[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu その4

Peruでは、中南米の多くの国々と同様、スペイン語が話されている。
自分は今まで全くスペイン語に触れたことがなかったので、今回の旅行を計画するに当たって、言葉が一番の心配だった。

結論から言うと、ほとんどスペイン語ができなくても、Peruの代表的な観光地を訪れる分には、さほど問題はなかった。
それは1つには、世界的に有名なNascaやMachu Picchuでは、それこそ世界中から観光客が集まってくるので、彼らを相手に商売する側も、ある程度は英語ができるから。(ちょっとラテン訛りがあるけど。)
バス・タクシーやレストランなんかは英語が通じないことが多いけれど、スペイン語で数字の数え方と値段の聞き方、あとは簡単な挨拶の言葉くらいを覚えておけば、まぁどうにかなるものだと思った。

また、今は移動やホテル、現地ツアー等を、インターネットで手配できるので、現地で難しい話をする必要もない。
英語で説明を読んで申し込めるし、大抵の業者は英語のメールで問い合わせもできる。
どうしてもスペイン語が必要なときは、オンラインの翻訳機能を使っても、まあどうにかなる。
実際は、現地で手配した方がずっと安いことも多いのだけれど、言葉の問題を金で解決すると思えば、それもやむなし。



Huacachinaの砂漠ツアーの続きから。
斜面の上でバギーが停まると、各自、スノーボードのような板を渡される。
141222_23s.jpg


砂漠でよくある遊びの、サンドボードの時間が始まった。(日本の鳥取砂丘でも遊べるそうだ。)
最初はこんな感じで腹這いになって、頭からさーっと滑っていく。
141222_25s.jpg


斜面の下から、他の面々が滑ってくるのを眺めている。
前回の記事に登場した、Chicagoから来た家族のお父さんが、家族の先陣を切って下りてきたところ。
141222_26s.jpg


サンドボードの時間は、場所を変えながら、1時間くらい続いた。
段々と斜面が大きくなっていって、これは最後のところ、まっさらな斜面を前に「お前、最初に行け。」と言われた場面。
141222_27s.jpg


サンドボードで遊んでいる間に、段々と日が傾いてきていた。
Sunset Tourというだけあって、砂漠に夕日が沈むひとときを、バギーに乗せて色々な角度から見せてくれた。
141222_28s.jpg


これはツアーの最後に、Huacachinaに戻ってきたところ。
本当に、絵に描いたようなオアシスの景色だ。
141222_29s.jpg


さて、Huacachinaの砂漠を楽しんだのは良いのだけど、今日はNascaの街まで行かなければならない。
ツアー会社の人にIcaのバスターミナルまで送ってもらい、ローカルバスに乗ってNascaに向かう。
141222_32s.jpg


真っ暗な荒野を、黙々とバスは進んでいく。
途中で何ヶ所か、小さな街で止まって客をおろし、また新しい客を乗せていく。
141222_33s.jpg


約3時間かけて、22時過ぎに、ようやくNascaに到着した。
Nascaの目抜き通りを、ホテルに向かって歩く。街の至る所に、Nascaの地上絵の模様が見られた。
141222_35s.jpg


少し遅い時間だけれど、軽い朝食から何も食べていないので、これから夕食にする。
ホテルの人から勧められた、『地球の歩き方』にも載っている、"Plaza Mayor"という店へ。
141222_36s.jpg


ここはグリルチキンが自慢の店らしいので、Pollo a la Brasa(鶏肉の炭火焼)を注文した。
肉付きの良い鶏が丸ごと一羽、は良いとして、ポテトはさすがに全部は無理だった。
141222_37s.jpg


静かになった翌朝、表通りから昨夜の宿である"Casa Andina Classic Nasca"を写す。
Casa Andinaは、Peru各地に展開するホテルチェーンで、今回はここNascaと、この後に訪れるCuscoとで利用した。
141223_01s.jpg


あまり高い階層にせず、中庭を設けてそれを囲むように客室が並ぶ。
ラテンアメリカに(スペインにも?)よく見られる、コロニアル・スタイルというものらしい。
141223_02s.jpg


これが今回泊まった部屋。
窓の外が空き地になっていて、若者の夜遊びが深夜までうるさかった(苦笑)。
141223_03s.jpg


Peru旅行の4日目は、有名なNascaの地上絵を見に行く。
これも世界遺産で、誰もが名前くらいは聞いたことがあると思う。

今から1500年くらい昔、Nascaのある地域にはNasca文化が栄えていた。
彼らは、荒野に太く長い線を引き、巨大な模様を地面に描いていった。
よく知られているのは動植物を模したものだけど、幾何学的な図形を描いたものも沢山存在する。

