スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Soccer - U.S.A.] New York City FC vs San Jose Earthquakes (Sep. 19, 2015)

2015年9月19日のNew Yorkのスポーツ観戦、後半はサッカー。
Citi Fieldでの野球の試合("Subway Series")が終わると、その足で今度はYankee Stadiumに向かった。
両スタジアムの間は、地下鉄を乗り継いで、約1時間の移動になる。
自分一人だけ、ちょっと違う意味でのSubway Seriesを行った訳だ。(同じ梯子観戦をした人は、多分いないと思う。)

さて、サッカー観戦の方は、Yankee Stadiumを本拠地とするNew York City FC(通称NYCFC)の試合。
NYCFCは、Manchester City FCNew York Yankeesとの合弁で設立されたばかりで、今年からMLSに参戦している。
New Yorkをチーム名に冠するクラブとして、既にMLSにはNew York Red Bulls(その名の通り、Red Bull社が親会社)が存在するけれど、これはHudson川の対岸のNew Jersey州に本拠地があるため、真のNew Yorkのクラブではない。

だから、サッカーに関しては、応援するべきはNYCFCの一択だった。
やはりNew York市内に本拠地を置くクラブであるというのは気分的に重要だし、またこのクラブはCity Football Groupの一員として、我らが横浜F・マリノスとは同じ系列ということになる。
ついでに言えば、New Yorkの野球ではYankeesを応援することとも整合する。



という訳で、Bronx地区にあるYankee Stadiumへとやってきた。
初めてのYankee Stadiumが、野球観戦ではなくサッカー観戦というのは、何だか不思議な気分だ。
150919-41.jpg


MLSのスタジアムでは通常お目にかかれないレベルの、なかなか立派なNYCFCグッズの店があった。
年間17試合のためにこれを常設するとも思えないので、普段はYankeesグッズの店なのかも知れないな。
150919-43.jpg


野球場として建てられたYankee Stadiumに、サッカーのピッチを拵えると、こんな感じになる。
札幌ドームと異なり、観客席を動かせないので、どうしても左右非対称な配置になってしまう。
150919-44.jpg


この写真だけでは分かりにくいかも知れないので、補足すると、野球場としてのレフト外野席と一塁側内野席(外野寄り)とをそれぞれのゴール裏とし、ライト外野席がバックスタンド、三塁側内野席がメインスタンドとなる。
上から見ると、扇形のグラウンドに、長方形のピッチを斜めにねじ込んだ形になる。
(素直に縦長に配置しないのは、マウンドや内野のグラウンドを崩さないようにするためだろう。)

その結果、両ゴール裏とバックスタンドはピッチに近いけれど、大きく膨らんでしまうメインスタンドは遠くなる。
それで、「チケットの値段が高い席ほど、ピッチが遠くなって見えにくい」という不思議なことが起こる。


既に両チームの選手達がウォーミングアップを行っているところだった。
NYCに鳴り物入りで入団した、御存知Italy代表Pirloと、元Spain代表David Villaの姿を確認できた。
150919-49.jpg


また、このチームには、今夏から元England代表Lampardも所属している。
コンディションが整わず、あまり試合に出ていないと聞いていたけれど、今日はスタメン出場を果たした。
150919-51.jpg


三塁側のダグアウトから、両チームの選手達が入場してくる。
NYCFCの名物として、NY市警NY消防団とが、入場してくる選手達を出迎える、という演出がある。
150919-53.jpg


前半はNYCFCのボールでキックオフ。
1トップのVillaと、トップ下のLampardとがキックオフを行った。
150919-55.jpg


San JoseのCKを、GKのSaundersがパンチングで防いだ場面。
PirloもVillaもLampardも、セットプレーの守備ではあまり頼りにならないので、他の選手が頑張る必要がある。
150919-56.jpg


ゴール裏(野球ではレフト外野席)のサポーター達。
「N・Y・C!N・Y・C!」の掛け声が、アメリカ人の好きな「U・S・A!U・S・A!」みたいで盛り上がっていた。
150919-57.jpg


