FC2ブログ

[Baseball - U.S.A.] New York Mets vs Miami Marlins (Sep. 12, 2018)

アメリカ出張の際にMLBを観戦した2試合目。
New Yorkで用事を済ませた夜、Citi FieldNew York Metsの試合があったので、これを観ていくことにした。
New YorkにはMetsとYankeesと2球団あるので、シーズン中、大体の日には少なくとも一方が本拠地で試合をしている感じで、こういうときに「折角訪れたのに、日程が合わず試合が観られなかった」ということがあまりない。

ただ、あまり時期が良くなかったというか、この試合、悲しいくらい消化試合だった。
National League東地区において、今季、Miami Marlinsは最下位をひた走り、Metsもそれよりはマシだがずっと借金生活で現状も4位。いずれもポストシーズン進出の望みはとっくの昔に絶たれていて、あとはシーズン終了を待つだけ。
MLBの場合、ポストシーズンを諦めたチームは、主力を放出したり(→対価として若手の有望株をもらう)、そうでなくても露骨に若手起用に切り替えたりして、あまり目の前の試合の勝利を求めなくなる。

特に応援していないチーム同士の試合で、(今は)無名の選手だらけで、試合そのものが盛り上がりにくいとなると、観戦のモチベーションはちょっと落ちる。平日の試合で、球場もあまり客が入らないだろうし。
せめて、高いレベルの野球が見られるよう、あわよくば拮抗して選手達の意地が見られるような試合になるよう。
そんな淡い期待を抱いて、雨の中を球場に向かった。



試合開始の予定時刻の1時間ほど前に、Metsの本拠地であるCiti Fieldに到着。
ここに来るのは2回目。前回は2年前のSubway Seriesだった。あの時と違って、今日は球場周辺がだいぶ静か。
180912-01s.jpg


来る直前に球団のWEBサイトで「試合開始遅延」との告知があった通り、内野にはシートが被せられており、グラウンドに選手達の姿も見えない。雨は小降りなので、その内試合が始まるとは思うけれど、いつになるのだろうか。
180912-05s.jpg


傘がいらないくらいになり、霧雨程度になっても、なかなか試合が始まる気配がない。
スタンドで寝ていたら、21時過ぎになってようやく「21時45分に試合開始」とのアナウンスがあった。
180912-07s.jpg


グラウンドの整備が急ピッチで行われる。
シートを被せておいたため、ぬかるんでいる場所はなさそうで、念のため砂を足しておくくらいのものだった。
180912-08s.jpg


選手達がウォーミングアップをしていると、急にアメリカ国歌の独唱が始まった。
2日前のMinneapolisでは、歌い手の紹介とかきちんと前振りがあったのだけど、球場ごとにやり方が違うのか。
180912-10s.jpg


そして、ブルペンからMetsの先発バッテリーが引き上げてきた。今日は3本柱の1人であるWheelerが先発する。
既に10勝している彼とSyndergaard、防御率1点台のdeGromを擁しながら、なぜMetsはこんな順位に低迷するのか。
180912-11s.jpg


本当に夜21時45分に試合開始。依然として霧雨程度の雨が降っている。
Wheelerは「早く帰りたい」と言わんばかりに、テンポ良くストライクを投げ込み、どんどんアウトを積み重ねていった。
180912-13s.jpg


Metsは生え抜きスターのWrightが故障により長期離脱中、主力外野手のCespedesも同じく怪我で今季絶望。
今日出ている中で最も人気だったのは、ベテランのReyesだった。MLBで16年目、もはや懐かしい名前にさえ思える。
180912-14s.jpg


2回裏、無死二塁から、そのReyesの適時二塁打でMetsが先制。
この回さらに集中打で3-0とし、早々にMetsが優位に立った。
180912-15s.jpg


今夜のWheelerは、投球も冴えていたが、打席での働きも見事だった。
2回裏は犠打を決めて追加点に貢献し、続く2つの打席では安打を放っていずれも本塁を踏んだ。
180912-16s.jpg


4回裏もReyesの出塁から。足を警戒されて、何球か牽制を受けた。
MLB通算で500個以上の盗塁を記録している、往年のスピードスター。今も俊足は健在の模様。
180912-19s.jpg


で、走者に気を取られていて、打者との勝負がおろそかになると、大抵、痛打をくらうもの。
一死一三塁から1番のRosarioが3点本塁打。これでMetsが6-0とリード。ほぼ試合は決まった。
180912-20s.jpg


