スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Marinos 2016] vs サガン鳥栖(A)(J1/2nd-16)

近頃周りが騒がしい。移籍するとかしないとか。
親会社の常識、「しがらみ」関係。報道される程、意地になる。
夏が来る、じゃなくて冬が来る。真っ白な馬に乗った王子様は、学を連れてどっか行ってしまいそう。
今季への期待が凋んでいくだけでなく、来季に向けての不安まで募りだす。
自分が日本にいない間に、2ステージ制になって、そういう時期が早まってしまった。

それでも試合は続いていく。
ほぼ消化試合になった今節は、今季最も遠いアウェーの鳥栖。
航空券をとっくの昔に買っていて、今更キャンセルもできないので、行くのは勿論行く。
ただ、何を楽しみに行けば良いのかと、なかなかモチベーションは上がらない。
「若手の躍動を楽しみに」とはよく言われるけれど、三ツ沢ならともかく、それだけで九州まで行くのは厳しい。
やはり、明確な目標のために勝ちたい。そうでなければ、応援する楽しみなど半減してしまう。



福岡空港に飛んで、博多駅経由で鳥栖駅へ。
あまり時間がないので、駅ホームの「中央軒」で軽く食べていく。
161029-01s.jpg


「かしわうどん」のかしわ(鶏そぼろ)大盛り。
1分で用意されて3分で食べ終わる。急いでいるときは立ち食いも良いな。
161029-02s.jpg


そして、ベストアメニティスタジアムへ。
スタジアムと反対側にしか改札口がないから、ホームから見えているのに、入場するのに毎度時間がかかる。
161029-03s.jpg


メインスタンドのアウェー側、席種で言うとA自由席メインスタンド。
東京では最近寒い日が続いているけれど、今日はよく晴れて少し暑いくらいだった。九州まで来ると少し違うな。
161029-05s.jpg


鳥栖の選手紹介から、マリノスにも2年間在籍した谷口博之を。
マリサポ的には理解に苦しむ、右SBでのスタメン出場だった。
161029-06s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
今日は伊藤がベンチ入りして、Kaykeはさよなら。Fabioがずっとベンチスタートなのは・・・そういうことなの?
161029-07s.jpg


鳥栖のマスコット、ウィントス君。モデルはカササギらしい。
表には今日がホームラストの金民友のお面、裏にはハロウィン的な衣装をまとっていた。
161029-09s.jpg


アウェー側ゴール裏のマリノスサポーター。
こんな試合のために九州まで来るなんて、あんたたちも好きねー。(自分もねー。)
161029-12s.jpg


前半、鳥栖の前からのプレッシャーに苦しみ、押され気味だった。
鳥栖の形である豊田のフィニッシュは封じるものの、他の選手に攻撃の形を作らせてしまっていた。
161029-14s.jpg


マリノスの攻撃は、言うまでもなくここが生命線。
スピードに難がある谷口など軽くぶっちぎってほしかったが、前半は攻撃の形が良くなくて、そういう勝負もできず。
161029-15s.jpg


そうこうしている内に、右サイドからの金民友のクロスがそのままゴールに吸い込まれ、先制点を許してしまった。
鳥栖が「今日は金民友のための試合」と意気込んでいるところに、いやいやマリノスは優しいねぇ。
161029-16s.jpg


今日もスタメンの天野。プレーに迷いが見られ、らしくないミスも多かった。
彼も1点取れば変われるような気がするのだけれど。来季に向けて、もう一皮剥けてほしいな。
161029-17s.jpg


0-1で折り返して、後半のキックオフ。
さぁここから頼むよ。このままじゃ、「俺達は何しに九州まで来たんだ?」になっちゃうよ。
161029-19s.jpg


2点目を取られて沈んだのも束の間、ボンバーヘッドですぐさま1点を返し、さらに攻勢を強める。
Martinusを投入した辺りから、お得意の両サイドからの攻撃が全開になった。
161029-21s.jpg