NYCFCのキーマンであるPirloには、当然相手も厳しくマークしてくる。
それでも、大抵は遠藤保仁のように軽く捌き、時に俊輔のように鮮やかなテクニックで、軽くいなしていた。
150919-59.jpg


NYCFCは、ちょっと守備が緩かった。
いや緩いというか、プレーに余裕がなくて、すぐ慌ててしまうので、見ていて危なっかしかった。
150919-60.jpg


攻撃に関しては、ヨーロッパからの助っ人3人以外の選手達も、そこそこの質を備えていた。
決して、彼らだけのチームではない、と言って良いと思う。
150919-62.jpg


後半の立ち上がり、ベンチ入りの選手達がウォーミングアップを始める。
ベンチがバックスタンド側にあるので、こうやって目の前に見ることができる。
150919-63.jpg


この11番のGrabavoyというアメリカ人選手(写真右のNYCFCの選手)がなかなか良かった。
SHとして左サイドを献身的に上下動し、さらにタイミング良くゴール前に飛び込んで2得点を挙げた。
150919-65.jpg


その2点目のgoal celebrationの様子。
PirloやVillaに祝福してもらったら、さぞ嬉しいだろうな。
150919-66.jpg


自ら3点目を決めて、リードを3点に広げたところで、Villaが交代で下がる。
守備でもよく走っていたから、ベテランさすがに90分はもたなかった。
150919-67s.jpg


一時は余裕の試合展開になったのだけど、その後が良くなかった。
なぜか左SBが交代して、そこが弱点と徹底的に狙われて、このPKを含む2失点で追い上げられた。
150919-68s.jpg


劣勢を食い止めるべく、CKから意表をついてPirloが直接ゴールを狙った。
実際、相手GKが前に出ていたので、決まるかに思えたけれど、ボールは惜しくもファーポストを叩いた。
150919-70.jpg


ロスタイムも含めて最後の15分は、冷や冷やしながら見守っていた。
どうにか1点差で逃げ切って、ホームでの連戦(※3日前にTorontoを相手に2-1)で連勝することができた。
150919-71.jpg


試合の後、今日はShake Shackで夕食にした。
ハンバーガーはまずまず、そしてシェイクが美味い。日本にも出店してきているらしいね。
150919-73s.jpg



試合前、San Jose相手なら勝てるだろうと思っていた。
相手もプレーオフ圏外だし、大陸を横断して遠征するチームはからっきし弱くなる傾向があるので。
それで実際、勝つには勝ったのだけど、終盤のばたばたは何とも心許なかった。

直接には、交代で入った左SBの選手(69番のAngelino)が酷かったこと。
18歳の選手で、試合に入り切れていなかったのか、1対1で抜かれまくり、バックパスを相手にさらわれ、PKも献上。
チームとしても、左サイドへのパスの出所を押さえるとか、ボランチの1枚を左寄りにスライドするとか、ボールを奪ってからキープして時間を作るとか、そういうフォローが出来ていなかったのが残念だった。
1年目のチームだから仕方ないけれど、そういう勝つための「作法」のようなものも、身に付けていってほしい。

このチームは、PirloとVillaだけではないけれど、彼らが強力に引っ張ってるのは間違いない。
攻撃のほとんどがPirloを経由するし、彼のセットプレーが重要な武器になっているのも感じられた。
相変わらず守備の当たりは弱いけれど、危険を察知する力は抜群で、重要なところに顔は出していた。
Villaは、意外にも献身的に攻守によく走り、攻撃では味方を使うプレーも多かった。
それでいて、ここまで30試合で16得点と、CFとして十分な結果も出している。
この2人を軸として、チームとしての成熟が深まれば、もっと戦えるだろうと思う。
(なお、Lampardはコンディション不良が顕著で、今季の残りはもう厳しいかも知れない。)
スポンサーサイト

テーマ : 海外サッカー
ジャンル : スポーツ

[Baseball - U.S.A.] New York Mets vs New York Yankees (Sep. 19, 2015)

