[海外旅行-09] USA - Washington D.C. & Philadelphia その5

アメリカに在住している間の旅行記は、これが最後になる。
1年と10ヶ月の間に、アメリカの国内外を色々と旅行することができた。
南米を二度訪れたのも素晴らしい経験だったが、アメリカ国内の旅行もそれに劣らず楽しかった。
日本からだと、太平洋を渡る長距離移動と10時間以上の時差に悩まされるところ、今回の在住中は手軽な国内旅行として、特に長期の休みを使うこともなくあちこち訪れることができた。旅行の準備に、Expediaを何度も使ったなぁ。

ただ、アメリカは非常に広いので、時に忙しかったり、時期が合わなかったりで、行けなかった場所もある。
主だった観光地で言うと、都市ではChicagoOrlando、自然ではYosemite国立公園Yellowstone国立公園
Yosemite国立公園は、Los Angelesに住んでいてチャンスがあったのに、一番良い時期の5月6月を逃した。
もっと旅慣れている人間で、アメリカに来る前から在住中の予定を全て把握できていたら、もっと計画的に見所を網羅できるプランを立てられたのだけど、来てから色々と事情が変わってしまった部分もあり、仕方がなかった。

これらの場所は、いつか日本からでも訪れてみたい。
でも、今は海外旅行への欲が大きくなって、アジアやヨーロッパにも行きたい場所が沢山あるからな。
バランスを取る意味では、しばらく北米・南米(Brazilにはまだ行っていない)は避けて、しばらく後になるかな。
40代、50代になっても行ける場所ではあるけれど、運転する技術が保てているかが問題か。



Philadelphiaの独立記念館を見物した。
同じ敷地内に、Congress Hallという、アメリカが独立して間もない頃に連邦議会の議事堂だった建物がある。
160321-23s.jpg


この建物が合衆国議会議事堂だったのは、1790年から1800年までの10年間くらい。
2階建てで、州の代表が2階を使ったので「上院」、民の代表が1階を使ったので「下院」になったという。
160321-24s.jpg


上の写真が1階の「下院」で、下の写真が2階の「上院」。
あのアメリカも、独立直後はこのくらいの規模の議会を持つ国だったんだな。
160321-25s.jpg


独立記念館の裏側(Independance National Historic Parkに面した方)に、Washingtonの像が立っている。
彼の初代大統領としての任期は、1789年から1797年までで、Philadelphiaが首都だった時代と重なる。
160321-27s.jpg


ちょっと腹拵えをしたくなり、史跡の見物を一時中断して、Philadelphiaの有名店を訪れる。
独立記念館から徒歩10分くらい、"Jim's Steaks"という店。ちょっと並んでる。
160321-28s.jpg


売り物はcheesesteakと呼ばれる、パンに薄切り肉とチーズを挟んだサンドウィッチのようなもの。
なぜこれをステーキと呼ぶのかよく分からないけれど、とにかくPhiladelphia名物として各所で売っている。
160321-29s.jpg


観光を再開する。再びIndependence National Histrical Parkの方へ。
Liberty Bell Centerという、いわゆる自由の鐘を展示している建物を訪れた。
160321-30s.jpg


入場は無料で、中は自由の鐘だけでなく、自由の鐘に関するちょっとした説明の展示がある。
自由の鐘は、元々はアメリカ独立革命の頃に、お偉方の会議の呼び出しのベルとして登場した。
160321-31s.jpg


最初に鐘を撞いたら、いきなりひびが入ってしまい(交換品も同様にひび割れた)、以後この姿と意匠が定着した。
形はともかく、独立戦争の象徴の1つと認識され、以降はアメリカにおける自由を勝ち取る戦いのシンボルにもなった。
160321-32s.jpg


Independence National Histrical Parkの外れに立つ"The Signer"という像を見付けた。"Singer"ではない。
アメリカ独立宣言にサインした地元の議員をモデルにしたらしい。だいぶ気合いの入ったサインの仕方だな。
160321-33s.jpg


ぶらぶらと歩きながら、時間の許す限りで、街中に残る史跡を見て回る。
左に見えるFirst Bank of United States(すなわち初代中央銀行)は、渋すぎるのでパス。
160321-34s.jpg


Carpentars' Hallという、割と小さな建物がある。
元々地元の大工(carpentar)の集会場だったのが、アメリカ独立革命の際に大陸会議の会場になった。
160321-35s.jpg


中は本当に、大工の集会所って感じで、なんか大陸会議と言われてもぴんとこない。
ちなみに、我々にとって有名なCarpentarsが、ここで演奏したことはないらしい。
160321-36s.jpg


続いて、Christ Charchという、名前も外観もどこにでもありそうな教会へ。
18世紀の建物が残っているというので、アメリカでは最古の部類に入る教会なのだろうな。
160321-37s.jpg


