[Marinos 2017] vs ヴァンフォーレ甲府(A)(J1-27)

9月に入り、川崎に完敗、柏に勿体ない引き分け。8月の勢いは止まり、順位は2位から5位へ。
この試合が始まる前の時点で、首位の鹿島とは勝ち点差10。しかも鹿島は勝ち続けている。
何となく、望みが薄くなったリーグ戦よりも、あと3つ勝てばタイトルが手に入る天皇杯が気になるところ。

ただ、今年に関しては、まだリーグ戦から関心をなくすには早い。
今年のJ1リーグは、DAZN効果もあり、賞金・配分金の仕組みが大きく変わった。
簡単に言うと、5位以下では何も得られず、4位以上も順位1つの差が得られる金額を大きく変える。
賞金と分配金とを単純に合算すると、1位:18.5億円/2位:8.2億円/3位:4.1億円/4位:1.8億円。

優勝に手が届かないにしても、2位と5位とでは恐ろしい程の違いが出る。
だから、クラブの財政と来季以降の補強を考えれば、切り替えて2位を狙うことに大きな意味がある。
「金のために2位を狙え」と言っても選手の心は動かないだろうが、そこはあの手この手で何とかしてほしい。



今年2回目の甲府、15時くらいに到着。
取り合えず遅めの昼食を。今回は定番の「小作」へ。
170923-01s.jpg


いつもの組み合わせ、「鴨肉ほうとう」と「鳥もつ煮」。
涼しくなってきて、ほうとうを美味しく食べられる季節になった。甲府遠征は秋が良いな。
170923-02s.jpg


土産物を選んでからシャトルバスに乗り、キックオフの1時間20分前くらいに山梨中銀スタジアムに到着。
甲府は残留争いが苦しくなってきて、来年もまたここに来られるかは微妙、だが。
170923-03s.jpg


いつも通り、メイン自由席のアウェー側から。
丁度、甲府のOB選手達による前座試合が行われているところだった。
170923-04s.jpg


前座試合に出ていたメンバーの中で、唯一マリノスOBでもある外池。
甲府には2003年の1年間だけ(J2で43試合7得点)だったけれど、引退後のキャリアが良いから招かれる。
170923-05s.jpg


ウォーミングアップが始まった。
水曜の天皇杯の試合で120分戦った選手は、コンディションがどのくらい戻っているか気になるところ。
170923-07s.jpg


今日もアウェー側のゴール裏を埋めたマリノスサポーター。
甲府のゴール裏より先にチケットが完売したらしい。頼もしや。
170923-08s.jpg


甲府のスタメン紹介から、すっかりレギュラーに定着している小椋を。
ブロックを組みながらもボールを奪えるところ、奪った後で前に運べるところが、甲府のサッカーに合っている模様。
170923-09s.jpg


飯倉のほか、Milosと学とHugoが、中2日で今日もスタメン出場。
学は主軸なので仕方なし、Hugoは調子を買って、Milosは朴正洙よりコンディションが良いという判断か。
170923-11s.jpg


今日も前半早々にあっさり失点。
好調な時期には見られなかった、軽い守備による「安い失点」が目立ってきた。
170923-13s.jpg


追い打ちをかけるように、失点の直後に金井が負傷して後退を余儀なくされた。
「守備の選手に交代枠を使いたくない」と話していたErickにとっては、頭が痛いアクシデントだったろう。
170923-14s.jpg


試合の大半を、リードして守りを固める甲府を相手に攻めることになってしまった。
マリノスの強みの左サイドは、右WGの小出と右DHの小椋にしっかり対応され、なかなか打開できなかった。
170923-15s.jpg


甲府の攻撃は、2トップのDuduとLinsに縦パスを送る速攻が中心。
この2人にさえ気を付けておけば良いのに、前掛かりにならざるを得ない中で、マークは緩くなってしまった。
170923-16s.jpg


