[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle その9

アメリカで国立公園の旅をするには、大抵は車の運転が必要になる。
いつも出発前に懸念するのは、運転の技術的なことと、レンタカーの料金のこと。

運転については、日本にいた頃はほぼペーパードライバーで、今でも正直あまり自信がない。
実際に運転し始めると、すぐに感覚が掴めるのだけど、なかなか事前には上手にやれそうなイメージが持てない。
しかも、レンタカーだと毎回少しずつ性能が異なるので、いつも「今回は大丈夫だろうか」と思ってしまう。

あとは、技術だけでなく、体力的な問題もある。
大抵は1人でふらっと旅に出るので、運転手は自分1人だけ。疲れても交代してもらえない。
慣れていない故の消耗の早さから、長時間の運転はしんどい。1回3時間まで、1日では合計5時間くらいが限界。
だから、旅行の予定もそれを前提として、車での長距離移動を極力なくすように回る順番を考える。

何回か借りていると、段々と相場が掴めてきて、事前に費用の見積もりと心積もりができるようになる。
それでも、いつも結構な高額なので、毎回カウンターで顔をしかめることになる。



Horseshoe Bendに続いては、Pageを訪れた一番の目的である、有名なAntelope Canyonを見物する。
Antelope CanyonはNavajo族居留地の中にあり、彼らの主催するツアーでないと見ることができない。
150423-09s.jpg


概ね30分ごとにツアーは出発し、Navajo族のスタッフが運転するジープに乗りこむ。
集合場所から目的地まで、吹きっ晒しで大揺れのドライブを味わうことになる。
150423-11s.jpg


Antelope Canyonは、その名の通り、かつてはPowell湖に流れ込む渓谷だった場所。
Grand Canyonを削り上げたColorado川のように、深く鋭く地面を抉った後に、いつしか川としては枯れてしまった。
今では、地面の下の、元は谷底だった場所を、不思議な洞窟のような空間として残している。


今訪れているのは、Powell湖の湖畔から少し遡った、Upper Antelope Canyonと呼ばれる場所。
この縦の割れ目が入口で、グループごとに順番に中に入っていく。
150423-12s.jpg


割れ目の中はこんな感じ。
鋭い流水が刻んだ地形と、さらに岩の表面の水平な縞模様とが目を引く。光の当たり方が良いと、鮮やかな景色になる。
150423-14s.jpg


もう一枚。光が乏しいので、三脚なしではどうしても少しぶれてしまう。
周りのツアー参加者には、一眼レフに三脚を付けて本格的な撮影をしている人も少なくなかった。
150423-15s.jpg


Navajo族のガイドは、撮影スポットやカメラの設定(ISOやホワイトバランス)を色々と教えてくれる。
時折立ち止まって、「この岩は動物に似ている」とか、「この模様をバックに写真を撮れ」とか、解説が入る。
150423-17s.jpg


奥に進むに連れて、前の時間帯のツアー客に遭遇することが増えて、狭い洞窟は人で溢れ返ってしまった。
平日でもこれでは、なかなか落ち着いて見物するのは難しそうだね。
150423-18s.jpg


地面に水平な縞模様は、かつての川の流れや、今でも夏の雨の後で生じる鉄砲水が刻んできたもの。
他方、縦に水が流れたような跡(染みと言うべきか)は、雨水に直接削られて生じたものらしい。
150423-19s.jpg


洞窟を進んでいくと、仕舞いには反対側から外に出て開けた場所に至る。
山の方から水が流れてくる経路の内、一部だけがこのような特殊な削れ方をしてAntelope Canyonになったのか。
150423-21s.jpg


戻り道の途中、天井の狭い割れ目から太陽の光が中に差し込んで、光の帯がくっきりと見えた。
真上に太陽が来ないと、このように光が差し込まないので、これが見られる季節や時間帯は限られるそうだ。
150423-22s.jpg


Upper Antelope Canyonの見物を終えて、車で少し移動する。
次は、よりPowell湖に近い方の、Lower Antelope Canyonを見物する。
150423-23s.jpg


こちらも、Navajo族のガイドツアーでないと、見ることができない。
ジープではなく徒歩で洞窟の入口に向かう。
150423-24s.jpg


地面に大きく開いた穴を、備え付けられた階段で下りたところが、Lower Antelope Canyonの入口。
Upper Antelope Canyonに比べて、こちらは早々にワイルドな気配が漂う。
150423-26s.jpg


Lower Antelope Canyonは、Upperよりも谷が狭く、上り下りも何度かある。
人気というか集客数はUpperの方が上のようだけど、Lowerの方が静かで、より雰囲気のある探検を楽しめる。
150423-27s.jpg


