[Marinos 2016] vs 名古屋グランパス(H)(J1/2nd-06)

何年かに一度、誕生日にマリノスが試合をする。
前回は2011年7月30日、ホームゲームの大宮戦だった。
大黒の2ゴールで勝利して、リーグ戦で首位に躍り出たか首位をキープしたか、どちらかだった。
ちなみに、あの試合のスタメンで今日もスタメンだったのは、小林、ボンバー、金井の3人。
手元にある『横浜F・マリノス 20年史』で確認できた。

今年でもう34歳になる。
30過ぎてから、自分が今何歳なのか、あまり気にしなくなっていた(苦笑)。
1982年生まれだから、今年2016年で、引き算すれば34かと、その程度の感覚。
しかも酷いことに、「7月30日は試合」は覚えていたのに、「7月30日は誕生日」は素で忘れかけていた。
前日に会社で同僚に「そう言えば7月の終わり頃が誕生日じゃなかったっけ?」と言われて、思い出した(苦笑)。

まぁ、そんな訳なので、誕生日だからどうということは全くありません。
マリノスとベイスターズが両方勝ってくれれば、それで嬉しいのです。
それなのに・・・。



試合、誕生日、さらに土用の丑の日まで重なったので、鰻を食べに行くことにした。
日吉から地下鉄で2駅、高田にある隠れた名店のしま村へ。
160730-01s.jpg


こういう日だから、3時間待ちとかもあり得るかなと思っていたら、意外と2、30分ほどで席に案内された。
友人と一緒だったので、一品料理でも頼もうかということで、う巻きを注文した。
160730-02s.jpg


そして、自分に誕生日プレゼントみたいな趣旨で、鰻重の特上を。
帰国してから初めての鰻、これも素晴らしき日本の味。
160730-03s.jpg


そして、先行入場が始まる頃に、日産スタジアムに到着。
今日はよく晴れて、この時間帯(16時30分)でもたいぶ暑い。
160730-04s.jpg


バックスタンドは、まだ場所によっては強い西日に晒される。
メインスタンドの向こうに日が沈むまで、荷物を置いて離れることにした。
160730-05s.jpg


久しぶりにグッズショップを覗いてみる。
最近発売されたこのTシャツ、試合の日には使えるかなと思い、買ってみた。
160730-07s.jpg


のんびりしている間に、ウォーミングアップの時間になった。
今日は俊輔がまた足首痛を悪化させて欠場。出たり出なかったりでは、困るな。
160730-08s.jpg


名古屋サポーター。
人数は少なめだったが、チームがあんな状況でも横浜まで来る猛者達は、なかなか気合いが入っていた。
160730-09s.jpg


ホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
2階席の空いた部分に、何だか仰々しいバンデーラの模様が。
160730-10s.jpg


前節の勿体ない引き分けを、この試合で取り戻さなくてはいけない。
立ち上がりから相手を圧倒するべく、気合い入れていこう。
160730-11s.jpg


俊輔欠場のため、2トップに戻して富樫がスタメン復帰。
慣れないながらトップで体を張ろうとするが、引き気味の名古屋に厳しく捕まえられて奪いどころにされた。
160730-13s.jpg


名古屋の帰陣が早く、マリノスは速攻を仕掛けることができない。
敵陣に入った辺りで中央は完全に詰まり、仕方なくサイドに振って、サイド攻撃を「させられた」。
160730-14s.jpg


今日の富樫は、もう終始こんな感じ。
クサビを受けるのは悉くだめ、たまに裏抜けで可能性を感じるのもあったけれど、流れの中ではすっかり沈黙。
160730-15s.jpg


0-0でハーフタイムに入り、港北区のマスコット「ミズキー」が回ってきた。
今日は港北サンクスマッチだった。自分も今は港北区民、今日は初めて区長の顔を見て声を聞いた。
160730-16s.jpg


後半の立ち上がり、良い位置でセットプレーを得た。
しかし今日は俊輔が不在。Kaykeが狙うも枠を捉えられず。KaykeのCKは可能性を感じたんだけどな。
160730-18s.jpg


