[Baystars] vs 福岡ソフトバンクホークス(H) (Nov 1, 2017)

日本シリーズの観戦2試合目。
本拠地ハマスタでの第4戦を選んでチケットを手に入れた。
クライマックス・シリーズの途中で先行抽選販売に申し込んで、日本シリーズ進出を決めた直後に当選通知が来た。
第4戦を選んだ理由は、どんな展開でも4試合目までは確実に行われること、サッカーの習慣に合わせて平日の観戦なら水曜にしたいこと、それから、一緒に観戦する友人の都合はこの日が最も良かったこと。
ホームとビジターとで1試合ずつ観ることができて、現地観戦好きとしては満足な日本シリーズになった。

ベイスターズは、第1戦で大敗した後も、第2戦と第3戦を接戦で落として3連敗。早くも剣が峰に立たされた。
第1戦は、大舞台と敵地の雰囲気に飲まれた感じで、ある程度は仕方がなかった。
第2戦と第3戦は、純粋に力負けだった。いずれも1点差ながら、試合のペースは終始福岡ソフトバンクだった。
ベイスターズが勝つには、ある程度得点を取らなければ難しくなるが、福岡ソフトバンクのほとんどの投手は球威があって余計な四死球を出さず、守備も(Despaigne以外は)とても堅い。そして、MoineloとSarfateは、ありゃ打てない。
先手を取って攻め立てるベイスターズの野球を取り戻せるか、一矢報いることができるか。
今季最後の試合になるかも知れない第4戦に臨んだ。



試合開始の45分前くらいに、横浜スタジアムに到着。
2週連続で平日の夕方に抜け出すのは、なかなか厳しい。今日は特別な試合なので、そこをどうにか。
171101-01s.jpg


今日は三塁側の「DB応援FA指定席」から観戦。
本当はSS指定席が良かったのだけれど、第1希望で登録したが外れ、第2希望のこの席が当たった。
171101-03s.jpg


外野でキャッチボールを行う筒香。奥は乙坂。
安打は出てるのだけれど、まだ長打がない。このチームは、筒香が長打を打てば波に乗れる。今日こそ一本。
171101-04s.jpg


普段の試合よりもやや遅く、18時30分に試合開始。
福岡ソフトバンクは今日も1番に柳田を起用し、いきなり難敵を迎えることになる。
171101-08s.jpg


ベイスターズの先発投手は、この剣が峰の局面で新人の濱口を起用。
重圧で硬くなっても不思議でないこの試合で、しかし濱口は快刀乱麻の好投を見せる。
171101-09s.jpg


柳田は抑えたが二死からDespaigneを歩かせ、暴投で二塁に進め、打席に4番内川というピンチ。
しかしここは、高めに浮いた変化球を内川が打ち損じ、どうにか無失点で初回を切り抜けることができた。
171101-10s.jpg


1回裏、ここまで日本シリーズ無安打の1番桑原が、ようやく初安打。
当たりは昨日の6回裏の右直の方が良かったが、今日は右翼手の中村が割とあっさり諦めてくれた。
171101-11s.jpg


3回表、先頭の高谷に死球、犠打と進塁打で二死三塁のピンチ。
しかし濱口は怯まず、今宮を力で捻じ伏せた。今宮も日本シリーズはまだ1安打。このまま寝ていてほしい。
171101-12s.jpg


日本シリーズということもあってか、普段の主催試合よりは少々イニング間の演出が控えめだった。
まぁ、他の球場と比べて、普段が賑やかすぎるので、このくらいで丁度良いのかも知れないが。
171101-14s.jpg


5回表、やや不運な振り逃げで先頭の松田を出塁させた。無死一塁から牽制球を投じた場面。
濱口は次の川島を落ち着いた守備で併殺に打ち取り、この回も無失点で終えた。5回を終えて未だ無安打投球。
171101-15s.jpg


5回裏、ようやく均衡を破る。先頭の宮崎が本塁打。待望の先制点を挙げた。
打球が上がった瞬間からの、ハマスタの雰囲気は、最高だった。やっとそういう展開になった。
171101-16s.jpg


なおも梶谷と高城の連打で無死一二塁とし、打席に8番の濱口。
三塁は封殺がある難しい場面だけれど、三塁線に転がす犠打を1球で決めた。これが攻撃の流れを繋いだ。
171101-17s.jpg


一死二三塁から、9番倉本の右翼手への犠飛で1点を追加。2-0とした。
この日本シリーズ、しょうもない失策もあったが、倉本の打撃は好調が続いている。
171101-18s.jpg


