FC2ブログ

[Marinos 2017] vs 清水エスパルス(H)(J1-19)

7月30日、横浜市長選だった。
自分は投票所が家の目の前なので、ささっと午前中に済ませてきた。
投票率は37%だったそうで、地方選では普通の数字かも知れないけれど、関心の低さを残念に思う。

さてサッカーの話。
トリフェスの後で2週間の中断期間があり、チームは新潟県の十日町でキャンプを行った。
中断明けはキャンプの成果を期待、と行きたいところだけれど、マリノスはあまり夏の中断明けに良い印象がない。
十日町キャンプ明けの5試合を取り出すと、優勝争いをした2013年に2勝2分け1敗、2014年には1勝3分1敗。

2013年は悪くない数字だけれど、中断明け初戦に最下位の大分とホームで引き分け、次の試合は負け。
「キャンプで何やってたんだよ!」と腹を立てていたのを思い出す。
今年はどうかなぁ、と期待半分不安半分でスタジアムへ。



蕎麦が食べたくなったので、たまプラーザの「風來蕎」へ。
ラストオーダーぎりぎりの14時30分少し前に、間に合って入ることができた。
170729-01s.jpg


まず鱧の天ぷら、そして「揚げ茄子のおろしのぶっかけそば」。
この店に夏に来ると、これを食べるのが定番になっている気がする。
170729-03s.jpg


キックオフ3時間前の16時に、スタジアムに到着。
まだ雨は降っていなかったものの、嫌な黒雲が立ち込めてきて、降り出すのも時間の問題に思われた。
170729-04s.jpg


先行入場を待っている間に降ってきたので、席は屋根下で探すことにした。
今年は、過去2回(磐田戦と神戸戦)は結局降らなかったものの、今回はここにして正解だった。
170729-05s.jpg


来場記念ピンバッジも結構揃ってきたな。カップ戦の3つを合わせて14個目。
同じ静岡ネタで、茶は既に磐田戦で使っていたので、今回は富士山とみかんだった。
170729-06s.jpg


キックオフを待つ間に、どんどん雨が強くなってきた。横浜市には大雨警報が出たくらい。
土砂降りでも踊らされるマーメイズの皆さん、お疲れ様です。
170729-07s.jpg


ウォーミングアップが始まり、今日はなぜかピッチのバックスタンド寄りでサーキットメニューを行った。
いつも通りメインスタンド側に行こうとしたボンバーが、「何それ、聞いてない!」って様子で慌てて走ってきた。
170729-09s.jpg


アウェー側ゴール裏の清水サポーター。雨のカーテンの向こうで、よく見えない。
解放したエリア全体で、後ろ半分すなわち屋根下を埋め尽くすくらいに来場してくれた。
170729-10s.jpg


ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
多くは屋根下や2階席に避難したものの、大雨の下で声を枯らすツワモノも相当数いて、感嘆した。
170729-11s.jpg


入場、記念撮影、円陣を経て、試合に臨む。
ユニフォームの背中の下部に、新たにスポンサー契約したムンディファーマの「イソジン」のロゴが。
170729-12s.jpg


日産スタジアムのピッチの水捌けは良いようで、選手が足を滑らせる場面はほぼなかった(学が1回だけ)。
とはいえ、雨で視界が悪くなり、髪から雨水が滴り落ち続ける状況は、選手達もやりにくそうだ。
170729-14s.jpg


こちら側からのCKの守備の場面。
ボンバーの頭をかすめたボールを、すぐ後ろにいた長谷川に叩き込まれ、1-1の同点にされた。
170729-15s.jpg


前半終了間際、学のドリブルからPKを獲得。
キッカーが学と分かり、軽くいつかの小野裕二のデジャブ。そして、PKを止められて激しく小野裕二のデジャブ。
170729-17s.jpg


PK失敗で微妙な空気も、2-1とリードして後半へ。
最低でもこのスコアで試合を終えなければならない。耐える時間が長くなるのは覚悟。
170729-18s.jpg


今日は、鄭大世と長谷川の2トップを擁する清水に高さで負けていたので、攻守にセットプレーが難しかった。
マリノスが攻撃側のときは、ショートコーナーや低いクロスを織り交ぜるなど工夫していたが。
170729-19s.jpg