時折カウンター気味に攻め込まれるものの、鳥栖もだいぶ足が止まっていたので、あまり怖くはなかった。
さらに助かったのは、動けなくなっているにも関わらず、高い位置に留まって後ろをすかすかにしてくれたこと。
161029-22s.jpg


学のゴールで追い付いて、残り時間で逆転を目指す。
こういうときにセットプレーで決められたらマリノスらしいのだけれど、俊輔不在のときにそれを求めるのは酷か。
161029-23s.jpg


最後はマリノスもだいぶ消耗して、ロスタイムには金井が足を攣って倒れ込んだ。
交代枠が残っていて良かった。
161029-24s.jpg


先週のガンバ戦に続き、今日も2-2の引き分け。
アウェーで0-2から追い付いたのだから、まぁ良しとするしかないかな。
161029-25s.jpg


選手達がゴール裏に挨拶をする。
そう言えば、このピンクのユニフォームは、今日で見納めかな。
161029-27s.jpg


時間があったので、試合後の金民友の退団セレモニーも見ていった。
兵役で一度韓国に戻る必要があるためだそうだ。またいつか、日本でプレーする機会があるといいね。
161029-30s.jpg



2週連続で2-2の引き分け。
先週は二度のリードを守り切れず、今日は2点差を追い付いてあと一歩で逆転という惜しいところまでいった。
ホームとアウェー(特に鳥栖まで来て)との違いもあり、同じ2-2でも、まぁ今日の方が納得感はある。
飛行機で九州まで日帰りして、1点も入らない試合を観るのも、それはそれで寂しいから。

今日の試合は、鳥栖がリードした後の展開を誤ったな。
引いて守りを固められて、ボールを持たされたら、今のマリノスは非常に厳しい。
それが、あくまで前からプレッシャーを掛けて、さらに攻めようとするものだから、自ずと隙が生まれた。
時間が経過するに連れて、前線の選手は動けなくなって圧力が弱まり、そこを楽に越えると後ろはすかすか。
「学さん、マルちゃん、どうぞドリブルして下さい」と言わんばかりのお膳立てをいただいた訳だ。
そりゃ、追い付くのも時間の問題だよな。

失点は崩されてのものではなく、1失点目は金民友の技ありクロス(触っても触らなくても枠に入る)、2失点目はミドルシュートがボンバーに当たってコースが少々変わってしまった。不運と言えば不運だった。
でも、2試合連続で2失点は、マリノスとしては受け入れ難い。
不運な失点すら許さない、強い守備へのこだわりこそが、マリノスの伝統であるはず。
こういうサッカーでは、浦和に勝つとか、天皇杯を獲るとか、覚束なくなる。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2016] vs ガンバ大阪(H)(J1/2nd-15)

リーグ戦は、今日を含めて残り3試合。
セカンドステージの優勝の可能性は事実上潰え、年間順位3位以内の可能性も既になし。
何か意味のある目標を立てるとしたら、ACL出場権のチャンスが広がる年間順位4位くらいか。

この試合が始まる前の時点で4位はガンバで、勝ち点差はわずかに3。現実的かつ見栄えの良い目標ではある。
ただ、9位のマリノスの上にはガンバを含めて5チームもいて、全部を逆転するのは容易ではない。
得失点差は有利なので、残り試合を勝ち続けた上で、他が転んでくれるのを待つしかない。

取り合えず、この試合に勝てば、得失点差でガンバを上回ることができる。
その他も1つか2つは躓くだろうから、それで6位くらいに上がれれば、その気になって残り試合を戦える。
――川崎戦の前も、これに似たようなことを考えていたっけ。