7回表、福岡ソフトバンクのラッキーセブン。黄色のジェット風船が踊る。
ハマスタではビジター応援席はあんなもん。三塁側内野席の福岡ソフトバンクのファンは、流石に少なかった。
171101-21s.jpg


濱口は8回一死まで無安打投球を続けたが、代打鶴岡に二塁打を打たれて大記録への望みは絶たれた。
しかし、ここで投手コーチが間を取って激励し、続く代打長谷川を打ち取った。チームを救う、堂々たる好投だった。
171101-24s.jpg


二死一三塁となり、2番の今宮から右打者が続くところで、Pattonに継投。
3点差あるので強気で攻めていき、見事に三振に打ち取った。ポストシーズンのPattonの投球は素晴らしい。
171101-25s.jpg


8回裏に攝津を攻めて3点を追加し、試合を決定付けた。
6点差となったが、勝利への形を重視し、山崎康晃が9回表に登板。日本シリーズのハマスタで康晃ジャンプ。
171101-29s.jpg


内川にポール際の際どいファウルを打たれたが、難なく三者凡退に抑えた。
最後の打者は5番の中村。第2戦で曰く付きの逆転打があったが、それ以外はずっと沈黙。お前もこのまま寝てろ。
171101-31s.jpg


引きで撮ったら、少しスコアボードが小さくなってしまったけれど、6-0の快勝だった。
大袈裟な表現だけれど、19年ぶりの日本シリーズでようやく勝てた。明日も勝って、試合を福岡に送り返したい。
171101-33s.jpg


勝利試合の後で行われる、勝利の花火。Victory Celebrationといったっけ。
福岡と横浜とで、両方見ることができた。ホームチームが勝って盛り上がるのは宜しいこと。
171101-34s.jpg



剣が峰で踏みとどまった。ようやく、ベイスターズらしい試合ができた。
今日は濱口に尽きる。この土壇場で、新人が、いつも通りどころか今季一番の投球を見せてくれた。
横から見ていたので、技術的なことはよく分からなかったけれど、どの球種でも腕が振れていて、ストライクが取れていた。だから相手打者との勝負に集中できて、自分のペースに相手を巻き込むことができたのだと思う。
流れとしては、初回に先頭打者の柳田を抑えたこと、その後のピンチで内川を抑えて無失点で凌いだこと。
これで「よし、今日はいける」と、チームだけでなく球場の雰囲気を解き放った。

4連敗は免れた。もう1勝して、場所を福岡に戻したい。(※翌日も勝利して、福岡での第6戦へ。)
我々はセリーグ3位のチームであり、クライマックス・シリーズの最初からずっと挑戦者。
一度勝負の流れを得れば、福岡ソフトバンクが相手と言えど、勝機はある。
究極の下剋上、やってしまおう。

さて、これで今季の自分の観戦予定は終了。
第7戦のチケットを買っておいても良かったかな、と少しだけ後悔しているけれど、あとはテレビで応援。
ベイスターズが日本シリーズなんて、11月にハマスタで野球が観られるなんて、夢みたいだけれど夢じゃない。
この時期まで野球を楽しませてくれたチームに、心からの感謝を。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 福岡ソフトバンクホークス(V) (Oct 28, 2017)

なんとベイスターズが日本シリーズに出場することになった。
巨人との3位争い、阪神・広島とのクライマックス・シリーズを勝ち抜き、3位からの「下剋上」で最後の舞台に進出。
短期決戦の勝負強さに酔いしれ、快挙に大喜びする一方、3位なのに本当にいいのかと戸惑う部分もある。

低迷していたチームが、強くなるためにクライマックス・シリーズ進出を目標に掲げ、昨年は初めてそれを達成すると、今度はクライマックス・シリーズを勝ち抜くことがチームの目標に変わった。(本当は、リーグ優勝して出たかったが。)
なので、日本シリーズは、目指していた舞台というより、目標を達成した結果辿り着いてしまった舞台といったところ。
でも出場する以上は、どういう野球をするにせよ、本気で強敵にぶつかってみよう。
正直、勝てる相手とは思えないけれど、負けたとしても、悔しさなり無力感なりがチームをもっと強くする。

で、折角の晴れの舞台なので、日本シリーズの試合を観たいと思った。
ハマスタでの試合は、先行抽選販売に申し込んでチケットを当てた。クライマックス・シリーズを突破した夜のこと。
その後の一般販売の際に、もう1試合観たいと思い、折角なら敵地での試合もと思い、どうにか購入に成功した。
日帰りできないので宿も必要だったが、これはクライマックス・シリーズ中にこっそり予約しておいた。
行かないことになったら、2日前(チケット一般販売の日)までは無料でキャンセルできるので。