そんな古い時代に、正確に地面に長い線を引ける技術があったことに、まず驚かされる。
さらに興味深いことに、そこまでして地上絵を描いた目的は、現在でも解明されていないらしい。
(宇宙人との交信だったという説すらある。)


事前に地上絵のフライトを予約しておいたので、業者がホテルまで車で迎えにきてくれた。
向かった先は、Nascaの町外れにある空港。
141223_04s.jpg


空港と言っても、ここは地上絵を見るためのフライト専用の施設で、他の都市への航空便はない。
小さな建物の中に、地上絵を見るフライトを扱う業者が、受付のカウンターを並べているだけ。
141223_05s.jpg


今回乗せてもらう飛行機。6人乗りのセスナ機だった。
こんな小さな飛行機に乗るのは、さすがに初めてなので、少し緊張した。
141223_06s.jpg


左右で重さのバランスが取れるよう、座席を指定される。(そのため、搭乗前に体重計に乗らされる。)
最も軽い坊や(左側)と、次に軽い自分(右側)が、最後列に座らされた。
141223_07s.jpg


午前中は空気が澄んで見えやすいということで、フライトが集中している。
離陸の順番を待って、いよいよ我々の飛行機がNascaの空に飛び出した。
141223_09s.jpg


大体このくらいの高さから、地上絵を見下ろすことになる。
洪水の跡(左側)と、直角三角形のような模様(真ん中やや右)が見える。
141223_11s.jpg



セスナ機による地上絵の見物について、少し補足する。
構造上、真下は見ることができないので、自分の横の窓から斜め下に見ることになるのだけど、左右どちらに座っても全ての地上絵を見られるよう、同じ地上絵の上を、右下に見下ろすのと左下に見下ろすのとで2回通ることになる。
なので、我々の乗るセスナ機は、頻繁に向きや高度を変えて、上下左右に揺れ続ける。
そして、それが約20分ほど続く。

その結果、乗り物酔いをしやすい人は、結構な確率で「リバース」してしまうことになる。
だから、セスナ機に乗る人は、直前に食事をするなというお達しまである。
今回、乗客6人の内、実に3人が我慢しきれず「リバース」した。
汚い話だけど、あれって、我慢していても他人のアレの匂いを嗅いでしまうと、連鎖してしまうらしいのね。
エチケット袋が配られるものの、狭い機内にアレの匂いが(しかも3人分)充満するのは、ちょっと耐え難かった。

自分は、割と乗り物酔いには強く、念のため酔い止めの薬も用意したので、全然大丈夫だった。
でも、隣の坊やが「リバース」しちゃって、色々と勘弁してほしい状況に陥った(苦笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu その3

Peruで北米方面への飛行機が発着する空港は、LimaJorge Chaves国際空港しかない。
なので、旅行のスケジュールは通常、Limaから始まって何ヶ所か回ってLimaに戻ってくる、という感じになる。

Peru国内の移動は、基本的には飛行機を使うことになる。
Limaからは、Peru国内の主要都市には飛行機で飛べる。
また、Cusco - JuliacaPuno)- Arequipaとった南半分の主要な都市間も、それぞれ直行便で結ばれている。

ただ、多くの観光客のお目当てであろうNascaとMachu Picchuには、飛行機で直接到達することはできない。
Nascaの地上絵を見るには、Limaで日帰りツアーに参加するか、長距離バスでNascaの街まで行く。
Machu Picchuは、Cuscoまで飛行機で飛んで、そこから鉄道で向かうことになる。

半日から1日かけて、じっと座って移動するのに耐えられるのであれば、長距離バスでの移動も悪くはない。
飛行機より安いし、Paruは長距離バスの路線がまずまず整備されているので、使い勝手は良いと思う。
1つネックを挙げるとすれば、どのルートをどのバス会社が運行しているか、日本からでは調べにくいことかな。



Limaの街を縦断する高速道路(恐らくフリーウェイ)。
道の真ん中は、BRTであるMetropolitanoの専用レーンになっている。
141221_53s.jpg


Limaの新市街のもう1つの地区である、Miraflores地区にやってきた。
割とハイソな住宅街を、海の方に向かって歩いていく。
141221_54s.jpg


海岸、と言うか崖の上から、太平洋が見えた。
海岸段丘というのか、海岸線に沿って大きく隆起していて、その上にMiraflores地区の住宅街が広がっている。
141221_56s.jpg


しばらく崖の上を歩くと、"Paeque de Amor"すなわち恋人達の公園なる広場に出た。
海を広々と見下ろすロケーションは、確かにデートスポットとして人気が出そう。
141221_57s.jpg


公園の真ん中には、男女がいちゃつく(?)像が置かれている。
そして気付くと、自分以外は皆カップル・・・。
141221_58s.jpg


どんよりと曇った太平洋を眺める。遥か遠く、地球の反対側に、日本がある。
見かねて(?)警備のおっちゃんが話しかけてきてくれたので、「俺は海の向こうから来たんだぜー!」って言ってみた。
141221_59s.jpg