ボールは握るも消化不良な攻撃に終始し、これと言った好機も作れないまま、0-1で折り返す。
ハーフタイムに少しは気合いが注入されたことに期待して、後半の戦いを見守る。
170923-20s.jpg


今日は、攻守にこの2人のDHの存在感が希薄だったように思う。
特にマチは、後ろでボール回しに参加していても仕方ないので、もっと高い位置で絡んでほしかった。
170923-21s.jpg


後半20分くらいだったか。Eder Limaと接触した学が膝を痛めた。
交代を促すサインが出たが、本人が志願して一度はプレーを続行。しかし、精彩を欠き、結局交代した。
170923-22s.jpg


1点を追う終盤、PKを献上。だいぶ抗議していたが、自分の座っている位置からはよく見えなかった。
ともかく、これをきっちり決められて、再び2点差にされた。ここまで26試合15得点の甲府を相手に3失点とは。
170923-25s.jpg


学と交代で入ったイッペイは、ボールを持ったときの技術とアイディアに非凡なものを見せた。
初出場ながら、全く物おじせず、終了間際にさくっと初得点まで記録した。次の試合でも見てみたい選手だ。
170923-27s.jpg


甲府を相手に3失点はあまりに重く、追い上げも届かず敗戦。
正直、攻めあぐねて勝ち点を落とすことはあっても、こんなに点を取られて負けることまでは想定していなかった。
170923-28s.jpg


試合終了後、審判団に詰め寄る飯倉と、なだめに(?)付き添った杉本。
PKの判定のところかな。家本主審の場合は、判定の正確性よりも、選手の納得感に問題が多いからねぇ。
170923-30s.jpg



結果も内容も、受け入れ難い。
甲府のような守備に偏ったチーム、それも残留争いに必死な状況の相手に、あんな軽い失点は頂けない。
1点目はファウルを巡るセルフジャッジ、2点目は凡ミス。ちょっと、見るに耐えなかった。
「残り全部勝って優勝を」というコメントとは裏腹に、気持ちが切れてしまったようなプレーが散見された。

泣きっ面に蜂、負傷者が2人も出てしまったことも残念。
金井の負傷は、気が付いたら倒れていたので、原因は分からない。ロッカールームに直行して、ベンチに戻ってきたときには痛そうに足を引きずっていたから、次の試合に間に合うような軽傷ではないと思う。
学は接触プレーで膝をがっつりやられた。
その場でトレーナーもチームメイトも交代を促すサインを出す程のダメージだったが、プレーを続行させた。
報道によると、試合後は松葉杖をついていたようだ。
本人が続けたいと言えば、トレーナーが止めるような怪我でも交代させないのか。

色々と残念、心底がっかりな試合。
来週の試合で挽回してくれることを期待。
今はもうそれだけ。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2017] vs サンフレッチェ広島(EC/4R)

水曜、三ツ沢、カップ戦。
今年だけでもう6回目か。リーグ戦と合わせて9回目の三ツ沢。今年はちょっと多め。
今日の天皇杯4回戦の結果次第で、なんと今季10回目の三ツ沢もあり得る。どうせなら達成してほしい。

今日は、先日に日産スタジアムで初観戦した友人を、三ツ沢も見てもらうために招待した。
ピッチとスタンドの近さや、ゴール裏とバックスタンド(ホーム寄り)とが一体になった雰囲気を、気に入ってもらえた。
そう簡単にマリノスのファンになってもらえるわけではないけれど、こういう地道な「布教活動」も大切だろう。

何度かここでも呟いたけれど、日産スタジアムと三ツ沢を両方本拠地にしているのは、実にバランスが良い。
収容力の点で、基本は日産スタジアムとせざるを得ないが、時々三ツ沢での開催もあるのが気分転換になる。
週末開催のときの席取りさえなければ、三ツ沢は素晴らしいスタジアム。
来季以降も、平日限定でどんどん使ってほしい。