New Yorkに引っ越してからのスポーツ観戦も少々。
2015年の9月19日、野球とサッカーの試合をそれぞれNew Yorkで観戦した。
前半は野球観戦、これはNew York MetsNew York Yankeesとの、いわゆる"Subway Series"の試合。
レギュラーシーズンでは、MLBで最も注目度の高い試合の1つと言えるだろう。

当然、チケットも露骨に高くなる。日本の巨人vs阪神なんて目じゃない、泣きたくなる程の値段だった。
(前月にLos Angelesで"Free Way Series"を観たときよりも、さらにずっと高かった。)
それでも、New Yorkでのスポーツ観戦の一歩目としては最高のイベントだろうと思い、奮発して観に行くことにした。

両チームともに日本でも知名度が高く、どちらを贔屓にするべきか、なかなか悩ましかった。
世界的な人気を誇るスター軍団Yankeesと、New Yorkerに根強く支持され日本人選手も多く在籍したMets。
試合当日になってもまだ決めかねていたので、結局、今日勝った方をこれから応援していくことにした(笑)。



今日の試合は、Metsの本拠地であるCiti Fieldにて。
Queens地区にあり、Manhattanからは地下鉄で30分くらい。
150919-03s.jpg


通常、MLBの試合にビジターチームのファンはほとんどいないけれど、今日はYankeesファンも沢山いた。
ちなみに、こういう場合も、日本のように一塁側と三塁側とで分かれず、球場の至る所で混在する。
150919-04s.jpg


正面入口を入ると円形のホール(rotunda)があり、"Jackie Robinson Rotunda"と命名されている。
かつて彼がプレーしたEbbets Field(※当時はBlooklyn Dodgersの本拠地)を模してこの球場を造った縁なのだそうだ。
150919-05s.jpg


球場のスクリーンを管理している映像室。
コンコースから中を覗けるようになっている。
150919-07s.jpg


今日は2階席のチケットを買った。一塁側の方が安かったので一塁側。
1階席のチケットは、目が飛び出るような値段だったので、考える余地もなかった。
150919-08s.jpg


試合前のメンバー表の交換。(実際には、何時間も前に先発メンバーは発表されている。)
Metsの監督は、かつてオリックスで指揮をとったCollinsだった。
150919-09s.jpg


Metsの先発投手は、今年メジャーに初昇格した、期待の若手のSyndergaard
ここまで8勝を挙げていて、MetsのNational League東地区の首位快走に貢献している。
150919-11s.jpg


しかし、試合開始から1番2番に連打を浴びると、3番のBeltranに大きな一発を喰らい、いきなり3失点。
100mph(160km/h)の速球をライトスタンドの2階席に運ぶ、これぞMLBという見事な打撃だった。
150919-13s.jpg


Yankeesの先発投手は、身長2mの大男のPineda
防御率は4点台ながら、今季は既に10勝を挙げている。
150919-14s.jpg


ライトスタンドのセンター寄りの一角には、シャツと声を揃えてMetsを応援する軍団(?)が。
MLBでは日本のような外野席からの応援が少ないけれど、これは少しだけ日本の球場の風景を思い出させた。
150919-16s.jpg


Metsの5番打者、左のプルヒッターであるDudaを迎えて、Yankeesの内野は極端な右寄りシフトを敷いた。
これ、遊撃手(※通常の二塁手の定位置)が正面で捕ったら、6-5-3の併殺になるんかな?
150919-18s.jpg


Yankeesが初回に3点を取った後は、試合が膠着していたが、6回表に4番のMcCannの本塁打で2点追加。
ベンチの中でハイタッチしてる背番号34が、そのMaCannね。
150919-20s.jpg


5点差が付いて迎えた6回裏に、Yankeesがピンチを迎える、
投手交代のときに内野陣が集まる。背中に番号だけで名前がないから、誰だかよく分からない(苦笑)。
150919-23s.jpg


一死満塁となって、Metsの4番のWrightを迎えた。
点差を一気に詰める絶好機に、生え抜きのスター選手に一際大きな声援が飛んだ。
150919-25s.jpg


