[Marinos 2016] vs 鹿島アントラーズ(EC/SF)

鬼門の準決勝に挑む。
ある程度の年季のあるマリサポなら、国内カップ戦で何度となく準決勝の壁に阻まれた苦い記憶があるはず。
調べてみたら、自分がマリノスを応援し始めた2005年以降、今年のルヴァン杯までで実に9回もあった。
これはJクラブの中ではぶっちきりの1番で、2番目に多いのはFC東京と川崎の5回。

さらに調べると、同じ2005年以降でマリノスが国内カップ戦の準決勝まで進出した回数は、今年の天皇杯を含めて11回で、これはガンバの15回に次いでJクラブでは2番目に多い。驚いたことに、これは鹿島の10回を上回る。
しかし、ガンバは11回、鹿島は7回、準決勝を突破している。マリノスは1回だけだ。
感覚的に悪印象を植え付けられているだけでなく、統計的にも恐ろしく準決勝との相性が悪いことが分かる。

大会ごとに事情(特に組み合わせ)が異なるので、原因を統一的な理屈で説明することは非常に難しい。
浦和や川崎のように、タイトルを意識すると本来の力が出せなくなるのだろうか。
ただ、組み合わせに恵まれて勝ち上がったものの、準決勝で初めて強敵に当たって散ったことも多いからな。
或いは、今年の両カップ戦のように、勝ち上がる度に怪我人等が出て戦力が下がるということもある。

何にせよ、この準決勝敗退率は尋常ではなく、もはやオカルトの世界と言って良い。
目に見えない何か、理屈で割り切れない何かと戦うのは、選手達にもサポーターにも、実に大変なことだ。
だからこそ、その壁というかジンクスを突破したときは、非常に痛快なのだけれど・・・。



鹿島との準決勝は、大阪のヤンマースタジアム長居にて。
大阪に飛ばされるのはともかく、日産スタジアムを準決勝のもう1試合で使われるのが心情的に受け入れ難い。
161229-01s.jpg


Sメイン席ベンチ左側、すなわちマリノス側のチケットを買っておいた。
実は、このスタジアムに来るのは初めて。陸上競技場だけれど、スタンドに高さと傾斜があるので、見づらくはない。
161229-03s.jpg


マリノスの選手達のウォーミングアップが始まった。
決勝戦までの調整を見据えてか、ベンチ外の喜田(フェイスガード装着)と下平も練習に帯同していた。
161229-04s.jpg


マリノス側のゴール裏。
帰省ラッシュで大阪への足を確保しにくい中、まあまあ駆け付けたんじゃないかな。
161229-05s.jpg


鹿島側のゴール裏。思ったより少なめ。
関西まで遠征するような猛者達も、Club World Cupでの出費がかさんで財布が厳しいか。
161229-06s.jpg


試合前の記念撮影。
このメンバーで、このユニフォームを着て、元日まで行きたい。
161229-07s.jpg


小笠原と球際で競り合う前田。
今日もトップ下というか、攻撃では2列目を動き回り、守備では2トップのように前からプレスにいく役割だった。
161229-08s.jpg


喜田の欠場で先発出場が回ってきた中町。
準々決勝では出番がなく、試合勘が欠けていたのか、持ち前の球際の強さがやや影を潜めていた。
161229-09s.jpg


赤崎のドリブルに対応するボンバー。
今日は怪しいプレーは少なく、概ね安心して見ていられた。
161229-10s.jpg


優勢だったが決定機を逃し続けると、カウンターから(天敵の?)土居に決められて先制を許した。
鹿島らしい試合展開に持ち込まれ、もうこの時点でマリノスは追い込まれてしまった。
161229-11s.jpg


0-1で折り返して、後半の反撃に懸ける。
先制された後の前半残り時間からチームは既に浮足立っていて、何らか梃子入れが必要に思われたが、交代はなし。
161229-13s.jpg


案の定、ほとんど何もできない15分を過ごした後で、俊輔を投入。
しかし、追い掛ける展開で富樫を下げてFWがいなくなるという、なかなか意味不明な交代策だった。
161229-14s.jpg


学はこの試合、残念ながらだいぶブレーキだった。
ボールが上手く足に付いていない感じだった上に、スパイクが芝と合わないのかよく転倒していた。
161229-17s.jpg


鹿島の術中にはまった後半、唯一の希望は俊輔だった。
ボールを取られない上に、周りがよく見えていて、配球も正確。やはりマリノスは俊輔だと思い知らされる。
161229-18s.jpg