ヤフオクドームこと「福岡ヤフオク!ドーム」に到着。試合開始の1時間前くらい。
まだ大学生の頃に、青春18きっぷで九州を放浪したときに立ち寄ったことがあり、それ以来の訪問になった。
171028-01s.jpg


三塁側のS指定席から観戦。ベイスターズファンもところどころいた。
外は雨が降り続くも、ドーム球場ならば影響がないので助かる。
171028-03s.jpg


チケットについて余談を少々。
一般販売は日本シリーズ初戦の2日前である10月26日だった。
午前10時に購入に着手するも、なかなか回線が繋がらず、15分くらい粘ってどうにかこの第1戦のチケットを得た。

他の試合はどうかな、と見てみると、ハマスタ開催の第3戦から第5戦は既に完売。
他方で、ヤフオクドーム開催の試合は、三塁側を中心に、4試合ともまだチケットが余っていた。
(第7戦に至っては、午後に見たときもまだ残っていた。)

昨年の東京ドームでのクライマックス・シリーズの試合と同様、初めてだかとても久しぶりだかの出場に燃えるベイスターズファンと、何度も出場していてマンネリ化している相手ファンとの温度差の違いが、如実に現れた格好になった。
そして、相手ファンの、「第7戦までもつれるわけねーだろ(笑)」という声が、聞こえてくるようだった。


ベイスターズのシートノックが行われていた。
クライマックス・シリーズを勝ち抜いてきたこの横浜ブルーが、とても誇らしく見える。
171028-07s.jpg


遠路遥々、横浜からDBスターマンも福岡まで帯同して来ていた。
日本シリーズとか、ヤフオクドームとか、ちょっとびびっていたけれど、こいつを見て少し和んだ。
171028-08s.jpg


日本シリーズ初戦なので、試合前のセレモニーがある。(2戦目以降もやるのかな?)
うーん、あっちのユニフォーム、何だかすげー強そうだぞ。
171028-11s.jpg


試合開始の直前に、メンバー表交換の「儀式」を行う両チーム監督。
福岡ソフトバンクの工藤監督は、選手として2007年から2009年までベイスターズに在籍していた。
171028-12s.jpg


1回表、2番柴田に続いて4番筒香も四球で出塁する。
立ち上がり不安定な千賀を、しかし攻めきれず、日本シリーズの流れを手繰り寄せる大きな好機を逃した。
171028-16s.jpg


1回裏、ベイスターズの先発投手の井納は、先頭打者の柳田に安打され、無死の走者を出す。
って言うか、今季怪我するまで三冠王の勢いだった柳田が、なんで1番なんか打ってるんだよ。
171028-17s.jpg


犠打で得点圏に進められ、3番のDespaigneの適時打であっさり先制される。
初回からいきなり、福岡ソフトバンクはやっぱ強いなと、思い知らされる展開になった。
171028-18s.jpg


これは3回裏、内川の打席。色々あったけれど、彼も元ベイスターズなんだよね。
彼と一緒にプレーした選手は、今のベイスターズ(日本シリーズのベンチ入り)には誰もいないのだけれど。
171028-19s.jpg


5回表、相手失策で出塁した乙坂が、続く倉本の右前安打で一気に三塁を陥れる。
タイミング的には危なかったが、送球が少し浮いたところを、上手く回り込むスライディングでタッチを避けた。
171028-23s.jpg


続く桑原の併殺崩れの間に1点を返して、1-3とした。
さらに二死からLopezが強い打球を飛ばしたが、中堅手の柳田が追い付いて捕球した。
抜けていたら、ベイスターズの流れになっていたかも知れない。残念だ。


5回裏、試合が大きく動く。井納が制球を乱し、1点追加されてなお無死満塁というところで、田中健二朗に継投。
しかし田中がさらに誤算で、2つの押し出し四球など大崩れで6点を献上してしまった。
171028-25s.jpg


試合の途中で気付いたのだけれど、内野席に小さなステージがあって、時々チアガールが出てくる。
何でか分からないけれど、スタンドの中に入ってくると、急に安っぽく思えてしまう。自分だけか?
171028-28s.jpg


7回表、ベイスターズのラッキーセブンに、ハマスタで使う青のジェット風船が飛ばされる。
外野席のビジター応援席にあれだけ、内野席にもちらほら。往路の新幹線でも、何人も同志を見かけたよ。
171028-30s.jpg


7回裏、今度は福岡ソフトバンクのラッキーセブン。
先程のビジター応援席以外が、黄色のジェット風船で一色に染まり、甲子園のような迫力だった。
171028-32s.jpg


