[Soccer - USA] Los Angeles Galaxy vs Seattle Sounders (Apr 12, 2015)

久しぶりにサッカーの記事。
4月12日に、Los Angeles Galaxyの試合を観に行ってきた。
日本と同様、3月の頭からリーグ戦が始まっていて、12月のMLS Cupまで、長い戦いが繰り広げられている。

前回の観戦記では触れられなかったので、アメリカのサッカーの大会について、ここで簡単に説明しておこう。
まずリーグ戦、MLS(Major League Soccer)について。
アメリカとCanadaから合計20チーム、東西10チームずつに分かれて、地区ごとにリーグ戦を行う。
各地区の上位チームがプレーオフに進出し、最後はプレーオフの勝者同士が決勝戦(MLS Cup)を戦う。
リーグタイトルは2つあって、リーグ戦の年間勝ち点1位(Supporters' Shield)と、プレーオフ(MLS Cup)の優勝。

カップ戦は、国内のカップ戦は1つだけで、アメリカサッカー協会が主催するU.S. Open Cup
こちらは、アメリカのチームはプロ・アマ問わず参加するけれど、CanadaのチームはMLS所属でも出場できない。
それから、国際大会として、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)のチャンピオンズリーグ(CCL)があって、MLSには4チームの参加枠がある(MLS Cup優勝、Supporters'Shield、年間2位、Open Cup優勝)。

それで、LA Galaxyは西地区のリーグ戦を戦っていて、これが6試合目。
昨年のMLS Cup優勝チームも、ここまで1勝2分2敗と、苦しいスタートになってしまった。



試合は16時からなので、その前にLos Angelesの有名店で昼食を。
今回はHollywood近くのホットドッグの店、Pink'sを訪れた。今回が3回目か4回目。
150412-01s.jpg


左がHollywoodらしい名前のWalk of Fame Dog、右が定番のChiliDog。
2つ食べると、流石にサイドメニュー(ポテトとか)は無理。今日はホットドッグのみで。
150412-02s.jpg


Stubhub Centerにやってきた。
今年最初の観戦なので、入るとき少し緊張した。
150412-03s.jpg


今回もこの辺、メインスタンドとホーム側ゴール裏との角の指定席を買った。
そして、向こう側のゴール裏にある電光掲示板が新しくなったことに気が付いた。
150412-05s.jpg


LA Galaxyの選手達がウォーミングアップに出てきた。
今年はもうDonovanはいない。そして、よく見ると今日はRobbie Keaneもいない?
150412-06s.jpg


スタジアムDJと、チアガールの1人が、スタジアム内の試合前番組のトークを行っている。
日本のスタジアムで見る同種の催しは、微妙なテンションのことが多いけど、この人達のまぁよく喋ること喋ること。
150412-07s.jpg


振り返って上の方を見ると、昨年のMLS Cupを制した記念の幕が取り付けられていた。
こうやって、タイトルを取る度に、スタジアムにその証を増やしていく。
150412-08s.jpg


マスコットのCozmoが出てきた。
今日は頭に変な笠を乗せていた。
150412-09s.jpg


選手入場、この位置からだと正面に見える。
今年のユニフォーム、昨年のとほとんど変わってないな。
150412-11s.jpg


LA Galaxyボールでキックオフ。
今日はGordonが1トップで、Zardesがその後ろというか周りを駆け回る、という感じだった。
150412-14s.jpg


前半はLA Galaxyがこちら側のゴールに向かって攻める。
立ち上がりはあまり守備がはまらず、Seattleに好きにボールを回されていた感がある。
150412-15s.jpg


だいぶ劣勢の中、23分、敵陣の浅い位置でFKを獲得した。
ここからゴール前に、何でもないクロスを上げたところ――
150412-18s.jpg


ファーサイドでGonzalezが力強く折り返したボールを、ニアでフリーになったGordonが押し込んで先制した。
セットプレーに試合の流れは関係ない、まさにそんなゴールで、LA Galaxyがリードを奪った。
150412-19s.jpg


前半はその後、一進一退で1-0のまま終了。
後半、エンドを入れ替えて、Seattleボールでキックオフ。
150412-22s.jpg


こちら側のゴールに向かってSeattleが押し込んでくる時間が長かった。
何度も決定的な場面を作られた。
150412-23s.jpg


しかし、ゴール前には、LA Galaxyの守護神、Penedoが立ちはだかった。
これはCKからのクロスをパンチングでクリアしたところ。(味方をジャンピング右ストレートで殴った訳ではない。)
150412-24s.jpg


追い付かれるのも時間の問題かと、冷や冷やして見ていたけれど、どうにか逃げ切ることができた。
本当に今日は、Penedo様々という試合だった。
150412-27s.jpg


最終スコアは1-0で、LAGalaxyが今季2勝目(2分け2敗)を挙げた。
内容はだいぶ悪かったけれど、昨季リーグ優勝をさらわれたライバルのSeattleに勝てたのは良かった。
150412-29s.jpg


ゴール裏のサポーターの下に、勝利の万歳をしに歩んでいった。
このスタジアム、なぜかアウェー側ゴール裏がサポーター席になっているんだよね。
150412-31s.jpg


これはおまけ、来場者に先着で配っていた、チャンピオンズリングのレプリカ。
MLS Cupの優勝を見届けた身としては、記念の品が増えて嬉しかった。
150412-32s.jpg



LA Galaxyにとっては、苦しみながらもどうにか勝てた、という試合だった。
特に前半はぼこぼこに攻められまくって、GKのPenedoの好セーブ連発がなければ、早々に試合は決まっていただろう。
どうも守備が緩々で、相手選手がフリーになることが多く、クロスにも楽々と合わされてしまっていた。
もちろん、元を辿れば、攻撃が上手くいかなくて、ボールの失い方が悪いことも原因だったと思う。
Donovanが引退し、Robbie Keaneを怪我で欠く影響か、どうも攻撃に怖さがなくて、楽に守られていた。

ただ、サッカーとは分からないもので、猛攻を耐えながら、何でもないセットプレーからあっさり先制してしまった。
そうすると、後半はやや重心が下がったところで落ち着き、Seattleの攻撃に冷静に対応できるようになった。
逆にSeattleは、前半はスペースでフリーになった選手を上手に使っていたのが、後半はスペースが消えて手詰まりになった感があった。向こうから見れば、チャンスを決めきれずに自滅した試合、って感じか。

両チームとも、これと言ったゲームメーカーがいなくて、攻撃のパターンは限られていた。
LA Galaxyは前線で体を張るGordonに縦パスを当てる、SeattleはDFの裏かサイドのスペースに放り込む。
それができないと見ると、サイドに展開してクロスを狙う。
Jリーグを見慣れている身には、俊輔遠藤保仁、或いは中村憲剛のような、変化を加えられる選手がいなくて、少々退屈に感じられることもあった。彼らの偉大さを、遠くアメリカで感じる一戦になった。
スポンサーサイト

テーマ : 海外サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示