引いた相手に対して、こちらもSBとWGの2枚でサイドを崩しにかかるが、如何せんスペースがない。
ここで小林が持って、対応するのはトップ下の和泉で、その内側でWGのMartinusがSHの安田にマークされている。
160730-19s.jpg


ほぼ何も出来なかった富樫に代わり、後半15分くらいに伊藤が途中出場。
しかし、富樫と同じかそれ以上に、密集地帯に埋もれてしまっていたな。
160730-20s.jpg


密集地帯に突っ込んで崩しきれず奪われ、カウンターを受ける。後半はその繰り返しだった。
名古屋のカウンターに怖さはなかったけれど、帰陣させられて体力を奪われ、ボールロストを恐れて攻撃は停滞した。
160730-22s.jpg


そして、攻めきれずスコアレスドローに終わってしまった。
淡泊な攻撃を繰り返したマリノスには、試合終了と同時にブーイングが浴びせられた。
160730-23s.jpg


3連勝の後で3連続引き分け。6試合で勝ち点12は悪くないけれど、引き分けた相手に問題がある。
勢いがある内に、今季振るわない相手に勝っておきたかったのに、先週今週で勝ち点4を落としてしまった。
160730-26s.jpg



守備の比重がだいぶ高かった名古屋を、90分通して攻めあぐねた。
まだ7月だというのに、残留争い真っ只中なサッカーをされて、残念ながらマリノス相手にはそれが有効だった。
なかなか勝てていないとはいえ、同じJ1のチームにあそこまで守備を固められたら、崩すのは容易ではない。

マリノスは無策かつ臆病だった。
引いた相手を崩すには、完璧なパス回しができないのであれば、セットプレー、ミドルシュート、そしてパワープレー。
セットプレーに関しては、俊輔が欠場したのがやはり痛かった。相変わらず、彼も間が悪いな。
ミドルシュート撃たなかったな。バイタルでフリーになっても、まずサイドを見てしまう。相手は怖くなかっただろう。
パワープレーは、Erickは頑としてやろうとしないね。闘莉王のいなくなった名古屋には有効だったと思うが。

で、ボールを持たされてサイド攻撃しかなかった訳だけれど、そこに攻撃の枚数を割いた訳でもなく、後ろが必要以上に余っていて、その後ろでボールを回すだけの場面も多かった。相手に陣形を整える時間をプレゼントしていた。
思い切って行ってやろうというプレーが少なく、安全なパスばかり選択し、挙句にそれでもミスしてボールを失う。
そういう消極的なサッカーに終始してしまったから、試合終了即ブーイングになったのだと思う。

試合後のコメントを見ていると、監督や一部選手がこのサッカーを「ポジティブに」捉えていることに違和感を覚える。
下位チームを相手にホームで取りこぼしまくってるのが、ポジティブなサッカーなのだろうか。
残念ながら、素人にはその境地は理解し難い。(強がりで言ってるだけかも知れないけれど。)
まぁ、そこまで言うなら、次の試合、アウェーではしっかり勝ってもらおうじゃないの。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Marinos 2016] vs ジュビロ磐田(H)(J1/2nd-05)

FMBHに登録されたので、まずご挨拶を。
マリノス系のブログを愛好される皆さん、はじめまして。
ある程度の年季の方々にとっては、お久しぶりです、と言った方が良いかも知れません。
2年くらい前まで、今とほぼ同じレイアウトで、「よこはまから」という名のブログを書いていました。

仕事の都合でアメリカ暮らしになって、一度はブログを閉じましたが、また色々と書いてみたくなって再出発しました。
先刻、帰国して横浜に戻ったのを機に、またマリサポブログをやります。
基本的には観戦記のみ、毎回写真を20枚くらい付けてアップし、公式戦への出席率9割を目標に続けたいと思います。
以前から、お世辞にも人気のあるブログではありませんが、たまにコメントでも頂けると、続けていく励みになります。



相変わらず、試合の前後には食べ歩きをしている。
今日は隣の駅綱島にあるスープカレーの「らっきょ&Star」へ。
160723-01s.jpg


月替わりメニューの「美桜鶏と鯵の香味つみれ煮込みと夏野菜炒めのスープカレー」をスープ大盛りで。
ハンジローの頃から時々食べにきているけど、ここは相変わらず料理も店の雰囲気も、アクセスもとても良い。
160723-02s.jpg