キックオフ30分前くらいに到着。マリノス側の自由席の、今日はこの辺に席を得た。
試合の最後の最後に、この位置にして良かったと思える瞬間が来る。
170920-01s.jpg


先週のホーム柏戦は欠席を余儀なくされたものの、観戦仲間の協力により、来場記念バッジは確保。
さらに、オンラインショップでの買い物により、シウマイの横浜バッジも手に入れた。
170920-02s.jpg


既にウォーミングアップは始まっていた。
今日はリーグ戦の合間のカップ戦、次の試合まで中2日ということもあり、ターンオーバーがあった。
170920-03s.jpg


水曜夜の贅沢な弁当の持ち込み。もう第何弾だか忘れた。
狙っていた高島屋の美濃吉の弁当が売り切れだったので、同じく高島屋の人形町今半の「季節のすき焼き弁当」。
170920-04s.jpg


今日の広島サポーター。関東組を中心に、なかなかの人数が来てくれた。
マリノスは、今年の天皇杯はずっと本拠地開催なので、天皇杯をずっと見られてとても幸運に思う。
170920-06s.jpg


毎度ぎっしり、ホーム側のゴール裏。
さすがにJ1チーム相手の4回戦ともなると、過去2試合とは熱気も違ってくる。
170920-07s.jpg


今日もカップ戦ユニフォームの青。
ホーム扱いでも、赤を使わせてくれと言ったら、使わせてもらえるんだろうか。
170920-08s.jpg


前半早々、あっさり失点。そしてまた失点。
ターンオーバーしたとは言え、半分以上主力のマリノスが、こんな酷い試合の入り方をするとは信じ難かった。
170920-09s.jpg


今日はなんと最初からDHで出場したBabunski、相変わらず坊主頭。
扇原とマチを休ませたいからとは言え、このポジションで使うか。案の定、守備のバランスはだいぶ崩れた。
170920-11s.jpg


2点を先行した広島が、早々に守備の比重を高めたことにより、学のプレーも窮屈になった。
山中も天純も欠場したため、左サイドでいつにもなく孤立してしまった。(広島が守備の組織を保っていた間は。)
170920-13s.jpg


良いところがなかった前半から、まさかの選手交代なしで後半に突っ込む。
前半の早い時間帯でベンチ組のウォーミングアップが始まったし、扇原も後半早々に一度はスタンバイしてたが。
170920-16s.jpg


右WGに入った渓太の仕掛けから、PKを獲得する。
この場面の直後に、対峙した水本にエリア内でのハンドがあった。
170920-17s.jpg


渓太が妙に蹴りたがって絡んだけど、喜田になだめられて引き下がり、キッカーはHugoになった。
落ち着いて決めて1-2、これで試合の流れがぐっとマリノスに傾いた。
170920-19s.jpg


攻勢を強めるマリノスの中で、もう1つ乗り切れなかったBabunskiと前田。
前田はさっさと交代させられたが、Babunskiはフル出場。復調のきっかけを掴んでほしいという親心だろうか。
170920-20s.jpg


ボールが行ったり来たりの目まぐるしい展開。
土壇場で追い付いたが、走り回った選手達の体は次々と悲鳴を上げる。後半終了間際に、下平が足をつって交代。
170920-22s.jpg


中2日でリーグ戦がやってくるので、お互い避けたかったであろう延長戦。
タイトルに希望を残したいマリノスと、残留争いが第一の広島。自ずと決着は付くだろうと思っていたが――
170920-24s.jpg


両チームとも運動量が落ちて間延びしたピッチ上を、野球のように攻守交替して攻め合う展開が続く。
水際の守備と、攻めきれずにボールロストとを繰り返し、点が入りそうで入らない。
170920-27s.jpg


「おー飯倉、良く見てた。Hugo頑張れ、頑張れ。よし追い付いた!・・・こねるなよ、取られるなよ。中は・・・よし2人来てる。頼む良いクロス・・・え、そっち曲がる!?うそ、入った!!うおおーーーー!!!」
170920-28s.jpg