中もまぁ、普通の教会といったところ。
普通に現役の教会として機能しているようで、その保存状態の素晴らしさには感心した。
160321-38s.jpg


興味深かったのは、教会の敷地内にある墓。
アメリカ独立革命の頃の人々が眠っている。この墓の主は1790年に永眠したらしい。
160321-40s.jpg


帰りの時間が近付いてきたので、ダウンタウンの中心部へと歩いて戻る。
先程までの史跡巡りのエリアとは違って、この辺は普通の都会の真ん中。
160321-41s.jpg


これがPhiladelphiaの市役所(City Hall)。
高い塔には平日は登れるのだけれど、もう入場できる時間を過ぎてしまっていた。ちょっと残念。
160321-42s.jpg


市役所の近くにある、有名と言うか人気の"Love"のサイン。皆ここで記念写真を撮りたがる。
このサインと噴水の向こうに、Philadelphia美術館へと続く広い道が延びている。
160321-43s.jpg


ダウンタウンのバスターミナルから、最後はGrayhoundのバスでNew Yorkに帰る。
大体2時間くらい。やはりNew Yorkからは近かったんだな。もっと早く訪れても良かったか。
160321-44s.jpg



書いていて、アメリカでのあれこれを思い出して、妙に懐かしく感じた。
まだ帰国してあまり時間が経っていないのだけれどね。
住むのはもういいかなと思っているけれど、旅行にはまた行きたいな。
日本から行くアメリカの旅行というのは、また違った要素が色々とあるはず。
もっと色々な場所を訪れて、旅行記ももっともっと書いてみたい。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-09] USA - Washington D.C. & Philadelphia その4

Philadelphiaは、New YorkWashington D.C.との間、ややNew York寄りに位置する。
高校の世界史の教科書に名前が載っていて、何となくアメリカ東海岸の都市であることは知っていた。
イメージとしては、アメリカ独立革命で有名になった古い都市で、世界遺産にもなっている独立記念館がある。
少し調べると、かつて独立直後にはアメリカの首都だった頃もあるという。

実際のところは、ダウンタウンの一角に独立革命の証跡を残した地区はあるものの、あとは普通の大都市だった。
自分が見たのはほんの一角で、Los Angelesに住んでいた頃の感覚からすれば、ダウンタウンを中心に広い市域の住宅街が広がっているはず。人口で言えば全米で5位だそうで、役所も会社も娯楽も、何でも揃っている印象だった。
よく治安が悪い都市と言われるけれど、自分が歩いてみた範囲では、至って普通の街だった。
そもそもアメリカの大都市は、どこも治安が著しく悪い地区を多少は抱えているもので、Philadelphiaもそうなのだろう。
そういう場所を知って避ければ、何も問題はないんじゃないかな。

観光という観点で言うと、都市の大きさの割に、また歴史的に有名な都市である割には、ちょっと見所が少ない。
見るべきところは、独立記念館とその周辺の関連施設、あと今回は寄らなかったけれど、美術館が好きならばPhiladelphia美術館Barnes Collectionというのが有名らしい。全部回っても2日くらいか。
なので、一度は行ってみたかったけれど、週末を丸ごと割く感じでもないので、今回Washington D.C.からの帰りに1日だけ寄ってみることにした。New Yorkから日帰りも容易なのだけど、却って面倒でそれは一度もしなかった・・・。



National Gellery of Artの続きを少しだけ。
Rodinの作った有名な銅像の「考える人」。同じ鋳型から造られたオリジナルが世界中にある。
160320-44s.jpg


こちらはDegasの彫像作品である"Little Dancer Aged Fourteen"(14歳の小さな踊り子)。
絵画も素晴らしいけれど、彫刻も手掛けていたんだな。
160320-45s.jpg


今夜もWashington D.C.に泊まるので、またNational Mallの近場で夕食にする。
"Daikaya"というラーメン屋へ。ラーメンは、アメリカでは大衆向け日本食の代表格として、広く受け入れられている。
160320-48s.jpg


焼き餃子。ごく普通の餃子。
こんなものでも、1年半以上日本に帰ってなくて、かつ日本食の乏しい東海岸にいると、とても有り難く感じる。
160320-49s.jpg


Mugi-Miso Ramen、つまり味噌ラーメン。
この店は札幌ラーメンを強調していて、麺も札幌の西山製麺のものを使っているという。
160320-50s.jpg


3日目の朝、Philadelphiaに向けて移動する。
ここでは鉄道を使う。Washington D.C.の中心駅であるUnion Stationへ。
160321-01s.jpg


100年くらいの歴史があるようで、落ち着いた真面目な空気が流れている。
アメリカの鉄道駅って、こんな感じの機能性より雰囲気重視のところが多い気がする。
160321-02s.jpg