後半の後半、セットプレーで上がっていたボンバーが、敵陣内で負傷して倒れ込んだ。
目の前でうずくまるボンバーと、その間に攻め込まれるマリノスの自陣ゴールと、両方が心配だった。
170729-20s.jpg


流石は鉄人、どうにかプレーには復帰した。
連続フル出場の記録がどうというより、そもそも彼がいない最終ラインというのが考えられない。
170729-21s.jpg


勝ち越しを目指す終盤、攻撃が空回ってカウンターを受ける場面が続いた。
アウェーでの試合では、あまりこういうのは見られない気がする。ホーム試合故のプレッシャーだろうか。
170729-22s.jpg


二度のリードを守り切れず、中断前の広島戦に続き、ホームで下位チーム相手に痛い引き分け。
誰もが思うのは、「あのPKが決まっていれば・・・」。
170729-23s.jpg


天皇杯で2点決めて、トンネルを抜けたかと思ったが、今日のプレーは依然としてトンネルのど真ん中。
止められたPKを含め、思い切り蹴るだけのシュートに、泥沼のような焦りを感じる。何でも良いから早く1点欲しい。
170729-24s.jpg



大雨の中、最後まで勝利を目指して戦った選手達には感謝するものの、試合の結果には大いにがっかり。
PKを外した上に、二度のリードを追い付かれた。これはマリノスの試合ではない。
戦術的な問題か、体力的な問題か、精神的な問題もあるのか、後半の途中からはただ引くだけになってしまう。
あれだけ引いて守る時間が長くなれば、事故のようなものであれ失点の確率は上がる。

Fabioを失い、ボンバーと勇蔵にも少しずつ引退の影が迫る中、水際の守備ばかりでは厳しくなる一方だろう。
自陣の前半分くらいで網を張り、ボールを持たせるも自由を与えず、カウンターの脅威に晒し続ける。
そういう危なげない本物の堅守を見せてほしいし、マリノスにはそれが出来るはずなのだけれど。

追い付かれて攻勢に出たいときの空回りも気になった。特に途中出場の2人。
Hugoはキャンプに(ほぼ?)不参加ゆえか、ボールへの絡みが少ないし、ボールを触っても切れがなし。
Babunskiは、技術ではなく連携の問題だろうが、パスもドリブルも彼らしくない不出来だった。
攻めているのに、得点への期待よりもカウンターを受けるリスクが気になる、良くない傾向が見てとれた。
そういうところにも嫌なデジャブを感じる、物足りない中断明けの試合になってしまった。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu その11

Peru旅行の記事の最後に、Peruで気が付いたことを少々。
Peruに限らず、中南米に共通するものもあると思うけれど、日本ともアメリカとも異なることは色々ある。

例えば、トイレの便器にトイレットペーパーを流さないこと。
Peru(中南米)はトイレの水の勢いが弱いのか、トイレットペーパーの質が悪いのか、すぐ詰まってしまうらしい。
なので、どこのトイレも、使った紙は便器に流さず、横にある箱に入れるよう言われる。
衛生面で大丈夫かという疑問と、汚いものを流せないのは気分的にいやだったが、1週間いたら慣れてしまった。

道路の突起も気になったな。
横幅は道幅一杯、縦幅は数十cm、高さは10~15cmくらいの硬い突起があって、スピードを出している車が突起に乗り上げればマリオカートのようにジャンプしてしまう。それで着地すれば、お尻と車体がダメージを受ける。
幹線道路が小さな町を通過するときなど、速度が出すぎないよう、減速を促すために使われている。
突起があると車が急に減速するし、低速度でも乗り上げる感触が伝わってくるので、寝ていて何度も起こされた。


8日目の午前、Cuscoに戻る列車まで時間があるので、Machu Picchu村をぶらぶら歩く。
ここが村の中心部で、小さいけれどLimaやCuscoにもあったような、アルマス広場(Plaza de Armas)らしい。
141227-04s.jpg


街の中を線路が通っていて、普通に列車が往来する。
Machu Picchu駅の先の方に車庫があるのがMachu Picchuから見えたので、そこまで線路が続いているのだろう。
141227-06s.jpg