8回表、先頭の柴田の打席で、近くにファールが飛んできた。
落下点の男性が弾いたボールが、たまたま自分の席に転がってきた。思いがけぬお土産を得た。
171028-34s.jpg


1-10のまま試合は進み、9回表も二死無走者。
試合が終わろうかというそのとき、福岡ソフトバンクは元ベイスターズの寺原に継投。うーん、遊ばれてるな。
171028-37s.jpg


若手のホープである細川が代打で安打を放ち、倉本も続いたが、桑原が倒れて試合終了。
これは、試合が終わる直前の様子。福岡ソフトバンクが勝ったときに飛ばす、白いジェット風船がスタンバイ。
171028-38s.jpg


勝利監督インタビューに続いて、ヒーローインタビューは先発投手の千賀。
奪三振が少なく、本調子には見えなかったけれど、要所で投げる150km/h超の速球に手が出なかった。
171028-41s.jpg


セレモニーの最後は勝利の花火。ハマスタに似てるな。
天気が良ければ、ドームの屋根を空けるらしい。きちんと機能する開閉式ドームって、日本ではここくらいか。
171028-42s.jpg



途中まではじわじわと実力で押され、5回裏に破綻して試合が終わってしまった。
5回裏まででも、千賀になかなか手が出ず攻撃が短いベイスターズと、毎回のように塁上をにぎわす福岡ソフトバンクとでは、野球の質というか強さが全く異なる印象を受けた。何となく分かっていた現実を、くっきり見せ付けられた。
交流戦ですらなかなか歯が立たなかったのに、今日はあのとき以上の強さを感じた。
いわゆる常勝軍団の、大舞台での本気というのを見せてもらった。

対するベイスターズは、実力差もさることながら、雰囲気に飲み込まれてしまった。
敵地の雰囲気もさることながら、日本シリーズという大舞台の雰囲気に。
大一番に強い印象の井納ですら、ボールのコントロールがままならず自滅してしまった。
単に制球が悪いというのでなく、投げているボールそのものがおかしかった。(だいぶシュート回転していたらしい。)
野手も、全くバットが振れていなかった。体が縮こまっていたかのよう。
直前までクライマックス・シリーズの激闘を繰り広げて、試合勘は十分だったはず。
ほとんどの選手にとって初めての舞台は、簡単なものではなかったか。

悔しいけれど、これが舞台慣れも含めた実力の違い。
そもそもこちらは、セリーグの3位のチームに過ぎない。そうそう勝てるものではない。
ただし他方で失うものは何もなく、この大舞台と強敵から、得るものは沢山あるはず。
苦しい試合が続くならば、思いっきり苦しめば良い。それを糧にして、また前に進めば良い。
でも、やられっ放しで終わるのも面白くない。
第3戦からハマスタに戻ったら、本拠地で一矢報いたいではないか。
二矢でも三矢でも良い。ここまで勝ち上がってきた横浜の意地を見せてほしい。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 東京ヤクルトスワローズ(H) (Sep 18, 2017)

レギュラーシーズンも大詰めの、ベイスターズの試合を観にハマスタへ。
巨人との3位争いは少しずつ劣勢になり、先週ついに逆転を許し4位に転落してしまった。
ゲーム差こそ小さいものの、残り試合は巨人の方が1つ多くて直接対決はなく、自力での3位浮上はなくなった。
残り試合の内訳も、巨人の方が、与しやすい相手との試合が多い。
ベイスターズとしては、残り試合を1つでも多く勝って、巨人にプレッシャーを掛けるしかない。

状況は苦しいものの、そう悲観するものでもない。
この試合が始まる前の時点で、貯金が2つある。今季最多は6つだったかな。
3位だった昨季でも、最後まで5割には届かず、借金2だった。チームは進歩している。
そして、優勝争いよりは一段階レベルが低いものの、2年連続でこの時期に真剣勝負の日々を送れること。
ファンとして、この密度の濃い日々を、最後まで楽しみ、見届けたい。



今季4回目のハマスタ。東京ドームのビジター応援デーと合わせて、来場ポイントが5個になった。
来季は、シルバーステージのファンクラブ会員になれるので、チケットが少し取りやすくなりそう。
170918-01s.jpg


一塁側のSS指定席から観戦。
17時の試合開始を待つ間、西日を受けて眩しく、そして暑かった。
170918-02s.jpg


じゃれ合うマスコット達。
ただ手を振っているだけでなく、よく見てると寸劇のような掛け合いも多い。Jクラブも見習うべき。
170918-03s.jpg


体調不良でスタメン落ちの宮崎に代わり、今日は石川が久しぶりにスタメン出場。
二塁手の定位置争いでは柴田に劣勢なので、こういう機会に存在感を出したいところ。
170918-04s.jpg


