[海外旅行-03] Argentina - Buenos Aires, Iguazu 国立公園 & Los Glaciares 国立公園 その5

Argentinaは、欧州にでも来たのかと思ってしまうくらい、白人だらけの国だった。
統計的には、国民の8割から9割が白人で、その残りも多くが先住民との混血ということらしい。
先般、Peruを訪れた際には、いわゆるメスティーソインディヘナといった先住民系の人々が多かったのに対して、同じ南米でもArgentinaは全く違った民族模様が見られた。こちらは移民の国なんだな。

アメリカは国全体としては白人が圧倒的に多い(75%くらい)ものの、今住んでいるNew Yorkや昨年住んでいたLos Angelesではラテン系や黒人、アジア系もそこら中にいて、民族模様は実にごちゃごちゃ。
そういう環境に慣れていたものだから、Argentinaに着いて、道行く人々を見回してちょっと違和感を覚えた。
日本に来る外国人も、日本人だらけなのを見て、同じように感じているのかな。



Caminitoを見た後、同じBoca地区のすぐ近くにある、もう1ヶ所のスポットを訪れる。
2ブロックか3ブロックの距離しかないのだけれど、治安が悪いと言われる地域なので、少々警戒しながら。
151222-10s.jpg


C.A. River Plateと並ぶ名門チームであるBoca Juniorsの本拠地である、La Bomboneraというスタジアム。
住宅街の一角にあって、周囲に余分なものが一切ない。熱烈なファンじゃなきゃ、近くには住めないな。
151222-11s.jpg


ここにもチームの博物館があって、見学ツアーも受け付けている。
スタッフはやはり英語ができて、さすが名門クラブとちょっと感心した。
151222-13s.jpg


博物館の展示の中に、1925年の国内リーグの優勝カップというのがあった。
Argentinaのサッカーや、Boca Juniorsというクラブの歴史を感じる。
151222-14s.jpg


ここでは見学ツアーには参加せず、スタンドからの眺めのみ。
見た目はやや小ぢんまりとしているけれど、詰め込めば4万5000人くらい入るらしい。横浜にもこんな箱が欲しい。
151222-16s.jpg


C.A. River PlateとBoca Juniorsとは、Argentinaにおける二大人気チームにして、宿命かつ永遠のライバル。
本拠地のある地区の性格を反映して、中上流階層に人気のRiver Plateと、労働者階層に人気のBoca Juniorsという対立構図があったらしい。両チームの対戦は、Superclasicoと呼ばれて、世界的にやばいダービーマッチの1つ。

自分は、どちらかと言うとRiver Plateの側かな。
同じFIFA World Cupの決勝戦の会場を本拠地とするチーム同士、マリノスサポーターとして少し親近感を覚える。
でも、流石に「昨日はEl Monumentalを訪れました」とは言わなかった。殴られるかも知れないので。


午後は、次の目的地へと移動する。
Buenos Airesのもう1つの空港(主に国内線が発着)である、Jorge Newbery空港。通称Aeroparqueという。
151222-19s.jpg


空港の敷地は沿岸部で、La Plata川という川というか海というか微妙な水域に面している。
La Plata川はいわゆる三角江で、浅く広く濁ったこの「川」の向こうには、隣国Uruguayの国土がある。
151222-20s.jpg


乗る飛行機は、Argentina航空(Aerolineas Argentinas)のもの。
Argentinaのいわゆるナショナル・フラッグ・キャリアで、機体には国旗と同じ水色と白色の塗装が施されている。
151222-22s.jpg


Buenos Airesから北へ1200kmくらいの、Puerto Iguazuへと向かう。
東京から同じ距離を北に向かうと、稚内の沖か樺太まで届く。結構な南北移動の1つ目。
151222-23s.jpg


飲み物のほか、箱に入って軽食が配られる。これが結構色々と入っている。
日本やアメリカの航空会社も、高い金払ってるんだから、これくらいサービスしてくれても良いよね。
151222-24s.jpg


2時間弱でPuerto Iguazu郊外のIguazuの滝国際空港に到着。予想通り、だいぶ蒸し暑い。
市街地へ公共交通機関はないので、Four Tourist Travel社のシャトルバスで向かう。
151222-25s.jpg


Puerto IguazuにあるHotel Saint Georgeに宿泊する。
とにかく蒸し暑いので、あまり好きじゃないけれど、エアコンは付けっぱなしだった。
151222-26s.jpg