アメリカが誇る高速鉄道と言われる、Acela Expressに乗る。
最速200km/hを超えるらしいけれど、新幹線のように特別な線路は使わず、しょっちゅう減速する。
160321-03s.jpg


車内の様子。座席はBusiness ClassとFirst Classしかなくて、Business Classでもこんなもの。
今日は平日なので、New Yorkに向かうと思われるスーツ姿のビジネスマンが多かった。東海道新幹線みたい。
160321-04s.jpg


2時間と少しでPhiladelphiaに到着。Philadelphiaの駅は"30th Street Station"という。
そこから地下鉄のSEPTAに乗り換えて、観光の目玉である独立記念館などがある地区に向かう。
160321-07s.jpg


ダウンタウンの一角に、アメリカ独立革命の頃の遺構が集まる地区がある。
国の歴史的遺産として保存していくために、連邦政府直轄のIndependence National Historical Parkになっている。
160321-08s.jpg


歴史的に価値のある建物と言えども、ダウンタウンの真ん中にあれば、自ずと現代的な商業ビルに埋もれていく。
正面に独立記念館が見えるのだけれど、札幌の時計台のごとく、景観的には都会に飲まれてしまっている。
160321-10s.jpg


Philadeliphiaは、独立革命において重要な場所の1つとして知られるけれど、それはBostonやNew Yorkのような激戦地としてではなく、植民地だったアメリカが独立国家として歩み出すための重要な決定が行われた場所として。
具体的には、独立革命が始まってから独立宣言を経て合衆国憲法が採択されるまでの、一連の大陸会議が、このPhiladelphiaを舞台に行われた。またその後、一時期(1790年~1800年)はアメリカの首都にもなった。


言わば合衆国憲法の誕生の地でもあるため、憲法の修正1条(権利章典)の条文を示す碑が立っている。
個人的には、合衆国憲法とか権利章典とか聞くと、何となく頭痛がしてくる。
160321-11s.jpg


そして、お目当ての独立記念館を訪れる。
ガイドツアーによらなければ入場できず、無料ながら整理券を確保しなければならないのでちょっと面倒。
160321-12s.jpg


独立記念館はUNESCO世界遺産に指定されている。
アメリカ独立革命及びアメリカ建国の上で、幾多の重要事項が決定された場所として、歴史的価値が非常に高いため。
160321-14s.jpg


建物としては、今の感覚からはさほど大きくない。
1階には大きな部屋が2つあって、その内の1つは、植民地時代に使われていた裁判所。
160321-15s.jpg


もう1つは、大陸会議が開かれた会議室。こっちがより重要。
ここで植民地の指導者達が議論を交わし、アメリカ独立に関する重要事項が決定されていった。
160321-16s.jpg


2階は、小会議室や談話室のような空間がある。
窓からIndependence National Historical Parkの方を眺める。
160321-19s.jpg


独立記念館の本館の隣には、小さな資料館がある。
当時の資料が保管されていて、これは公布された独立宣言の写し。署名された原本は、多分Washington D.C.にある。
160321-21s.jpg


それから、独立宣言に各植民地の代表者が署名した際に用いたとされる、インク壺も展示されている。
一見して、レストランにある塩胡椒の容器かと思った。
160321-22s.jpg



世界遺産と言っても、見た目に派手という訳ではなく、あくまで歴史的価値が認められたものだから、背景的な知識なしに訪れても、多分あまり楽しめないだろうな。ガイドの説明も、ある程度は独立革命の知識がないと厳しそう。
自分は、15年以上が経つとは言え、一度は大学受験のために世界史を真面目に勉強したし、アメリカに引っ越すに際して簡単なアメリカの歴史の本なんかも読んでみたので、幸いにも大体は理解することができた。
Philadelphiaを旅行する人は、予習していかないと、楽しみが半分以下になってしまうので要注意。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

[海外旅行-09] USA - Washington D.C. & Philadelphia その3

Washington D.C.は、有名なSmithsonian博物館群による博物館の街でもある。
National Mallに面しているだけでも10件、さらにWashington D.C.の他の場所にも何件か。
いずれも入場料は無料で、それでいて展示の質・量ともになかなか。
じっくり見ると、1つ当たり数時間から半日はかかる。

今回の旅行や、出張のついでに寄ったときの印象から、自然科学系の博物館と美術館はレベルが高いと思う。
前者はアメリカが科学大国であること、後者はアメリカの富豪が芸術品漁りを好きなことを、それぞれうかがわせる。
逆に、社会・人文科学系は今一つに思えた。
私人間はともかく、公的には過去の人種差別に決別し、minorityにも配慮する建前を取る国なので、どうしても説明の内容が無難な表現になりがちで、もっと生々しいはずの本当のアメリカの姿というのが見えてこない。
まぁ、博物館にそういうのを期待してはいけないと言われれば、それまでなのだけれど。