ちょうど良い時間帯にツアーが始まったため、こちらでも太陽の光の筋が天上から漏れてくるのが見えた。
ガイドが、光の筋がよく見えるようにと、地面の砂を掬って空中に巻いて撮影用のサービスをしてくれた。
150423-30s.jpg


ただの通路なのだけど、手前と奥とで光の当たり方が違うので、奥行きを感じさせる構図になる。
一眼レフのカメラで、もっと鮮やかに撮れたら良かったな。
150423-31s.jpg


Lower Antelope Canyonでは、終始このくらい狭い道を進んでいく。
なので、ツアーは一方通行で、入場できる人数も限られる。
150423-32s.jpg


こちらのツアーでも、ガイドが面白い形の岩や、撮影ポイントを教えてくれる。
高い鼻と開いた口、これは鯨か何かの頭だと言っていた気がする。
150423-33s.jpg


これは、何かのアニメキャラに似ていると言っていたかな。
個人的には、ぱっと見てのらくろを連想した。
150423-35s.jpg


Lower Antelope Canyonの出口はこんな感じになっていて、人が割れ目から頭を出す。
こんな細い割れ目の下に、あのような神秘的な谷(というか洞窟)が穿たれている。自然の力は凄い。
150423-38s.jpg



本当ならもっと沢山、綺麗な写真を撮って紹介したかったのだけれど、撮るのにだいぶ苦戦した。
これだけ普段からデジカメを使い込んでいるのに、実はあまり機能に詳しくない(いつもオートで撮っている)。
それ故、このような光の繊細な加減が生命線となる場所では、技術不足でなかなか上手に撮れなかった。
なので仕方なく、途中からは無理に撮るのを諦めて、なるべく多くを自分の目で見るように努めた。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle その8

アメリカには、先住民(いわゆるNative American)の居留地というのがある。
植民地時代から此の方、白人の支配するアメリカが領土を拡大するに連れて、先住民は住んでいる地を追われていった。
アメリカにとっては、彼らは「邪魔な存在」だったのだろうが、さすがに根絶させる訳にもいかないので、部族ごとに限られた土地を残し、又は移住させて居留地(reservation)とし、相互不干渉という名目によってそれらの中に押し込めた。

地図を見れば一目瞭然なのだけれど、ほとんどの居留地は内陸の未開の地に分布している。
要は、白人から見て不要な土地を押し付けて、「死にたくなかったら、そこでじっとしていろ」と。
そんな訳で、現在も生き続ける彼ら先住民の生活は、経済的に非常に厳しいものであると言われている。

中には、居留地の中に観光資源を有し、観光収入で生計を立てることができる部族もいる。
Grand Circleでは、前回紹介したNavajo族や、Hopi族、Hualapai族などがこれに当たる。
ただ、彼らとて、先祖代々の地を観光地化することに心理的な抵抗はあるはずで、決して当たり前のことではない。
旅行者としては、観光のために居留地に足を踏み入れたときに、彼ら独自のやり方にいらっとすることもあるけれど、そういう背景があること、我々は特別に見せてもらっている立場なんだということは、理解しなければいけないのだと思う。



Monument Valleyのジープツアーの続き。ホーガン(hogan)と呼ばれる、Navajo族の伝統的な住居。
木材で枠を組み立てた上から、固めた土で壁と屋根を作っている。雨が降ったら崩れないのかね。
150422-29s.jpg


中はNavajo族の民芸品の土産物屋。
荷物の関係で何も買えなかったけれど、チップを払って撮影の許可はもらっている。
150422-31s.jpg


3時間くらいのジープツアーを終えて、まだ昼過ぎだったので、少し歩いてみる。
Wildcat Trailという、ビュートの周りを一周するトレイルへ。
150422-33s.jpg


近くから見ると、ビュートもなかなか迫力がある。
上半分と下半分とで地層が異なり、削られやすさが違うからこういう形になる。
150422-36s.jpg


地形が大きいので、景色に大きな変化はなく、1時間と少し歩いて終わり、そろそろMonument Valleyを後にして次の目的地へと向かう。最後に、天気が回復したところで、もう一度Monument Valleyの代表的な景色をカメラに収めておく。
150422-41s.jpg


Monument Valleyから次の目的地まで約2時間、Colorado川の上流にあるPageという街へと北上。
再び、ほとんど何もないArizona州の荒野を延々とドライブ。途中、結構眠くなった。


Pageは、Colorado川に2つある大きなダム湖の1つ、Powell湖の畔の街。
また、街外れには、日本でも有名らしいAntelope Canyonがある。
国立公園ではないけれど、見所が多いエリアなので、一晩を挟んで一日をここで過ごすことにした。


まず、Powell湖を堰き止めるダム(Glen Canyonダム)に隣接するビジターセンターへ。
ダムは重要施設なので警備が厳重だと、『地球の歩き方』に書いてあったけど、特に何も警戒する様子はなかった。
150422-43s.jpg


