FC2ブログ

[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu その5

今回は、Peruでのお金について。
Peruの通貨はソル(sol)という。複数形はソーレス(soles)。表記は、10ソーレスを"S/.10"というように表す。
日本円との為替相場は、理論上は、概ね1ソルが35円くらいのようだ。
物価水準は、あまり覚えていないのだけど、500mlのミネラルウォーターが1ソルか2ソーレス、タクシーが概ね2分で1ソルのペース、この旅行記に出るレストランでの食事が30ソーレスから60ソーレス、といった感じだったと思う。

オンラインでホテルや現地ツアーを予約したときは、ほとんどの業者が米ドルとソルの両方で決済を受け付けていた。
現地でも、ある程度きちんとした店(クレジットカードが使えるような店)では、米ドルの現金での支払いができた。
ただし、米ドルで払っても、お釣りはソルで渡される。

両替業者は、LimaCuscoの中心部には結構あった。NascaやMachu Picchu村にも少しあった。
米ドルからソルへの両替はどこでもできるけど、日本円からソルへの両替はほぼどこの業者も扱っていなかった。
日本から旅行するのであれば、現金は米ドルを用意していくのが良いと思う。

ただし、少しでも傷んでいるドル札は受け付けてくれないので、予め新札を用意しておく必要がある。
今回の旅行では、そのことを知らなくて、危うく途中で手持ちの現金が尽きるところだった。



Nascaの街から離れると、ぽつぽつと、それらしい模様が見えてきた。
真ん中、ガチャピンみたいなのが「宇宙飛行士」らしい。
141223_13s.jpg


これはくっきり見える。
Nascaの地上絵と言うと、大体これが連想されるであろう「ハチドリ」。
141223_16s.jpg


これはやや見にくいか。
真ん中から左上にかけて、頭から羽根、足、尻尾と描かれている「コンドル」。
141223_17s.jpg


真ん中やや右、翼と尻尾(翼の下の三角形)、それから二方向に何か突き出ている頭部(翼の上)。
どうやら「ペリカン」らしい。頭部から上に突き出てるのがクチバシで、右に突き出ているのがトサカなんだと。
141223-18s.jpg


真ん中やや左が「木」、その右上の(チョコボールの)キョロちゃんみたいなのが「手」。
左上に見える道路が南米を縦に貫くPan-American Highwayで、小さな建物は後で訪れるMirador(展望台)。
141223_20s.jpg


ご覧の通り、地上絵は見えやすいものと見えにくいものとがある。
全般的に、写真に写るよりも肉眼で見た方が、よりはっきりと見えるのだけど、それでも半分くらいは難しかった。
「右下に●●がある」と言われて、そのつもりで目を凝らして、「あぁ、確かにそう見えるね」って感じで。

昔はもっと鮮明だったのだろうけど、やはり1500年も経つと、段々と自然による風化が進んでくる。
部分的には補修を進めていて、「ハチドリ」のように見やすくなったものもあるけれど、いかんせん地上絵のある平原に足を踏み入れないと作業ができないため、なかなか上手くはいかないようだ。
(※補修する=線上の石をどかす。この記事の後半を参照。)


Nascaの街に戻ってきた。午後の予定まで少し時間がある。
ここは街の中心であるアルマス広場(Plaza de Armas)、小さいけれどNascaらしさが表れている。
141223-24s.jpg


気温は30℃を超え、Limaよりもずっと暑い。外でのんびりするのも少々しんどい。
涼むのを兼ねて、目抜き通りにある"La Choz"という店で昼食にする。
141223_27s.jpg


さっぱりしたものが食べたかったので、Cebicheを注文した。
白身魚を酢で締めてマリネにしたもの。これはなかなか良かった。
141223_28s.jpg


午後は、Nasca近郊の、地上絵に関連する場所を訪れることにした。
朝、ホテルに迎えに来てくれたおっちゃんが、ツアーの運転手を紹介してくれた。

ツアーといっても、個人でタクシーのような普通の車を借り切って、運転手兼ガイドに案内してもらうというもの。
英語を話せる人だったので、色々と楽だった。


最初に訪れたのは、Natural Miradorという小高い丘。
ここから、地上絵というかNasca平原を見渡すことができる。
141223_29s.jpg


地上絵を描く線の仕組みが分かる。
石をどかして、そこだけ地面を剥き出しにする。いたってシンプル。
141223_30s.jpg


このNatural Miradorの近くには、動植物を模した地上絵はない。
その代わり、各方向に直線が伸びていて、何らか意味のある場所だったのではないか、との説明。
141223_31s.jpg