暗くなってしまったので、出歩くのが少々面倒になってホテルのレストランで夕食にする。
いつも通り、取り合えずスープを。見たまんま、Vegetable Soupということだった。
151222-27s.jpg


内陸のIguazuでは川魚が良いという話だったので、Surubiというナマズの一種の料理を。
川魚でも全く臭みがなくて、ソース漬けにする必要はなく、なかなか脂も乗っていて美味しかった。
151222-28s.jpg


5日目の朝、ホテルの外観を写す。
朝からやっぱり蒸し暑い。
151223-01s.jpg


ホテルのロビーも写す。
合計3泊したけれど、部屋もサービスもしっかりしていて、なかなか良いホテルだった。
151223-02s.jpg


ホテルの目の前にバスターミナルがある。
地域の路線バスから、国境越えを含めた長距離バスまで、色々と発着している。
151223-03s.jpg


今日はIguazu国立公園のArgentina側を観光する。
このRio Uruguay社のバスに乗って30分くらい。
151223-05s.jpg


Iguazu国立公園の入口に到着。暑いなぁ。
入園料は、Argentina国民か、Merco Sur加盟国の国民か、それ以外かで異なる。チケットに出身国が印字される。
151223-06s.jpg


入園ゲートから、まず少し歩かされる。
途中に、園内でのアクティビティの受付ブースがあるので、後で紹介するボートツアーを申し込んでおいた。
151223-08s.jpg



Iguazu国立公園については、次回の冒頭で紹介する。
ここからは国立公園の旅になるので、Buenos Aires編とは異なり、緑色が多めになる。
アメリカの国立公園も良かったけれど、南米にも同等かそれ以上に素晴らしい国立公園が沢山ある。
その最たるものが、Argentinaの北部と南部にそれぞれある2つの有名な国立公園。
まずは、その1つ目をじっくりと。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-03] Argentina - Buenos Aires, Iguazu 国立公園 & Los Glaciares 国立公園 その4

Argentinaの伝説の女性とされる、EvitaことEva Peronについて少々。
自分は名前と生い立ちくらいは聞いたことがあって、ミュージカルの題材にもなってたっけ、という程度の予備知識しかなかったのだけれど、Buenos Airesでは色々な場所で彼女の名前や絵画・彫像に触れることになった。
Argentinaを訪れる外国人にとって、同国の過去の人物としては最も目立つ存在なのだと思う。

その人生を1行で説明すると、貧しい出自から大統領夫人に出世し、国政をも動かしつつ、絶頂の内に早世した。
絵に描いたようなシンデレラ・ストーリーが、女性の人気を博しているのは間違いなさそう。
また、若くして亡くなったことで、(永遠に美人というイメージもあり)批判しにくい空気があるのも確かだろう。

国政を動かしたという点については、周りから神輿として担ぎ上げられている内に本人がその気になっちゃったようで、独裁者肌だった旦那=大統領も介入を止めさせなかった。或いは、実際に政策を考えたのは旦那=大統領の方で、それを国民に受け入れさせるよう、彼女に実行させることでその国民的な人気を自分の政治に上手く使ったのか。
財源など考えず、良かれと思うことに大金を費やす姿勢も、Argentinaの国民気質に合ったのだろうな。
現代国家ではなかなか考えられない、20世紀前半という時代が生んだ風雲児だった。



Palermo地区からRecoleta地区へと移動する途中、Eva Peronの銅像を見付けた。
Buenos Airesには、歴史上の偉人の名前を冠してその銅像を置いた広場が多数あり、ここはEvita広場らしい。
151221-46s.jpg


街路樹のjacarandaの紫色が鮮やかに映える。
日本に置き換えれば、桜並木が鮮やかな薄紅を湛えるような、南米特有の景色の色なんだろうな。
151221-47s.jpg


Recoleta地区には、大きな共同墓地がある(Cementerio de la Recoleta)。
ここは、Buenos Airesでも屈指の観光名所になっている。
151221-49s.jpg


中に入ると、整然と区画分けされた敷地に、小さな建物がずらりと並んでいる。
一見、ちょっとした住宅街のようにも見えるけれど、実はこの建物は全部お墓。
151221-51s.jpg


立派な建物(祠というべきか)の中に、色々な人が眠っている。基本的には偉い人達の高級墓地。
単純に風景として美しい上に、偉人の墓が並ぶことから、自然と観光地になったのだろう。
151221-52s.jpg