今日はホーム最終戦、正確には今季最後の主催試合。
新横浜パフォーマンスとも重なり、駅からスタジアムまで人が多かった。
161022-01s.jpg


今日もキックオフの3時間前に着いて、先行入場の列に並んで、バックスタンドに席を得た。
ちなみに、既に来季の分も自由席の年間チケット(友人とペアで)を更新している。
161022-03s.jpg


選手達のウォーミングアップが始まった。
今日はブラジル人3人がベンチ入り。FabioとKaykeは、それぞれ今後どうなるのか。
161022-06s.jpg


アウェー側ゴール裏のガンバサポーター。
マリノス同様、あまりリーグ戦の重要性が残っていないので、先日のルヴァン杯のときより少なめ。
161022-07s.jpg


今季最後の選手紹介から、学のところを撮影。
何故だか分からないけれど、今これを撮っておかなければいけないような気がして・・・。
161022-08s.jpg


そして、ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
ホーム最終戦に恒例の、子供達の大量招待のため、自由席がだいぶ埋まった。
161022-09s.jpg


円陣を組もうとしたところ、誰かがぼけたのか、一斉に突っ込みが入ってやり直し。
前田が何か言ったのか。天野はうけているけれど、ボンバーが笑ってなくて怖い。
161022-10s.jpg


さて試合の方は、またガンバが相手ということで、取り合えず遠藤には厳しく。
でも、「これがあの遠藤か?」ってくらい存在感が薄く、後半にはさっさと交代で下げられてしまった。
161022-12s.jpg


今日のガンバは、とにかくこいつ、井手口に尽きる。
マリノスが攻め込むと、どこにでも現れて厳しく狩りにきて、何度も潰された。そして、守備だけでなく攻撃でも――
161022-13s.jpg


ハーフタイム、キティちゃんとそのパパ(?)が回ってきた。
個人的に全然興味ないけど、またコラボグッズ作ってたんですな。
161022-15s.jpg


1-1で迎えた後半、一進一退の攻防。
攻め込まれると引いてしまう悪い癖が出てしまい、向こう側でボールが動く時間がやや長くなった。
161022-17s.jpg


小林の蹴り損ないっぽいロングボールを、米倉が処理ミスして、学がさらって勝ち越しゴール。
「斎藤さんだぞ」のパフォーマンスをしてるっぽいが、こっちからはよく見えない。
161022-18s.jpg


勝ち越した後は、例によって押し込まれる。カウンターで攻めようにも、相手ゴールは遠い。
そして、ここにも井手口。「こいつ鬱陶しいな(=良い選手だな)」と思っていたら・・・。
161022-19s.jpg


今日2発目のミドルを叩き込まれて、88分に追い付かれてしまった。
将来、彼がヨーロッパに移籍するとき、今日の試合の映像が使われるんだろうな。
161022-20s.jpg


マリノスが2点、井手口が2点で、引き分けに終わった。
今月、ガンバと3回試合して、全部引き分けか。
161022-21s.jpg


ホーム最終戦なので、恒例のセレモニーが行われる。
個人的には2013年以来。あのときは、満員の日産スタジアム(新潟戦)で、優勝を決め損ねたっけ。
161022-24s.jpg


今年から交代した社長の挨拶。ちょっと歯切れが悪かった。
色々と突っ込みどころはあるのだけれど、来季に向けて、当たり前の仕事をお願いします。
161022-25s.jpg


ゴール裏にはこういう横断幕も出た。趣旨はよく分からない。
ただ現状、成績は微妙、話題性は乏しい、そしてホームで勝てない。このままではいけない。
161022-26s.jpg


試合後はすぐに帰らずに、ついでの夕食を。
少し遠いけれど京急線の能見台にある、南インド料理の「ガネーシュ」にて。マリノスのポスターが貼ってあった。
161022-30s.jpg


秋から春にかけての半年くらい提供している、この店の看板メニューらしい「オイスターマサラ」。
レモンライスと一緒に頂くと、なかなかいける。ちょっと高いけどね。
161022-31s.jpg