Limaで今日見ておきたい場所はひと通り回ったので、最後に夕食にする。
『地球の歩き方』にも載っている、Miraflores地区の"Panchita"というちょっとお洒落なレストランへ。
141221_60s.jpg


正直、Peru料理は全然分からないので、『地球の歩き方』を参考にAnticucho(牛の心臓の串焼き)を注文した。
そもそもメニューがまともに読めないので、こういうときは無難な選択が一番。
141221_62s.jpg


Peru旅行の3日目。今日も早起きして、Toyama Pensionの人に車で送ってもらう。
ここは、Cruz del Surという高級な長距離バスの専用ターミナル。
141222_01s.jpg


Cruz del Sur社は、Peruを中心に、南米の太平洋側に多くの長距離路線を持っている。
南米のバスではだいぶ高い方だけれど、乗り心地、安全性、定時性の評判が良かったので、今回使うことにした。
141222_02s.jpg


長い乗車になるので、売店で飲み物を買っておく。
Peruのご当地コーラ(?)らしいInca Kolaを試してみた。甘みが強く、ファンタグレープみたいだった。
141222_04s.jpg


これがCruz del Surのバス。座席はフラットシートのように真っ直ぐにできるので、寝そべったまま移動できる。
次の目的地のNascaまで7時間30分の予定。
141222_06s.jpg


南米の太平洋岸を南北に縦断するPan-American Highwayを、荒野の中ひたすら南下していく。
景色を見る楽しみというのは、ないに等しい。

そして、Nascaまで3分の2くらいのIcaという街に着いたところで、退屈に耐えかねてバスを飛び出した。
やけっぱちではなく、この街のすぐ近くにHuacachinaという観光スポットがあることを知っていたので。


バスを降りると、元気なタクシーの運ちゃんに「Huacachinaか?乗れよ!」と声を掛けられて、勢いに押し切られた。
まぁ、少し安くしてくれたし、現地でツアー業者を紹介してくれてたし、なかなか気の良いおっちゃんだった。
141222_08s.jpg


Huacachinaに到着。左の建物が現地ツアーのオフィス。
砂漠の街で、Limaと違ってからっと晴れていて、とても暑い。
141222_09s.jpg


ここHuacahinaは、絵に描いたような砂漠のオアシス。
水溜りのような池を囲んで、広大な砂漠が広がっている。
141222_10s.jpg


池の周りはちょっとしたリゾート地っぽい雰囲気。
それにしても暑い。ぐるっと一回りしただけで汗かいた、
141222_13s.jpg


現地ツアーの人に勧められて、少し時間を潰した後でSunset Tourに参加した。
このサンドバギーで砂漠に繰り出していく。
141222_14s.jpg


前列の運転手の隣に座るよう言われて、景色がよく見えた。
と言っても、見渡す限り砂しかないけど。
141222_16s.jpg


サンドバギーを降りて、砂漠の真ん中で自由時間。
アメリカのChicagoから来たという一家と、しばし談笑した。「日本人にしては英語が出来るな。」と微妙に褒められた。
141222_20s.jpg


長い時間、誰も触っていなかったと思われる砂丘は、こんなにも綺麗。
砂紋も尖り具合も、なかなか鮮やかでしょう。
141222_22s.jpg



急遽決めた寄り道だったけれど、このHuacachinaのサンドバギーのツアーは当たりだった。
次回、もう少しツアーの様子を紹介する。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-01] Peru - Lima, Nasca, Cusco & Machu Picchu その2

自分がPeruに旅行しているときに気付いたことを、各記事の冒頭に少しずつ書いてみようと思う。
今後の旅行のための自分用メモではあるけれど、もし今後Peru旅行を検討している人の参考になれば、それもOK。

最初は、旅行の時期に関することから。
Peruは11月から3月くらいが雨季で、乾季より雨季の方が良い場所というのは特にないから、旅行するならば本当は乾季に当たる5月から9月のどこかが良かったのだと思う。日本で言えばGWとか夏休み。
南半球なのでその時期は冬に当たるけれど、日本の冬ほど冷えることもないようで、観光もしやすいと思われる。

今回は、他に長い休みを取れる時期がなさそうだったので、仕方なく年末の時期に旅行した。
幸い、雨で予定を狂わされることはなかったものの、欧米からの旅行者も多い繁忙期で、色々と料金が高かった。
Machu Picchuでは日本人観光客も多く見かけたけれど、出来ればこの時期はやめた方が良いと思う。



大聖堂や政庁のあるアルマス広場から、2ブロックくらい歩いたところ。
サント・ドミンゴ教会(Iglesia de Santo Domingo)という、これも500年近い歴史のある教会。
141221_23s.jpg


