望台がある。
150423-04s.jpg


駐車場に車を停めて、谷に向かって10分程歩く。
本来は広い平原だった場所の一部が、穴が開いたように抉れているのが見える。
150423-05s.jpg


谷を見下ろして写真を撮るため、観光客が崖のぎりぎりまで近付く。
ここには安全柵などなくて、どこまで入り込むかは自己責任。
150423-06s.jpg


おっかなびっくり、身を乗り出して撮影したHorseshoe Bendの景色。
その名の通り、馬の蹄鉄のような形をしている(右側が上流)。
150423-07s.jpg



朝からツアーに参加したり歩いたり運転したり、5日目もなかなかハードな旅になった。
これだけ長い距離を移動する旅だと、なかなか観光だけ、又は移動だけ、という日を作れない。
一人で運転するので、なかなか休み時間が取れないのも、厳しいところ。
こういう無理な旅も、三十台前半の今だから、出来ることなんだろうな。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示