セットプレーのチャンスには、否が応でも天野以上の期待がかかる。
実際、押し込んだがオフサイドになったシュートや、ポスト直撃のシュートなど、惜しい決定機を演出していた。
161229-20s.jpg


1点でも重いのに、2点目も決められて、終わってみればほぼ完敗。
2005年以降の12年間で10回目の準決勝敗退となった。
161229-21s.jpg


負けたことでこれが今季最後の試合となり、ゴール裏への最後の挨拶へと向かう。
心なしか、今季最終戦という以上に、雰囲気が重かった。お辞儀した後、なかなか頭を上げない選手も多くて。
161229-22s.jpg


痛々しい程の悔恨の表情を浮かべる学。泣いていたという話もある。
自分が引っ張ってタイトルを獲りたかったのだろう。今回がその最後のチャンスだったというのか。
161229-23s.jpg


決勝のチケットを鹿島サポのおばちゃんに譲り、虚脱感のままスタジアムを後にした。
大阪まで来るのが大変でろくに食べていなかったので、お好み焼きでも食べて帰る。梅田の「きじ」へ。
161229-24s.jpg


今までは「きじ」に来ると「もだん」だったけれど、焼きそばを混ぜると広島風と同じになってしまうので、今回は焼きそばなしにしようと思い、「いか豚玉」にした。泣いてはいないけれど、涙の味のような気がした。
161229-25s.jpg



鹿島との試合って、大体こうだよな。
90分を通して圧倒されることはそんなにないけれど、終わってみれば完敗。
前半に何度もあったチャンスを逃し続け、先制されて後半にギアを上げられると、もう何もできずに終わり。

本当に、前半に何とかしたかった。
キクマリの映像で振り返っても、どれか1つは決めようよってくらい歯痒い攻撃だった。
それに対して、鹿島の攻撃の、なんとシンプルで的確だったことか。
マリノスが手数をかけて攻めて攻めきれないのに対して、鹿島はするするっと抜けてきてぽんっと点を取ってしまう。
勝てるチームになりたいならば、ああいうオーソドッククスな攻撃をして、確実に決められるFWがいないとな。

まぁ、このメンバーで出来るサッカーを全力で頑張ってくれたと思うし、少なからず可能性は感じた。
リーグ戦ではずっと機能不全を感じる消化不良な戦いだったが、2つのカップ戦ではいずれも4強まで進むことができた。
やはりこのチームには、簡単には負けない底力があったのだと思う。
それを勝てるサッカーに昇華させることが課題なのだけれど、それは恐らく、このメンバーと監督では難しい。

シーズン終了から一夜明けて、早速移籍の話がどかっと出てきた。
このオフ、出る方も入る方も、結構な数の動きがあって、来季はだいぶ違ったチームになるだろう。
それで結果が出れば良し、出なければ「ふざけんな」となる。
来季は、今まで以上に、試される1年になるだろうね。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2016] vs ガンバ大阪(EC/QF)

だいぶ待たされて、ようやく天皇杯が再開した。
所用のために天皇杯の4回戦を欠席したので、リーグ戦の最終節以来、50日ぶりのマリノスの試合になった。
その4回戦からでも40日も空いているから、下手すると本物のシーズンオフよりも長い中断だったことになる。
こんな愚かな日程の組み方は、金輪際やめてほしい。

この中断期間の間、まだシーズン中なのに、マリノスは色々とサッカー以外の部分で騒がれた。
問題の根は深くて、憂うべき事象も1つではない。
1つ、フロントは何やってるのか。
2つ、なぜそのような内部情報がマスコミにダダ漏れなのか。
そして3つ、一部サポーターが率先して騒ぎを大きくしているのは何なのか。

ピッチ上のサッカーの部分も含めて、思うことは色々とあるのだけれど、全部書くともう観戦記じゃなくなる。
試合以外のことを(責任をもって)書くのは面倒くさいし、そもそも試合のことを書くだけで手一杯。
何だかんだ、勝てば文句も出なくなる。だから勝ちたい。そして試合を楽しみたい。


お祭り騒ぎのClub World Cupとは一転、何のイベントもなく静かな日産スタジアムへ。
今季最後の、(実質)ホームでの試合になる。
161224-01s.jpg


