[Baystars] vs 東京ヤクルトスワローズ(H) (Sep 18, 2017)

レギュラーシーズンも大詰めの、ベイスターズの試合を観にハマスタへ。
巨人との3位争いは少しずつ劣勢になり、先週ついに逆転を許し4位に転落してしまった。
ゲーム差こそ小さいものの、残り試合は巨人の方が1つ多くて直接対決はなく、自力での3位浮上はなくなった。
残り試合の内訳も、巨人の方が、与しやすい相手との試合が多い。
ベイスターズとしては、残り試合を1つでも多く勝って、巨人にプレッシャーを掛けるしかない。

状況は苦しいものの、そう悲観するものでもない。
この試合が始まる前の時点で、貯金が2つある。今季最多は6つだったかな。
3位だった昨季でも、最後まで5割には届かず、借金2だった。チームは進歩している。
そして、優勝争いよりは一段階レベルが低いものの、2年連続でこの時期に真剣勝負の日々を送れること。
ファンとして、この密度の濃い日々を、最後まで楽しみ、見届けたい。



今季4回目のハマスタ。東京ドームのビジター応援デーと合わせて、来場ポイントが5個になった。
来季は、シルバーステージのファンクラブ会員になれるので、チケットが少し取りやすくなりそう。
170918-01s.jpg


一塁側のSS指定席から観戦。
17時の試合開始を待つ間、西日を受けて眩しく、そして暑かった。
170918-02s.jpg


じゃれ合うマスコット達。
ただ手を振っているだけでなく、よく見てると寸劇のような掛け合いも多い。Jクラブも見習うべき。
170918-03s.jpg


体調不良でスタメン落ちの宮崎に代わり、今日は石川が久しぶりにスタメン出場。
二塁手の定位置争いでは柴田に劣勢なので、こういう機会に存在感を出したいところ。
170918-04s.jpg


ベイスターズの先発はWieland、中5日での登板。
現状、彼が最も安定しているので、残り試合は間隔を詰めてでも優先的に投げさせたい。
170918-08s.jpg


2回裏、一死三塁の好機に、打席には7番の石川。
きっちり犠飛を放ち、ベイスターズが先制。良い仕事でした。
170918-10s.jpg


二死無走者になったところで、抜け出して食料を調達する。
まだ食べたことがなかった「青星寮カレー」の「選手盛り」。至って普通のカレー。そこに意味があるらしい。
170918-11s.jpg


カレーを食べている間に、3回表、Balentienに2点本塁打を場外に運ばれた。
打たれた瞬間、全ベイが「あぁー・・・」と溜息をつくような、凄い打球だった。
170918-12s.jpg


4回裏に先頭のLopezの本塁打で追い付き、その後二死一塁で打者Wielandは、悠然と四球を選んだ。
打率はなかなか上がらないものの、警戒されるようになってきた。打席には風格すら感じる。
170918-16s.jpg


4回と5回の間のインターバル、タオルを広げて応援する時間。
そして、ちょっと滑り気味な"Our Time is Now"の新スローガン。最後には報われるだろうか。
170918-17s.jpg


5回、6回と同点のまま試合は進む。そして7回裏、ラッキーセブンを迎える。
ジェット風船は好きだけれど、友人と一緒のときだけ。1人で4つは持て余すし、持って帰ればなくす。
170918-21s.jpg


先頭の代打乙坂が、追い込まれてから粘って四球を選ぶ。
先週の広島での試合では、無死満塁で登場したが何も出来ず。今日は良い仕事をしてくれた。
170918-22s.jpg


無死一塁で打者は倉本。送りバントを2球失敗した後で、打って左中間を抜く勝ち越し二塁打。
褒められたものではないが、結果オーライ。ミスしないことも大事だが、ミスを取り戻せることも大事。
170918-23s.jpg


1点を勝ち越した8回表は、Pattonが登板。
現状では数少ない信頼できる救援投手が、相手の上位打線を危なげなく三者凡退に切った。
170918-24s.jpg


勝利に向けての良い流れが、追加点を呼んだ。
8回裏、二死無走者から、今日スタメンマスクの嶺井の本塁打で2点差に。球団通算7500号らしい。
170918-26s.jpg