Powell湖は、元々はGrand Canyonみたいな地形だった場所を、ダムで堰き止めて人造湖にしたもの。
この湖周辺の立体地図から、元の地形が想像できるはず。
150422-44s.jpg


Glen Canyonダムを正面から見下ろす。
ここはHooverダムと異なり、有料のツアーでないと堰堤の上には立てない。
150422-47s.jpg


反対側、ダムから流れていくColorado川を見下ろす。
この流れがGrand Canyonを突き抜け、Mead湖とHooverダムへと続く。
150422-49s.jpg


もう夕方で、日も傾いてきていたので、Pageの観光は明日に回す。
Powell湖の畔に建つLake Powell Resortが今夜の宿。
150422-50s.jpg


部屋からは、こんな風にPowell湖を見渡せる。
ヨットハーバーがすぐ近くにあって、観光用のフェリーや個人所有のレジャーボートが停泊していた。
150422-52s.jpg


部屋はこんな感じ。ベッドが少し高くて、上り下りに少し苦労した記憶がある。
コネクトルームというのか、隣の部屋と繋がっていて、そちらが広々とリビングになっていた。1人客には広すぎた。
150422-54s.jpg


まだ明るいけれど、ジープツアーとトレイル歩きの後でドライブもあり、疲れていたので、早めに夕食にする。
ホテルのレストランにて。ここでも、スープとサラダから。
150422-56s.jpg


ここでは、メインは再び魚。
"Orange Glazed Shoyu Salmon"というので、照り焼き系ですかね。
150422-58s.jpg


6日目の朝は、気持ちの良い天気で迎えた。湖畔の空気が気持ち良い。
宿の近くに点在する展望台から、Powell湖の景色を眺める。
150423-02s.jpg


写真右上、湖の端にGlen Canyonダムと、ダムに平行する車道のアーチが見える。(ちょっと小さいか。)
普通は、湖の周辺というのは緑が豊かなものだけど、ここは元々荒野だったのを人造湖にしたので、妙に殺風景だ。
150423-03s.jpg


Glen Canyonダムから流れ出した水は、Colorado川となって深い谷を刻む。
その中でも、Pageに近い有名な場所として、Horseshoe Bendと呼ばれる展望台がある。
150423-04s.jpg


駐車場に車を停めて、谷に向かって10分程歩く。
本来は広い平原だった場所の一部が、穴が開いたように抉れているのが見える。
150423-05s.jpg


谷を見下ろして写真を撮るため、観光客が崖のぎりぎりまで近付く。
ここには安全柵などなくて、どこまで入り込むかは自己責任。
150423-06s.jpg


おっかなびっくり、身を乗り出して撮影したHorseshoe Bendの景色。
その名の通り、馬の蹄鉄のような形をしている(右側が上流)。
150423-07s.jpg



朝からツアーに参加したり歩いたり運転したり、5日目もなかなかハードな旅になった。
これだけ長い距離を移動する旅だと、なかなか観光だけ、又は移動だけ、という日を作れない。
一人で運転するので、なかなか休み時間が取れないのも、厳しいところ。
こういう無理な旅も、三十台前半の今だから、出来ることなんだろうな。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-02] U.S.A. - Las Vegas & Grand Circle その7

Monument Valleyは、よく映画に登場するらしい。
荒野にところどころビュートが突き出ている、この特徴ある景色は、確かに背景として使えば絵になる。
使い道としては、西部劇のような未開のアメリカを描く作品と、地球外惑星や伝説の地といった異世界を描く作品が多い。
自分はあまりアメリカ映画を観ないので、残念ながら映画でぴんと来るものはなかったのだけど、21世紀を迎えてなお、100年前や200年前、もしかしたら1000年前と同じ景色が残っているこの場所は、やはり特別な舞台なのだろう。

個人的に興味深かったのは、これも有名な話らしいのだけど、Navajo族が映画の撮影に協力してきたということ。
彼らの居留地の中にあるこの場所では、彼らの許可や物資調達への協力がないと立ち行かないのは想像に難くない。
しかしそれだけでなく、Navajoの人々はしばしば、映画の製作スタッフや登場人物としても雇われていたそうだ。
人材の現地調達とか、収入資源の限られていたNavajo族への生活支援という趣旨だったという。
西部劇の第一人者であったJohn Fordに、特にそういうNavajo族との逸話が多い。

今回のジープツアーのガイドも、作品名は忘れてしまったけれど、「俺も映画に出たことがあるぜ」と言っていた。
日本に帰ったら、DVDでも借りて、有名な西部劇の映画を観てみたくなった。



