スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Marinos 2017] vs 浦和レッズ(H)(J1-01)

新しいシーズンが始まる。
少なからぬ選手の入れ替えと、様々な報道やファンの声があったけれど、なんだかんだマリノスは続いていく。
歴史と功労者には敬意を払いつつ、我々は新しいマリノスと新しいシーズンに期待する。

Jリーグも少し変わった。
2014年以来の1シーズン制に戻り、DAZN効果で優勝賞金や強化配分金など上位チームの受ける恩恵が増える。
リーグ戦で優勝を目指し、上位に食い込む意義というのが、今まで以上に大きくなる。
予想というより願望として、今年はリーグ戦で3位以内を目指してほしい。



キックオフの3時間前に日産スタジアムに到着。
すなわち、まだ朝の9時30分。12時30分キックオフって、ちょっと記憶にないな。
170225-01s.jpg


今年も自由席の年間チケットで参戦。
定位置はやはり、バックスタンドのこの辺ということになりそう。
170225-03s.jpg


今年はファンクラブ会員向けに、このような対戦相手ごとに異なるピンバッジを配ることになった。
最初の相手である浦和は、鰻の街らしく、鰻の蒲焼きがあしらわれたデザインに。
170225-04s.jpg


浦和のサポーターも、そこそこ来てくれた。
ただ、一昔前(2008年の開幕戦とか)に比べると、あれでも半分くらいに減ってしまっているんだな。
170225-06s.jpg


ピッチ上では試合前のウォーミングアップが進む。
2月の太陽は低く、今日はだいぶ逆光気味になって写真が撮りにくかった。
170225-07s.jpg


今日が39歳の誕生日のボンバー、3年連続でリーグ戦フル出場中の鉄人。
多くの功労者が去ってもなお、我々にはボンバーがいる。
170225-08s.jpg


選手入場直前のマリノス側ゴール裏。
新しいチームの船出、浦和相手の開幕戦ということで、もう少しスタンドが埋まるかと思っていたが。
170225-09s.jpg


新キャプテンの学を先頭に、選手が入場する。
このとき演奏されたアンセムは、悪い曲ではないが、試合が始まるときに流すには相応しくないと思った。
170225-10s.jpg


スタメンには新戦力が3人(Milos、松原、Babunski)名を連ねた。
ワントップは敬真で、Hugoはベンチスタート。まだ10番とか13番がしっくりこないな。
170225-11s.jpg


天純は気合いが感じられたが、体の切れが今一つなのか、後手を踏んだチャージがファールになることが多かった。
早々に警告を受けた後も危なっかしく、退場になってしまわないかと冷や冷やさせられた。
170225-13s.jpg


浦和にはよくボールを回された。
中央でごちゃごちゃ振り回されてからサイドの高めに展開、というパターンに苦しめられた(特に左サイドの宇賀神)。
170225-14s.jpg


1-0で折り返して後半へ。
攻められっぱなしは厳しいので、カウンターで追加点を奪いたい。
170225-15s.jpg


攻められっぱなしから、あっさり逆転されてしまった。
2得点したR. Silvaは流石だけれど、あれだけバイタルとサイドの深いところを蹂躙され続けると、どうにも厳しい。
170225-17s.jpg


ただ、今のマリノスには強い反発力がある。
守りに入らない浦和を相手に、両WGを中心に必死の反撃を試みる。
170225-18s.jpg


浦和の攻勢は続き、簡単にはボールを奪えず、こちらも攻め続けることはできなかった。
しかし、更なる失点を防いだことは素晴らしかったし、ボールさえ奪えれば何かを起こせそうな予感もあった。
170225-19s.jpg


そして後半ロスタイム、左から切り込んだ学の優しいパスを、前田が流し込んで3-2と再逆転!
開幕前の練習試合でもこの形が多かったようで、前田がマリノスで生きる道をさらに一つ、決定的に掴んだ瞬間だった。
170225-20s.jpg


点の取り合いは芸風ではないが、ともかく新チームの開幕戦を、難敵の浦和を相手に、4万人近く入った日産スタジアムで勝利できたことはとても大きい。今年はここで、何度も痺れる勝利を味わいたい。
170225-21s.jpg


トリパラが舞う中で、前田がヒーローインタビューを受ける。
試合終了後の段取りが、DAZN効果なのか、昨年までとは少し変わった気がする。
170225-22s.jpg


朝から何も食べていなかったので、昼食とも夕食ともつかない時間だけれど、ともかく食事にする。
今年もマリノスのポスターを貼ってくれている、綱島の名店「らっきょ & Star」へ。
170225-24s.jpg


季節のスープカレー(冬)の「広島産牡蠣のガーリックオイル漬けと旬野菜炒めのスープカレー」のスープ大盛り。
今年も、試合と組み合わせて、定番の店と新しく開拓する店とを、ここで紹介していきたい。
170225-25s.jpg



3得点と2失点、長年マリノスの応援をしていると、どうしても後者がまず気になってしまう。
最大の要因は、受け身になり過ぎたことだと思う。
浦和のボール回しは確かに完成度が高いけれど、食らいついて奪ってやろうという積極性が見られなかった。
より正しくは、前半はそういう意図を持ったプレーも少なくはなかった。
しかし、コンディションの問題なのか、チャージが遅れてしまい、あっさり抜かれるかファールになる場面が目立った。
その結果、後半は奪いにいくことを躊躇しがちになり、全体がずるずると下がってしまった。

3得点は、単に3つゴールを奪ったという以上に、色々な意味のある嬉しいものだった。
1つには、マリノスの長所が浦和という強い相手に通用したこと。
1点目と3点目は学が左から切り込んで演出し、他にも同じ形からの決定機が何度もあった。
浦和の守備(森脇の対応とバイタルすかすか)も問題だったが、「分かっていても止められない」武器の存在は大きい。

そしてもう1つ、伝家の宝刀セットプレーで得点を奪ったことも見逃せない。
俊輔がいなくなったことによる懸念の1つが、これで払拭された。天純の左足に今後も期待したい。
まぁ、欲を言えば、右のキッカーも欲しい。Babunskiか、或いは学がセットプレーを蹴られないだろうか。

さらにもう1つ、ゴールが欲しい選手達が開幕早々に得点したというのもあるな。
期待のBabunskiと、出遅れの感があるHugoが、揃って価値のあるゴール。
攻撃的な助っ人選手を動かす力は、やはり得点という目に見える結果だから、それが早々に出たのは大きなこと。
前田にしても、目に見える結果を出して、「これで良いんだ」という自信を持ってくれたらと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。