その後、日産スタジアムへ。16時50分頃に西ゲート広場で集合。
ハーフ年間チケットを買った特典で、試合前の選手達との記念撮影が当たったので、参加してきた。
160723-03s.jpg


それで今日は席取りができなかったので、別途SC指定席のチケットを買って観戦することにした。
あほみたいな追加出費だけど、それがマリノスの収入になるなら、まぁ。
160723-04s.jpg


今日の対戦相手は磐田。
横浜へはちょっとした新幹線遠征だけれど、なかなか沢山スタジアムに駆け付けてくれた。
160723-07s.jpg


こちらはホーム側ゴール裏のマリノスサポーター。
左のビッグフラッグは今まで見たことないような。
160723-08s.jpg


選手入場。キャプテンの俊輔を先頭に、最後尾は哲也だったはず。
今年のファーストユニフォーム、今日から自分もスタジアムで着用する。(先週までは2015年のものを着てた。)
160723-09s.jpg


マリノスボールで前半のキックオフ。
Kaykeが両手を広げているのは、俊輔を威嚇しているのではなく、神に祈りを捧げるポーズ。
160723-11s.jpg


以前に比べると、俊輔への依存度は減った気がするけれど、されど相変わらず攻守の要。
俊輔が両WGと絡んで、走らせ抉らせるパスは有効だった。
160723-12s.jpg


下がって受けて、攻撃の方向性(攻めるサイド)を決める段階にも、俊輔は参加する。
ギャンブル性の高い裏狙いのパスは好きじゃないようなので、低いところで持ってもあまり持ち味は活きないが。
160723-13s.jpg


25分、俊輔が敵陣で体を張ってボールを奪ったところから、ショートカウンターが炸裂。
KaykeとMartinusとのワンツーのような形から、最後はKaykeが技術性高めのシュートを流し込んで先制した。
160723-14s.jpg


前半の残り時間は、磐田に適度に持たせてからのカウンターがはまっていた。
やはり、スペースがあるところに学やMartinusを突っ込ませると、Jリーグではなかなか止められない。
160723-15s.jpg


良い流れのまま1-0で前半を折り返し、ハーフタイムに。
飯倉は仕方ないにしても、兵藤や勇蔵がすっかりベンチ要員になってしまったのは寂しい。
160723-16s.jpg


横須賀市のマスコットであるスカリンが登場。
横須賀市長、ビデオメッセージではなく自ら来場して喋ってくれないと、「横横F・マリノス(仮)」の実現は遠いぜ。
160723-17s.jpg


後半はいつも通り、リードを追われる展開からじわじわと守備の重心を下げさせられる。
今日のJayはあまり怖くなかったけれど、この15番のAdailtonの速さと競り合いの強さには手を焼いた。
160723-18s.jpg


俊輔はまだ怪我からの回復途上なのか、ボールが足に付かないようなプレーも散見された。
ドリブルで相手を抜くまでは難しかったが、中を見て落ち着いて上げるクロスには十分に可能性を感じた。
160723-19s.jpg


同点に追い付かれた後、Martinusの右サイド突破への期待はさらに高まる。
ただ、彼の場合、純粋な突破力は学以上なのだけど、抜いた後のお膳立ては上手くいかないことも多い。
160723-20s.jpg


磐田も勝ちにきていたから、終盤はオープンな攻め合いになってしまった。
こういうときに、Adailtonに広島のMikicみたいな働きをされていたら嫌だったな。
160723-21s.jpg


終盤の猛攻も実らず、1-1のまま試合が終わってしまった。
事故みたいな失点と、逃し続けた決定機、本当に勿体ない試合だった。
160723-22s.jpg


俊輔のセットプレーは不発、最近試合の終盤に良い仕事をしてきた伊藤も不発。
こういう日もあるとは言え、どれか1つで良いから決めてほしかった。
160723-25s.jpg



非常に勿体ない試合だった。
相手のエースを封じ、遅攻からも速攻からも決定機を作り続けた。
後半は、「それが入らないかぁ」という場面が続出で、その都度、立ち上がりかけてはずっこけてしまった。
特にMartinusを走らせたロングカウンターと、学のドフリーでのヘディングは、「なぜ入らない!?」と頭を抱えた。
あれだけの決定機を作れているのは好調の証なのだろうけど、シュートはある程度「水物」なところもあるのか。