Grand Canyon国立公園から概ね2時間30分のドライブで、Monument Valleyに到着。
途中で急に大きな雨雲が現れて、一時は視界が利かないくらい強く雨が降って、着く頃には上がったというか雲を抜けた。
150421-33s.jpg


有名なMonument Valleyの有名な宿、The View Hotelに泊まる。
このホテルもNavajo族の居留地にあり、ホテルもNavajo族が運営している。
150421-34s.jpg


名前の通り、Monument Valleyを見渡す丘の上に建っている。
その景色は後で載せるとして、裏に回ってみるとこんな感じ。カメレオンのように、建物の色は周囲の地面と近い色。
150421-35s.jpg


ロビーに入ると、中はこんな感じ。
Navajo族の伝統文化っぽいものがそこかしこに飾られている。
150421-36s.jpg


部屋に入る。結構な金を取るだけあって、しっかりした内装になっている。
ちなみにこのホテル、GWやお盆休みや年末年始の時期には、日本人だらけになるらしい。
150421-37s.jpg


そして、これがThe View Hotelの客室からの眺め。
Monument Valleyと言えばこの風景、という眺望がいきなり飛び込んできた。
150421-38s.jpg


ホテルには小さな博物館が併設されていて、Navajo族の文化や歴史が紹介されている。
興味を引かれたのは、米軍の兵士として太平洋戦争の沖縄戦に従軍したという者の回想のコーナー。
150421-40s.jpg


ホテルのレストランで夕食にする。
まずはいつも通り、スープとサラダから。
150421-42s.jpg


メインに注文したのはピザ・・・ではなくて、Navajo Tacoという料理。
ふわふわのナンの上に色々と具が乗っていて、確かにTacosに似ている。特に伝統料理という訳ではないらしいが。
150421-43s.jpg


5日目の朝、必ず見るべしと言われていたMonument Valleyの日の出を拝む。
まだ雲が結構残っていたのだけど、地平線のところで途切れていて、僅かな隙間から太陽が見えた。
150422-01s.jpg


今日はMonument Valleyの谷に下りていくジープツアーに参加する。
これもやはり、Navajo族のガイドが案内するもの。
150422-03s.jpg


あまりValley=谷という感じはしないけれど、確かにホテルがある丘よりは低く広がる一帯がある。
ジープは連なって谷の方へと進んでいく。(谷の中の回る順番はガイドによって異なる。)
150422-06s.jpg


Monument Valleyというと、ビュート(butte)と呼ばれる突き出たような丘が有名だけど、谷には他にも色々ある。
まずは、John Ford's Pointと呼ばれる、映画監督John Fordのお気に入りの撮影ポイントへ。
150422-07s.jpg


ビュートになった岩山や、なりかけの岩山が、荒野に点在している。
その絶妙なバランス、疎でも密でもない配置が、ともすれば殺風景な景色を芸術の域に高めている・・・のだろうか。
150422-12s.jpg


谷の奥の方に進んでいくと、驚いたことに天然のアーチがあった。
Arches国立公園で見られるものには及ばないかも知れないけれど、アーチが出来る仕組みは全く同じようだ。
150422-20s.jpg


ジープで未舗装路、ときには道なき荒野を進んでいく。
ある程度奥の方は、Navajo族のガイドなしには入れないので、ツアーに参加するのが無難なのだろう。
150422-21s.jpg


崖の下に、先住民の残した遺構と思われる建造物を見付けた。立ち入り禁止の柵があって、これ以上は近付けず。
昔はこの地に、Navajo族でない他の民族が住んでいたらしい。
150422-23s.jpg


壁画もあった。なぜか仰向けに倒れて描かれているけど、笛を吹く人の絵が刻まれていた。
景色が良いとだけ思っていたMonument Valleyには、実は先住民の遺跡という側面もあったのだ。
150422-25s.jpg


川も池もない荒野だけれど、雨が降れば水が流れるような場所には、ある程度の高さの木も生える。
本当に雨が降ってきたときは、鉄砲水になって結構危ないらしい。昨日の雨の間は、この谷は立入禁止だったそうだ。
150422-26s.jpg


ビュート(butte)のなれの果てというか、浸食が進んで末期になった姿も見られる。
Bryce Canyon国立公園の尖塔群のようなフードゥー(hoodoo)にも似ている。浸食の仕組みは多分同じようなもの。
150422-28s.jpg



Monument Valleyを旅行する人へのアドバイスを1つ。
Navajo族が主催するツアーは、2人以上でないと申し込めない。
正確には、2人分の料金を払えば1人でも参加できるようだけど、それもあまり気分の良いものではない。
今回はたまたま、一人旅をしている人と同じタイミングで申込みに行ったので、ではご一緒にということで参加できた。
一人旅で訪れようとしている人はご注意を。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示