そして9回表、ヤスアキ・ジャンプに見送られて、守護神の山崎康晃がマウンドへ。
前回は同じくWielandが先発した試合で、同じく4-2から追い付かれてしまった。今日は頼むぜ。
170918-27s.jpg


今日は実に力強く、危なげない投球。
最後の打者の西浦を空振り三振に切って取り、試合終了。今季25セーブ目。
170918-29s.jpg


照明を落とし、お立ち台が照らされ、ヒーローインタビューの準備が整った。
今季、ハマスタでの観戦では、遅ればせながらこれが初勝利。こんな感じだったっけと思い出した。
170918-32s.jpg


ヒーローインタビューは、決勝打点の倉本と、スタメンマスクで貴重な追加点も挙げた嶺井。
嶺井の枯れた声が聞き取りにくく、場内の笑いを誘っていた。試合中、ずっと声出していたのかな。
170918-34s.jpg


昼の試合で巨人が中日相手に取りこぼし、これでゲーム差なしの同率3位に浮上。
と言っても、自力では3位を確保できない状況は同じ。次の試合以降も、勝ち続けるしかない。
170918-35s.jpg



接戦をものにすることができた。見応えのある試合だった。
東京ヤクルトのBuchananの荒れ球に手こずり、なかなか点を取れなかった。
9月に入って、打者は全体的に調子を落としており、得点力の低下は深刻。
特に、筒香が当たり前のように三振を繰り返すのは、ちょっと見ていて辛い。(ある程度は打ってくれるのだけど。)

それでも、目標があるチームと最下位が確定したチームとの、戦力以上の差が、終盤に出た。
これはシーズンの終盤にはよくあること。今までは逆の立場が多かったから、よく分かる。
プレッシャーに負けず、攻守に落ち着いて臨めば、目標のあるチームに勝利は自ずと訪れるもの。
数字で多少見劣りしても、大事なこの終盤戦に良い働きができる選手こそ、チームとしては重宝するべき。
残り試合、総力戦で臨む10試合。調子の良い選手を積極的に起用して、勝ちに行ってほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 阪神タイガース(H) (Aug 11, 2017)

先週のYOKOHAMA STAR NIGHTの観戦から中1週間、早くも再びベイスターズの試合を観にいった。
この試合は、自分の中での位置付けとして、5月に阪神戦を観に行こうとして雨天中止になったやつの代替日程。
3連休なので、野球とサッカーを観に行ってもまだ1日余るから、この日程なら観に行きやすかったし、一応「勝祭」というイベント試合のようなので何となく興味を引かれたのもあり、迷いなくこの8月11日を選んだ。

ベイスターズの状況は、先週とあまり変わらない。
打線が少々湿り気味で、救援投手陣はなかなかお疲れ気味。
貯金は3~5の間を行ったり来たりで、2位阪神と4位巨人との間ですっぽりはまっている。
対戦カードで言うと、東京ヤクルト戦と中日戦で稼ぎ、それを広島戦と巨人戦を吐き出している感じ。

阪神とは不思議な相性で、互いのホームで弱い。
この対戦カードは、雨天中止が3回あった影響で、今日の試合を含めて残り2か月弱で11試合もある。
ハマスタで6試合、甲子園で5試合。
そして、この両チームがクライマックスシリーズの第1ステージで対戦する可能性が高いのが、また興味深い。
2位になれば本拠地開催になるので、互いに本拠地で開催したくなくて、2位の譲り合いになったりして。



今日も今日とて曇天の中、試合開始の1時間前くらいにハマスタに到着。
雨具はないのに、今にも降ってきそうで、少々憂鬱。
170811-01s.jpg


今日は一塁側のS指定席から観戦。グラウンドに近いけれど、角度がないので、前の人の頭で見えにくくなる。
来季からは防球ネットが復活して、S指定席の醍醐味が少々失われてしまうことになった。
170811-03s.jpg


「勝祭」ではビジター用のユニフォームを着て試合に臨む。前からそうだったっけか。
普段と違った雰囲気を出そうとするのは良いけれど、ホーム用のユニフォームが軽んじられていないだろうか。
170811-05s.jpg