先程の大聖堂よりは小さめの造り。
ちょうどミサが行われているのか、参拝者が祭壇の前に集まっていた。
141221_24s.jpg


神父がマイクで何か喋っていたけれど、スペイン語なのでよく分からず・・・。
この教会が単なる観光スポットではなく、Limaの人々の日常的な宗教生活の場なのだということは分かった。
141221_25s.jpg


歴史地区を歩く。左側の立派な建物が政庁。
この辺の整った街並みの雰囲気は、自分が持っていた南米のイメージ(もっとごちゃごちゃ)と少し違ったな。
141221_26s.jpg


もう1つ、16世紀からの教会を見物する。
こちらはサン・フランシスコ教会(Iglesia de San Francisco)という。
141221_27s.jpg


この教会は、内装が明るくて派手め。
同じ時期に建てられた教会でも、先程の大聖堂やサント・ドミンゴ教会とこの教会と、個性は分かれるものなんだ。
141221_28s.jpg


Christmasも近いので、こういう飾り付けもあった。
日本と違って、真面目なChristmasなんだろうな。
141221_29s.jpg


このサン・フランシスコ教会は、有料の見学ツアーでのみ入れる場所がある。
半分は上の階で、16世紀から保存されているという書庫や絵画を見せてもらった。

もう半分は地下で、これはなかなか強烈だった。
地下は墓地(catacombe)になっていて、至るところ人骨だらけ。
他の見物客も、"Oh, my God!"みたいな反応で、だいぶ気圧されていた。
見学ツアーは撮影禁止というのも、あれを見たら頷けた。


歴史地区の代表的な教会を、3つ続けて見物した。
次は、向こうに見えるサン・クリストバルの丘(Cerro San Cristobal)に行ってみる。
141221_33s.jpg


アルマス広場で、丘に登る観光客向けのバスを見付けて、乗せてもらった。
歴史地区から川を渡ると、雰囲気ががらっと変わって、いかにも低所得者層の居住区という場所に入り込んだ。
141221_34s.jpg


丘の中腹まで広がる物騒な場所を抜けると、そこから上は観光地の雰囲気に戻った。
結構急な坂を、バスは低速ギアで(?)すごい音を立てながら登っていく。
141221_36s.jpg


丘の下から見えた大きな十字架。
ただの飾りではなく、花や線香のお供え物も多かった。
141221_37s.jpg


Limaの市街地の方を見下ろす。
川のこちら側が住宅街、川の向こうが歴史地区、さらに向こうが新市街すなわち都市部。
141221_38s.jpg


この丘は孤立しているので、周囲をぐるりと見渡せる。
市街地と反対側を眺めると、ずっと遠いところまで住宅街で、Limaの市域が広がっているのが分かった。
141221_40s.jpg


歴史地区に戻ってきてもう昼過ぎ。そろそろ次の場所に移動する。
この通りはラ・ウニオン通り(Jiron de la Union)と言って、人通りが多く店の種類も豊富な、歴史地区の目抜き通り。
141221_41s.jpg


ラ・ウニオン通りを突き抜けると、サン・マルティン広場(Plaza San Martin)に出る。
高名な将軍の像が立ち、風格のある建物に囲まれた広場だけど、雰囲気は普通の「市民の憩いの場」の公園だった。
141221_42s.jpg


歴史地区から新市街に移動するため、バスに乗る。
これはMetropolitanoという、バス専用道を使ったBRT。速くて使い勝手は良いけれど、かなり混んでた。
141221_44s.jpg


15分ほどで、新市街の中心部の1つ、San Isidro地区に着いた。
高層ビルが建ち並び、垢抜けた感じの店も多く、歴史地区とはだいぶ雰囲気が違う。
141221_46s.jpg


瀟洒な住宅街の中を歩くと、その一角にHuaca Huallamarcaという遺跡がある。
1500年以上前に設けられた、今のLimaとは全く無関係の古代文明の神殿らしい。
141221_48s.jpg


ピラミッドのような形の神殿の上まで登ることができる。
修復工事が進んでるようで、ごく最近建てられたかのように形は整っていた。
141221_50s.jpg


今も作業が進む発掘現場と、遺跡の周りに建ち並ぶモダンな高層住宅。
遺跡自体はさほど目を引くものはなかったけれど、この不思議な組み合わせが妙に印象的だった。
141221_51s.jpg



Limaの観光はもう少し続く。
写真を見ても分かるように、昼頃に少し晴れたものの、概ねどんよりと曇った天気が続いた。
天気予報を見ると、この時期はずっとこんな感じらしい。(ずっと曇りだけど、滅多に雨は降らないそうな。)
こういうのもやはり、雨季に旅行するデメリットかも知れない。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示