Machu Picchu村に通じるまともな道路はなく、鉄道でしかアクセスできないため、生活物資の輸送も鉄道で行う。
ちょうど、Cuscoからの貨物列車が、街中に停まって荷卸しをしているところだった。
141227-07s.jpg


街の端を流れるUrubamba川の奔流。
ここは実は大陸分水嶺の東側なので、この川はAmazon川に合流して大西洋に注ぐ。
141227-09s.jpg


途中で雨が降ってきた。今日がMachu Picchuを訪れる日だったら、景色が悪かったろうな。
雨宿りしながら、街の様子と、今日も忙しく観光客をMachu Picchuに運ぶシャトルバスを眺める。
141227-11s.jpg


Machu Picchu駅の手前は、土産物屋のプレハブが建ち並び、事実上の商店街と化している。
多分、駅が先にできて、その入り口を占拠するかのように、土産物屋が作られていったのだろう。
141227-12s.jpg


往路と同じ、Peru RailのVista Domeの車両で。
ただし、この列車は、Cusco(の隣町のPoroy)まで行かず、中間のOllantaytambo止まり。
141227-15s.jpg


帰りの車内でも軽食が出される。
もっとも、Ollantaytambo止まりだからか、Machu Picchuの物資が少ないからか、往路よりしょぼかった。
141227-16s.jpg


帰りの電車では、観光客に余韻を楽しんでもらおうとするのか、車掌が謎の衣装とお面で踊り歩いた。
それから、別のイケメン乗務員と女性乗務員による、土産物の衣装(を買わせるため)のファッションショーも開かれた。
141227-17s.jpg


帰路で一番驚いたのは、乗客のおばちゃん2人が先頭車両の運転室に入り込んで、乗務員に何やらお願いして、本当に運転席に座ってしまったこと。警笛を鳴らさせてあげるサービス付きだった。日本だったら大騒ぎだな。
帰りは機関車が一番後ろに付いて、客車を押す形になるから、先頭車両の運転室は大してやることもない。
とは言え、一応線路上の前方の安全確認という大事な役割もあるので、遊びでやらせるのはちょっと
「eruだから良いのかねぇ」なんて思っていたら、乗務員がその場を離れてどこか行っちゃった。おいおい!


1時間30分程で、Ollantaytamboの駅に到着。
この辺まで来ると、天気が少し回復していた。
141227-18s.jpg


Ollyantaytamboの駅を出ると、駅前はこんな感じで、土産物屋とタクシーの客引き、あとはホテルのお迎え。
何となく、南米の駅ってこんな感じかな、というイメージ通りにごちゃごちゃしていた。
141227-19s.jpg


ここからCuscoに戻るのは、colectivoという乗合タクシーで。
定員一杯になると発車する。所要時間は鉄道とさほど変わらず、運賃は10分の1以下だったと思う。
141227-20s.jpg


Cuscoへの道中、半分くらいは寝ていたのだけど、時々バンが突起で減速するときに、車窓の写真を撮った。
鉄道と違って、いくつもの集落を通り、山間ではぐねぐね曲がって走るので、往路とはまた違った景色が見られた。
141227-21s.jpg


概ね2時間で、Cuscoの市街地に戻ってきた。
1週間にわたって見てきたPeruの風景も、そろそろお別れの時間が近付いてきた。
141227-23s.jpg


Limaに戻る飛行機まで少し時間があったので、Cuscoで軽く夕食にしていく。
Peru料理にも少々飽きてきたので、当地の日本食はどんなものかと興味を持ち、「きんたろう」という店へ。
141227-24s.jpg


落ち着いた雰囲気の店で、店員は現地の人のようだった。オーナーが日本人か日系人なのかな?
遠く日本での五輪開催を祝うメッセージもあり、少しほっこりした。
141227-25s.jpg


注文したのは、"Hiya-yakko"と、写真の"Kashiwa Udon"だった。
味は至って普通。家庭の日々の食事レベル。それを遥かCuscoのような場所で食べられる幸せ。
141227-27s.jpg


空港に向かうタクシーが渋滞に巻き込まれ、ぎりぎりの到着になってしまった。
なので、CuscoのAlejandro Velasco Astete国際空港の写真は撮れなかった。そこそこの規模の空港だった。