今日はメインスタンドのSA席から。
日陰になるので寒く、試合開始が近付くまでゴール裏の2階で日向ぼっこしてた。
161224-02s.jpg


マリノスのスタメンと、ゴール裏のマリノスサポーター。
2階席にも多く入っているのは、今日はバックスタンドの2階部分が閉鎖されているから。
161224-05s.jpg


こちらは、ガンバのスタメンとガンバサポーター。2階席を開ける必要はなかったな。
県サッカー協会のお姉さんが、例によって名前の読み上げを嚙みまくり、ガンバサポーターを苛立たせていた(笑)。
161224-06s.jpg


キックオフ前の整列の様子。
ピッチ上が日向と日陰に分かれていて、写真も撮りにくいし、肉眼でも少々見づらい。
161224-07s.jpg


この大会は、勝ち進むと残り試合は全てカップ戦ユニフォームのホーム用を着用する。
前半、マリノスで最後の日産スタジアムとなる小林が、藤春のオーバーラップに対応するところ。
161224-08s.jpg


今日は喜田と天野が中盤の低めに入った。
この2人、来季は背番号が変わるかな。
161224-09s.jpg


敵陣深くでのスローインの場面。
今日は藤本がガンバの左サイド。彼の技術と攻撃でのアイディアを、もっとマリノスで活かしたかった。
161224-10s.jpg


0-0で前半を終えて、ハーフタイムにサブ組のウォーミングアップが行われる。
怪我から久々に復帰の俊輔がベンチ入りしていて、後半に出番があるかどうか。中町と兵藤も見たいけれど。
161224-11s.jpg


後半は、マリノスの左サイドの攻撃を目の前で見る。
普段はホームでバックスタンド(ホーム側)、アウェーでメインスタンド(アウェー側)なので、この視点は結構少ない。
161224-13s.jpg


学のドリブル突破(右サイドから)からPKを得て、それを学が自ら沈めた。
俊輔も伊藤も兵藤もいなかったので、誰が蹴るのかと思ったけれど、果たして得た人が自分で蹴った。
161224-14s.jpg


ガンバの猛攻に晒され追い付かれた直後、俊輔が交代出場して、やっとピッチに戻ってきた。
コンディションはあまり良くなさそうで、目立った働きはなかったけれど、押されていたマリノスの雰囲気が変わった。
161224-17s.jpg


伝家の宝刀、セットプレーに活路を見出そうとする。
実際はそうそう決まらないけれど、俊輔が蹴るというだけで、ガンバの選手を全員守備に戻らせることができた。
161224-18s.jpg


なぜか6分もあったロスタイムも終わるかという頃、天野がエリアの外からミドルシュートを突き刺した。
劇的な勝ち越しゴールは、自分が行けなかった4回戦(直接FK)に続く終了間際の殊勲弾。天野、いよいよ覚醒か。
161224-19s.jpg


決して褒められたもんじゃない試合だったけれど、とにかく準決勝に進出したのはマリノス。
この時期、この舞台まで来たら、内容はもうどうでもいい。勝てば何でもいい。
161224-20s.jpg


天野のヒーローインタビュー。NHKの中継向けで、場内のスピーカーにも音声が流れた。
まだちょっと興奮状態のところから始まって、段々と落ち着いてきて、最後はちゃんと締めていた。
161224-22s.jpg


ゴール裏のサポーターに挨拶。
今季なかなか勝てなかった日産スタジアムで、天皇杯ではあるけれど、最後2つ勝てたのは良いこと。
161224-23s.jpg


試合後、「クリスマスが何だ、くそったれ!」と野郎だけで焼肉を食べに行く。
元町エリアにある「しげ吉」の支店。ここは哲也のお気に入りの店で、チームメイトを誘ってよく来るらしい。
161224-26s.jpg


大事な試合に勝ったことだし、がんがん食べよう。
こえは「幻三品盛」、ハラミ・タン塩・ロースだったかな。
161224-27s.jpg


こちらは「タン三昧」、熟成タン・中落タン・(普通の)タン塩。
焼肉は美味かったけれど、クリスマスの元町なんて来るもんじゃねえな(苦笑)。
161224-29s.jpg



苦しい試合だったけれど、勝てて良かった。
1年やってぐだぐだなサッカーが、40日間の練習で良くなるわけもないと思っていたが、果たしてその通り。
試合勘がなくなって、上手く試合に入れていない選手もいた。特に、怪しいプレーを連発していた哲也とボンバー。
ガンバも同様にぐだぐだだったので、途中までは良い勝負だったけれど、終盤に地力の差が出て猛攻を喰らった。
あのまま延長に入っていたら危なかったし、もうほんと、これしかないって勝ち方でどうにか最後に上回れた。