次は、人工物のMirador。先程、上空から見下ろしたやつ。
吹けば飛びそうというか、これ登るのちょっと怖いな。
141223_33s.jpg


これも先程上空から見下ろした、「木」の地上絵。
右側、思いっきり車が横切った跡があるな・・・。
141223_35s.jpg


それから、「手」の地上絵も間近に見ることができる。
上空と地上からそれぞれ見て、地上絵の線の仕組みも分かって、「あのNascaの地上絵を見たぞ!」と満足できた。
141223_36s.jpg


もう1ヶ所、小さな隣町に、Maria Reiche博物館(Museo Maria Reiche)というのがある。
Nascaの地上絵の研究に生涯を捧げた、ドイツ人の研究者、Maria Reicheを記念して建てられた。
141223_38s.jpg


Maria Reicheは、第二次世界大戦の後に地上絵の研究を始めたそうだ。
当時は気軽に上空をセスナ機で飛べるわけでもなく、広大なNasca平原を歩き回って、手作業で計測していった。
141223_41s.jpg


無数の線を1つ1つ計測して、図面に落とし込んでみたら、きちんとした絵になっていることが分かったのだろう。
彼女が研究の成果をまとめて、保存に向けて動いてくれなかったら、今頃は土地開発で消えていたかも知れない。
141223_42s.jpg


Maria Reicheの居室が、そのまま保存されている(蝋人形付き)。
こんな砂漠の中の過酷な環境で、自分の足を頼りに研究を続けた。想像を絶するな。
141223_43s.jpg


博物館の敷地内には、Maria Reicheの墓がある。
95年(!)の人生の内、実に50年間をここNascaでの研究に注いだ。そして今、地上絵と同じ土に眠る。
141223_45s.jpg


夕方、Nascaの街に戻ってきた。
そして、夜のバス(再びCruz del Sur)で、次の目的地へと向かう。
141223_47s.jpg



LimaとNasca、さらには急遽Huacachinaも加えて、Peruの旅行の前半を終えた。
もうだいぶ真新しいものを見てきて、満足しつつあったけれど、まだまだPeruの旅はこんなもんじゃ終わらない。
後半は、さらに違う世界を訪れ、感銘を受け、そして大変な目にも遭った。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[MLB] Los Angeles Dodgers vs Los Angeles Angels (Aug. 2, 2015)

2015年8月、Los Angelesから引っ越す直前に、Dodgersの試合を観に行ってきた。
3ヶ月ほど、どこにも遊びに行けない忙しい日々が続いていたので、解放感に満ち溢れていた時期だった。
ただし、すぐにNew Yorkに引っ越さなくてはならなかったので、のんびり旅行している余裕もなかった。
そこで、Los Angeles生活の締め括りに丁度良いと思い、AngelsとのLos Angeles対決(Free Way Series)を選んだ。

この年の5月にMiami Marlinsとの試合を観て以来、しばらくDodgersの試合の結果すらろくに見ていなかった。
その間も、ライバルのSan Francisco Giantsと競りながら、どうにかNational League西地区の首位を守ってきた。
ただ、KershawGreinkeの2枚看板以外、先発投手がなかなか揃わずに困っていたようだ。
それで、7月末のトレード期限の間際に、先発投手2枚の獲得を含む大型トレードに打って出たようだった。


12時30分頃に、Dodger Stadiumに到着。
8月のデーゲームは、南Californiaの強烈な太陽の下で行われる。かなり日焼けする。
150802-02s.jpg


今回は2階席から観戦する。
1階席は、Free Way Seriesゆえとても値上がりしていて、ちょっと手が出せなかった。
150802-04s.jpg


今日はスポンサーの提供で、来場者にDodgersの帽子を配っていた。
MLB公認のグッズではない(※MLBのロゴの代わりにスポンサーのロゴ)けれど、前から見ると本物と遜色ない。
150802-05s.jpg