試合が決まってしまったので、試合中の一場面を写す。
MLBの審判による見逃し三振のポーズ。日本の「敷田の卍」のような、特徴的なポーズもあるのあろうか。
180912-21s.jpg


MetsのマスコットのMr. Metsが出てきた。
相変わらず、ひと目見るだけでいらっとする顔だ。
180912-22s.jpg


Marlinsの2番手投手のMeyer。イチローの次の51番はこいつのようだ。
こいつが6回裏に7失点の大炎上。帰りがさらに遅くなるから、ちょっといらいらした。
180912-23s.jpg


7回裏を迎えて、Seventh Stretchなんだけど、全然球場に客がいない。1000人いるかどうか。
平日、雨天、試合開始が大幅遅延、消化試合、等々の要素が重なり、悲惨な客入りの試合になってしまった。
180912-29s.jpg


もう13点差が付いているのだから、守備シフトなんか敷かなくて良いだろうと思ったが、やるんだな。
このシフト、Marlinsは内野全体が一塁側に寄せるのではなく、三塁手が一塁手と二塁手の間に動くことで組んだ。
180912-30s.jpg


Mets打線が派手に打ちまくる中、Wheelerは淡々とストライクを投げ続け、それで抑え続けた。
8回を投げきってまだ89球。9回も投げて完封を目指すかと思われたが、ここで余力を残して降板となった。
180912-31s.jpg


ようやく試合が終わる間際。日付が変わって0時15分くらい。
日本で野球を観てきて、途中で日付が変わった試合は記憶にない。貴重な経験をさせてもらった。
180912-32s.jpg


色々と「やらされてる」感の強かった消化試合。先に点を取った方が大勝する、というありがちな展開だった。
この後、歩いてホテルに戻り、翌朝は5時起きで日本への帰途に就いた。
180912-33.jpg



試合自体について、あまり語るべきことはない。
Metsがよく打ちましたね、Wheelerは見事な投球でしたね、Marlinsはやる気ゼロでしたね、というくらい。
両チームを合わせて、こいつは覚えておこうと思えた選手も特にいなかったな。

この試合に関しては、大幅な開始遅延というのが最も印象に残った。
MLBは試合日程が厳しい。一般に、4月頭から9月末までで各球団162試合をこなす。
日本の野球のように、10月の前半にまとまった予備の期間があるわけではない。
だから順延というのが好ましくなく、簡単には試合が中止にならない。待って天気が回復しそうなら何時間でも待つ。
それでも中止になったら、シーズン序盤からでもばんばんダブルヘッダーを行う。実はこの日も、前々日の試合が中止になったことを受けて、昼間に試合を追加してダブルヘッダーになっていた。またしても雨で第1試合が中止になったけど。

球団数が多くて、同一の対戦カードが何回もあるわけではない(特に異なる地区同士の場合)。
それに、移動距離がやたら長くなることもある。同地区のNew YorkとMiamiでも、飛行機で片道3時間以上かかる。
だから、簡単に「また来てね」とは言えないんだな。
改めて、MLBは過酷だ。
スポンサーサイト

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

[Baseball - U.S.A.] Minnesota Twins vs New York Yankees (Sep. 10, 2018)

出張でアメリカに行き、空いた時間でMLBの試合を2つ観てきた。
MLBと言えば大谷翔平を見たかったところだけれど、行き先が東海岸の方だったので、今回はLos Angeles Angelsの試合は見送った。わざわざそのためにLos Angelesに寄ると、移動の負担がだいぶ増えてしまうから。

1つ目の試合は、乗り継ぎ地のMinneapolisで1泊して、地元Minnesota Twinsの試合を観戦。
相手はNew York Yankeesだった。当地に住んでいたときは、ちょっと応援してたな。今はそれ程でもないけど。
この試合の前の時点で、TwinsはAmerican League中地区の2位、Yankeesは同東地区の2位。
ただし、同じ2位でも、Yankeesは勝率6割を超えてWild Card争いでもトップを走るのに対し、Twinsは借金10くらいに低迷し、実質的には既に終戦。今年は東地区と西地区の上位がハイレベルで、中地区が全体的に草刈り場なんだな。

American LeagueでもNational Leagueでも、中地区というのは比較的日本人に馴染みが薄い気がする。
ChicagoDetroit以外はあまり球団のある都市の知名度が高くなく、日本人選手も有名どころはあまり所属しなかった。
Twinsで言うと、さっぱりだった西岡剛(2011-12)と日本に来る前のMichael中村(2003)の2人。
余程のMLBファンでないと、日本人は球団の存在すら知らなくても不思議ではない。