そんな墓地の一角に、取り分け多くの訪問者を引き付ける、Eva Peronの墓もある。
正確には、Eva Peronだけでなく、彼女の実家であるDuarte家の人々の墓なのだけれど。
151221-54s.jpg


少し補足すると、南米の大きな街にある共同墓地は、一見して住宅街に見えるような造りをしているものが多い。
庶民向けのものは団地のミニチュアのようで、高級墓地だと戸建住宅が並んでいるように見える。
恐らく、Argentinaで最もお高い共同墓地が、このRecoleta地区のものなのだろう。

本当の住宅のように、入居権を買い取るか賃借することになり、入居審査や権利の譲渡みたいなのもあるのだと思う。
Recoleta地区の共同墓地の中にも、既に敷地は飽和しているはずなのに新たに建築中の墓があったので、誰かの墓が出て行って、代わりに別の誰かの墓が入ることになったのだろうね。一種の不動産事業になっているのかも知れない。



共同墓地を後にして、次はバスで海に近いPuerto Madero地区にやってきた。
かつての運河に面して、高級ホテルや高層マンションが建ち並ぶ、Buenos Airesで最もブルジョワな場所。
151221-55s.jpg


こちら側には、かつて倉庫として使われていた建物が残り、中はお洒落な店がテナントとして入っている。
横浜の赤レンガ倉庫を思わせる一角に、スタバがあったので入ってみた。
151221-56s.jpg


結構歩いたので、ちょっと休憩。何を飲んだか覚えていないけれど、冷たいものだった気がする。
商品名はどの国でもほぼ共通なので、注文しやすくて助かる。
151221-57s.jpg


そして、Argentinaの土産を購入した。デザインはGauchoですか。
これをバックパックに詰めて、この後1週間くらい旅行してアメリカに持って帰るのは、なかなか大変だった。
151221-58s.jpg


かつて使われていた船舶も、いくつか運河の中に保存されている。
中には入らなかったけれど、傍にある案内板を見ると、日本にも寄港したことがあるらしい。
151221-59s.jpg


歩いて中心部(San Nicolas地区)に戻り、夕食のレストランに向かってFlorida通りという道を歩く。
歩行者天国になっていて、色んな種類の(比較的高級感のある)店が並んでいる、とても賑やかな場所だった。
151221-61s.jpg


沢山の観光客が訪れる場所だからか、この通りはとにかく闇両替が多い。
常に誰かが"cambio, cambio!"と叫んでいる感じだった。丁度、亜ペソが暴落しかかっている時期だったしね。
151221-62s.jpg


タンゴの路上演舞なんてのも行われていた。
わざわざ劇場まで行って観る余裕もなかったので、ここで少しでも眺められてラッキーだった。
151221-64s.jpg


Florida通りを北の端の方まで歩いて、もうホテルから徒歩圏まで戻ってきたところに、今日の夕食の店がある。
日本料理の「入船」という店。アジア系も少々いたけれど、主なお客さんは地元民のようだった。
151221-65s.jpg


日本人ないし日系人の店員がいたので、注文も日本語でOK。
Argentinaでは肉ばかりになりそうな予感があったので、今日は魚料理にして"Salmon Teriyaki"を。
151221-67s.jpg


明けて4日目。午後に次の目的地に移動する予定で、その前にまだ回っていない場所を訪れておく。
ホテルの前からバスに乗って、市域の南の方、Boca地区にあるCaminitoというところにやってきた。
151222-01s.jpg


Caminitoは、かつてのこの地域の住居を保存した、完全に観光客向けの場所。
周辺は庶民的な住宅街で、あまり柄も良くないと言われる中で、この界隈だけちょっと浮いた存在になっている。
151222-04s.jpg


元々はただのスラム街だったのを、イメージアップを考えたのか、地元の芸術家達が建物の外壁や道路に(品の悪い落書きでなく)絵を描いたりペンキを塗り分けたりして、見た目に鮮やかな場所に変えてしまった。
151222-05s.jpg


よく見ると、塗ってある壁は木の板だったりトタンだったり、確かに元は質素な建物だったのだろうな。
何となく眺めて楽しめる(10分間くらいは)けれど、何か特別に引き付けられるものがある訳でもなかった。
151222-06s.jpg