今日はゲストとしてアントニオ猪木が来場。横浜市(鶴見区)の出身という縁があるんだな。
恒例の闘魂注入ビンタには、ゴメスが指名された。「一線を越えるな」という時節を反映したコメントもあった。
170811-07s.jpg


試合前のメンバー表の交換。ベイスターズはRamirez監督、阪神は金本監督。
なんかまだ、2人とも、監督であることに違和感を覚えてしまう。2人とも、「代打俺」で普通に打てそう。
170811-09s.jpg


「リポビタンDナイター」でもあったようで、「リポビタンマン」なる変態仮面が始球式を行った。
今年は色んな球場で同じような「リポビタンDナイター」を行っているみたい。
170811-10s.jpg


ベイスターズの先発投手は、故障明けはまずまずの投球を見せてきている石田。
今永と濱口の陰に隠れつつあるけれど、開幕投手も務めた彼のさらなる復調なくしては、上位定着はない。
170811-11s.jpg


1回裏、すっかり見慣れた光景、筒香が四球で出塁する。
これで一死一二塁としたものの、Lopezと宮崎が倒れて先制ならず。試合の流れとしては、それが大きかったかな。
170811-12s.jpg


2回表、鳥谷の打球がフェンスを越えたかを巡って、ビデオ判定が行われた。
5分くらい待たされる中、外野の3人は集まって談笑していた。いつかの北海道日本ハムの外野3人衆を思い出す。
170811-14s.jpg


結局、フェンスの一番上に当たって跳ね返ったという判定で、二塁打止まりになった。
石田はこれで救われたわけで、願わくはこの幸運を活かして立ち直ってほしかったが。
170811-15s.jpg


3回表に3失点、さらに5回表にも捕まった。
阪神の各打者(坂本以外)にきっちり捕らえられている感じで、今日はもう何を投げてもだめそうだった。
170811-16s.jpg


とどめにRogersに本塁打を打たれた。被安打10の7失点(自責点は6)で、5回持たずにノックアウト。
救援投手を早くから継ぎ込みたくないのと、次の回に打順が回るのとで、引っ張ったのが裏目にでてしまった。
170811-17s.jpg


打つ方も、阪神の先発の岩田に抑えられて、なかなか好機も作れないまま回が進んでいった。
ベイスターズはどうもこういう、左打者の抑え方を心得ている左投手に弱い気がする。
170811-18s.jpg


5回裏、ようやく倉本の二塁打で1点を返す。が、それ以上続かない。
Lopezと宮崎は好調で、筒香も四球で繋げるのだけれど、最近は1番2番が不調で彼らの前に走者が溜まらない。
170811-20s.jpg


今日もチケットは完売で、満員御礼のお知らせがあった。週末の試合では、もう当たり前のこと。
ベイスターズの今後と、2020年の五輪を見据えて、今年のオフから球場の拡張工事が始まるらしい。
170811-21s.jpg


7回裏を前に、ジェット風船でラッキーセブンを盛り上げようとするが、スタンドはともかく野球が盛り上がらない。
特に、闘魂注入されたはずのゴメスの併殺打には、もうこれが彼の見納めかもという悲しい予感が漂った。
170811-24s.jpg


走者に出ていた梶谷(28歳)、7回裏が終わって誰かにグラブを持ってこさせようとした。
そうしたら、若手ではなくLopez(33歳)が持っていって、梶谷がこれに恐縮しきりだった。いいね、チャモさん。
170811-27s.jpg


8回表と9回表は、敗戦処理で一軍に入っている三嶋が無失点に抑えた。
2年目以降、全然ぱっとしなくて、首筋が涼しい。こういう役割で結果を出して、とにかく一軍に食らいつかないと。
170811-28s.jpg


もはや何も起こりそうもない9回裏。最後の打者は梶谷。
阪神ファン名物の「あと1人」「あと1球」のコールと、待ち構えているジェット風船。
170811-29s.jpg


