[Marinos 2017] vs ベガルタ仙台(A)(J1-33)

J1からJ3まで、リーグ戦もほぼ最後まで来たところで、期限付き移籍で出ている選手達の状況をおさらいしよう。
マリノス以外の試合は全く観ていないので、文字のデータしかないけれど、大体どんなシーズンを送ったかは分かる。
今季の移籍先でのデータを以下に示し、いい加減なコメントを添えてみた。Kaykeについてはノーコメントで。

高野遼(J1甲府、19節終了後):33節終了時点で7試合、432分、1得点、出場時間率34%
移籍後すぐに負傷離脱も、30節にスタメン復帰後はフル出場が続く。J1でもある程度やれる手応えを掴めたか。

新井一耀(J2名古屋、20節終了後):6試合、508分、1得点、出場時間率35%
移籍直後からCBのレギュラーに定着も、十字靱帯損傷の大怪我により長期離脱。来季も名古屋でリハビリで。

仲川輝人(J2福岡、18節終了後):18試合、1210分、0得点、出場時間率75%
FWのレギュラーとしての出場が続き、合流後全試合に出場。本人には完全移籍という選択肢も有力だと思う。

熊谷アンドリュー(J2千葉):31試合、2229分、0得点、出場時間率59%
準レギュラーとして多くの試合に出るも、9月に不祥事を起こす。マリノスは戻す気があまりないように見える。

中島賢星(J2岐阜、18節終了後):6試合、233分、0得点、出場時間率14%
スタメン出場は1試合のみ。特に負傷もなく、純粋に試合で使ってもらえない。あまり実りのない期限付き移籍だった。

和田昌士(J2山口):17試合、967分、1得点、出場時間率26%
前半はスタメンが続いたが、6月の負傷離脱を機に出番を失う。経験を積ませるため、どこかに再レンタルかな。

田口潤人(J3藤枝):33節終了時点で21試合、1882分、出場時間率63%
チームのGKの1番手ではあるが、ベンチメンバー降格も3回あった。戻して松永コーチと練習するか、再レンタルか。



新幹線で仙台へ。試合前はあまり時間がないので、定番の新幹線改札口近くの利久で昼食にする。
まだ11時前だというのに、既に少々行列が出来ていて驚いた。
171126-01s.jpg


食べるものも定番の牛タン定食「極」で、今回は夜までお腹をもたせるために4枚8切れにした。
仙台に来たな、という気分になる。
171126-02s.jpg


キックオフの1時間くらい前に、ユアスタに到着。
先日、仙台でも雪が降ったと聞いてびびったが、今日は晴れて穏やかな天気だった。
171126-03s.jpg


A指定席ビジターのエリアで観戦。今回は早めにチケットを買ったので前の方。
日陰になるので、3時間くらいじっと座っているとだいぶ冷えた。
171126-05s.jpg


ウォーミングアップ中も、ボンバーとMilosは半袖で元気一杯。
Milosは白人だから寒さに強いのも分かるけれど、ボンバーは日本人でその歳で本当にタフだなと思う。
171126-06s.jpg


ボロ負けの前節から、怪我人の復帰も含めてスタメン7人が入れ替わった。
武闘派のイメージがある仙台に対して、競り合いに強い選手のほぼいない布陣が少々不安になった。
171126-08s.jpg


試合開始から10分も経たない内に、天純の直接FKが決まって先制した。
過去2試合の苦い経験から、喜びもそこそこに、「引くんじゃねーぞ、もっと中盤で戦うんだぞ」と念じた。
171126-10s.jpg


案の定、すぐに仙台に主導権を奪われ、攻められ続けることになった。
相手の3-4-3に対してこちらの4-3-3がはまらず、サイドの攻防で常に後手を踏むことになった。
171126-12s.jpg


そして、懸念されたセットプレーから、あっさり逆転されてしまった。
前節の後半から、50分間で4回もセットプレーから失点している。これは受け入れ難い。
171126-13s.jpg