まぁ、上にも書いたけれど、メンバー構成もコンディションもままならないこの時期の試合、とにかく勝てばいい。
チームとしては、それに尽きる。ぐだぐだで良いからもう2つ勝って優勝したい。

選手個人のレベルでは、大きくはないかも知れないけれど、明るい材料がいくつも見付かった。
天野は、決勝点もさることながら、マリノスの中盤で90分戦える選手になってきた。来季が楽しみ。
富樫と前田は、試合に与えるインパクトはまだ大きくないけれど、曲がりなりにも90分やれるようになった。
久しぶりの出番になった新井が特に良かった。CBでも右SBでも、落ち着いてしっかり守れていた。
CBとしては、現状では朴正洙よりも守れている。やや意外なところから、次のCBのレギュラーが出てくるかも。

チームとしてぐだぐだな中でも、こういう若手の活躍で、苦しみながらでも勝てれば、その意義は大きい。
だから、彼らを決勝の舞台に連れて行ってあげたい。
ルヴァン杯のときも思ったけれど、あの舞台でプレーさせてあげたい。絶対に良い経験になるから。
そのために倒すべき、次の準決勝の対戦相手は、Club World Cupで躍進した鹿島。
相手に不足なし。鹿島を倒してタイトルを取ることに、大きな意味がある。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Soccer - CWC] Real Madrid vs 鹿島アントラーズ (CWC/FINAL, Dec 18, 2016)

決勝戦は、何かと話題の多い試合になった。
1つに、日本でも非常に人気の高い「あのReal Madrid」が来ること。
もう1つ、先日のJリーグのチャンピオンシップから破竹の快進撃を見せる鹿島が、とうとうこのFIFA Club World Cupの決勝まで勝ち上がり、「あのReal Madrid」とタイトルのかかった公式戦で対戦すること。
ついでに言えば、この試合が、当面は日本で観られる最後のFIFA Club World Cupの試合になるかも知れないことも。

個人的には、欧州のトップレベルのサッカーには憧れているけれど、特にReal Madridという特定のクラブを応援する訳ではないし、マリサポの端くれとして鹿島を応援するものでもないだろうと、取り合えず試合を観ようと思っていた。
それでもまぁ、目の前にCristiano RonaldoSergio Ramosがいればどうしても見ちゃうし、鹿島が「あのReal Madrid」を相手に奮闘すれば一種の判官贔屓で肩入れしてしまうところはある。
それが、スタジアムで試合を観ることの醍醐味でもあるから。



3位決定戦から決勝戦まで、約1時間30分も間が空く。
まぁ、トイレとかコーヒーで長い列を並んでいたら、あっという間に両チームの練習が始まる時間になったけれど。
161218-41s.jpg


決勝戦はReal Madridと鹿島の対戦。
欧州のビッグクラブと、親善試合ではなくこうして公式戦で対戦できるのは、この大会だけが持つ魅力ね。
161218-42s.jpg


Real Madridがこちら側(北側)でウォーミングアップを行う。
顔が見える3人は、Benzema、C. Ronaldo、Modricで、これを見ただけでも「レアルすげーなー」と思ってしまう。
161218-43s.jpg


南側のゴール裏に、鹿島サポーターのエリアも設けられていた。
反対側にはReal Madridのエリアらしきものもあった。日本人の「なんちゃってレアルサポーター」はあちこちにいたが。
161218-45s.jpg


そしていよいよキックオフを迎える。
鹿島はベストメンバーを揃え、Real Madridも負傷離脱中のBale以外はほぼベストメンバーと思われる。
161218-48s.jpg


前半、立ち上がりに先制したReal Madridは、随所に唸るようなプレーを見せるものの、どこか流しているように見えた。
他方で、鹿島の選手達は、そんなReal Madridを相手に、少しずつ普段通りのサッカーを取り戻していった。
161218-50s.jpg


Sergio Ramosは、クリアミスがあったり、手を使った安易なファールで止めたり、だいぶ雑だった。
これだったら、鹿島も点を取れるんじゃないかと、前半から少し期待が芽生えた。
161218-51s.jpg


後半の立ち上がり、柴崎がミドルシュートを突き刺して、2-1と鹿島が逆転した。
周りの観客達と同じく、サッカーファンとしての本能で、思わず立ち上がって声を上げてしまった。
161218-53s.jpg