ベイスターズの先発はWieland、中5日での登板。
現状、彼が最も安定しているので、残り試合は間隔を詰めてでも優先的に投げさせたい。
170918-08s.jpg


2回裏、一死三塁の好機に、打席には7番の石川。
きっちり犠飛を放ち、ベイスターズが先制。良い仕事でした。
170918-10s.jpg


二死無走者になったところで、抜け出して食料を調達する。
まだ食べたことがなかった「青星寮カレー」の「選手盛り」。至って普通のカレー。そこに意味があるらしい。
170918-11s.jpg


カレーを食べている間に、3回表、Balentienに2点本塁打を場外に運ばれた。
打たれた瞬間、全ベイが「あぁー・・・」と溜息をつくような、凄い打球だった。
170918-12s.jpg


4回裏に先頭のLopezの本塁打で追い付き、その後二死一塁で打者Wielandは、悠然と四球を選んだ。
打率はなかなか上がらないものの、警戒されるようになってきた。打席には風格すら感じる。
170918-16s.jpg


4回と5回の間のインターバル、タオルを広げて応援する時間。
そして、ちょっと滑り気味な"Our Time is Now"の新スローガン。最後には報われるだろうか。
170918-17s.jpg


5回、6回と同点のまま試合は進む。そして7回裏、ラッキーセブンを迎える。
ジェット風船は好きだけれど、友人と一緒のときだけ。1人で4つは持て余すし、持って帰ればなくす。
170918-21s.jpg


先頭の代打乙坂が、追い込まれてから粘って四球を選ぶ。
先週の広島での試合では、無死満塁で登場したが何も出来ず。今日は良い仕事をしてくれた。
170918-22s.jpg


無死一塁で打者は倉本。送りバントを2球失敗した後で、打って左中間を抜く勝ち越し二塁打。
褒められたものではないが、結果オーライ。ミスしないことも大事だが、ミスを取り戻せることも大事。
170918-23s.jpg


1点を勝ち越した8回表は、Pattonが登板。
現状では数少ない信頼できる救援投手が、相手の上位打線を危なげなく三者凡退に切った。
170918-24s.jpg


勝利に向けての良い流れが、追加点を呼んだ。
8回裏、二死無走者から、今日スタメンマスクの嶺井の本塁打で2点差に。球団通算7500号らしい。
170918-26s.jpg


そして9回表、ヤスアキ・ジャンプに見送られて、守護神の山崎康晃がマウンドへ。
前回は同じくWielandが先発した試合で、同じく4-2から追い付かれてしまった。今日は頼むぜ。
170918-27s.jpg


今日は実に力強く、危なげない投球。
最後の打者の西浦を空振り三振に切って取り、試合終了。今季25セーブ目。
170918-29s.jpg


照明を落とし、お立ち台が照らされ、ヒーローインタビューの準備が整った。
今季、ハマスタでの観戦では、遅ればせながらこれが初勝利。こんな感じだったっけと思い出した。
170918-32s.jpg


ヒーローインタビューは、決勝打点の倉本と、スタメンマスクで貴重な追加点も挙げた嶺井。
嶺井の枯れた声が聞き取りにくく、場内の笑いを誘っていた。試合中、ずっと声出していたのかな。
170918-34s.jpg


昼の試合で巨人が中日相手に取りこぼし、これでゲーム差なしの同率3位に浮上。
と言っても、自力では3位を確保できない状況は同じ。次の試合以降も、勝ち続けるしかない。
170918-35s.jpg



接戦をものにすることができた。見応えのある試合だった。
東京ヤクルトのBuchananの荒れ球に手こずり、なかなか点を取れなかった。
9月に入って、打者は全体的に調子を落としており、得点力の低下は深刻。
特に、筒香が当たり前のように三振を繰り返すのは、ちょっと見ていて辛い。(ある程度は打ってくれるのだけど。)

それでも、目標があるチームと最下位が確定したチームとの、戦力以上の差が、終盤に出た。
これはシーズンの終盤にはよくあること。今までは逆の立場が多かったから、よく分かる。
プレッシャーに負けず、攻守に落ち着いて臨めば、目標のあるチームに勝利は自ずと訪れるもの。
数字で多少見劣りしても、大事なこの終盤戦に良い働きができる選手こそ、チームとしては重宝するべき。
残り試合、総力戦で臨む10試合。調子の良い選手を積極的に起用して、勝ちに行ってほしい。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示