国歌斉唱をベンチ前で聞く、Dodgersの選手達。
背番号と名前をぱっと見て、知らない選手が増えた気がする。
150802-08s.jpg


暑くてしんどいなと思う中、試合開始を迎える。
Angelsは赤のユニフォームで、何だかUCLA vs USCのような、Los Angelesを二分する青赤対決の雰囲気がある。
150802-10s.jpg


Dodgersの先発は、先日の大型トレードでMarlinsから移籍してきたLatosという投手。
故障で昨年は登板機会がなかったけれど、その前の4年間で3回も14勝を挙げていて、復活が期待される。
150802-11s.jpg


Angelsの3番Troutと4番Pujolsは脅威。今季も既に、2人とも30本塁打を超えている。
今日の試合では、この2人を抑えることができて、それが勝因だったと思う。
150802-13s.jpg


Dodgersの主軸は、3番のGonzalezで、自分と同じ年(当時33歳)。
今季は序盤に驚異的なペースで打っていたが、段々と尻すぼみになって、いつの間にか打率も3割を切った。
150802-14s.jpg


MLBに限らず、アメリカのスポーツの試合には、軍人が招待されて、観客から盛大な拍手を送られる。
日本の自衛隊では、こうはいかないだろうな。軍隊の社会的な地位というのが、だいぶ違う。
150802-15s.jpg


これはグラウンド整備の様子。
日本のようにトンボをしゃかしゃか動かすのではなく、こうやって大きなブラシを引いて歩く。
150802-17s.jpg


Angelsの投手が一塁に牽制。一塁手はPujols。
投手が投げにくそうにしていて、何度か牽制があるなと思い、シャッターチャンスを待っていた。
150802-19s.jpg


3回裏、2番のKendrickの2点本塁打で先制。
ぎりぎりまで追い掛ける中堅手のTroutの頭上を、わずかに越えてバックスクリーンへ。思ったより飛びました。
150802-20s.jpg


先発のLatosは、6回を1失点(4安打1四球)に抑えて降板。
強力と言われるAngels打線、特に中軸のTroutとPujolsを封じたのは素晴らしかった。
150802-21s.jpg


7回の7th Ininng Strectchで、"Take Me Out to the Ball Game"を歌う。
球場ごとに地元チーム向けにアレンジがあって、Dodgersバージョンは今日で聞き納めになってしまうな。
150802-22s.jpg


ここから、試合は両チームの救援投手陣がぴりっとせず、終盤に点の取り合いになる。
これは、代打のGuerreroが死球を受けた場面。よくこんな写真を撮れたな。
150802-23s.jpg


試合の決着は、10回裏、Dodgersの4番のEthierが、Angelsのブルペンに突き刺さる本塁打を放ち、サヨナラ勝ち。
彼も自分と同じ1982年生まれ。そして、今日はサヨナラ本塁打=Walk Off Homerunを含む2本塁打。素晴らしい。
150802-26s.jpg


試合後のヒーローインタビューを受けるEthier。
これはテレビ向けのようで、日本のように場内への音声はなし。残念。
150802-27s.jpg


試合の帰り、友人と待ち合わせて、Lawry'sで夕食にする。
プライムリブが有名なレストランで、行ったことないけど東京と大阪にも支店があるみたいね。
150802-29s.jpg


創業時から同じ作り方の"special salad"と言われた。
まぁ、これは至って普通のサラダ。これから食べる肉を考えると、ちょっと量が多い。
150802-30s.jpg


切り方が肉の厚さによって5段階ある内の、真ん中の"Lawry's Cut"にした。
さすが柔らかくて美味かった。アメリカに来てからは、一番の肉だったかな。
150802-31s.jpg



劇的な幕切れだった。
そして、Dodgersの試合を観戦して6試合目で、ようやく勝ち試合を見ることができた。
正直に言って、KershawでもGreinkeでもない投手が先発すると知って、「今日もだめかな」と思っていた。
予想を裏切り、先発のLatosは好投した。しかし、後ろのリリーフ投手がどうにもぴりっとしなかった。
まぁ、それでも、勝てて何よりだった。

この年も、Dodgersはレギュラーシーズンでは強さを見せて、当然のようにプレーオフに進むことができた。
しかし問題は、前年に引き続き、その舞台でどう勝つか、ということだった。