Mets生え抜きのスター選手は、しかし気負ったか三振に倒れてしまう。
彼も自分と同い年で、怪我明けながら好調のようなので、いっちょ良いところ見たかったのだけどね。
150919-26s.jpg


終盤、イニングの合間に、Mr. MetなるMetsのマスコットが出てきた。
いかにもアメリカのアニメキャラという「目付き」に、何だか無性にいらっとした。
150919-27s.jpg


9回表、Metsファンの大ブーイングに迎えられて、"A. Rod"ことAlex Rodriguezが代打で登場。
何かYankeesの野手陣が小粒な感じがすると思っていたら、彼がスタメンを外れていたんだな。
150919-30s.jpg


9回裏、5点をリードするYankeesは、投手3人注ぎ込むぐだぐだな守りながら、どうにか無失点で逃げ切った。
最後の打者を迎えた場面、満員だった球場も、いつしか空席だらけになっていた。
150919-31s.jpg


途中から両チームぐだぐだで、中立の観客としては眠くなる試合展開だった。
終わってみれば、Yankeesにとって良い試合となった。
150919-32s.jpg


という訳で、Subway Seriesの今日の試合はYankeesの勝ち。
試合前に決めた通り、今後はYankeesを応援することにした(笑)。
150919-33s.jpg



MLBらしいな、と思える場面がいくつかある試合だった。
まず、Metsの先発投手のSyndergaardについて。常に直球が100mph近くを計測し、スライダーやチェンジアップと組み合わせて、どんどんストライク先行で攻めていった。投げる球は文句なしに凄かった。しかし、あまりに単調過ぎた。
勝負球はほとんど直球で、Yankeesで中軸を張る程の打者は、分かっていれば強烈に打ち返す。
Yankeesの先発投手のPinedaが、掴みどころのない投球で、気が付けば0を並べていたのとは、好対照だった。

それから、写真と一緒に紹介したDudaシフトのように、打者ごとに極端な内野のシフトを敷く場面が目立った。
面白いことに、多くの場面で、シフトの成果が出ていた。裏目に出たのは、10回以上の機会で1回だけだった。
さらに興味深いことに、極端に左寄りの内野シフトも見られた。
(一塁手又は投手が)一塁に入る距離が長くなるので、日本ではあまり見られないけど、これがアメリカの野球か。

そして、無駄に細かい継投も気になった。
先発投手は球数で降板させて、救援投手は使い方が決まっている(起用の幅が狭い)。
今日みたいなぐだぐだな試合だと、悪い流れを断ち切るべく、やたら多くの投手が出てくる。
そのために試合が間延びして、どの投手もぴりっとせず、しかしそれ以上に打者が集中力を切らしていたような。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle その13

アメリカの国立公園では、軽装でトレイルを歩く人が多い、という話の続きを。
3つ目の理由として、これが最も根本的なのだと思うのだけど、アメリカは自己責任の社会であるということが大きい。

日本にもアメリカにも、自然環境の中で危険な場所は沢山ある。
日本では、事故を防ぐために、危険な場所に人を入れないことが、その場所の管理者の義務とされる。
お節介なくらいに警告し、又は立入禁止の措置を講じないと、事故が発生したときに割と厳しく管理責任を問われる。
だから、険しい自然や奥深い自然は、入口の敷居が高くなる。相応の覚悟がある者だけが、足を踏み入れる。

対して、アメリカは危険な箇所があれば警告くらいはするけれど、人を追い返すようなことはまずない。
法的には日本と同じような管理者責任があるようだけど、まともに機能しているとは思えない。
遭難事故や滑落事故がしばしば発生するような場所でも、閉鎖されたり改良されたりすることは少ない。
「行きたければどうぞ。頑張ってね。」というノリだから、あまり来る者に警戒心を抱かせない。
その結果、とんでもない山道を、近所の散歩の気分で歩き出す者が、後を絶たない。



Zion国立公園で、Angels Landingのトレイルに挑戦する。
一見、どうやって登れば良いか分からないくらいの絶壁だけれど、道はちゃんと拵えてある。
150426-05s.jpg