この日の最終便でLimaのJorge Chavez国際空港へ、1時間ちょいのフライト。夜なので景色は見えず。
Limaに着くと、気温は上がり、空気も薄くなくなって、だいぶ過ごしやすくなったように感じた。


Jorge Chavez国際空港で乗り継いでアメリカに帰る。3時間ちょい空港の中で待つ。
帰りの飛行機もUnited航空。日本(or中国)に帰るものと見られる観光客もちらほら。
141227-28s.jpg


国際線のターミナルには、外資系のフードチェーンが並んでいた。
低地に戻って食欲はだいぶ戻ったものの、先程軽く食べたし、これから長いフライトなので、食事はパスした。
141227-29s.jpg


往路で乗った、アメリカのHoustonから深夜に到着する飛行機が、そのまま折り返してHoustonに飛ぶ。
日付が変わってPeru旅行の9日目、LimaからHoustonを経て帰宅の途に就く。
141227-30s.jpg



こんな感じで、正味1週間かけて、Peruの主な観光地を回ってみた。
他にもTiticaca湖とか、Peru各所に散らばる古代遺跡、そしてAndes山脈や熱帯雨林の自然など、見所は多いらしい。
時間には限りがあるので、行きたい場所に優先順位を付けて、可能な限り効率的に回ると、こうなった。

この旅行から5ヶ月前にアメリカに引っ越したのが、実は初めての海外経験だった。
そして今回のPeru旅行が、自分にとっては2番目の外国。
外国語は英語しかできないので、Spain語の国で上手く過ごせるだろうかと不安だったけれど、どうにか乗り切れた。
そして、期待していた以上の、新鮮な異文化経験ができた。

半年間で2つも、日本以外の文化に触れる機会を持てて、この年になって外国への興味が急激に増した。
アメリカにいる間に、もっと色々な場所を訪れてみたいと、野心のようなものが目覚めたのだった。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[Marinos 2017] vs アスルクラロ沼津(EC/3R)

ここまで、3月と6月の国際Aマッチ期間を除くと、規則正しく週1でリーグ戦が続いてきた。
好調のマリノスにとっては、今の内にこのペースで勝っておきたいところだけれど、ここでリーグ戦は週末を2つ飛ばす。

今年から日程の組み方を少し変えて、夏場にこのくらいの短い中断期間を作ることにしたらしい。
そして、Jリーグが主催となり、海外から強豪クラブを招待して、前年のリーグ戦王者とカップ戦王者と親善試合を行う。
Jリーグワールドチャレンジ」というらしい。今年は、昨年のリーグ戦王者の鹿島と、ルヴァン杯王者の浦和。
マリノスも、そういう舞台で世界の強豪チームと手合わせできると良いな。

Jリーグワールドチャレンジに出られないとしても、この時期に中断期間が設けられるのは、個人的にはありがたい。
試合と旅行ならば試合を優先するため、毎週末に試合があると、旅行に行けるのがオフシーズンくらいになってしまう。
夏の良い時期に試合がない週末があって、しかも2つ続くと、だいぶ旅行を入れやすくなる。
そうやって旅に出る予定を立てて、中断期間の直前のこの試合を、うきうき気分で迎えた。



今年5回目の、水曜の三ツ沢でのカップ戦。今日は天皇杯の3回戦。
下位カテゴリーのチームの本拠地で開催するのが原則ながら、相手の沼津の事情で、今日は三ツ沢になった。
170712-01s.jpg


3週間前の2回戦に引き続き、自由席のホーム側で観戦。
今日は自由席がだいぶ埋まっていた。バックスタンドのアウェー側が閉鎖だったから、こっち側に密集したのかな。
170712-02s.jpg


席に着くとほぼ同時に、ウォーミングアップが始まった。
今日はBチームに主力が少々混じる。と言っても、開幕直後と比べれば、Bチームの顔触れも変わってきている。
170712-03s.jpg