国立航空宇宙博物館の見学の続きから。
Boeing 747の大型航空機の機首部分だけが実際に高さで展示されている。見上げると実にでかい。
160320-12s.jpg


2階からコックピットを見ることもできる。
こんなに沢山ボタンとレバーがあって、車の運転でひーひー言っている自分には到底無理だ。
160320-13s.jpg


より小型の様々な飛行機――多くは退役した昔のもの――が展示されている。
小型でも結構な重さがあるはずだから、吊り下がっているものが落ちてこないか、ちょっと怖かった。
160320-14s.jpg


お勧めの順路に従い、ここからは宇宙への進出について見ていく。
史上初めて人間が月に上陸したときの、有名なApollo11号の司令船。遊園地にあるレプリカではなく、これは本物です。
160320-15s.jpg


Apollo何号かが月から持ち帰った石の破片、すなわち月の石
二等辺三角形に切り出されて、石と言うより金属片のようだ。自由に触れるので、何万人もの手垢に塗れている。
160320-17s.jpg


入場料が無料なだけあって、Smithsonian博物館群は個人や団体からの寄付によって賄われている。
館内の募金箱には、ドル札に混じって様々な国の通貨(主に紙幣)が投じられていて、なかなか興味深かった。
160320-18s.jpg


これは火星探査機の模型。今のところ、火星から生還した探査機はないそうだ。
次に人類が辿り着く地球外惑星は火星だと言われるけれど、いつになるだろうか。
160320-19s.jpg


午前中一杯を国立航空宇宙博物館の見学に費やして、館外に出てNational Mallで陽に当たる。
1ヶ月前には氷点下の極寒だったのが嘘のように、ぽかぽかと春の陽気に包まれていた。
160320-21s.jpg


National Mallの一角にある、Smithsonian協会の本部棟
Smithsonian博物館群の本部機能と、観光客向けに博物館群の案内所になっている。
160320-22s.jpg


館内には、Smithsonian協会の名前の由来になったSmithsonの棺がある。
彼の寄付のおかげで、この世界でも稀有な素晴らしい博物館群が誕生し、今日まで続いている。
160320-23s.jpg


午後はNational Gallery of Artを見物する。
厳密にはSmithsonian協会の運営ではなく、連邦政府が運営する文字通りの国立美術館のようだ。もちろん入場無料。
160320-24s.jpg


無料だけれど、展示品の面々はなかなかのもの。有名なものや印象に残ったものを紹介していく。
まず有名どころから、Leonardo da Vinci"Ginevra de' Benci"(ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像)
160320-27s.jpg


次は印象的なものというか、なんでこんな構図になったのかと思ったら、聖書の一節を絵に描いたものらしい。
Rubensの"Daniel in Lions' den"(ライオンの穴の中のダニエル)。
160320-30s.jpg


全体的に暗くぼんやりした画調は、やはりRembrandtの作品。
題名はそのまま"The Mill"(風車)。
160320-33s.jpg


再びRenaissanceっぽい絵画に戻って、これはFilippo Lippiの"Adoration of the Magi"(東方三博士の礼拝)。
この辺は、美術の教科書というより、世界史の資料集か何かで目にした気がする。
160320-34s.jpg


今度は急に現代的な絵画。アメリカの現代美術の部屋だったかな。
George Bellowsというアメリカ人画家が20世紀の頭に描いた、"Both Members of this Club"、邦題は不明。
160320-36s.jpg


全体的にぼんやり描かれているようでいて、妙に濃い感じがするPicassoの絵画。
これは"Families of Saltimbanque"(サルタンバンクの家族)という。
160320-37s.jpg


巨匠Goghの"La Mousume"。邦題は特にないけど「少女画」といったところか。
作品自体というより、その題名が気になって選んだ。Goghがたまたま知った日本語の言葉を絵にしてみたそうだ。
160320-39s.jpg


いかにもTahitiな雰囲気は、いくつも見てきたGauguinの作品。
題名は"Fatata te Miti (By the Sea)"といい、なぜかイタリア語で「あなたの妖精の神話」とかそんな意味らしい。
160320-40s.jpg


絵画の紹介の最後はMonetの"Rouen Cathedral"(ルーアン大聖堂)。
何故かは分からないけれど、彼は一時期この大聖堂を描きまくって、アングルや色彩の違う絵が沢山残っている。
160320-42s.jpg



ほぼ博物館と美術館の展示の紹介だけで、記事1回分を使ってしまった。
アメリカに来て、美術館というものに興味を持ち始めて、多少は巨匠と呼ばれる画家の作品が分かってきた。
でも、絵に表れている思想というか、画家の想いや境遇みたいなものが分かると、もっと面白いのだろう。
帰国したら、そういうのを勉強して、国内の美術館にも足を運んでみたい。
そんな余裕があるか分からないけれど。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たいぺー

Author:たいぺー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示