外国を訪れたら、その国にある世界的な観光地だけでなく、地味であってもその国の首都を見ておきたいというこだわりがあるので、今回もまずBuenos Airesの街歩きに合計2日間ほどを費やしてみた。
(Buenos Airesは、決して地味な場所じゃないが。)
大抵はガイドブックのお勧めの場所をなぞるような感じになるけれど、それでもなるべく自分の足で歩き、地元の公共交通機関(タクシーでなく電車やバス)を使うことで、何となくその街の雰囲気を感じることができる。

印象的な出来事や出会いを求めるのも旅の醍醐味だけれど、自分はどちらかと言うと浅く広く色んな場所に行ってみたいと思っているので、あまり1ヶ所に力を入れ過ぎず、色んな場所の「何となく」を比べるのが好き。
まぁ、旅をしている間は「何となく」と思っていても、日本とはまるで異なる文化の異国にいること自体、相当に強い経験なのだから、あまり欲張らずとも、自分の好きなように動いてみれば、自ずと沢山の記憶が残るはず。
旅行とは、それで良いのだと思う。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-03] Argentina - Buenos Aires, Iguazu 国立公園 & Los Glaciares 国立公園 その3

Argentinaを旅行する上で、終始気になっていたのは、通貨のArgentine Peso(亜ペソ)のこと。
ご存知の通り、Argentinaは何度も通貨危機を起こしてきていて、根本的に自国通貨に対する信頼がない。
ちょっとしたことで通貨の価値(最もよく表れるのが対米ドル為替レート)が変動し、それに応じて物価も激しく動く。
彼の国の国民はもう慣れているのかも知れないけれど、旅行者から見れば戸惑うことも少なくないと思う。

今回の旅行中、亜ペソの脆弱さを思い知らされた出来事が2つあった。
1つは、Buenos Airesのそこかしこに出没する闇両替の業者達。
両替を意味するSpain語の"cambio"の言葉を連呼して客引きし、公定レートよりだいぶ良い為替レートで米ドルを亜ペソに換える。(偽札が混じっている可能性もあるけど、それを確認する者も国中にほとんどいない。)
多少の不利な条件であっても、とにかく米ドルを持っておきたいから、ああいう商売が跋扈するのだろう。

もう1つに、旅行中に亜ペソが暴落して、下手してたら大損するところだった。
Argentinaに入国した時点で、確か公定レートで1米ドル=9亜ペソくらいだったのが、出国する時点では1米ドル=15亜ペソまで安くなっていた。単純に計算して、持っている亜ペソの価値が10日間で4割も下がったことになる。
幸い、支払いの多くはクレジットカードで済ませ、現金を使う(そのために亜ペソを入手する)ことは多くなかった。
それでも、日々劇的に(亜ペソ建てでの)物価が上がっていくのを見て、軽くどん引きしてしまった。



3日目、Buenos Airesの散策の続き。
Retiro地区には、Retiro駅という大きな駅がある。これは、中心部から郊外へ向かう近郊列車の発着地。
151221-08s.jpg


3つくらいの鉄道会社が乗り入れていて、その内のBelgrano Norte Lineというのに乗る。
2駅乗るのに、運賃はなんと格安の2亜ペソ(15円くらい?)だった。
151221-10s.jpg


10分弱の乗車で、Ciudad Universitaria(市立大学)駅に到着。
次に訪れる目的地はもう目の前にある。
151221-11s.jpg


Buenos Airesの中で最も楽しみにしていた場所、El Monumentalというサッカースタジアムにやってきた。
ここは、Argentinaの強豪クラブであるC.A. River Plateの本拠地で、Argentina代表チームもよく試合を行う場所。
151221-12s.jpg


スタジアムの隣にクラブの博物館があって、スタジアムの見学ツアーも受け付けている。
係員の多くがある程度の英語を話せたので、だいぶ助かった。
151221-14s.jpg


見学ツアーの開始まで少し時間があるので、まず博物館の展示を眺める。
トロフィーの数々が展示されてる中に、南米大陸のクラブ王者を決めるLibertadores杯のものがあった。
151221-16s.jpg


Libertadores杯の優勝チームは、FIFA Club World Cupに南米代表として出場する。
そして、2015年のLibertadores杯の王者こそが、C.A. River Plateだった。
ちょうど自分がArgentinaを訪ねている頃、C.A. River Plateは地球の裏側にある横浜で、2015年のFIFA Club World Cupを戦っていた。(準決勝で開催国枠の広島を破り、決勝で欧州王者のFC Barcelonaに敗れる。)