KershawとGreinkeは凄いのだけれど、それに次ぐ3番手の先発投手が出てこなかった。
しかも、Kershawはなぜかプレーオフになると打たれるから、大舞台に強い頼れる投手がほしかったところ。
あと、ぐだぐだなリリーフ陣も、接戦になると怖い。昔はGagneのような絶対的なストッパーがいたのにな。

それから、ただ打つだけという打線も考え物。短期決戦の接戦では、何か工夫がないと、あまり得点を期待できない。
超俊足で切り込み隊長に最適なGordonを放出してしまったことが残念。
しかも、Gordonは移籍先のMiami Marlinsでブレイクし、2015年の首位打者と盗塁王を獲得した。
入れ替わりに入団したRollinsとKendrickの微妙な成績と比べて、何とも悔やまれる。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu その4

今回は、Peru旅行での言葉の問題を少々。
南米の多くの国々と同様、Peruでは主にスペイン語が話されている。(地方では原住民の言葉も少々。)
自分は今まで全くSpain語に触れたことがなかったので、今回の旅行を計画するに当たって、言葉が一番の心配だった。

結論から言うと、ほとんどスペイン語ができなくても、Peruの代表的な観光地を訪れる分には、さほど問題はなかった。
それは1つには、世界的に有名なNascaやMachu Picchuでは、それこそ世界中から観光客が集まってくるので、彼らを相手に商売する側も、ある程度は英語ができるから。少々ラテン訛りがあるけど、日本人的には割と聞き取りやすいはず。
バス・タクシーやレストランなんかは英語が通じないことが多いけれど、スペイン語で数字の数え方と値段の聞き方、あとは簡単な挨拶の言葉くらいを覚えておけば、特に不自由はしなかった。幸いにも、特にアクシデントもなかったので。

また、今は移動やホテル、現地ツアー等を、インターネットで手配できるので、現地で難しい話をする必要もない。
英語で説明を読んで申し込めるし、大抵の業者は英語のメールで問い合わせもできる。
どうしてもスペイン語が必要なときは、Google翻訳(ただし英語→スペイン語に限る)を使っても、まあどうにかなる。
実際は、現地で手配した方がずっと安いことも多いのだけれど、言葉の問題を金で解決すると思えば、それもやむなし。



Nascaに向かう途中、Huacachinaの砂漠ツアーの続きから。
斜面の上でバギーが停まると、各自、スノーボードのような板を渡される。
141222_23s.jpg


砂漠でよくある遊びの、サンドボードの時間が始まった。(日本の鳥取砂丘でも遊べるそうだ。)
最初はこんな感じで腹這いになって、頭からさーっと滑っていく。
141222_25s.jpg


斜面の下から、他の面々が滑ってくるのを眺めている。
前回の記事に登場した、Chicagoから来た家族のお父さんが、家族の先陣を切って下りてきたところ。
141222_26s.jpg


サンドボードの時間は、場所を変えながら、1時間くらい続いた。
段々と斜面が大きくなっていって、これは最後のところ、まっさらな斜面を前に「お前、最初に行け。」と言われた場面。
141222_27s.jpg


サンドボードで遊んでいる間に、段々と日が傾いてきていた。
"Sunset Tour"というだけあって、砂漠に夕日が沈むひとときを、バギーに乗せて色々な角度から見せてくれた。
141222_28s.jpg


これはツアーの最後に、Huacachinaに戻ってきたところ。
本当に、絵に描いたようなオアシスの景色だ。
141222_29s.jpg


さて、Huacachinaの砂漠を楽しんだのは良いのだけど、今日はNascaの街まで行かなければならない。
ツアー会社の人にIcaのバスターミナルまで送ってもらい、ローカルバスに乗ってNascaに向かう。
141222_32s.jpg


真っ暗な荒野を、黙々とバスは進んでいく。
途中で何ヶ所か、小さな街で止まって客をおろし、また新しい客を乗せていく。
141222_33s.jpg


約3時間かけて、22時過ぎに、ようやくNascaに到着した。
Nascaの目抜き通りを、ホテルに向かって歩く。街の至る所に、Nascaの地上絵の模様が見られた。
141222_35s.jpg