岩壁の下まで辿り着くと、そこからじぐざぐの道が始まる。
崖を無理矢理に登る道なので、遊びの部分(踊り場)は少なく、この部分は体力的になかなか厳しい。
150426-06s.jpg


登りきると、岩山と岩山との間の、小さな谷間に出る。
これをさらに詰めて、写真の右側のAngels Landingの尾根まで上がる。まだしばらく、楽じゃない登りが続く。
150426-08s.jpg


その尾根筋に着いた。右も左も、とんでもなく険しい崖になっている。
Angels Landingが、いよいよ本性を曝け出す。
150426-11s.jpg


まずは目の前の盛り上がった部分を超えて、尾根をさらに先の方へと進む。
左側は垂直の崖で近寄れないので、斜めになっていて足場の確保できる右側から攻める。
150426-13s.jpg


景色だけでなく、足元もやばくなってきた。
Grand Circleによく見られる、滑りにくいざらざらした岩なので、実際には鎖がなくても歩けるが・・・。
150426-14s.jpg


そして、Angels Landingの本丸とご対面。
目指す場所、トレイルの終点は、あの将棋の駒のようにそびえる岩山のてっぺん。
150426-17s.jpg


ここで二の足を踏む者も沢山いたけれど、自分は行くと決めたら行く。
道は狭く、両側は冗談抜きでやばい。高低差が約400mの、垂直の絶壁。下を見たら動けなくなる。
150426-18s.jpg


こんな痩せた尾根に、草木が普通に生えていることに、少なからず驚かされる。
元々は普通の山だったのが、両側から絶妙に水平に削られていって、「残されてしまった」植物なのだろうね。
150426-19s.jpg


行く道そのものは、そこまで険しい登りではない。
ロッククライミングのように、三点支持が必要な箇所というのは、特になかった。
150426-20s.jpg


太陽に向かって登っていくような、意外と気持ちの良いトレイル。途中から感覚が麻痺して、そう思えてくる。
もちろん、足を踏み外すと、違う意味でお空に昇っていくことになる。
150426-21s.jpg


やばい道を進むこと30分くらい、ようやくトレイルの終点が見えてきた。
猫の額ほどの山頂のスペースで、先客がのんびりしている。
150426-24s.jpg


山頂から、Zionの谷の下流を見渡す。Zion LodgeとかVisitor Centerがある方向。
Angels Landingは、谷の真ん中から突き出したような位置にあるので、景色がとても見えやすい。
150426-25s.jpg


しばし景色を堪能した後、実は登りよりも恐ろしい下山を始める。
登るときは足元だけ見ていれば良かったけれど、下りでは否が応にも周りの景色が目に入る。
150426-27s.jpg


あまり景色に変化はないので、下りに撮った写真は少ない。
また、昼近くなって登る人が増えてきて、すれ違いのために何度も待たされて、あまり気分は良くなかった。
150426-28s.jpg


一度、勇気を出して、崖から下を覗いた写真を撮ってみた。
繰り返すと、下の地面との高低差は約400mある。
150426-30s.jpg


ようやく、道が平らになって安心できる場所まで戻ってきた。
これで生きて帰れると、確信できた瞬間だった。
150426-31s.jpg


トレイルの前半にあった、じぐざぐの坂を下る。ここも良い景色。
前半は体力勝負、後半は度胸の勝負。Angels Landingは、なかなか厳しいトレイルだった。
150426-33s.jpg


下まで戻ったところで、先程まで上にいたAngels Landingの岩山を振り返る。
改めて、あっち側もこっち側も、すごい断崖絶壁だ。
150426-35s.jpg


トレイルの入口まで戻ってきた。これで、Grand CanyonのPlateau Pointに続き、Angels Landingも達成!
それにしても、どこの誰が、こんな狂気じみたトレイルを考え付いたのだか(苦笑)。
150426-36s.jpg



この後は、疲れでちょっと眠くなったけれど、気合いで我慢してLas Vegasまで3時間くらいのドライブ。
無事にこの旅行の出発点に戻り、無事に車を返すことができた。
天気にも恵まれて、とても面白い旅になった。
でも、Angels Landingは、もう御免だな(笑)。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。