もう1つ、展示の中で強く興味を引かれたのが、C.A. River PlateでかつてプレーしたRamom Diazのスパイク。
彼はキャリアの晩年をJリーグ発足直後の我らが横浜で過ごし、Jリーグの初代得点王にもなった。
151221-19s.jpg


見学ツアーが始まった。まずスタンドを見せてもらう。
椅子は木製でややぼろいものの、スタンドは清掃されていて汚くはない。満員では6万5000人が入るらしい。
151221-21s.jpg


スタジアムの施設内には、屋内スポーツ用の体育館もある。
C.A. River Plateは総合型スポーツクラブで、サッカー以外にもバスケットボールやバレーボールも行っている。
151221-26s.jpg


ロッカールーム。サッカーの試合でだけ使うとか言ってたかな。
ここは中はゆっくり見せてもらえず、取り合えず写真を1枚撮っただけ。
151221-27s.jpg


グラウンドレベルに下りて、芝のピッチのすぐ傍まで近付けた。手で触るのは良いけど、足を踏み入れてはだめ。
でも、かつてのFIFA World Cupの決勝戦のピッチを触れて、少しばかり感激した。
151221-29s.jpg


振り返ってメインスタンドも写す。
真ん中の高い席やお偉いさんの席は、木製ベンチではなくきちんとした椅子みたい。
151221-30s.jpg


見学ツアーの途中、「日本の横浜から来ました」と話したら、やはり皆FIFA Club World Cupのことに興味津々だった。
C.A. River Plateのサポーター達が、大挙して試合の応援のために訪日したそうで、そのような熱いクラブ愛を感じた。
Ramon Diazとマリノスの話もして、「いつか横浜に遊びに来て下さい」などと言っておいた。


先程の列車で1駅戻って、次の目的地は美術館。
Museo de Arte Latinoamericano de Buenos Aires(通称MALBA)という、中南米の芸術家にフォーカスしたところ。
151221-32s.jpg


この美術館を選んだのは、tripadvisorで世界のお勧め美術館・博物館の1つに選ばれていたから。
展示はそれ程多くない。これはArgentinaの画家であるAntonio Benriが描いた、高原地域の先住民の市場の絵。
151221-33s.jpg


Mexicoの大画家とされるDiego Riveraの"Retrato de Ramon Gomez de la Serna "(Ramon Gomezの肖像画)。
2人の人間が重なった部分が3人目の人間のように描かれている?何だか不思議な画風で気になった。
151221-34s.jpg


もう1枚、Brazilの画家Candido Portinariの"Festa de Sao Joao"。
Portugalの地方のお祭りを描いたものらしい。馴染みのない画家ばかりなので、印象的だった絵のみ紹介した。
151221-36s.jpg


この辺はPalermo地区と言って、割とハイソな地域社会のよう。
文化芸術関係の施設が多く、その中にはBuenos Aires日本庭園というものもある。
151221-39s.jpg


なかなかしっかりした造りになっていて、1年5ヶ月くらい帰っていない日本を思い起こした。
現地の人々が異国の文化に触れつつのんびり散歩する場所、という印象で、アジア人の姿は見掛けなかった。
151221-40s.jpg


売店でおみくじを売っていて、こうやって結わえ付ける日本の文化を推奨している。
地球の裏側の文化に皆さん興味津々なのか、こんなのでも結構盛況なようだった。
151221-42s.jpg


園内には、園田直という35年くらい昔の外部大臣の筆による記念碑があった。
日系移民と言うとBrazilとPeruが有名だけれど、他にもArgentinaやParaguayBoliviaにも数千~数万人ずついる。
151221-43s.jpg



外国でわざわざ日本庭園を見に行ったり、日本食のレストランに行くこともないのかも知れない。
でも、個人的には食文化を含む日本の文化というのが外国でどのように受け入れられているのかにとても興味があるし、アメリカに引っ越してから時間が経って日本が恋しくなっていたので、こういう日本の文化に触れてみたかった。
その意味で、ここBuenos Airesでは、親日本的なホテルがあり、質の良い日本食レストラン(次回紹介する予定)もあり、なかなかの日本庭園もあって、しかもそれらの現地受けも良いようで、地球の裏側でちょっと嬉しくなった。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示