点を取られ、点を取れず、悪い方向に投打が噛み合って、1-8の完敗。
5月に巨人戦で田口に負けたときと同じような、一方的な試合展開に、鈍い痛みのようなデジャヴが。
170811-31s.jpg



序盤で点差が付いて、そのまま抵抗もなく淡々と過ぎていく、最もつまらない類の試合だった。
さっさと忘れたいところだけれど、観戦してしまったので若干の感想(愚痴)を。

石田は見るからにだめな感じだった。
見る角度の違いもあろうけれど、今季見た今永や濱口と比べると、球に勢いがないのが素人にも感じられた。
ならば球を低めに集めて辛抱強く投げてほしかったが、何度も甘く入り、途中で集中力も切れてしまった感がある。
実績を考えると、この程度の選手じゃないはずだけれど、今は怪我の影響もあるのか、ぱっとしないな。

打つ方も、実に淡泊だった。
序盤で点差が付いたからというのもあるけれど、そもそも出塁すらままならない。
今季ここまでの観戦では、田口、大野、今日の岩田と、左投手にだいぶ苦しんでいる感がある。
桑原、Lopez、宮崎と右の良い打者もいるのに、なぜだろう。

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

[Baystars] vs 中日ドラゴンズ(H) (Aug 2, 2017)

今年もYOKOHAMA STAR NIGHTを観戦することができた。
平日開催ということもあってか、チケットは割とあっさり取れた。ファンクラブ向けの先行抽選販売で。
問題は、試合開始から観戦できるかどうかだったが、ちょうど上司が夏休みを取るタイミングだったので、ほとんど監視の目がない状況で楽々と職場を抜け出すことができた。(定時というものがないので。)

ベイスターズは、最近なかなか好調。
前半戦の最後で5割の壁と貯金の壁とを続けて突破すると、後半戦もいきなり東京ヤクルトを3タテして勢いに乗った。
躍進と言われる昨年でも、最終的には借金2で終わったのが、今年の後半戦は貯金5前後できている。
阪神との2位争いが熾烈で、現実的な目標は、2位で終えてクライマックスシリーズをハマスタで開催すること。

チームが好調なので、チケットも益々取るのが大変になってきて、今季残りの週末の試合はもう大体売り切れ。
そんな中でも何枚かハマスタでのチケットを確保できたので、今年はここからシーズン最後まで野球を楽しみたい。



試合開始の1時間前にハマスタに到着。
週末の試合と遜色ないほど、すでに多くのファンで公園内がごった返していた。
170802-01s.jpg


今日は三塁側のSS指定席から観戦。
こちら側の方がチケットは取りやすいし、こういう試合では三塁側もほぼベイスターズファンなので、問題なし。
170802-03s.jpg


シートノックが始まる前に、恒例の円陣を組む。
今年のSTAR NIGHTの特別ユニフォームは、選手達が着るとああいう感じになるのね。
170802-05s.jpg


そして試合が始まる。相手の中日がビジターユニフォームだと、色がだいぶ被るな。
先日もナゴヤドームで似たようなことがあった(向こうのスペシャルユニフォーム vs 青のYOKOHAMAユニフォーム)。
170802-07s.jpg


ベイスターズの先発はWieland、すっかり頼れる先発ローテの柱になった。
3月にここで見たときはぼろぼろだったけれど、あの試合以外は全部きっちり抑えてきている。
170802-08s.jpg


1回表をゼロで抑えて、さぁ先制するぞと1回裏に入った途端、雨で中断してしまった。
今日はそんなに降らないと思っていたが、運悪く局地的な雨雲がハマスタ上空に来てしまったようだ。
170802-09s.jpg


寒くないとはいえ、雨具がろくにない状態で濡れっぱなしにはなれないので、屋根の下に避難して試合再開を待つ。
実に50分間の中断の後、19時くらいにようやく再開にこぎつけた。
170802-11s.jpg


再開してすぐの1回裏、桑原の二塁打で一死二塁の好機を迎えて、打者は筒香。
先制点の期待がかかったが、打ち損じて外野への飛球。今日は全然合ってなかったな。
170802-16s.jpg