キックオフ前に、急いで弁当を食べる。
今日も崎陽軒の、期間限定で販売されている「メガシウマイ弁当」。
170712-04s.jpg


ベンチにはAチームの面々が控える。
ただ、ボンバーを入れた意味はあったのか。新井もいるのに、どういう展開なら彼を使ったというのか。
170712-05s.jpg


アウェー側ゴール裏の沼津サポーター。そう遠くないJクラブだけあって、それなりの人数が駆け付けてくれた。
その後、ホーム側の自由席に入れなかった人々が、向こうのゴール裏を埋めていった。
170712-06s.jpg


今日もカップ戦ユニフォームの青。
赤を使う日は来るのか。使う日が来るとしたら、平日の実質アウェーでの試合だから、観戦できないかも。
170712-07s.jpg


向こう側だったのでよく見えなかったが、喜田の抑えたミドルシュートが、色々とあってゴールに入った。
誰かに当たってコースが変わり、GKが必死に抑えにいったが、わずかに及ばずラインを割った?
170712-08s.jpg


この試合、沼津に沢山CKを与えることになった。そこから失点もあった。
CKを与えてしまう守備に問題があった。攻め込まれる機会は多くないものの、全般的に対応が緩かった。
170712-09s.jpg


右WGで先発した前田が攻め込む。
良い形からシュートの場面を2回作ったが、今日は枠を捉えられなかった。
170712-10s.jpg


Babunskiは随所に上手さを見せるものの、持ち過ぎて攻撃を停滞させてしまう場面も。
そして、中盤の要所に顔を出す沼津の25番は、Jリーグ発足時を知る男、今年43歳の鉄人・伊東輝悦。
170712-11s.jpg


前半の終わり頃に、学が2点ぽんぽんと取った。
前半戦はまさかの公式戦無得点。ようやく点を取れた。それも、力任せでない巧みなシュートで。もう大丈夫か?
170712-13s.jpg


3-0で折り返して後半へ。
格下相手にも合わせてしまうマリノスらしくなく、今日は順調に突き放して試合を終わらせたかと思ったが。
170712-14s.jpg


出場停止で1試合欠場した隙に、山中に取って代わられた松原。
折角マリノスに馴染んできたところで、勿体ない気もするが、これも競争。ここから返り咲き目指して、奮起してほしい。
170712-16s.jpg


スタンドは沸かせるものの、アピールには失敗した感があるBabunskiが、天純と交代で下がる。
こういう采配を見ると、天純がErickの信頼をがっちり掴んでいることが、よく分かる。
170712-17s.jpg


格下といえ、相手もプロのJクラブなので、ビハインドの終盤には攻め込んでくる。
それに対して、マリノスは一度緩んだのを立て直せず、後手後手の緩い対応に終始してしまった。
170712-19s.jpg


下平は、今日が2試合目の90分フル出場。
ボールを持ったときの落ち着きとパス出しは流石。守備の怪しさも相変わらず。後半戦は出番が増えるだろうか。
170712-21s.jpg


後半ロスタイムに1点ずつ取り合って、4-2で勝利という結果になった。
カップ戦なので、勝てば別に良いのだけれど、J3のチーム相手に2失点というのはだいぶ後味が悪い。
170712-23s.jpg


今月下旬にリーグ戦が再開されるまで、2週間半の中断期間に入る。
特に練習試合も組んでいなくて、お馴染みの新潟の十日町でキャンプを行うらしい。
170712-24s.jpg


スコアもスコアだし、相手も相手なので、トリパラを回そうという雰囲気ではなかった。
でもまぁ、無難な勝利と4回戦への切符をありがとう。次はどこで試合かね。
170712-25s.jpg



無難に勝ったことは勿論良いこととして、この試合の収穫は、ずっと無得点だった学がようやく点を取ったことだろう。
今季ここまでは、フィニッシュで相手を外す動きがなく、力任せのシュートが目立っていた。

今日の2得点は、GKまで抜いて流し込んだものと、GKの動きを見切って頭上を越したもの。
どちらも、本来の学らしいゴールで、これで一安心。と思っていたら、後半にも豪快に決定機を外した。
ゴール裏が後半も学へのチャントを繰り返していたように、とにかく彼への期待は大きい。
いわゆるケチャップの蓋は開いたと思うので、次はリーグ戦で、いわゆるケチャップどばどばを見せてほしい。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示