もっとも、単にアンラッキーだったというのではなく、今日は前線の選手達が揃って調子悪そうだった。
学は腰の打撲の影響か、いつものキレがなく、もう一歩というところでの踏ん張りが利かなかったような印象だった。
俊輔はやはり慢性的な足首痛の影響から、まだ完全には回復しきれていない感じ。年々怪我には弱くなっているのか。
Martinusは、体力や技術というのでなく、後半だいぶ苛立っていた。突進力は増したけれど、周りが見えていたか。
あと、Kaykeも1点を取ったのは良いけれど、その後はだいぶ試合から消えていた。
上手くいくときは3点取って畳みかけるけれど、上手くいかなければ溜息だらけ。
サッカーってそういうものか。

前線の選手たちが今一つならば、選手交代で活性化させることはできなかったか。
交代枠を2つ残して試合終了を迎えたのは、現地ではなかなか納得のいかない幕切れだった。
仲川を入れてさらにドリブルで崩すとか、勇蔵を入れてパワープレーとか。
何かそういう、「この試合、何としても勝つぞ!」というベンチのメッセージが欲しかったというのが正直なところ。

ただ、今から考えれば、ベンチ入りした若手への信頼不足と、バランスが崩れるのを嫌うErickの個性とがあるのだろう。
これは2、3年前の樋口さんのときと同じ現象で、なかなかスタンドで見ている者には計り知れない、監督の葛藤の結果。
現に、あのメンバーで、残り10分はいくつも決定機を作って、勝っていてもおかしくなかった訳だから。

でもやっぱり、ホームで自分達より下位にいる磐田、前回対戦ではぼこぼこにした磐田を相手に、引き分けではなぁ。
選手達は頑張ってくれたと思うけれど、でも勝てなきゃ満足はできないよね。

テーマ : 横浜F・マリノス
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 東京ヤクルトスワローズ(V) (Jul 18, 2016)

今月から、ベイスターズの試合の観戦記も再開する。
概ね月1回のペースで、横浜スタジアムを中心に足を運びたいと思っている。
最近はベイスターズの人気が鰻上りで、チケットはだいぶ前もって手配しないとなかなか確保できなくなっている。
なので、マリノスの試合日程を前提としつつ、予めこの月はこの試合、と決めておかないと観に行くことすら叶わない。

7月は、オールスター明けの初戦が、三連休の最終日に神宮球場で開催されるので、これに行くことにした。
今年のベイスターズは、前半戦を借金4の3位で折り返した。
首位は広島が独走して勢いが衰えないので、もはや現実的な目標ではない。
勝率5割への復帰と維持を具体的な目標とし、その結果3位以内を確保できればOKという感じだろうか。

心配なのは、5月頃には先発もリリーフも駒が揃って投手陣が充実していたのが、ここに来て全体的にへばっていること。
昨年も、オールスターまではまずまずだったのが、夏場に崩壊して結局最下位になってしまった。
その二の舞は避けてほしいなと思う。



午前中に広島から戻って、洗濯を済ませてからまた出掛けた。
例によって、ナイトゲームの前の遅めの昼飯を、今日は五反田の「ミート矢澤」で。
160718-01s.jpg


フレッシュハンバーグ、すなわち醤油ベースのソースで頂くハンバーグのLargeを。
焼き加減はミディアムレアが推奨らしいけれど、もう少し焼いてミディアムでも良かったかも知れない。
160718-02s.jpg


試合開始の45分くらい前に、神宮球場に到着。約3年ぶりかな。
外苑前の駅を出るのに通行規制があって驚いた。このカードでそんなに人が集まるようになったんだ。
160718-03s.jpg


三塁側S席のチケットを購入していた。
神宮球場90周年記念で色々とお土産を付けたからか、三塁側内野席でもヤクルトファンがだいぶ多かった。
160718-04s.jpg