逆転されてもなお重心は低く、反撃のムードが高まらない。
どうしても消極的に見えてしまう後ろでのボール回しか、いかにも無理筋なパス・ドリブルでボールを失うか。
171126-14s.jpg


ハーフタイムには、爆風スランプな方々が懐かしの"Runner"を熱唱。(試合前にも、復興関連の歌を提供していた。)
自分くらいの世代でぎりぎり分かるけれど、若いサポーターには「???」かも知れない。
171126-16s.jpg


1-2で後半へ。選手交代による梃子入れはなかった。
何か少しでも良化の兆しが見えると良いのだけれど。
171126-18s.jpg


仙台のDFラインの裏に長いボールを入れる場面が何度かあった。
Hugoを走らせても仕方ないだろ、と思いつつも、自陣で簡単にボールロストするよりはずっとマシだった。
171126-19s.jpg


後半も圧倒的に仙台の攻勢。負けているのに自陣ゴール前に釘付け。
ここまで来ると、もはや気持ちの問題だけではなく、本当にどうにもしようがないのだろう。
171126-20s.jpg


仙台が攻め疲れてきた後半の後半、少し試合に可能性が見えてきた。
セットプレーも何度か――しかし競り合いに分が悪く、決定機には至らず。
171126-21s.jpg


天純に一発決められていることもあり、仙台はゴール前での直接FKを最も警戒しているようだった。
ファウルの後でしょうもない時間稼ぎを働いた大岩に警告。
171126-22s.jpg


さぁ絶好の位置。ここ仙台だけれど、もう一度、未来変える左足で虹を架けてくれ。
・・・このシュートは不発だったが、直後に仙台の平岡がなかなか鮮やかな虹を架けてくれた(自陣ゴールに)。
171126-23s.jpg


何はともあれ追い付いたので、一気に逆転を目指す。
今日は途中出場だった伊藤、チャンスメーカーとしての可能性を少し感じさせた。もっと速く走ってほしいけれど。
171126-24s.jpg


最後まで仙台の猛攻に晒され続けたが、飯倉の奮闘と仙台の決定力不足に助けられて引き分けに終わった。
流れの中でまともなシュートを撃ったかな、という酷い試合だったけれど、幸運な勝ち点1を手にすることができた。
171126-25s.jpg


守備に奔走させられるサッカーは、心身共に疲れてしまうもの。
その点で手を抜いている選手はいないが、そうならないように工夫するというところでは、悲しいくらい何もなし。
171126-26s.jpg



中位の仙台を相手に、内容的には過去2試合よりもさらに悪くなっていた。
仙台の詰めが甘いから、辛うじて引き分けることができた試合。
先週の試合を観て、期待値がだいぶ下がったせいで、今日は「まぁ、そんなもんか。引き分けラッキー。」だった。
仙台まで行って負けなくて良かったし、終盤に追い付いての引き分けなので、さほど帰り道の後味は悪くなかった。

さて、1日が経って、試合を追う毎に酷くなっているこの惨状を、どう整理したものか。
技術的には、負傷者の続出により、ボンバーと飯倉と天純以外のメンバーが安定しないことによる連携の乏しさ。
加えて、学とMartinusの両翼を欠いたことで、守備から有効な攻撃に移れなくなったこと。
さらに、そういう厳しい状況が続き、結果も出なくなったことへの焦りと不安、そして自信の欠乏。

一度こうなってしまうと、立て直すのは容易ではない。
何かを変えようにも、選択の幅は狭いし、今季限りでの退任が決まっているErickも、今更大きなことはしないだろう。
ただ、賞金とACL出場権の4位以内が絶望となったリーグ戦はともかく、準決勝まで勝ち進んだ天皇杯をこのまま無為に終えてしまっては、あまりにもったいない。等々力で失意のシーズン終了など、悲しすぎて年を越せない。