0-2からの逆転、延長後半終了間際の決勝点、それが見たこともない脅威の弾道。
今年一番の語り草になりそうな試合を制し、準々決勝に進出することができた。
170920-30s.jpg


今日はHugoの試合だった。観戦記念に7番のタオルマフラーを贈った友人も御満悦だった。
3点目は、ちょうどHugoの真後ろから見ていて、シュートの軌跡が実によく見えた。素晴らしい。
170920-33s.jpg



芸風じゃないけれど、たまにはこういう派手な勝ち方があっても良いかも知れない。
立ち上がりの連続失点には憤慨したし、中2日でやってくるリーグ戦への影響も懸念されるけれど、今日は取り合えず、素直に、この劇的な勝利に酔い、準々決勝進出を喜んで良いのだと思う。
3得点全部(+2失点もだけれど)、目の前で見られたのも良かった。特に3点目の、目に焼き付いたあの軌跡。
1600円のチケットで、実に良いものを見せてもらえた。

これが年末で、次は中1週間で準々決勝、という流れならば、実に良かった。
現実には中2日でアウェーの甲府戦。相手は天皇杯は既に敗退していて、コンディション万全で向かってくる。
今日の試合の勢いに乗りたい一方で、120分戦った選手はあまり使いたくない。
ただ、飯倉はともかく、CBの一方(多分朴正洙)と学は、やっぱスタメンなんだろうな。Hugoも途中出場はありそう。
彼らの後押しをするのが我々の役目。小瀬にも皆で行こう。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 東京ヤクルトスワローズ(H) (Sep 18, 2017)

レギュラーシーズンも大詰めの、ベイスターズの試合を観にハマスタへ。
巨人との3位争いは少しずつ劣勢になり、先週ついに逆転を許し4位に転落してしまった。
ゲーム差こそ小さいものの、残り試合は巨人の方が1つ多くて直接対決はなく、自力での3位浮上はなくなった。
残り試合の内訳も、巨人の方が、与しやすい相手との試合が多い。
ベイスターズとしては、残り試合を1つでも多く勝って、巨人にプレッシャーを掛けるしかない。

状況は苦しいものの、そう悲観するものでもない。
この試合が始まる前の時点で、貯金が2つある。今季最多は6つだったかな。
3位だった昨季でも、最後まで5割には届かず、借金2だった。チームは進歩している。
そして、優勝争いよりは一段階レベルが低いものの、2年連続でこの時期に真剣勝負の日々を送れること。
ファンとして、この密度の濃い日々を、最後まで楽しみ、見届けたい。



今季4回目のハマスタ。東京ドームのビジター応援デーと合わせて、来場ポイントが5個になった。
来季は、シルバーステージのファンクラブ会員になれるので、チケットが少し取りやすくなりそう。
170918-01s.jpg


一塁側のSS指定席から観戦。
17時の試合開始を待つ間、西日を受けて眩しく、そして暑かった。
170918-02s.jpg


じゃれ合うマスコット達。
ただ手を振っているだけでなく、よく見てると寸劇のような掛け合いも多い。Jクラブも見習うべき。
170918-03s.jpg


体調不良でスタメン落ちの宮崎に代わり、今日は石川が久しぶりにスタメン出場。
二塁手の定位置争いでは柴田に劣勢なので、こういう機会に存在感を出したいところ。
170918-04s.jpg


ベイスターズの先発はWieland、中5日での登板。
現状、彼が最も安定しているので、残り試合は間隔を詰めてでも優先的に投げさせたい。
170918-08s.jpg


2回裏、一死三塁の好機に、打席には7番の石川。
きっちり犠飛を放ち、ベイスターズが先制。良い仕事でした。
170918-10s.jpg


二死無走者になったところで、抜け出して食料を調達する。
まだ食べたことがなかった「青星寮カレー」の「選手盛り」。至って普通のカレー。そこに意味があるらしい。
170918-11s.jpg