ベイスターズのシートノックが始まる。
遊撃手の位置には倉本と、左は誰だったっけ?
160718-05s.jpg


三塁側のベンチ前で円陣を組む。
ベイスターズは、¥陣はやってなかったはず。
160718-07s.jpg


筒香がベンチ前で素振りを行う。
2年ぶりに見て、何というか、大打者の風格が漂ってきた感じがする。
160718-08s.jpg


試合が始まった。ヤクルトの先発はベテランの石川。
見ていて投げたいように投げていた印象で、球数でへばるまで終始危なげない投球をされてしまった。
160718-10s.jpg


今日の筒香は、石川に対しては2打数1安打。火の出るようなライナーで右翼手の頭を越したが、当たりが良すぎて単打。
筒香の前に走者が出ず、筒香の後も打者も続かないようでは、残念ながら攻撃にならない。
160718-11s.jpg


今年は打撃の好調がずっと続いている倉本。
5回表の第2打席で、意表を突くスローボールに対応して、いつも通りレフト前に弾き返したのはお見事だった。
160718-12s.jpg


ベイスターズの先発は久保康友。最近は好不調の波が激しくて、投げてみないと分からない。
今日は駄目だった。球審と喧嘩しているかのように、ストライクゾーンが合わず、球数が増えて甘い球を痛打された。
160718-13s.jpg


山田が出塁したところで、一塁に牽制球。
走者を釘付けにする牽制やクイックは、今日も流石のものがあったけれど。
160718-14s.jpg


ヤクルトが得点を挙げると、お馴染みの東京音頭にビニール傘が舞う。
今日は試合展開も酷かったから、ベイスターズファンは肩身が狭かった。
160718-16s.jpg


4回裏、5回裏と、7番(今浪)8番(中村)に打たれて2失点ずつ。
我慢してほしいところで、今日は踏ん張りが利かなかった。次は頼むよ。
160718-17s.jpg


2番手で久保裕也が登板した。
凄い球を投げている感じではなかったけれど、2回を投げて無失点の4奪三振。少しは期待できそう。
160718-19s.jpg


ラッキーセブンのベイスターズファン。
今日はレフトスタンドのセンター寄りがヤクルト側の特別席になっていたようで、あちらもちょっと肩身が狭そうだった。
160718-20s.jpg


7回裏、センターへの浅い飛球を追って、中堅手の桑原と二塁手のElianが激突。
桑原が担架で運び出されて負傷退場。幸い、打撲で済んで重傷ではなかったものの、背筋が凍る思いだった。
160718-23s.jpg


7回裏の終了後に、バックスクリーン後方に花火が上がった。
前日の広島に続いて、2日連続でスタジアムでの花火を見ることができた。
160718-24s.jpg


終盤、お得意の追い付かない程度の反撃を開始。
Elianの本塁打で2点差に追い上げたときは、まだ何かあるかもと思ったのだけれど。
160718-25s.jpg


8回裏に起こったことは、思い出したくない。生観戦で「ベイス・ボール」を見せられるとしんどい。
これは試合終了直前の様子。雨が降ってきたので、スコアボードも撮らずに終了と同時に退散した。
160718-26s.jpg



3-9というスコア以上に、後味の悪い試合だった。
失策2つと記録にならない拙い守備もいくつか、与四死球8つ、極めつけは小杉の敬遠暴投。
やっちゃいかんことばかりで、自分で自分を苦しめるような試合だった。
リリーフ投手を沢山つぎ込まなくて済んだのが、せめてもの救いか。

打つ方は全体的には上向いていると思うけれど、今日は駄目だった。
石川の老獪な投球に翻弄されて、手も足も出ない感じだった。
先日観に行った巨人戦でも、内海の緩急自在の投球に終盤までお手上げだったし、左の技巧派投手に弱いのだろうか。
狙い球を絞るとか、逆方向狙いとか、何か手を打ったような気配もなく、淡々と凡打の山を築いていくのでは寂しい。

今日はあまりベイスターズにとって見所のある試合ではなかったので、感想もあまりない。
後半戦の初戦という節目の試合を観に行って、こんな野球を見せられたのが腹立たしいけれど、さらに遣る瀬ないのは、3連戦のその後の2試合には勝っていること。この試合を観に行ったオレのせいかよ!って嘆きたくなる。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示