Twinsの本拠地はTarget Fieldという。Minneapolisのダウンタウンにあり、交通も便利。
Targetというのは全米展開する雑貨屋で、自分もだいぶお世話になった。「◎」の記号でターゲットと読ませる。
180910-01s.jpg


右翼席後方には、今日の中継局なのか、Fox Sportsの屋外ブースがあった。
試合前のプレビュー番組の生中継を収録しているようだった。解説者が誰かは見当も付かず。
180910-04s.jpg


一塁側の内野席へとコンコースを歩いていく。
1階席が100番台、2階席が200番台といった数字で細かくスタンドが区切られているのは、アメリカらしい設計。
180910-06s.jpg


一塁側の内野席、この辺で観戦。意外にも、そこかしこにYankeesファンがいた。
アメリカでは通常ビジターのファンはほぼないけれど、Yankeesは別格か。空港でも何人か見掛けたし。
180910-07s.jpg


こちら側ではTwinsの選手達がキャッチボールやダッシュ、柔軟体操などを行っていた。
Twinsの選手は全然知らなかったが、周りが来ているシャツから、生え抜きベテランのMauerが人気のようだった。
180910-08s.jpg


これがTwinsのマスコット。T.C. Bearというらしい。
Twinsのマスコットになる前は"Carnivore League"(肉食獣リーグ?)で三冠王を取った選手だったんだって。
180910-09s.jpg


さて、現地時間で夜7時10分、試合が始まる。
昼過ぎに日本から着いたばかりで、時差ボケがなかなかしんどい。眠くならない試合を祈る。
180910-10s.jpg


Twinsの先発投手はGibsonという生え抜き選手。今季は先発ローテの3本柱の一角を担っているようだ。
球速は90mph前後で、直球と手元で動く球でゴロを打たせる投手と見えた。ちょっと制球とテンポが悪かった。
180910-11s.jpg


今季Yankeesに加入したStantonが4番指名打者で出場。
Miami Marlins時代にも見たことがある強打者。28歳にして、もう通算300本塁打に迫っている。
180910-12s.jpg


Yankeesの先発投手は、今季途中にToronto Blue Jaysから来たJ.A. Happという投手。
Blue Jaysは負けが込んでいるので、こうやって高給の主力選手が上位チームにトレードに出される。MLBらしいな。
180910-14s.jpg


TwinsのGibsonは、制球に苦しみながら、味方の好守に助けられて無失点で回を進めていく。
Yankeesの打者達が、一塁を駆け抜けたところ又は一塁を回ったところで天を仰ぐ場面が何度もあった。
180910-15s.jpg


MLB式のグラウンド整備。9回までで2回行われた。
弧を描くように内野の一部だけ土だから、こういう整備の方法ができるんだな。
180910-16s.jpg


6回表、均衡が破れた。二死無走者からSanchezの本塁打でYankeesが1点先制。
強打の捕手として重用されているが、捕球面に課題と言われてきた。今季は打撃不振で風当たりも強い中での殊勲打。
180910-17s.jpg


既に球数は100球を超えていたが、Gibsonは続投。
しかし、次の打者に四球を与えて、ここで限界と見られて降板。118球の粘投に球場全体から拍手が送られた。
180910-18s.jpg


Yankeesの2番打者のHicksを写す。一昨年の観戦で凄い強肩に驚かされた選手だ。
あの頃は打撃がさっぱりだったが、今季はここまで20本以上の本塁打を放ちYankeesの中軸を打っている。
180910-19s.jpg


7回表、Yankees打線が火を噴く。2番手以降の投手がだいぶ落ちたTwinsに対し、打者12人の猛攻。
写真はHicksの打席で一塁走者のMcCutchenがスタートを切ったところ。
180910-20s.jpg


Hicksも四球で歩いて、次の3番Andujarの二塁打でMcCutchenと共に生還。
この後も四球を挟んで4連打であっという間に点差を広げた。Yankees打線にも繋がりというのがあるんだな。
180910-21s.jpg


7回表を終えてYankeesが7-0とリード。
時刻も22時近く、Seventh Stretchの頃には続々とTwinsのファンが帰り始めた。
180910-23s.jpg


この後は特に見所なし。Twinsが8回裏に2点を返したが、焼け石に水。
時差ボケで寝そうになったところ、ちょっと印象に残った場面。ファウルボールを顔(マスク)に受けた球審の治療。
180910-25s.jpg