イニング間のダンスに、DBスターマンも出てきて一緒に踊った。
ユニフォームもタオルもSTAR NIGHT仕様。個人的に、左下に映える緑色にどうしても違和感あり。
170802-17s.jpg


二度目に好機を迎えた5回裏、一死二三塁で打者は8番投手のWieland。
打率こそ低いが本塁打を1本打っているし、打点も4つあり、こういう場面では期待できそうだった。
170802-20s.jpg


期待に応えて、本当にWielandが打った!ベイスターズ先制。
生還した戸柱がベンチに戻ってハイタッチ。
170802-21s.jpg


イニングの間に皆で踊る。右は"I☆YOKOHAMA"のマスコットという位置付けのBART君。
いつの間にか定着していたけど、こいつ誰なんだろうなぁ、とずっと思っていた。
170802-22s.jpg


7回裏を迎えて、ジェット風船が上がる。
三塁側もほぼ満席。これ、平日の、しかも悪天候の試合なんだよなぁ。今の人気は凄いよ、本当に。
170802-25s.jpg


2-2で迎えた8回裏、先頭の倉本が安打で出て、1番の桑原が送る。
ベイスターズの得意の形でお膳立てをして、上位打線に好機を託す。
170802-26s.jpg


二死満塁で打席には好調続く宮崎。見事に左前に弾き返し、終盤に2点を勝ち越した。
今年のSTAR NIGHTユニフォームのワッペンは、宮崎にしようと決めた(昨年は好投した今永。)
170802-28s.jpg


そして9回表、守護神の山崎康晃が登板する。
ハマスタでは初めて体験するヤスアキジャンプ。かつての佐々木登板のときよりも盛り上がる。
170802-29s.jpg


きっちり締めて素敵なSTAR NIGHT完結、と行きたかったが・・・。
二死無走者からまさかの同点に追い付かれてしまった。完璧に打たれたというよりは、不運が続いた感じだった。
170802-30s.jpg


そして延長戦に突入。乙坂が10回裏に、先頭で気迫の内野安打で意地を見せた。
しかし、続く白崎が最悪のバント失敗(飛球+走者飛び出し)で、好機は潰えてしまった。以降、誰も塁に出られず。
170802-32s.jpg


投手陣は、まさかの延長戦突入にも動揺せず、12回表までよく踏ん張ってくれた。
田中健二朗と、この加賀の復活が嬉しい。
170802-33s.jpg


12回裏は田島に抑えられ、延長戦ではこれと言った見せ場もなく、4-4の引き分けに終わった。
雨による中断が約50分と、接戦で延長戦にもつれ込んでの引き分けで、終わったのは23時近く。長かったな。
170802-36s.jpg



勿体ない試合だった。空腹と徒労感が残った。
8回裏、最高の展開で勝ち越して、あとは守護神が抑えるだけ、という状況。
しかも、ぽんぽんと簡単に二死を取ったのに。
もう少し倉本の守備範囲が広ければ、康晃が味方を信じて打球を見送れば、桑原の送球が走者に当たらなければ。
投球がどうこうと言うより、チームとしての守備力の問題だったかな。どれか1つでも上手くいっていればな。

結局、今日の試合では、勝ちパターンと接戦の救援投手を、全員継ぎ込むことになってしまった。
救援投手陣は、全体的に疲れが隠せなくなってきている気がする。
康晃と三上が特に多く投げていて、三上は今日は大丈夫だったけれど、最近はだいぶ厳しくなってきている。
勝つためにはどんどん継ぎ込まなければならないが、登板過多で潰れてしまうのは見たくない。
月並みだけれど、中6日もらっている先発投手が少しでも長く投げて、打線が大量得点で投手を楽にする。
(そして、たまには、序盤で敗戦濃厚になって、敗戦処理の救援投手だけで済ませる日があっても良い。)

試合が長引いたために、試合後の演出がなく、今日はあまりSTAR NIGHTという感じがしなかった。
昨年は、勝ち試合ということもあって、初めてのSTAR NIGHTの演出に感動したのだけれど。
仕方ない、来年に期待だ。来年もYOKOHAMA STAR NIGHTやるよね?

テーマ : 横浜DeNAベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示