これでReal Madridの選手達がちょっと本気になった。
舐めたようなちんたらしたプレーが消え、一直線にゴールを目指すえぐい攻撃を繰り出し始めた。
161218-54s.jpg


そして、PKを取られて2-2の同点に追い付かれてしまった。
しかし鹿島の選手達は、ここで折れずに再び本気のReal Madridに立ち向かっていった。
161218-56s.jpg


なおも攻勢に晒される鹿島だったが、しかし粘り強く守ることができていた。不用意に飛び込まず、かといって離れ過ぎず、数的優位を保ってチャレンジ&カバーを徹底する。今の横浜が忘れかけているものが、そこにはあった。
161218-57s.jpg


決勝戦の公式入場者数が発表された。
このスタジアムの最多観客試合の記録(2002年のFIFA World Cupの決勝戦)まで、あと300人くらいだった。
161218-58s.jpg


相当に疲弊させられたはずの鹿島も、終盤に攻勢に転じた。
Real Madridの選手達も足が止まってきていて、あと少しの決めきる力があれば、勝てる可能性は十分にあった。
161218-59s.jpg


そして、2-2のまま延長戦に突入した。
ModricとKovacicの2人は、試合後バカンスに直行の予定で、「やべえ、飛行機に遅れる!」と焦っていたらしい。
161218-62s.jpg


延長戦に入り、鹿島は疲労からプレーの質が目に見えて落ちていたが、それでも勝利を目指し戦った。
守り切ってPK戦というのは、あまり考えていなかったようだった。あくまで試合でReal Madridを倒そうということか。
161218-64s.jpg


試合に決着を付けたのは、C. Ronaldoの2ゴールだった。
何となく鹿島を応援しつつあったけれど、このときは「これぞスーパースター!」と感動して惜しみない拍手を送った。
161218-65s.jpg


Real Madridも、もう手を緩めることはなかった。その名に懸けて、最後まで鹿島を叩き潰しにきていた。
そんな本気のReal Madridを見られて嬉しかったし、なおも果敢に立ち向かう鹿島も頼もしかった。
161218-66s.jpg


そして延長戦を終えて4-2でReal Madridが勝利し、2016年のクラブ王者に輝いた。
選手達とZidane監督がスタンドのファンに挨拶に来た。そういや、監督としてのZidaneも格好良かったなぁ。
161218-69s.jpg


大会の全日程を終えて、表彰式が始まった。
1位から3位のチームと、MVPなどの個人賞に対する表彰が、滞りなく行われた。
161218-70s.jpg


バックスタンドからは表彰式の様子が直接見えないので、写真は大型ビジョンの映像から。
かくして、今年のFIFA Club World Cupが幕を閉じた。
161218-72s.jpg



素晴らしい試合だった。
こんなに純粋に楽しみ、驚き、興奮した試合は久しぶりだった。
鹿島が「あのReal Madrid」を追い詰めたこと、そして最後はReal Madridがその実力を見せ付けたこと。
そのどちらもが素晴らしく、こういうことは珍しいけれど、両チームともがこの試合の主役だった。

Real Madridの強さについて、自分などが今更語るまでもないだろう。
上手い、強い、そして分かってる。さらに、理屈を超越したスーパースターがいる。
サッカーのあるべき最高峰の姿を見ることができた。
Jリーグでも、日本代表の試合でも、なかなか見られないハイレベルのサッカーを、観ることができて良かった。

そして、そんなReal Madridと互角に近いまでに渡り合い、敗れて純粋に悔しがる鹿島にも、尊敬の念を抱いた。
「あのReal Madrid」が相手だからと言って、守ることばかり考えるのではなく、あくまで普段Jリーグで実践している勝つためのサッカーを貫き、突き詰める。これは恐らく、今の日本では鹿島にしかできないことだろうと思う。
8月にここでマリノスと対戦した(結果は2-2)鹿島と、同じチームなのかと疑うくらい、皆が逞しかった。
当初は開催国枠での出場に違和感はあったが、これだけのサッカーを見せてくれたら、もうそんなのどうでも良くなった。

とまぁ、鹿島を散々に褒め称えたけれど、マリサポとしては、この鹿島を倒してタイトルを取りたいと思う。
幸いにも、24日の天皇杯の準々決勝でマリノスも鹿島も勝てば、準決勝では対戦が実現する。
今日のこの興奮が一気に冷めてしまわないような、熱い年末年始を期待したい。

テーマ : 海外サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示