上手くいかないときは、開き直るもんだ。現状を受け入れ、割り切り、できることに徹する。
どうせ来季に繋がるものがないのであれば、思い切って、ただ勝つためのサッカーに徹してみてはどうだろうか。
案外、相手が戸惑って、やってみたらはまるかも知れない。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2017] vs セレッソ大阪(H)(J1-32)

今週は、来季のホーム試合の席割りと年間チケットの要綱が発表された。
日産スタジアムではバックスタンドが全部指定席になって、今の自由席が大幅に縮小されることになる。
自分が定位置にしている場所は「ホーム自由席」から「バックSC1階」になるようだ。

さてどうしようか。
自由席となるゴール裏とその両脇のエリアは、ピッチから遠すぎるので、自分の選択肢からは外れる。
見やすさ重視で、今の場所そのまま「SC1階」で年間チケットを買うか、思い切って新しくできる「SA1階」にするか。
お値段は今の2万9800円(自由席ペア)から、「SC1階」なら4万9000円、「SA1階」なら5万9000円になるけれど、それはまあ構わない。今がだいぶ安いわけだし、クラブの入場料収入が上がるのは良いことだから。

「SC1階」か「SA1階」にするとして、指定席の年間チケットのメリットとデメリットも考えないと。
メリットは、言うまでもなく、席が確保されていること。今のように、キックオフの3時間前から並ぶ必要はなくなる。
デメリットは、その裏返しで、席の自由がなくなること。具体的には、時々友人を呼んで一緒に観戦するのができなくなることと、(通路より前の席を買った場合に)雨が降ったときに屋根下に逃げるのができなくなること。
あとは、「隣の人がちょっとなぁ・・・」というときに、1年間逃げられないこと(笑)。
さて、どうしたものかな。



今日が今季のホーム最終戦。日産スタジアムは、これからラグビーのW杯(2019年)に向けた改修工事に入る。
キックオフの3時間30分前くらいに到着。来季からは、こんなに早く来る必要はなくなるのかな。
171118-01s.jpg


今日はホーム最終戦で、3位争いの直接対決という大事な試合なので、年間チケット組の出足も早い。
この後ろにも一般販売の列が続くわけで、自由席の入場に時間がかかるのも、席割変更の1つの理由なのだろう。
171118-02s.jpg


今日も試合の時間帯に雨予報だったので、屋根下に避難する。
来季、指定席で前の方の席にすると、(少なくとも建前としては)こういう雨天時の対処はできなくなるのか。
171118-03s.jpg


今日の来場記念ピンバッジは串かつ。大阪も広島もお好み焼きを登場させなかったのは、大人の事情か。
それから、グッズ購入でトリコロール・メンバーズのピンバッジも入手。これで今年のピンバッジは全部集めたはず。
171118-04s.jpg


セレッソのサポーターは、やはり雨がいやなのか、大半が屋根の下。
今年の後半戦は、雨に祟られる試合が多かったな。
171118-06s.jpg


ウォーミングアップが始まった。
HugoとMartinusが怪我から復帰したが、まだコンディションが整わず、スタメンまでは間に合わなかった。
171118-07s.jpg


ゴール裏のマリサポ。今日はゴール裏からバックスタンドまで、自由席がよく埋まった。
来季は、スタジアムの景色が少し変わるかな。そもそも、自分はどこから観ることになるかな。
171118-09s.jpg


HugoとMartinusだけでなく、山中が怪我で欠場、代表帰りのMilosもコンディション考慮してベンチから。
スタメンには、今季出番が少なかった勇蔵、下平、伊藤らが名を連ねた。
171118-10s.jpg


扇原にとっては、中学時代から過ごした古巣との対決になる。
かつて中盤でコンビを組んだ山口との1対1の場面。代表に定着したあいつに、追い付け追い越せ。
171118-11s.jpg


珍しく左CBに入った勇蔵。セレッソがあまり浮き球を使わなかったので、持ち味を活かす場面は少なかった。
彼も今季は、リーグ戦のスタメンがまだ2試合。今オフの去就が気になるところ。
171118-12s.jpg