90分の中に、良い時間帯と悪い時間帯とがあった。
良い時間帯は特に前半、マリノスには珍しく3人、4人と連携して崩す場面が何度か見られた。
今日は学と前田の調子が悪くて、いつもの両翼頼みのサッカーはできなかったものの、より面白いものが見られた。
先制点はそのハイライト。左SBの金井がリスクを冒してゴール前に駆け込んだことで、相手の守りに綻びが生じた。

悪い時間帯は、リードして攻め込まれて、ずるずると引いて自陣ゴール前に釘付けになってしまった。
なかなかゴールからボールを遠ざけられない以上、完全に崩されなくても、井手口のミドルシュートのような事故みたいな(Jリーグのレベルではそう言ってしまって良い)失点を喫する可能性も高くなってしまう。
また、1人だけ残すか全員で引いて守るので、ボールを奪った後に出しどころがなくて蹴り出すだけになってしまい、簡単にボールを回収されて人数をかけて再度攻め込まれ、その繰り返しで守りっぱなしになってしまう。

これは今日に限らず、今季(特にセカンドステージ)ずっと課題だったこと。
押し上げられない精神的な問題もあるだろうし、局面の守備で強く当たれない技術的な問題もあるだろう。
また、俊輔が不在の影響もあって、いわゆる前線から限定する守備ってのが出来ていないせいもあるだろう。
何にせよ、水際で跳ね返すばかりの守り方になってしまうと、そこには自ずと限界がある。
リードを守り切れないマリノスというのは、見ていてとても歯痒い。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[海外旅行-03] Argentina - Buenos Aires, Iguazu 国立公園 & Los Glaciares 国立公園 その6

Iguazuの滝は、ArgentinaBrazilParaguayの三国の国境が交わる地点の近くにある。
この近辺では、国境はいずれも川によって画され、ArgentinaとBrazilとの間の国境を成すIguazu川に大きな滝がある。
従って、Iguazuの滝には、左岸のArgentina側と右岸のBrazil側とがあり、ぞれぞれ国立公園になっている。

滝自体は、世界三大瀑布の1つと言われるだけあり、その水量と勢いにただただ圧倒された。
以前、用事があってアメリカのBuffaloに行った際に、同じく世界三大瀑布の1つであるNiagaraの滝を見たことがあるけれど、全体としての迫力は圧倒的にIguazuの滝の方が上だった。
そんな凄い滝があることと、滝周辺の亜熱帯雨林の生態系の豊かさから、両岸の国立公園がそれぞれUNESCOの世界遺産に指定されている。(なお、Niagaraの滝は世界遺産ではなく、Victoriaの滝は滝自体が世界遺産になっている。)



Argentina側のIguazu国立公園は、入口から少し歩いた場所からトロッコ列車が出ていて、奥の方へと移動できる。
入園料を払えばトロッコ列車には無料で乗れるので、蒸し暑い中での余計な歩きは省いて、これで移動するべし。
151223-09s.jpg


ここでの見所は3つの遊歩道と1つのボートツアー。まずは1つ目の遊歩道へと向かう。
灯台の形をした展望台があったけれど、今日は立ち入り禁止になっていた。
151223-10s.jpg


"Paseo Inferior"日本語のガイドブックの類には「滝の下遊歩道」などと記されている。
その名の通り、滝壺へとアプローチする遊歩道。
151223-11s.jpg


滝が落ちるIguazu川が見えた。既に滝の音も聞こえてきている。
これは滝の下流で、まだ見えないけれどこの先に滝がある。
151223-13s.jpg


茂みの中から、小さな流れの小さな滝がちらほらと。
よく晴れて蒸し暑いので、滝の飛沫が心地良かった。
151223-14s.jpg


滝の本体というか、見た目に凄い部分が見えてきた。
ここでは水飛沫も太陽の光も豊かなので、至る所に虹が架かる。
151223-15s.jpg


滝の下遊歩道の終点。ぼけっと立っていると、あっという間にびしょ濡れになる。
Iguazuの滝の全体から見れば、まだ端っこの大したことのない滝なんだろうけれど、それでも結構な迫力がある。
151223-17s.jpg