試合は7-2でYankeesの勝利。もう23時近く。MLBは夜遅いなと感じたが、2日後にもっと大変な目に遭う。
最後はスコアボードを写しておきたかったが、負け試合だからか、試合終了とほぼ同時に消してしまいやがった。
180910-26s.jpg



久しぶりのMLB観戦、なかなか楽しかった。
内野で観戦すると、投手の球の速さ、大きな打球音、内野手の送球の鋭さなど、MLBらしさを味わうことができる。
特に今日は両チームに好守が相次ぎ、「おぉー!」と拍手を送ることが多かった。

今日の試合は、プレーオフに向けて戦いが続くYankeesと、既にシーズンが実質的に終了しているTwinsとの対戦。
この時期は、チームとしての目標のあるなしが戦意に露骨に直結し、試合内容に大きく影響する。
こういう対戦構図になると、どうしても目標のあるチームの方が強くなる。Yankeesの勝利は順当だった。

ただし、試合の前半は、戦意の高いYankees打線に対し、Twinsの主戦投手であるGibsonが果敢に挑んでいった。
打たせて取るタイプの投手ながら制球に苦しみ、いつ点を取られてもおかしくはなかった。
それでも味方の攻守に助けられ、いわゆる要所を締める投球で、立派に先発投手の役割を果たした。
個人的に、今日の試合のMVPは彼にあげたい。

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 東京ヤクルトスワローズ(H) (Sep. 8, 2018)

意外にも、まだしぶとく、ベイスターズの実質的なシーズンが続いている。
YOKOHAMA STAR NIGHTで3連敗を喫してから、ベイスターズはなかなか流れを変えることができず、ずるずると借金を増やし、一時は中日に抜かれて最下位にまで沈んだ。9月に入ってからは、借金10以上で推移している。
普通なら、怪我持ちの選手は休ませ、若手の起用を増やして、来季に備えた戦いに切り替えているところ。

しかしながら、この時期になってもなお、2位以下の他のチームが揃って決め手を欠いている。
2位の東京ヤクルトでさえ、5割前後を行ったり来たり。3位の巨人も借金5くらいで安定している。
巨人の下には、僅差で4位阪神、5位ベイスターズ、6位中日が続いている。
そんな状況なので、一方で最下位の危機に直面しながら、他方では3位との差がなかなか開かないでいる。

クライマックス・シリーズのために、こうして消化試合が減るのは、悪いことではない。
9月に入って最下位のチームでさえ、まだ希望を残しているというのは、リーグを大いに活性化している。
それでも、この時期に借金5~15くらいのチームが、まだポストシーズンへの希望を残している現状は、決して健全なものではないと思う。これでは、レギュラーシーズンの価値が不当に貶められる。
個人的には、3位でポストシーズンに進めること自体が疑問だが、百歩譲っても、3位なら何でもOKというのは不合理。
少なくとも、勝率5割未満は切り捨てるべきだろう。そういう改革を望む。



9月に入ったけど、まだまだ関東は暑い。
今年最後になると思われるハマスタでの観戦、試合開始の1時間前くらいに到着。
180908-01s.jpg


次に来るときには、さらに工事が進んでいると思われるので、現時点での姿を写真に残しておく。
最も工事が進んでいる右翼席後方の増設スタンド。来季開幕に間に合いそうだけど、先行して供用開始するのかな。
180908-03s.jpg


バックネット裏は、まだ出来上がりの姿が見えないけれど、それなりに建設が進んでいる。
シーズン中はどうしても人の出入りが多いから、オフシーズンになってから一気に進めるのだろうか。
180908-05s.jpg


今日の席は一塁側の内野指定席A。
この景色、次に来るときには、少し変わっているのだろうか。
180908-06s.jpg


早速、試合の様子を紹介する。
ベイスターズの先発投手は、毎週土曜の濱口ではなく、中5日で今永。初回は素晴らしい立ち上がりだった。
180908-08s.jpg


1回裏、早速ベイスターズ打線に長打が出る。
立ち上がり制球の定まらないCarasitiを攻めて、Lopezの3点本塁打で先制。
180908-11s.jpg


ただ、今永も相変わらずぴりっとしない。
2回表、雄平に本塁打を浴びて、早速1点を返される。
180908-13s.jpg


守備が始まる前の送球練習から、二塁手の石川を。
彼が9番(時に2番)に入ることで、打線に少し繋がりが出る。ベテランとして良い味を出すようになってきた。
180908-15s.jpg