1-0で折り返して後半へ。勝ち切ればセレッソを抜くことができる。
前半の後半は押され気味だったので、気合いを入れ直して球際で戦ってほしかったが――
171118-15s.jpg


あに図らんや、後半はサンドバック状態で攻められ続ける。もはや見慣れた光景。
しかも今日は相手が悪かった。マリノスの機能不全に乗じて、容赦なく得点を奪われた。これは3失点目だったかな。
171118-17s.jpg


ピッチのどこを見ても、後半のマリノスは攻守にぐだぐだ。
最も近くで見た渓太と丸橋とのマッチアップが特に印象的で、渓太は後半本当に何もできなかった。
171118-18s.jpg


崩して決定機を作ることが、ほとんどなかった。
反撃に転じるという雰囲気は全くなく、6分間での3失点でノックアウトされて事実上の試合終了だった。
171118-19s.jpg


目を覆いたくなる酷い試合の後で、間が悪いことにホーム最終戦のセレモニー。
毎年行われてきた社長の挨拶はなく、今年は監督とキャプテンがマイクの前に立った。
171118-21s.jpg


こういう試合の後でも、良くも悪くも淡々としているErickだった。最後までそうだったな。
若手や新戦力を起用してチームの新陳代謝を図るという点ではまずまずだったものの、勝負師タイプではなかった。
171118-22s.jpg


ほとんどのセレッソのサポーターが引き上げた後、こういう横断幕を持って残ってくれていた人達も。
扇原は古巣のファンから愛されているのだね。
171118-24s.jpg


勝って焼肉といきたかったが、気分はどん底。それでも、予約は無駄にしたくないので、元町の「しげ吉」へ。
まぁ、こういうときは、美味いもんでも食べて、酒飲んで、帰ったらさっさと寝て、気分転換するが宜し。
171118-27s.jpg


取り合えず、定番の「幻三品盛」から。
定番すぎて幻でも何でもないが、美味しいからOK。
171118-28s.jpg


その後は、今日のお勧めの品とかを注文して、最後はこれも定番の冷麺で〆る。
夕食は楽しかったけれど、でもやっぱ、今日は悔しい日だったな。
171118-30s.jpg



今季ワーストの試合になりそうな、あまりに酷い試合。
ホームで4失点の大敗という結果も重大だけれど、後半に無抵抗なまま撲殺された試合内容も正視に耐えなかった。
試合中に声を失うことはままあるが、今日は3失点目あたりで感情まで失ってしまった気がする。
その後、焼肉屋に着くまで、まともに言葉を発せなかった(ような気がする)。

今季何度も見てきた、悪い時のマリノス。
リードして相手が攻勢をかけてくると、引いて耐えるだけになる。強いチームが相手だと、耐えきれないこともある。
今日も、後半は自陣に釘付けになって、4-4-2のブロックでの守備が続いた。困ったことに、多くの選手が棒立ちで、ブロックが間延びしていた。待ち構えるだけで奪いにいけず、距離感も悪いからセカンドボールを拾えない。
攻撃に転じることもできないから、すぐにボールを失って、また相手の猛攻に晒される。
鹿島戦のように同点で踏みとどまれれば再反撃の余地もあるが、今日は一気に3点取られて、反撃する力を失った。

セレッソの攻撃(特に清武の技術とアイディア)を称えるべき一方で、マリノスもずっとこんな調子では厳しい。
引き過ぎないか、思い切って引くならば守りきるか。
ボンバーを中心に守る現状では、後者を突き詰めるのが現実的だけれど、それだけでは強くなれないだろう。
後ろを助けるために、前4枚の限定する守備も上達させたいし、奪った後のカウンターも磨かなければいけない。
要は、もっと相手が嫌がるような守備をしないと。「1つのミスパスも許されない。恐ろしい逆襲を喰らう。」みたいな。
試合後のセレモニーで、学が苦悶の表情で語ったように、課題は多い。現実を直視して、克服するしかない。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 福岡ソフトバンクホークス(H) (Nov 1, 2017)