滝の水が落ちる方を振り返って1枚。
右の方にも沢山の滝が連なっていて、足元の流れは小さな支流に過ぎない。
151223-19s.jpg


滝の下遊歩道の終点付近から、川に下りていく道が分かれている。
この先に、ボートツアーの集合場所がある。
151223-23s.jpg


滝とボート。見ていると、ボートが滝の中へと消えていった。
このボートツアー、なかなかガチなようだ。
151223-24s.jpg


Aventura Nautica社のツアーのボートに乗り込む。
ライフジャケットと、所持品を濡らさないよう入れておく袋が配られる。
151223-25s.jpg


まずはIguazu川を少し遡り、上流にある歩いては近付けない滝を下から眺めていく。
飛沫が凄くて、奥の方が見えませんな。
151223-26s.jpg


そして、先程の滝の下遊歩道の近くまで戻ってきて、本当に滝に突っ込む。
濡れるとかそういうレベルでなく、川に飛び込んだかのように全身水没。それでも壊れないSonyのデジカメ、最強なり。
151223-29s.jpg


滝の下遊歩道の、別の道を通って、遊歩道の入口まで戻る。
ジャングルみたいな森の中に、小さくとも轟々と流れる滝が連なる。それがIguazuらしさと感じられた。
151223-31s.jpg


園内の色んなところ、特に飲食物を扱う売店の近くでよく見かけたハナグマ。
こういう観光地にありがちな、人間に慣れてしまって餌を求めて群がる習性がある。だから、餌やりは禁止らしい。
151223-32s.jpg


お次は"Circuito Superior"すなわち「滝の上遊歩道」。
滝が流れ落ちる上の淵にアプローチし、それだけでなく滝が流れ落ちる直前の川を横切って進んでいく。
151223-33s.jpg


先程まで下から又は中腹から眺めた小さな滝の連なりを、今度は上から見下ろしながら進む。
小さな滝では、上から見てもあまり面白くない。まぁ、この辺はまだ序の口だから。
151223-34s.jpg


滝の下遊歩道の終点の真上付近、大きな滝が連なっている場所に出た。
上から眺めると、遠くの方までずっと滝が連なっているIguazuの迫力がよく分かる。
151223-36s.jpg


滝の下を見下ろすと、虹の足元に、滝の下遊歩道の終点があった。
人が多いし、ツアーのボートもばんばん出ている。やはりここは、世界的な観光地なんだな。
151223-37s.jpg


滝の上遊歩道をさらに進むと、こんな感じに滝が流れ落ちる迫力あるシーンがいくつも見られる。
真っ直ぐカーテンのように流れ落ちるNiagaraの滝と比べて、Iguazuの滝は滝の落ち方がより荒々しい気がする。
151223-40s.jpg



Iguazuの滝については、2014年のChristmas休暇で訪れたという同僚から話を聞いていた。
彼にとっては、あまり滝というのは見て興奮する対象ではなかったそうで、「凄かったけど、個人的にはあんまり」と。
見るだけではつまらない、というのは分かる気がする。
写真に撮れば多少は映えるけれど、わざわざ滝を見に行くかというと、ちょっと微妙なところはある。

その点、ここIguazuの滝では、いやと言う程に滝の水飛沫を浴びて、それが妙に面白くてつぼにはまった。
日本じゃ出来なさそうな、ボートで滝に突っ込むなんていう荒業も経験したし。
やはり、体で味わうというのが良いのだろうな。自然は体で楽しむ。
Iguazuの滝と比べて大したことない(?)と思っているNiagaraの滝も、いつか滝壺に突っ込んで楽しんでみたい。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。