少し遅い時間だけれど、軽い朝食から何も食べていないので、これから夕食にする。
ホテルの人から勧められた、『地球の歩き方』にも載っている、"Plaza Mayor"という店へ。
141222_36s.jpg


ここはグリルチキンが自慢の店らしいので、Pollo a la Brasa(鶏肉の炭火焼)を注文した。
肉付きの良い鶏が丸ごと一羽、は良いとして、ポテトはさすがに全部は無理だった。
141222_37s.jpg


4日目の朝、表通りから昨夜の宿である"Casa Andina Classic Nasca"を写す。
Casa Andinaは、Peruの主要都市に展開するホテルチェーンで、今回はここNascaと、次に訪れるCuscoとで利用した。
141223_01s.jpg


あまり高い階層にせず、中庭を設けてそれを囲むように客室が並ぶ。
中南米に(Spainにも?)よく見られる、コロニアル・スタイルというものらしい。
141223_02s.jpg


これが今回泊まった部屋。
窓の外が空き地になっていて、若者の夜遊びが深夜までうるさかった(苦笑)。
141223_03s.jpg


今日は、今回の旅行の前半の山場、有名なNascaの地上絵を見に行く。
これも世界遺産で、誰もが名前くらいは聞いたことがあると思う。

今から1500年くらい昔、Nascaのある地域にはNasca文化が栄えていた。
彼らは、荒野に太く長い線を引き、巨大な模様を地面に描いていった。
よく知られているのは動植物を模したものだけど、幾何学的な図形を描いたものも沢山存在する。

そんな古い時代に、正確に地面に長い線を引ける技術があったことに、まず驚かされる。
さらに興味深いことに、そこまでして地上絵を描いた目的は、現在でも解明されていないらしい。
(宇宙人との交信だったという説すらある。)


事前に地上絵の観光飛行を予約しておいたので、業者がホテルまで車で迎えにきてくれた。
向かった先は、Nascaの町外れにある空港。
141223_04s.jpg


空港と言っても、ここは地上絵を見るための観光飛行専用の施設で、他の都市への航空便はない。
小さな建物の中に、地上絵を見る観光飛行を扱う業者が、受付のカウンターを並べているだけ。
141223_05s.jpg


今回乗せてもらう飛行機。6人乗りのセスナ機だった。
こんな小さな飛行機に乗るのは、さすがに初めてなので、少し緊張した。
141223_06s.jpg


左右で重さのバランスが取れるよう、座席を指定される。(そのため、搭乗前に体重計に乗らされる。)
最も軽い坊や(左側)と、次に軽い自分(右側)が、最後列に座らされた。
141223_07s.jpg


午前中は空気が澄んで見えやすいということで、フライトが集中している。
離陸の順番を待って、いよいよ我々の飛行機がNascaの空に飛び出した。
141223_09s.jpg


大体このくらいの高さから、地上絵を見下ろすことになる。
洪水の跡(左側)と、直角三角形のような模様(真ん中やや右)が見える。
141223_11s.jpg



セスナ機による地上絵の見物について、少し補足する。
構造上、真下は見ることができないので、自分の横の窓から斜め下に見ることになるのだけど、左右どちらに座っても全ての地上絵を見られるよう、同じ地上絵の上を、右下に見下ろすのと左下に見下ろすのとで2回通ることになる。
なので、我々の乗るセスナ機は、頻繁に向きや高度を変えて、上下左右に揺れ続ける。
そして、それが約20分ほど続く。

その結果、乗り物酔いをしやすい人は、結構な確率で「リバース」してしまうことになる。
だから、セスナ機に乗る人は、直前に食事をするなというお達しまである。
今回、乗客6人の内、実に3人が我慢しきれず「リバース」した。
汚い話だけど、あれって、我慢していても他人のアレの匂いを嗅いでしまうと、連鎖してしまうらしいのね。
エチケット袋が配られるものの、狭い機内にアレの匂いが(しかも3人分)充満するのは、ちょっと耐え難かった。

自分は、割と乗り物酔いには強く、念のため酔い止めの薬も用意したので、全然大丈夫だった。
でも、隣の坊やが「リバース」しちゃって、色々と勘弁してほしい状況に陥った(苦笑)。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示