日本シリーズの観戦2試合目。
本拠地ハマスタでの第4戦を選んでチケットを手に入れた。
クライマックス・シリーズの途中で先行抽選販売に申し込んで、日本シリーズ進出を決めた直後に当選通知が来た。
第4戦を選んだ理由は、どんな展開でも4試合目までは確実に行われること、サッカーの習慣に合わせて平日の観戦なら水曜にしたいこと、それから、一緒に観戦する友人の都合はこの日が最も良かったこと。
ホームとビジターとで1試合ずつ観ることができて、現地観戦好きとしては満足な日本シリーズになった。

ベイスターズは、第1戦で大敗した後も、第2戦と第3戦を接戦で落として3連敗。早くも剣が峰に立たされた。
第1戦は、大舞台と敵地の雰囲気に飲まれた感じで、ある程度は仕方がなかった。
第2戦と第3戦は、純粋に力負けだった。いずれも1点差ながら、試合のペースは終始福岡ソフトバンクだった。
ベイスターズが勝つには、ある程度得点を取らなければ難しくなるが、福岡ソフトバンクのほとんどの投手は球威があって余計な四死球を出さず、守備も(Despaigne以外は)とても堅い。そして、MoineloとSarfateは、ありゃ打てない。
先手を取って攻め立てるベイスターズの野球を取り戻せるか、一矢報いることができるか。
今季最後の試合になるかも知れない第4戦に臨んだ。



試合開始の45分前くらいに、横浜スタジアムに到着。
2週連続で平日の夕方に抜け出すのは、なかなか厳しい。今日は特別な試合なので、そこをどうにか。
171101-01s.jpg


今日は三塁側の「DB応援FA指定席」から観戦。
本当はSS指定席が良かったのだけれど、第1希望で登録したが外れ、第2希望のこの席が当たった。
171101-03s.jpg


外野でキャッチボールを行う筒香。奥は乙坂。
安打は出てるのだけれど、まだ長打がない。このチームは、筒香が長打を打てば波に乗れる。今日こそ一本。
171101-04s.jpg


普段の試合よりもやや遅く、18時30分に試合開始。
福岡ソフトバンクは今日も1番に柳田を起用し、いきなり難敵を迎えることになる。
171101-08s.jpg


ベイスターズの先発投手は、この剣が峰の局面で新人の濱口を起用。
重圧で硬くなっても不思議でないこの試合で、しかし濱口は快刀乱麻の好投を見せる。
171101-09s.jpg


柳田は抑えたが二死からDespaigneを歩かせ、暴投で二塁に進め、打席に4番内川というピンチ。
しかしここは、高めに浮いた変化球を内川が打ち損じ、どうにか無失点で初回を切り抜けることができた。
171101-10s.jpg


1回裏、ここまで日本シリーズ無安打の1番桑原が、ようやく初安打。
当たりは昨日の6回裏の右直の方が良かったが、今日は右翼手の中村が割とあっさり諦めてくれた。
171101-11s.jpg


3回表、先頭の高谷に死球、犠打と進塁打で二死三塁のピンチ。
しかし濱口は怯まず、今宮を力で捻じ伏せた。今宮も日本シリーズはまだ1安打。このまま寝ていてほしい。
171101-12s.jpg


日本シリーズということもあってか、普段の主催試合よりは少々イニング間の演出が控えめだった。
まぁ、他の球場と比べて、普段が賑やかすぎるので、このくらいで丁度良いのかも知れないが。
171101-14s.jpg


5回表、やや不運な振り逃げで先頭の松田を出塁させた。無死一塁から牽制球を投じた場面。
濱口は次の川島を落ち着いた守備で併殺に打ち取り、この回も無失点で終えた。5回を終えて未だ無安打投球。
171101-15s.jpg