タオルには"VICTORY is within US"のスローガン。
良くも悪くもその通りというか、今季は何度も、自分から勝ち試合の流れを手放して敗れてきた。
180908-16s.jpg


5回表、東京ヤクルトの攻撃が下位打線に回るところで、食べ物の調達とトイレの休憩を入れる。
ヴィクトリー・コートでは、今季の選手プロデュース弁当が再販売されていた。その中から「地元チキン南蛮丼」。
180908-18s.jpg


休憩している間に、今永が下位打線に捕まって、同点に追い付かれて降板。
ヴィクトリー・コートで注文待ちしている間も、モニターで試合を見ていたのだけど、だいぶ球が甘くなっていた。
180908-20s.jpg


一死一二塁で山田とBalentienを迎えるところで、藤岡に継投。
ここは藤岡が好投を見せて、どうにか同点でとどめてくれた。
180908-21s.jpg


すると、5回裏、再びベイスターズに長打が飛び出す。
最近は5番で出てるSotoが3点本塁打を放ち、6-3と再び3点リード。これはベイスターズの勝ちパターン。
180908-23s.jpg


が、そのまた直後の6回表、また守りがぐだぐだになる。
投げる球はやたら速いEscobarだが、制球が定まらず走者を溜めてしまう。先輩Lopezが間を取ってくれたが。
180908-25s.jpg


今度は三上が登板。6回から早くもマシンガン継投。
走者を追加した上で、満塁から坂口に二者を返す適時打を浴びてしまった。これで6-5に。
180908-26s.jpg


7回裏だったかな。二死満塁の追加点の好機は、柴田のライナーを大引きに好捕された。
これは二塁に進んだ筒香が、塁上で何か山田と会話してた場面。「お互い守備が長いなー。」とか言ってたのかな。
180908-30s.jpg


7回表から三嶋が登板。7回表は中軸を3人で抑えたが、8回表は下位打線と代打攻勢に捕まってしまう。
8回Patton → 9回山崎康晃と想定していたのだが、どうしたのか。三嶋への信頼が厚くなっているのか。
180908-31s.jpg


そして9回表、よく分からないがPattonが結局登板し、そして打たれた。
二死無走者から、一発だけ警戒すべき雄平を相手に、わざわざ本塁打を浴びる。これは流石に腹が立った。
180908-33s.jpg


9回裏、二死から筒香とSotoが出塁して好機を作ったが、ここでも6番柴田が打ち取られて試合終了。
今季のベイスターズの泣き所、6番打者が物足りないのが、試合の大事な場面で2回も悪い結果に。
180908-34s.jpg


3点本塁打を2本打ちながら、余計な失点を少しずつ重ねて逆転負け。
自分達の勝ちパターンに持ち込みながら、勝ち切れず試合を落としてしまった。これじゃ厳しい。
180908-36s.jpg



今季のベイスターズらしい試合だった。色々と象徴的な。
まず、先発投手が試合を作れない。立ち上がりは実は悪くないけれど、2巡目くらいでもう捕まる。
昨年活躍したWieland、今永、濱口、あと石田が揃って同じように駄目になっている。働いてるのは新人の東だけ。
球速は出ているので、素人目にはコンディションに問題はなさそうなのに、何が問題で今季は結果が出ないのか。

かくして、先発投手が良くても6回を投げ切れず、救援投手陣への負担は非常に大きくなる。
主だったところは、球は走っているから壊れてはいないのだろうけど、全身の踏ん張りが利かなくなっているのか、制球を乱して走者を溜めたり、調子が良くても突如真ん中に失投して長打を浴びたり。
今季はこんなもので済んだけれど、来季あたり、本格的にやばくなる選手も出てこないだろうか。心配になる。

攻撃面では、長打でしか点を取れなくなっている。
言い換えれば、長打が出れば点を取って勝てるし、長打が出なければ点が取れずに負ける。
連打で打線が繋がるとか、四死球に進塁打を絡めて渋く点を取るといったことがない。
そういう点の取り方しかできない以上、6番7番に非力で打率も低い選手が並ぶのは厳しい。

この調子で、3位に浮上してクライマックス・シリーズに、というのは絶望的。
今季はもうレギュラーシーズンの観戦予定がないので、多分今日が最後の観戦になる。
(奇跡的にポストシーズンに進んだら、それはそれで観戦に行きたいとは思っているが・・・。)
選手の再生と編成の見直し。強化の両輪を突き詰めて、来季また新たな戦いを楽しめるよう、祈っている。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示