カレーを食べている間に、3回表、Balentienに2点本塁打を場外に運ばれた。
打たれた瞬間、全ベイが「あぁー・・・」と溜息をつくような、凄い打球だった。
170918-12s.jpg


4回裏に先頭のLopezの本塁打で追い付き、その後二死一塁で打者Wielandは、悠然と四球を選んだ。
打率はなかなか上がらないものの、警戒されるようになってきた。打席には風格すら感じる。
170918-16s.jpg


4回と5回の間のインターバル、タオルを広げて応援する時間。
そして、ちょっと滑り気味な"Our Time is Now"の新スローガン。最後には報われるだろうか。
170918-17s.jpg


5回、6回と同点のまま試合は進む。そして7回裏、ラッキーセブンを迎える。
ジェット風船は好きだけれど、友人と一緒のときだけ。1人で4つは持て余すし、持って帰ればなくす。
170918-21s.jpg


先頭の代打乙坂が、追い込まれてから粘って四球を選ぶ。
先週の広島での試合では、無死満塁で登場したが何も出来ず。今日は良い仕事をしてくれた。
170918-22s.jpg


無死一塁で打者は倉本。送りバントを2球失敗した後で、打って左中間を抜く勝ち越し二塁打。
褒められたものではないが、結果オーライ。ミスしないことも大事だが、ミスを取り戻せることも大事。
170918-23s.jpg


1点を勝ち越した8回表は、Pattonが登板。
現状では数少ない信頼できる救援投手が、相手の上位打線を危なげなく三者凡退に切った。
170918-24s.jpg


勝利に向けての良い流れが、追加点を呼んだ。
8回裏、二死無走者から、今日スタメンマスクの嶺井の本塁打で2点差に。球団通算7500号らしい。
170918-26s.jpg


そして9回表、ヤスアキ・ジャンプに見送られて、守護神の山崎康晃がマウンドへ。
前回は同じくWielandが先発した試合で、同じく4-2から追い付かれてしまった。今日は頼むぜ。
170918-27s.jpg


今日は実に力強く、危なげない投球。
最後の打者の西浦を空振り三振に切って取り、試合終了。今季25セーブ目。
170918-29s.jpg


照明を落とし、お立ち台が照らされ、ヒーローインタビューの準備が整った。
今季、ハマスタでの観戦では、遅ればせながらこれが初勝利。こんな感じだったっけと思い出した。
170918-32s.jpg


ヒーローインタビューは、決勝打点の倉本と、スタメンマスクで貴重な追加点も挙げた嶺井。
嶺井の枯れた声が聞き取りにくく、場内の笑いを誘っていた。試合中、ずっと声出していたのかな。
170918-34s.jpg


昼の試合で巨人が中日相手に取りこぼし、これでゲーム差なしの同率3位に浮上。
と言っても、自力では3位を確保できない状況は同じ。次の試合以降も、勝ち続けるしかない。
170918-35s.jpg



接戦をものにすることができた。見応えのある試合だった。
東京ヤクルトのBuchananの荒れ球に手こずり、なかなか点を取れなかった。
9月に入って、打者は全体的に調子を落としており、得点力の低下は深刻。
特に、筒香が当たり前のように三振を繰り返すのは、ちょっと見ていて辛い。(ある程度は打ってくれるのだけど。)

それでも、目標があるチームと最下位が確定したチームとの、戦力以上の差が、終盤に出た。
これはシーズンの終盤にはよくあること。今までは逆の立場が多かったから、よく分かる。
プレッシャーに負けず、攻守に落ち着いて臨めば、目標のあるチームに勝利は自ずと訪れるもの。
数字で多少見劣りしても、大事なこの終盤戦に良い働きができる選手こそ、チームとしては重宝するべき。
残り試合、総力戦で臨む10試合。調子の良い選手を積極的に起用して、勝ちに行ってほしい。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示