5回裏、ようやく均衡を破る。先頭の宮崎が本塁打。待望の先制点を挙げた。
打球が上がった瞬間からの、ハマスタの雰囲気は、最高だった。やっとそういう展開になった。
171101-16s.jpg


なおも梶谷と高城の連打で無死一二塁とし、打席に8番の濱口。
三塁は封殺がある難しい場面だけれど、三塁線に転がす犠打を1球で決めた。これが攻撃の流れを繋いだ。
171101-17s.jpg


一死二三塁から、9番倉本の右翼手への犠飛で1点を追加。2-0とした。
この日本シリーズ、しょうもない失策もあったが、倉本の打撃は好調が続いている。
171101-18s.jpg


7回表、福岡ソフトバンクのラッキーセブン。黄色のジェット風船が踊る。
ハマスタではビジター応援席はあんなもん。三塁側内野席の福岡ソフトバンクのファンは、流石に少なかった。
171101-21s.jpg


濱口は8回一死まで無安打投球を続けたが、代打鶴岡に二塁打を打たれて大記録への望みは絶たれた。
しかし、ここで投手コーチが間を取って激励し、続く代打長谷川を打ち取った。チームを救う、堂々たる好投だった。
171101-24s.jpg


二死一三塁となり、2番の今宮から右打者が続くところで、Pattonに継投。
3点差あるので強気で攻めていき、見事に三振に打ち取った。ポストシーズンのPattonの投球は素晴らしい。
171101-25s.jpg


8回裏に攝津を攻めて3点を追加し、試合を決定付けた。
6点差となったが、勝利への形を重視し、山崎康晃が9回表に登板。日本シリーズのハマスタで康晃ジャンプ。
171101-29s.jpg


内川にポール際の際どいファウルを打たれたが、難なく三者凡退に抑えた。
最後の打者は5番の中村。第2戦で曰く付きの逆転打があったが、それ以外はずっと沈黙。お前もこのまま寝てろ。
171101-31s.jpg


引きで撮ったら、少しスコアボードが小さくなってしまったけれど、6-0の快勝だった。
大袈裟な表現だけれど、19年ぶりの日本シリーズでようやく勝てた。明日も勝って、試合を福岡に送り返したい。
171101-33s.jpg


勝利試合の後で行われる、勝利の花火。Victory Celebrationといったっけ。
福岡と横浜とで、両方見ることができた。ホームチームが勝って盛り上がるのは宜しいこと。
171101-34s.jpg



剣が峰で踏みとどまった。ようやく、ベイスターズらしい試合ができた。
今日は濱口に尽きる。この土壇場で、新人が、いつも通りどころか今季一番の投球を見せてくれた。
横から見ていたので、技術的なことはよく分からなかったけれど、どの球種でも腕が振れていて、ストライクが取れていた。だから相手打者との勝負に集中できて、自分のペースに相手を巻き込むことができたのだと思う。
流れとしては、初回に先頭打者の柳田を抑えたこと、その後のピンチで内川を抑えて無失点で凌いだこと。
これで「よし、今日はいける」と、チームだけでなく球場の雰囲気を解き放った。

4連敗は免れた。もう1勝して、場所を福岡に戻したい。(※翌日も勝利して、福岡での第6戦へ。)
我々はセリーグ3位のチームであり、クライマックス・シリーズの最初からずっと挑戦者。
一度勝負の流れを得れば、福岡ソフトバンクが相手と言えど、勝機はある。
究極の下剋上、やってしまおう。

さて、これで今季の自分の観戦予定は終了。
第7戦のチケットを買っておいても良かったかな、と少しだけ後悔しているけれど、あとはテレビで応援。
ベイスターズが日本シリーズなんて、11月にハマスタで野球が観られるなんて、夢みたいだけれど夢じゃない。
この時期まで野球を楽しませてくれたチームに、心からの感謝を。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示